BAC MONO

このクルマ、ナンバーが付いてるから公道を走ってもいいんでしょうね?でもこんなレーシングカーみたいなクルマで一般道路を走ったら危ないんじゃ・・・。

「BAC MONO」BACはブリッグス・オートモーティブ・カンパニーの略とかで、MONOはモノポストを意味してるようです、つまり一人乗りのクルマ。
知り合いのクルマ屋の大将がこのMONOに乗った?とか座った?とかでその時のお写真を見せてもらいました。

f0230940_923811.jpg

昔から「ロータス7」とかゴードンマーレイの「ロケット」とか、走ることだけに目的を絞ったクルマはありましたけど、このMONOはコスワース製の2.3Lエンジンでミッションはヒューランド製の6速シーケンシャル。寄せ集めパーツじゃないレーシングカー寄りの高性能スポーツ?カーみたい。

同じモノポストならバイクの方が面白い?ようにも思えるんですが・・・歳よりのエンスーにはタイヤ二つより四つの方が転ばなくて安心かも。
腹を冷やさないように風除けがあるのがいいです。でも釣竿どころかブリーフケースすら載せるスペースは無さそう・・・オッサンには背の高い軽四の方が魅力的。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-06-20 09:07 | クルマ | Trackback | Comments(0)

ラジエターリザーブタンクキャップ交換

久しぶりにジカヨウシャのエンジンルームを覗く。
ラジエターリザーブタンクのクーラントのレベルラインが低い、いや確認できないジャン。クーラントの量が規定以下になると、モニターにエンジンストップの警告が出る筈なんだけど・・・。

ちょっと水でも足しとくかとリザーブタンクのキャップを外すと、キャップのプラスチックだけが外れてリザーブタンクの口の部分にゴムのキャップが残ったまま。
プラスチック部分とゴムキャップはフリーの構造になってまして、ただ接着しただけでは駄目みたいです。

f0230940_1032568.jpg

再利用できる感じではないので、修理はあきらめてヤフオクで検索をかけましたら、一個だけ純正品風?OEMパーツ?が納得できる価格で出てました。即落札で翌日の朝には手元に届きまして、さくっと交換してオシマイ・・・・

の筈だったんですが、まだクーラントの水位低下の原因が分かってない。こちらの方が大問題・・・ラジエター周りを全てチェックしたんですが原因が分からない。

アイドリングのまま放置してクーラントの温度が上がり、冷却ファンが回りだした頃にラジエター脇からの水漏れを発見。アカン!新品のラジエターと交換になりそうです。
とりあえず応急処置ということで、漏れ止めにHoltsのパテをAmazonに大至急で注文。これも注文の翌日の朝には届くようなのでこの週末は・・・終わった。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-06-16 10:16 | クルマ | Trackback | Comments(0)

渓流FF本番中!

釣りに行けない?行かない?へたれフライマンが、欲求不満でマスをかいてる、いや絵をかいてる間に、釣りのお仲間は今週も山で渓流FFで結構なサイズのイワナを釣ってました。

f0230940_103233.jpg

大物サイズは写真の一匹だけでは無くて、SNSで届いた画像には他にも似たようなサイズのイワナがごろごろ、ちょっと大げさ。

皆さん元気があって羨ましい。オッサンはいつもの公園でプチホームレス状態。
そろそろ何処かに出掛けないとカビが生えそう。格安の航空チケットさえ手に入れば、梅雨が終わった南の島なんですが・・・。

f0230940_1035278.jpg

[PR]

# by troutclub | 2017-06-12 10:15 | Trackback | Comments(0)

梅雨は雨漏り?の季節?

オッサンの棲む田舎街のエリアも梅雨入りの発表がありまして、気持ちまで何となく曇りがちでスッキリしない季節に。

なんて思ってましたら、今朝早く雨も降ってないのに仕事場の天井から雨漏りが?
ビルの四階だよ雨漏りなんかするわけないジャン。でもポタポタと水滴が落ちてくる。PC関係の電気製品が浸水したらコトです。

直ぐに管理会社に連絡して調べてもらったら、五階にある事務所の電気温水器の給水バルブが壊れてて水浸しの状態だったらしい。
そのオコボレが天井を伝ってポトポト来たようです。五階のスタッフは出張中で留守だったとか。下水じゃ無くて良かったです。

f0230940_16115671.jpg

なんか気落ちして週末の魚釣りも気が無くなった・・・最近は魚釣りをサボってますから言い訳ですけどね。
釣りに行けないへたれフライマンの欲求不満解消は、魚釣りのお絵描き。梅雨の季節は空の色まで鉛色です。相変わらず100円水彩絵の具に3本100円の筆で・・・リーズナブル。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-06-09 16:18 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

白昼ビアガーデン タイフェスティバル 2017

この週末の土曜日、釣りのお仲間は岐阜と富山の県境辺りの川へ出掛けて渓流フライフィッシング。皆さんそれぞれ、まあまあの釣果で楽しんできたようです。

f0230940_1572790.jpg

明くる日の日曜日、近所の公園でタイフェスティバル 2017ってのやってまして、この手の催しが大好物のオッサンは、タイの缶ビールをしこたま買い込んで昼過ぎから一杯やってました。
いい気分で出来上がった頃に、山から帰ってきてた釣りのお仲間から所在確認の電話。イベント会場で合流して飲み直そうって事で意見が一致。

その後、山から帰ってましたもう一人釣りのお仲間も加わりまして、まだ陽の高い時間から暗くなるまでビアガーデン気分でしっかり飲ませてもらいました。
帰りはかなり足元が怪しかった・・・ちょっと飲み過ぎました。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-06-05 13:33 | 食べる | Trackback | Comments(0)

インディー500優勝 スゴイぞ琢磨!

嬉しいの一言、佐藤琢磨選手(Andretti Autosport HONDA)が日本人として初めて「Indianapolis 500」レースで優勝。

まだ「F1」と「Indianapolis 500」の区別も付かなかった子供の頃から、インディ500は葉巻型レーサーのレースとしては世界最高峰のレースだと?何となく思ってました。
大昔、タイヤがむき出しのレースカーを葉巻型レーサーと言ってた時期がありまして、その頃は確かに葉巻にタイヤをくっ付けたような格好をしてました。
f0230940_15465931.jpg

そんなインディ500レースでの佐藤琢磨選の優勝、おかしなナショナリズムを煽ってしまったようで、日本人の優勝が面白くないアメリカ市民も居るようなんですが・・・妬まれるほど凄い優勝だったと思います。佐藤琢磨 スゲエ!

今回のイラストはその佐藤琢磨選手の優勝を後押しした、HONDA POWERの遠い先祖になりますHONDA S600のイラスト。
葉巻型のF1レーサー HONDA RA271で、ホンダがF1に初参戦した頃に発売になった、HONDAがバイクメーカーから四輪メーカーになり始めた頃のスポーツカーです。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-06-01 12:19 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

スマホで血圧測定 iCare

自分で言うのもシャクなんですが、最近は気力も体力も文字通りのいいオッサンでして、釣りのお仲間の皆さんに甘えて、迷惑を掛けないように体調には気を使ってます。

これと言った病気も無いのですが定期で検診を受けてます病院の先生に、血圧が高めだから血圧計で血圧管理をしてくださいと言われまして、愛想がわりに「ハイ!」と元気の良いご返事で、血圧計を買いますなんて調子のいい事を言っちゃいました。

何ヶ月に一度の定期健診の予約日が近づいてきたある日、そう言えば病院の先生と元気よくお約束した血圧計をまだ手に入れてなかったジャンと思い出す。
どうしましょ? ネットで“血圧計”で検索したら、スマホソフトの「iCare血圧測定」ってのがヒットしまして、これで何とかならんかしらと横着なことを考える。

f0230940_1715498.jpg

その日のうちに「iCare」のソフトをダウンロード&インストールし、指をスマホのカメラレンズの上に乗せる方法で血圧を測定してみる。
ネットの評価では血圧測定ソフトなんてイタズラソフトだとか、まったく役に立たないお遊びソフトなんて、あまりよろしくない書き込みが目立ちます。

オッサンがイップレッションした限りではそれほど悪くも無い感じで、脈圧の差くらいは大体分かりますし、他にも心拍数とか血液酸素とか色々計測できました。誤差を理解して使えば気休めにはなります。

病院の先生にこんなスマホソフトで血圧測定をしてますと説明すると、何の駄目出しも無しで「分かりました」と了解?してもらえました・・・。

血圧を心配してるより酒の量を減らした方が体には良いと思うんですが、気力もオッサンなものでなかなかブレーキが掛からないのがイカンです。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-05-26 17:24 | Trackback | Comments(0)

柳亭市馬独演会 or 渓流ドライ

なんか急に暑くなってきまして海も山もいい感じです。釣りのお仲間から、先週末のフライでの釣果を画像で送ってもらいました。

f0230940_1441292.jpg渓流ドライで釣った、これ鯉じゃないの?と思わせるような太いイワナ。長さも尺は優に超えて40cm近い?感じの立派なサイズです。セージのシングルハンドのグリップが、ちょっと頼り無く見えます。
もう本番ですね、梅雨が来る前の魚釣りには最高の季節になってきました。

オッサンにそこまでの勤勉さはありませんで、この週末は久しぶりに落語会に出掛けてみました。半年に一度、いつもの学校施設の舞台でひらかれました「柳亭市馬独演会」。
開口一番が柳亭市坊さん、岐阜県の出身らしくてオッサンの棲む田舎街とも近い?場所。ワールドワイドで見れば同郷です。

f0230940_14422089.jpg柳亭市馬師匠はさすがに安心して聴いていられました。可もなく不可もなくなんて失礼な印象しかなかったんですが、久しぶり師匠の噺を聴いたら面白くていい感じ、いいもの聴かせてもらいました。
まだ若いんですけど気力も体力もいいバランスですでに円熟期。

夕方からは落語会あとのお決まりのコース「角屋」の焼き鳥で一杯。体調不良?のはずだったドSの美人?秘書も加わって痛飲。初夏の暑い一日が終わりましたとさ。
.
[PR]

# by troutclub | 2017-05-22 14:51 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)