4ピース フライロッド 製作

南の島が早くも?梅雨明けしたそうでなんか嬉しい。そこで思い出したのが「南の島でフライキャスティングを」・・・!
海を越えての南の島行きの一番のネックは長い竿。2ピースどころか3ピースのフライロッドでも持って歩くのはメンドイ。飛行機の荷物はコンパクトにしないと、旅先で収拾が付かなくなります。

以前より考えてました、仕舞い寸法がコンパクトになる9ft・#8番・4ピースの竿作りに着手。2ピースのフライロッドを今回も4ピースに切った貼ったして改造です。
犠牲になりましたロッドは、ヘイヘイ屋の大将からお情けで頂きました、テンリュウの9ft・#8番ロッド。

f0230940_1338377.jpg
一時はSAGEのロッドをブツ切りにしちゃおうかと、危ない方向に傾きかけてたんですが、寸でのところでヘイヘイ屋の大将のお情けで更生することが出来ました。ヘイヘイ屋さん偉い!

工作のやり方はいつもと同じで、ジョイント分の長さを足し算引き算して断ち切りの位置を決め、丁度いいサイズのジョントパーツをエポキシで接着し、補強のラッピングをして完成。きれいに仕上がりました。

f0230940_13383326.jpg実は今朝、完成したフライロッドを朝の散歩に持って出掛けまして、近くの公園でシェイクダウンのフライキャスティングをしてきました。
パックロッドなら朝の散歩に持ち歩いても違和感が無くていいです。2ピース用のアルミパイプなんかを早朝に街中で持ち歩いてたら、かなりの確立で巡査を呼ばれる・・・かも?

f0230940_1338512.jpg問題はまったく無しで、最初から30ヤードは普通に出ました。心配してましたトップの印籠継ぎジョントの強度も大丈夫でした。
このトップはきれいにロッドが放物線に曲がるようにガイド位置を全てやり直し。フライマンの好きなパラボリックアクション?に微調整・・・。

バットからトップにテーパーしている釣り竿は、どんな安物の竿でもパラボリックなカーブをえがいて曲がりますから、それほど有難がることもありませんけどね。
パラボリックアクションなんて言葉を聞きますと、物凄い仕掛けがしてあるみたいで有難味が増す?これもある種の宗教なのかも知れません。
[PR]

by troutclub | 2014-06-27 13:45 | タックル | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://illustshop.exblog.jp/tb/22415238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< オービス 改 スイッチロッド 雨の中、エイ!いやー!で魚釣り。 >>