<   2016年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今年最後の浜レポート

釣りのお仲間“ハスラーのニーニさん”が、この寒さの中を出掛けた遠州灘の東部のいつもの浜、今朝、現場からSNSで届いた今年最後の浜レポート。

のんびりと?陽が昇りはじめてからの遅めの出撃、釣りのお仲間の皆さんから60cmオーバーのヒラメを期待されたんですが、残念ながらいい報告は無しでした。釣り好きの皆様、夜討ち朝駆けの一年間ご苦労様でした。

画像はその遠州灘の朝6時過ぎの様子、遠くにもけっこう釣り人の姿が見えます。元気がいいなぁー ウラマヤシイ!
f0230940_14444929.jpg

[PR]

by troutclub | 2016-12-29 14:45 | ソルト | Trackback | Comments(0)

Fiat Abarth 695 SS

Fiat Abarth 695 SS
本当はカンパニョーロ ジャンニーニの10インチワイドホイールを履かせたかった・・・。

f0230940_8195083.jpg

.
[PR]

by troutclub | 2016-12-28 08:31 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

トラベル水彩パレット決定版

先回作りましたMarlboroの金属製タバコケースを再利用した、水彩画トラベルキットの試作品を超える水彩パレットの決定版が完成しました。

面倒臭いことをせずに、最初から12コンパートメントに仕切られた女性用のリップパレットを買ってきて、中のリップカラーを捨て代わりに水彩絵の具を流し込む事でお洒落なパレットが完成です。

f0230940_1131214.jpg

とまあ口では簡単に言ってますが、リップカラーを洗い流すのが大変でした。熱湯にパレットのまま浸けておくとリップカラーは浮いてくるんですが、そのままあちこちにリップカラーがくっついてそれをキレイに拭い取る作業が大変でした。

そっちの趣味のある方は、リップを使い切ってから絵の具を入れたほうが汚れなくて?始末がいいです。おかしな誘惑にも負けずに今回はお湯でクリーニングしました。コンパクトでちゃんと百円均一の水彩絵の具に色数に会う、12コンパートメントに仕切られていて使いやすそうです。

蓋に張ってあった鏡を外して絵皿のスペースにしました。今回は我ながらいい所に目を付けたと自画自賛・・・なのであります。
最後に大切なこと、今回買ったこのリップパレットは百円均一の“セリア”で税込み108円也でした。
.
[PR]

by troutclub | 2016-12-27 11:35 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

碓氷峠 MGB GT クーペ

のっぴきならない用事で冬の碓氷峠越え。

MGB GT クーペ 
直列4気筒OHV 1,789cc、95HP/5,000rpm 14.7kgm/3,500rpm
ノンオリジナルリアバンパー MarkⅢ?
f0230940_9525065.jpg

[PR]

by troutclub | 2016-12-26 09:53 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

水彩画パレット トラベルキット

この何週間ばかりモヤモヤしてました、水彩画トラベルキットの試作品を作ってみました、まずはパレットの制作から。
絵の具を予め流し込んでおけばチューブを持ち運ばなくていいし、色を作る絵皿(溶き皿)の部分も付いてますから非常にコンパクトになります。

材料はフライBOXとして使ってましたMarlboroの金属製タバコケース、フライの事なんかすっかり忘れてしまって、一生懸命作ったフライケースが・・・あと百円均一で買った使い捨てパレットから切り出した、絵の具を収めるコンパートメント。コンパートメントを両面テープで貼って仕上がり。
同じく百円均一の店で売ってる製氷皿のコンパートメントも使えそうなんですが、手元に無いので取り合えず試作品はこの組み合わせで我慢です。

f0230940_15291066.jpg

おそらく屋外でスケッチなんて恥ずかしくてしないと思うけど、枝葉に拘るフライフィッシャーの血か?トラベルキットだとか役に立たない細かなアクセサリーに、病的に反応してしまうのでありました。体が求めているんであります。

一つ問題を発見、色を混ぜる絵皿になる蓋の部分がクロムメッキのままなので、のせた絵の具の正確な色がよく分かりません。蓋を白く塗るか白いシールでも貼って対策をしないと。
.
[PR]

by troutclub | 2016-12-23 15:45 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

DVDリモコンボタンの接点復活

今回はオッッサンとこで使ってますTOSHIBA製の、チューナー&DVDレコーダーのリモコンのクリーニングとリモコンボタンの接点復活。テレビのX'mas特番の番組予約をするのにリモコンの調子が悪いと困るジャン。
クリーニングと言いましても、怪しくなってきたリモコンボタンの接点の復活を含めての作業になるんで、まずリモコンの分解から。

リモコンの筐体をバラすと電導ゴム?製のボタンとスイッチ基盤が現れるので、ゴムのボタンは水洗いし基盤はアルコールでクリーニングしてみました。

f0230940_1432621.jpg

第一回目はこの状態で再組み立てしてオシマイ。一晩使ってみましたがまだ反応の鈍いボタンがあるようです。
次の日の朝から再度クリーニングを開始。スイッチの不具合は基盤のスイッチの接点が汚れるのが原因と思ってたんですが、調べてみるとゴムのボタンに塗られた電導物質?が剥離してしまう事も原因の一つらしい。

対策としては基盤のスイッチ部分に触れる、ゴムボタンの接点部分に銀紙を張るのが確実?のようなんですけど、銀紙が浮いて電流が流れっぱなしになるトラブルも予想されるんで、今回この方法はパス。

ゴムボタンの接点部分にカーボンの鉛筆の芯をすり込むと改善が見られるって記事を見つけて、これを真似て2Bの芯をしっかりすり込んでやりました。

そこまでして改めてリモコンを組み立てし再テスト。ズバズバとスイッチが切り替わりまして調子が良いです。これでリモコン修理は終了のつもりだったんですが、最後にDVDレコーダーのスイッチを切ろうとして電源ボタンを押しても終了しない。
もう一回やり直さないと駄目かも?今度は銀紙の出番になりそうです。

postscript : 電源ボタンのゴム部分に銀紙(アルミホイル)を両面テープで貼り付けてみました、ほぼ100%機能回復、ミッションは成功です。
.
[PR]

by troutclub | 2016-12-22 14:17 | Trackback | Comments(0)

アイドルにとんちゃん・・・。

f0230940_15472469.jpg

日曜日、いつもの浜に魚は居なかった。残り少なくなってきた今年のソルトルアー釣行の機会なんですが、今回はいい話は無しで惨敗。年内のチャンスはあと一回くらい?27日か28日?早朝の浜の寒ささえ無かったら浜に出てみたい。

浜に魚は居なくても街中の公園には人が一杯でした。クリスマスのイベントを近所の公園でやってまして、昼間は暖かかったのでコンビニのビールを持って、クリスマスのイベントに紛れ込んで一杯。イベントの屋台で買ったボイルのソーセージとムール貝が旨かったです。缶ビール2本を空けたところで腹のほうも一杯になり、ギブとなりました。

f0230940_1547466.jpg

そのまま色々なアイドルグループが出てます草コンサート?を覗いて、こちらで酔い醒まし。ここでアイドルビジネスの美味しい所を垣間見た気分。
握手券?だとか一緒に写真券?だとかCDやグッズの手渡し販売で、万札とか五千円札が飛び交ってました。

女の子に直接銭が渡るとも思えないので、誰かが儲けてるんでしょう?それにしてもアイドルの女の子は、顔は小さいし足は長いし可愛いです。アイドルで売れなくてもすぐ大人になってまた違うお商売で高く売れそうです。

f0230940_15482395.jpg

最後にお決まりの「トンチャンやふじで」味噌トンチャンとビール。やっぱりここに来るカップルの女の子はナゼか可愛い。今回の隣のカップルも、女の子が聞き上手でキレイな子でした。焼肉屋に来るカップルの男は見栄坊。ブ〇女を連れて焼肉なんか食いに行ったら・・・。
.
[PR]

by troutclub | 2016-12-19 15:55 | Trackback | Comments(0)

アナログ HONDA S800クーペ

高速時代のビジネスカーもパンクチュアーには勝て無かった。
まあイラストに引っ掛けたヨタ話なんですが、チューブレスタイヤが一般的では無かった?昔の車は、釘を踏むとチューブからエアが一気に抜けてしまい、スペアタイヤに交換しないとその場に立ち往生で、最寄のガソリンスタンドとかタイヤショップまで辿り着けず不便な思いをしました。

このHONDA S800クーペのタイヤ交換をする、サラリーマン(勤め人)風のオッサン。クルマと比べて体が大き過ぎるなんて思われる方も居るかもしtれませんが、HONDA S800のもともとのベースは当時の360cc規格の軽四自動車のサイズ。
こんなもんですと言い訳をして今回のヨタ話はオシマイ。
f0230940_11362788.jpg

30年ほど前にBBケントにドクターマーチンで描いたアナログイラスト、努力しない人間は、一生掛かってもなかなか上達しないって事がよく分かりました。
.
[PR]

by troutclub | 2016-12-17 11:36 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

色の道は険しい

フライだとかバイクの話に話題が行っちゃって、そろそろ水彩によるクルマの画もネタ切れじゃないかと、心配されるのも申し訳ないので、あらためて色っぽい艶話を少々。

また水彩絵の具の話題に戻りますが、望みの色を作ろうと絵の具を混ぜると彩度がガタッと落ちてしまいます。何色も混ぜると同系色同士でも濁った色になって来る感じ。小学校の子供でも知ってる常識?

今回、ワーゲンのタイプ1・ケファーのカブリオレの色を、オレンジにしようと色を作り始めたんですが、気に入る色がなかなか生まれてこない。

f0230940_914092.jpg

カリフォルニアっぽいオレンジカラーを狙ってはみたんですが、イエローにレッドを加え少し彩度を落とそうと墨を少し加えた途端にカーキ色(砂漠色?)に化けてしまった。
改めてイエローとレッドでオレンジを作り直し。カーキ色はシャドウ部分に使うってことにしました。

理屈では色の三原色でほとんどの色が作れる?筈なんですが、オフセット印刷じゃないからそれは無理。色艶に拘れば絵の具は色数が多い方が何かと便利?
でも色の好みは千差万別、画を描く人の色の好みを全て満足させる色揃えは無理です。金額的にも大変なことになってしまいます。

やっぱぶつぶつ文句を言いながらも12色100円也の絵の具で、試行錯誤しながら自分の色を作り出す方がオッサンには向いてます。それに楽しい・・・いや色の道は険しい。
.
[PR]

by troutclub | 2016-12-16 09:23 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

座敷バイクのSR君のその後

釣りのお仲間に「誰か何処かに魚釣りに出掛けた?」なんぞと質問したら、それどこじゃないです忙しい!と冷たいご返事。

シーズンオフの渓流迷人、何をしてるかと思ったら座敷バイクのSR君のエンジンを載せ換え作業中だとか。それも黒いパウダーコーティングで外見だけは凄味のあるノーマル?エンジンから、一見ノーマル風ながら中身は・・・のスープアップした新?エンジンへの載せ換え。
ヨシムラのST-1がどうのRSキャブこうの、クランクがボアが・・・なんぞと色々聞こえてきます。

f0230940_13304541.jpg

オイルクーラーも付きました、もともとノーマルでもエンジンオイルが高温になりやすいSR。オイルクーラー分オイルの量も増えるし、オイルパンのフィン冷却を期待出来ないドライサンプのSR、オイルクーラー装着は極々自然な選択。

例年のこの時期はランディングネット作りに励んでる筈の渓流迷人。なんか気に入らないことでもあってネット作りを止めちゃったんでしょうか?サツキマス用ランディングネット2017年モデルは無しみたいです、残念。
.
[PR]

by troutclub | 2016-12-15 13:42 | Trackback | Comments(0)