解禁ロッド?

今年の解禁用タックルが届きました。
すでに河川の解禁はサクラマスでのスタート?を決めていたんですが、ツーハンドのフライロッドでシューティングヘッドの釣りをするか、海の釣りを引きずってルアーにするか迷ってました。
九頭竜川のサクラマスをスペイキャストで?・・・・おっさんフライマンの腕ではちょっと尺が足り無さそうなので諦めました。
とりあえず道具だけはフライもルアーも持って行こうとスケベ根性を決め込んだものの、何か物足りない。早い話が新しいオモチャが欲しくなり釣道具を追加することに。
ベイトリール&ロッドでサクラマスを?・・・ルアーの敷居を少し上げましてバックラッシュと飛距離の問題が付いて回る、扱いにくい?ベイトリールでのルアーフィッシングをメニューに加え、スピニングリールは予備の扱いでファーム落ち。
そこで2月の解禁に間に合うようにと急遽発注した竿が、解禁直前の今日アメリカから航空便で届きました。写真の8.6フィートのベイトロッドがその新しい大人のオモチャ。
9フィート、8.6フィートで迷いましたが、おっさんの体力でも半日は振れる竿ってことで8.6フィートにしてみました。評価の基準は見た目の長さだけじゃなくて、硬さや太さ持続力が大切・・・・。

f0230940_11425956.jpg

リールはABUの2500番1976年製、オークションで叩き売られることも無く三十数年間手元に置いてある古いリールです。
これに10lbラインを巻いて”性”入れし、8.6フィートのロッドと組み合わせてサクラマスタックルとして復活させます。オーバーホールして新しいグリスも注入済み!
新しく仕入れたベイトロッドは、ガイドがSICガイドに比べるとキャシャな感じでちょっと不安。
”チタニュームSS304ガイドシステム”とかの立派な名前が付いてます。フェンウイックとバークレーの竿に使われている、脱Fuji製のガイドだとか?

f0230940_11431012.jpg

[PR]

by troutclub | 2012-01-30 11:59 | タックル | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://illustshop.exblog.jp/tb/17135403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< プリンスR380 ちりとてちん >>