<   2016年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

魔改 トラベルバイス マイナーチェンジ

いけません粘着質性格、ついつい欲が出ていつまで経っても満足できない、逝った気がしない・・・?

先回のトラベルフライバイスのジョー締め付けレバーなんですが、ネジ部分に真鍮の水道の蛇口パーツを使ったら、小さなジョーを締め付けてるだけなのに真鍮ではネジ部分の磨耗が早い。
フックの固定には相当大きなトルクが掛かるみたいです。

そこでジョー締め付けレバーを早々にモデルチェンジ。ネジ部分の材質を変えて新たに作り直すことにしました。
ネジ部分は真鍮から普通の鉄製ボルトに変更。レバー(ハンドル部分)はメガネの小さなネジに使う、小型のプラスドライバーを使用しました。

f0230940_1438994.jpg

ボルトの頭に小型ドライバーの先端がピッタリ合うように溝を作り、プラスドライバーをロウ付けしてあります。ジョーと干渉しないようにドライバーは少し曲げて逃げを作りました。

少し強度的に弱いかなと心配したんですが、小さなドライバーでもけっこう丈夫で中折れ無し、思い切り締めこんでも大丈夫。前より断然スマートなハンドルに仕上がりましたとさ。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-02-26 14:46 | 工作 | Trackback | Comments(0)

魔改 トラベルバイス

陽が長くなってきました、気がつくと南の島シンドロームがフツフツと再発? いつでも出掛けられるように準備だけはしとこうかと・・・。

昔、外国のフライフィッシングのVHSビデオで、ベリーズだかクリスマス島だかに向かう飛行機の中で乗客のフライフィッシャーが、窓際で大きなソルトフライを巻いてるシーンを見て凄く憧れた覚えがあります。

f0230940_12463922.jpg

でもフライバイスなんて空港の持ち物検査のX線で見ると、まんまピストルの部品みたいで怪しげ・・・今ではフライバイスどころかハサミも機内への持ち込みは禁止、国内線でも持ち込めるのは爪切りまでです。旅の途中に飛行機の中でフライタイイングなんて、夢のまた夢となりました。

飛行機の中では無理としても、旅先でフライが巻けるように小型のトラベルバイスを作ってみました。昔から持ってました簡易の安物フライバイスを潰して、使いやすくコンパクトになるよう魔改造。

f0230940_1247683.jpg

蝶ねじ式でいくら締めてもフライフックの固定が甘かったジョーは、がっちり固定できるようにカンチレバー式の締め込みボルトを自作して交換。小型のサーモンフック、ソルトフックくらいまでならOKです。
高さが足りなかったシャフトに下駄を履かせ、ボルトで固定して高さを調整できるようにしてみました。
バイスのベースを何処から持ってきたのかは記憶になし。ベースとしては少し軽いけどトラベルバイスとしては逆に好都合。

MDプレーヤーの小さな?袋にコンパクトに全て収まります。計ってはいませんが重さもさほどではありません。
あとは飛行機の格安チケットを探すだけ・・・なんですが、これからのハイシーズンはチケット代が高くなって、小市民でも手の届く格安チケットがなかなか見つからないのが残念。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-02-23 13:00 | 工作 | Trackback | Comments(0)

FORD GT40

SUZUKI RGV-γ500と一緒に発掘?されたFORD GT40の残骸、プラモデルですけどね。

FORD GT40の40は車の屋根までの高さのこと、40inの高さでメートルにすると約1m。知り合いのクルマ屋のガレージで、レプリカじゃないFORD GT40の本物を見ましたが、タイヤが全てパンクしてるんじゃないかと思えるほど車高が低かったです。
さすがに運転席には座らせてもらえんかった。8桁~9桁の金額の車ですから仕方ないです。

f0230940_1014405.jpg

メタリックブルーにウレタンのクリアをタップリとスプレーして光沢を出してます。塗料はオランダのシッケンズ製、本物の車に塗装するためのプロ用のペイント。
知り合いのカー・ボディーショップ“kimura body”から調達。二液性なんですが mixing ratio(混合比率)が1対1じゃないのでシロートには調合が難しいです。

タイヤとかクリアパーツが無くなってましてちょっと可哀想な状態。パーツをスクラッチすればリビルトできそうですが・・・?
f0230940_1015668.jpg

.
.

[PR]

by troutclub | 2016-02-21 10:19 | Trackback | Comments(0)

SUZUKI RGV-γ500

本棚の本の奥に埋没してましたプラモデルの残骸が出てきました。
今では無くなってしまった、ロードレース世界選手権(WGP)の最高峰500ccクラスの、2ストローク500ccエンジンのSUZUKI RGV-γ500 のプラモデルだったような記憶が。
本物はスクエア型4気筒にロータリーディスクバルブのツインクランクエンジンなんて、相当凝ったエンジンでした。

f0230940_12185853.jpg

もう30年近く前に作ったプラモデル。昔はプラモデル作る暇があったんだ・・・?
チョット懐かしくてレストアしようと他のパーツを探したんですが、どこかに雲散してしまったようでリビルト出来ずで残念。

バイクも何台か乗りましたが、当時流行ったWGP500ccクラスのレプリカ?市販モデルを買ったことは無かったです。
2ストの500ccバイクなんてかなりのじゃじゃ馬、出っ張った腹がライディングポジションの邪魔になるし、乗りこなすのは無理だったでしょうね。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-02-18 12:27 | Trackback(4) | Comments(0)

セントバレンタイン

今日しか無いでしょ、セントバレンタインの報告。実は昨日、若い娘さんから思いもよらぬチョコレートのプレゼントをもらいまして、オッサンはすごく嬉しかったんであります。

それは“ニパチ”でビール飲んで釜飯食って帰る時に起きました。
自分の娘くらいの年齢の可愛い子が、勘定のレジのわきでそっとオッサンに小さなチョコレートを渡してくれたんであります。「ありがとうございました」の元気な声と一緒に。

f0230940_18124034.jpg

若い娘さんですから「オジサマ好き!」なんて言えなくて、「ありがとうございました」だって。恥かしがり屋なんだから。次も行こう“ニパチ”へ。

鼻の下を長くしてたら、ご一緒だった “ドS” の某美人妻から蹴りが入る?後ろの箱はその “ドS” からもらったチョコレート。愛の深さ、バレンタインのチョコは大きさじゃ無い・・・キッパリ!
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-02-15 18:23 | Trackback | Comments(0)

デブリ・フライ

フィッシングキャップの端にでも挿して、オシャレなフライマンを演出しようと安全ピンに巻いてみました、フライ風の飾り?
結果は大失敗!こんなもん付けて釣り場をウロウロしてたら恥ずかしいでしょ!と気が付くまで0.5秒。センスのカケラもねえ。フライはフックに巻かないと感じ出ませんね。

もう一つ最近見つけました「UVレジンのクリアレッド」を使って、イクラのフライを作ってみました。透明感があって感じが出てますが仕上がればタダのプラスチックの玉、これはもうフライとは違うジャンルの擬餌針。そんな訳でこれもボツ。
f0230940_1033774.jpg

オッサンになりますと、自分のセンスが世間からズレてることすら分からなくなってくる。と言うか、気にも留めなくなっていけません。
もう少し若い頃からフライタイイングのスキルアップに励んでればよかった・・・。

と言うことで、なかなか更新されないネットデブリに成り下がらないよう、無理やり引っ張ってきたフライ繋がりのネタ、これもゴミでした。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-02-14 10:06 | フライ | Trackback | Comments(0)

356 スピードスター

ジェームズ・ディーンがポルシェ550/1500RSでクラッシュしてからもう60年。
映画「理由なき反抗」でジェームズ・ディーンが穿いてたジーンズは“リーバイス”じゃなくて“リー”。
赤いジャケットは“ドリズラー”ではなくて、マクレガー社の防寒用上着「ナイロン・アンチフリーズ」なんだそうです。

ちなみに「スイングトップ」はVANが作った和製英語だとか。最近「wikipedia」で知った、浦島太郎の昔話。
f0230940_964069.jpg

マウスで人の顔を描くのは難しい・・・WACOMのペンが見つからない。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-02-08 16:34 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

今年の初物

今年の初物、いつもの半島のいつもの浜でのソルトルアーに喰い付いて来た嬉しい一匹。ルアーサイズのイワシ・・・・?
悪戯でimaルアーと写真合成してみました、感じ出てます。もっと本物のベイトフィッシュに似せたルアーはいくらでもありますけど、リップ無しで飛距離がよく出て、そのくせよく泳ぐimaのこの形がソルトにはいい感じです。

f0230940_1442019.jpg

凝りに凝ったトラウト用BASS用のリアルミノーより遊び心があって楽しい。海の魚は目の前を横切る物は何でも喰って来るし・・・?

ソルトトレインの運ちゃんが眠い目をこすりながら、夜討ち朝駆けで獲った一尾です。まな板の上に乗ってましたからキープして食っちゃったんでしょうね?イワシ一匹、どうやって調理するんでしょう。
[PR]

by troutclub | 2016-02-04 14:14 | ソルト | Trackback | Comments(0)

早くも梅の便り

2月1日、早くも2016の渓流シーズン解禁です。あっさりと過ぎてしまいました1月、このペースだと今年もすぐに終わってしまいそう・・・月日の経つのは早いのであります、年寄りには・・・。

解禁日直前の日曜日、この寒さの中で仕事の人もいれば、子守の人、引き篭もりでフライ巻く人と、釣りのお仲間の皆さんも、それぞれお忙しそう。
渓流迷人から寒梅と新作フライのSNS画像がアップされてました、早くも梅の便りです。庭の梅を窓越しに眺めながら2016年の新作フライをタイイングなんて羨ましい。

f0230940_15101144.jpg

その新作フライは浮かせても沈めても使える、一粒で二度美味しいオリジナル・ドライ&ウェットだそうです。運がよければ浮いてる?ドライスプレー頼みのドライ&ウェットらしいけど。

“すがきや”ラーメンは子育て悪戦苦闘中のヘイヘイ屋さんからのSNS画像。あと昼はステーキ&ハンバーグランチ、夜はビールと丸焼きローストチキンの画像は、尿酸値上昇覚悟のオッサンからのUP。

f0230940_15105180.jpg

釣りのお仲間の皆さん、フライの本格的な始動は暖かくなる4月?くらいからですから、当分こんな週末が続きそうです。暖かくなるまでは飲み会でもしてた方が体にイイ?
[PR]

by troutclub | 2016-02-01 15:20 | Trackback | Comments(0)