<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クリスマスイベント

急に冷え込んできましたこの年の瀬、オッサンの心も懐も寂しい。ジングルベルも聞こえてくるし人恋しさに負けまして、近所の公園のクリスマスイベントに出掛けてみました。
天気が良くてチョイとビールなんぞで口濡らし・・・寒空の下で飲むビールもなかなかオツなもんであります。

ビールとかちょっとした料理なら会場の屋台?で買えまして、風よけの付いたテントの下で一杯。しかし、とぐろを巻いたソーセージが確か1600円也、串刺しのソーセージが一本800円、グラスサイズのビール一杯が800円と露天の店にしては強気なお値段。

f0230940_8594872.jpg

一杯だけ会場のビールを飲んでから後はコンビニの発泡酒にソーセージ、こちらも美味かったです。会場に来てた家族連れを見てましたら、なんか暖かい場所に帰りたくなった。

寒空の下でもビールは美味いんですが寒さでトイレが近くていけません。トイレが気になるドSで肉食系美人秘書?の「帰るよ!」一言で撤収。
でも「まだ飲み足りない」のリクエストで、大阪串揚げの店に立ち寄り飲み直し。ここでは心も体も暖かかった。

f0230940_902176.jpg

[PR]

by troutclub | 2017-12-15 09:03 | Trackback | Comments(0)

コブラ・ドラゴンスネーク

ドラゴンスネークのイラストを描いててこんな夢を見ました。
バブルの頃にアメリカだかカナダだかの業者から、事故でクラッシュしたドラゴンスネークをリビルトした?・・・とのふれこみで輸入したドラゴンスネークに得意げに乗る夢。

その後、アメリカから同じシャシ・ナンバーのドラゴンスネークがアメリカ本国にも存在するって話が来て・・・。日本のインポーターと一緒に、目の前のドラゴンスネークは何モノなんて頭を捻ってるところで、バブルの夢から覚めた・・・。
f0230940_10492360.jpg

このコブラ・ドラゴンスネークのイラスト、ベースは「コブラ289」で1963年製のシャシー・ナンバー「CSX 2093」の資料で、Adobe Illustratorによるドローイングと着色。

f0230940_10534376.jpgフロントタイヤとリアタイヤのホイールが違うのは正解。ドラッグレース用に作られたホットロッドですから、フロントが細いワイヤースポークでリアは幅広のアロイホイール。こんなアンバランスな仕様の方が都合が良かったんでしょう。

Illustratorでお絵描きすると、ビットマップにすると飛んでしまうような細かいディテールにまで手が入ってしまい効率が悪い、これは描く人間の性格ですけどね。
.
[PR]

by troutclub | 2017-12-10 11:19 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

忘年会&落語会

12月オッサンの棲む海抜数メートルのど平地の田舎街でも紅葉が進みまして、近所の庭園施設でも見事な紅葉を見ることが出来ました。
モタモタしてると今年もすぐ終わっちゃうジャン。そんな訳で釣りのお仲間とのチョイと一杯の、ささやかな忘年会のお知らせを先週末にSNSで配信。

f0230940_1152057.jpg

居酒屋で軽く一杯のつもりが、お仲間の皆さんの予定の方が一杯で直前まで先が見えず。結局ヘイヘイ屋さんちで家呑みとなりました。
夕方の4時過ぎからちびりちびり始めまして、徐々に集合で顔を見ることが出来たお仲間は4人。皆さんお忙しい中をありがとうございました。ヘイヘイ屋さんいつもすみません。

f0230940_11522049.jpg缶ビールを各自好きなだけ飲んだ後に焼酎の1.8Lパックも消費。さすがに日本酒の3Lパックはやっつけることが出来ませんでした。この辺りでギブとなりまして7時間飲み続けた忘年会もお開きに。

あくる日少しアルコールが残ったんですが、昼からは近所の高校で開催されます落語会に顔出し。
「林家菊丸上方落語会」が今回の題目でして、いろいろと面白い趣向で楽しませてもらいました。
落語家が4人も上がる高座はちょっと寄席気分で結構でした。
[PR]

by troutclub | 2017-12-04 11:53 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

バブリーダンシング

2017年も気が付きゃ残りあと一ヶ月、門松は冥土の旅の一里塚・・・一年なんて早いもんです。
何処で吹き込まれてきたのか急に上のセガレに質問されたんであります。「バブルの時代ってそんなに面白かった・・・?」自分が生まれた時代のことにノスタルジックな興味かあるみたい。

言われてみるとバブルの頃にいい思いをしたとか、面白かったとかなんてあまり覚えてない。まあ、若さだけで何をやってもそれなりに楽しい時代でしたけどね。

f0230940_9305135.jpg

今回はボケ防止のフライタイイングを一つ。思い切りバブリーなフローティングフライです。
ボディーはたっぷりとジューシーでバブリー、テレストリアルとしてもカディスとしてもいけます。カディスと言うより、屁こき虫とかマイマイカブリあたりのキモイ系イメージかも?

ボディーは太くても中はスカスカですから、フロータントでポッカリ浮きラバーレッグがピラピラ踊って魚を誘います。夏場の鱒類は悪食ですから大物狙い用の一本になりそう?
名付けて、バブリーダンシング・ヒーロン??
.
[PR]

by troutclub | 2017-12-01 09:34 | フライ | Trackback | Comments(0)