一人、インキで陰気に遊ぶ。

最近、オッサンも筆記用具フェチだってことに気付く。安物のボールペンとかミリペンなんかを色々買って試してるんですがどうも満足しない。フェチを喜ばすような何かサムシングが足りない?
主に絵の具に滲まない、乾くと防水になるインクの筆記用具探しの旅?をしてたんですが、とうとうここで真打の登場です。

書き味で選ぶならやっぱり先の割れたペン(ニブ)の万年筆が一番じゃないかと思います。ペン走りがスムーズで意識すれば線の太さも微妙に変化させられ線に表情が出来ます。
それに「つけペン」みたいにいい所でのインク切れが無い。中学に上がったときに買ってもらった万年筆で、よく落書きをしたノスタルジックな思い出もあるし・・・。

そんな訳で文字を書くのも画を描くのもマッタリとした、万年筆が好きです。ペン先の消耗とか変形を考えて万年筆は安物の使い捨てがほとんど。今回の一番のテーマは乾くと水に溶けないインクを探すことなんで、万年筆そのものの話はアッサリと。

f0230940_9345226.jpg

で、見つけましたパーフェクトな組み合わせ。通常は耐水性の無いインクが指定になってます100円均一の万年筆に、乾くと防水になる筆ペン専用カーボンインクを入れると、筆記用具フェチのオッサンを満足させる万年筆になりました。
メーカーを揃えると交換インクのカートリッジが同寸で加工無しでピッタリはまります。

これで防水万年筆は完成したんですが、ちょっと色気が出ましてインクカラーのバリエーションが欲しくなった。セピア色のインクが入った万年筆が欲しくなりまして、そのセピア色のインクを自作することにしました。
空になったインクカートリッジに、好きな色に調合したインクジェットプリンタ用の補充インクを注射器のスポイトで注入。China製の補充インク使用で超リーズナブル。

マゼンタにイエローを加えブラックを少々混ぜてセピア色のインクが完成。少しブラックが強かった気がしますが、真っ黒ではないのでなかなか色気のある線が描けます。これを100円均一の万年筆にセットして完成。

怖いのが万年筆の中でのインクの凝固なんですけど、今のところ問題なく描けてます。使いっぱなしでは駄目でしょうけど。
何万円もする万年筆では絶対にしてはいけない危ない世界。当然自己責任になりますのでご承知おきを。と言うことで、今回は一人、インキで陰気に遊ぶ。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-02-07 09:39 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

自作芯研器 キばかり強くて芯が弱い

前回、魚釣りのフックつまり釣針の先っぽ(ポイント)を研ぐ道具をクドクドとご紹介したんですが、今回もまた先っぽを研ぐお道具の話。

今回は画を描いたり文字を書いたりの一番基本?となります、鉛筆の芯を研ぐ道具の話です。鉛筆削りの道具は肥後守(ひごのかみ)に始まりカッターナイフ、包丁、鉛筆削り器と豊富ですが、芯ホルダーにくわえた鉛芯を好みの角度に研ぐとなると、結構道具が限られます。

ナイフの利用が便利なんでしょうが、木製の鉛筆の握り部分を削るわけではないのでちょっと大げさ。屋外でスケッチの時などに使えるコンパクトな芯研ぎが欲しい。

f0230940_12455184.jpg

ステッドラー芯ホルダーには長い間お世話になりましたが、付属の芯研ぎや専用の芯研器で間に合ってました。あとプロっぽく紙の端に芯を擦り付けて芯を尖らす方法も・・・。そんな経験から、紙やすりを使えばもっと上手く削れるんじゃないかと思い今回の手作り芯研ぎの製作と相成りました。

帯状に切った紙やすりを適当な筒(キャップ)の内側に入れて、芯ホルダーにくわえた鉛芯をグルグル回すと簡単に芯がテーパー状に削れます、削る角度も調整できて我ながらいいアイデア。
一つはペットボトルのキャップの内側に両面テープで紙やすりを張ってあります、もう一つは空になったスティック糊のキャップに同様の細工がしてあります。

これコンパクトで便利がいいです。筆入れの隅に入れておくときっと役立ちます。難点は削った黒鉛がキャップに溜まること、仕舞う時はキャップをコンコンと叩いて中の黒鉛を捨ててください。でないと筆入れの中が真っ黒になる可能性大です。

安物の鉛筆とかけてオッサンとときます。
その心は??「キばかり強くて芯が弱い」・・・お後がよろしいようで。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-02-03 12:56 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

2017 解禁 まだストーブリーグ中!

頭をひねってフックを研いでいるより、新しいフックに交換したほうが手っ取り早いし、フッキングもいいんじゃねえの?なんて、せっかく河が解禁になったのに、暖房の効いた部屋で迷ってるところ。
以前、大発明くらいに?はしゃいでお知らせしました、フライにルアースナップを使うの話しの続きです。

大型のフライフックにルアースナップを使えば素早いフライの交換が出来るんですが、サイズとか構造を考えると直接フライのアイに引っ掛けるより、チューブフライに使った方がよりスナップの効果が活きてくるんじゃないかと思えてきました。

f0230940_10484817.jpg

フックの交換が素早く出来るし、シングルフックからトリプルフックへの交換も自由自在。その他にもフックが自在に首を振ってフッキング後のバレが少ない?・・・これは保証できませんけど。

川底の石を叩いてフックポイントが甘くなるような重いチューブフライの場合は、フックの素早い交換にルアースナップが便利。フライパターンを頻繁に交換するならフライフックのアイに直接引っ掛けて使う・・・ルアースナップは目的によって使い分けるのが正解かも。

ルアースナップの強度とリーダーの強度を上手くバランスさせれば、根掛けした時にフックだけロストしてチューブフライ本体は回収できる?なんて虫のいいことを考えてたりして・・・これもなんの担保も無い皮算用ですけどね。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-02-01 10:53 | タックル | Trackback | Comments(0)

100円均一 フックシャープナー

渓流解禁のシーズンになりますと何となくソワソワした気分になってきます・・・てのはまったくの嘘で、この寒い中をよくやるよっ!てのが正直な感想。もう少し暖かくなってくれないと関節痛が疼いて釣りどころじゃないです。

お絵描きグッズを100円均一の店に探しに行きましたらこんなの売ってました、右下に写ってますネイルケア用のグラインダー。爪の形を整えたり磨いたり、指で楽しむご婦人方ご用達の電動グッズです。

これが魚釣りのフックのポイントを研ぐグラインダーに丁度いいです。写真左上は大昔に買った同様のネイルケア用のグラインダー、これも100円均一の店で買いました。その下がバークレーのフック用の専用グラインダー、こいつはそこそこの値段がしました。

f0230940_11281847.jpg

コンパクトな100円均一のグラインダーをベストに入れておいて、フックのポイントが甘いと感じたら出番。一瞬で研げますから長々とフックに当ててますとフックポイントが変形します、何事も程々がいいようです。

最後に100円均一のネイルケア用のグラインダーのチューンナップ方法、ここからは自己責任でお願いします。
グラインダーの回転ヤスリ部分に瞬間接着剤を一滴染ませて塗りこんでおくと、ヤスリの目が細かくなって使いやすくなる気がします。一度試してみる価値はあります、ローソンのブレンドコーヒー、レギュラー税込み108円と同じです。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-01-29 11:36 | タックル | Trackback | Comments(0)

サクラ MICRON PIGMA & 注射器スポイト

魚釣りでもお絵描きでも、いくら道具に凝っても?早々上手くなる訳じゃない!って事がやっと分かってきました。
FLYのマテリアルをいくら目の前に並べてもFLYがキレイに巻ける訳じゃないし。ロッドを新調してもキャスティングが上達する訳でもないです。道具を揃えただけで魚が釣れたような気になってる・・・?いい歳になりますと哀れっぽさが漂ってきていけません。

SARASAクリップのボールペンでのドローイングに満足してた、少々その哀れっぽさが漂ってますオッサン。モノクロでイラストを描いているうちは、SARASAクリップのインクの滲みもグレーで気にならなかったんですが、着色しようと思うとインクの墨の滲みが邪魔。
そこで漫画家さま御用達のミリペン、サクラ MICRON PIGMAを新たに買ってきました。

f0230940_854774.jpg

水性インクで乾くと耐水性。しっかり乾かせばほとんどインクの滲みは出ません、これは調子がいいです。消耗品のくせに一本250円?とかの値段が生意気ですが・・・今のところオッサンの探していた条件に丁度なので良しとします。
ついでに売れ切れてた“呉竹の水筆ペン”の小をご購入。これだけでもう腕が上がってスイスイといい絵が描ける気分!

帰りに百円均一のセリアに寄って化粧品コーナーを見てましたら、便利そうな注射器?を発見。香水を小瓶に詰め替える時に使うスポイトのようです。

自作しました注射器のスポイトより口が長いのがいいです、オッサン自作のと比べても口の長さが倍以上のディープスロート仕様?
「オエッ!]とするくらい奥まで入れるのがディープスロートの醍醐味・・・何の事やら?

買ってきましたその「オエッ!」で水を注入した呉竹の水筆ペンで、空と海の落書きをしてみましたけど、水をタップリと引いていい感じに色が滲んで満足。葉書サイズのスケッチなら水筆ペンで十分かもね?
.
[PR]

# by troutclub | 2017-01-26 08:59 | Trackback | Comments(0)

フェラーリ250LM

f0230940_165619.jpg

Adobe Illustrator
.
[PR]

# by troutclub | 2017-01-24 16:06 | Trackback | Comments(0)

ワイヤースポークホイールを描いてみる

古いスポーツカーなんかを描く時に手こずるのがワイヤースポークホイール。写真を観ながらの描き起こしとかトレースならそれ程でもありませんが、これがスケッチとなると複雑なワイヤーの配置が上手く理解できなくて、適当に描き飛ばして正確な画にならない。

古いイギリス車とかクラシックフェラーリなんか描くとなると身構えます。街中でクラシックフェラーリにお目にかかることなんて、まずありませんが。
f0230940_1093364.jpg

ワイヤースポークホイールのワイヤーの仕組みが良く分からないです、いろいろ調べても?国とかメーカーとか年代の違いによって色々なパターンがあるみたい?
どなたか誤魔化しではないワイヤースポークホイールの上手い描き方を手ほどきしてもらえんかしら。手馴れた感じであっさりとスケッチしたいんですが・・・。

PCでお絵描きしてた人間にはこのあっさりと手馴れた感じってのが難しい?リハビリを兼ねてひたすらか描き続けて、枯れて来るのを待つしかないのでしょうか。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-01-23 10:09 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

水筆ペン用、水補充ポンプ

先日、何年ぶりかで寄った画材店で買った水筆ペン。柄の部分に水を入れておいて筆先から水を出す仕掛けの筆です。トラベル用の簡易水彩筆?

お気に入りの「ZEBRAのSARASA CLIP」でドローイングしてこの水筆ペンで水を引くと、インクと水との滲みがなかなか感じよくて気に入ってます。

一つ残念なのが水筆ペンの柄の部分に入れる水の補給。説明だとビニール製の水彩筆の柄を潰して、水を吸い上げるって事になってますが、かなり柄を潰さないと目一杯に水を吸い込まない。
柄の部分も痛みやすい気が。メーカー品なのにこれはアカンでしょ。

f0230940_12335881.jpg

そこで作りました水補充用のポンプ。早い話が注射器のシリンダーをベースに口の部分を改造したスポイトです。注射器なんかを不用意に持ってると怪しまれる?事があるとか無いとか。
これはエポキシの混合量を計る計量用のシリンダーですから針は付いてません。インクジェットの補充インクの口に付いてた直径1mm程のステンレス製パイプを補充用の口にしてます。

これでボールペンと水筆ペンと紙があれば、いつでも楽しいお絵描きで遊べます。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-01-20 12:41 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)