<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

秋も本番 

f0230940_12594275.jpg

秋の彼岸も過ぎ川が禁漁になる頃には秋も本番、なんか荷物を下ろしたようでサッパリした気分。
以前は来年の春まで釣りが出来なくなると思うと寂しかったんですが、ソルトもあるし南の島もあるしで、けっこう忙しくて寂しがってる暇がないです。いい歳して今更管釣りエリアでもないし。

f0230940_130859.jpgこの日曜日は近くの公園で開かれてましたテレビ局主催のイベントに出掛けまして、昼過ぎから夕方までしこたまビール飲んでデイ・ホームレスしてました。

椅子に座ってビールを飲み始めたら、先日の疲れ?とビールの酔いでどこへも移動したくなくなった。
目の前のステージでは色々なグループがライブしてますし、すぐ隣にはビールサーバーのコーナーもあるしで申し分なし。

通り過ぎる若い娘のフェロモンの香りに、元気を取り戻した?のでありました。中には肥だめ臭いようなのも居ましたけど・・・失礼。

忙しい仕事の合間に、相変わらずのソロで浜に出掛けたソルトトレインの運ちゃん。今回も釣果はあったようなんですが魚のサイズがイマイチ?で魚はお見せできず。
DNA的にはヒラメですが、サイズ的にはフィッシュキーパーがやけに立派に見えるソゲ? お疲れ様でした。

最後は気になってました渓流FF迷人のサツキマス用ネットの話。
断片的な情報ですがサイズは、同じ渓流FF迷人が作る渓流用ネットより二回ほど枠が大きいようです。

本流差しのFFMにはピッタリのサイズ?ぶら下げると背中一杯になってしまう、サクラマス用ネットより軽量で邪魔にならず、シルエットもクール。
[PR]

by troutclub | 2015-09-28 13:37 | Trackback | Comments(0)

シルバーシート or シルバーウイーク?

大町市美麻にあります蕎麦屋で“とっからそば”ってのを食べる計画で出掛けたんですが、昼までに大町に辿り着けなくて手前の豊科の蕎麦屋に入ったら、そこの蕎麦が旨くて大町まで足を伸ばす気が無くなった。
空いた時間で魚釣りでも・・・と、まあこんなストーリーで?安曇野・犀川で魚釣りをする時間を捻り出す。

f0230940_1044564.jpg

でも秋の七草、女郎花が咲いた川でマス釣りってのは気分が出なかったです。魚は犀川の本流よりも支流の方に入ってると踏んであちこちを見て廻りましたけど、本流も支流も水が高くてポイントを絞りきれずで大敗。川は閑散としてて好きなポイントに入り放題なんですが・・・。
地元のチューボーが、川幅1mほどの町中の水路でニジマスを釣り上げてたのには驚きました。ちょっとウラマヤシイ。

f0230940_10452098.jpg

禁漁前の天竜川、大田切川にも行ってきました。こちらの方もすっかり秋でして釣り人の姿は皆無、魚釣りは完全に終わってました。日にちを間違えてもう禁漁?と心配になるくらいでした。

一方、今年最後の渓流FFで富山の渓に入ってた釣りのお仲間も、これと言った釣果は無かった?みたい。40ヤマメの夢は破れたようですが、来年向けのデータはタップリと集まったようです。

f0230940_10454181.jpg

でもって、渓流FFの人、観光の人、仕事の人、釣りのお仲間それぞれのシルバーウイークの締め括りに、いつもの反省会?で情報交換、渓流シーズンの打ち上げ。。
禁漁になったら、ポールバーかガールズバーでもういっぺん打ち上げだとか? 冥土へのいい土産になりそうです。魚釣りなんかよりこっちの方が嬉しい。
[PR]

by troutclub | 2015-09-24 10:57 | | Trackback | Comments(0)

新生 大須演芸場

昨日は雨の中を近所のアーケードの商店街まで出掛け、ドSで肉食系美人秘書?とビールで一杯。いつもの焼き鳥の“角屋”は店の前でお客が並んでまして時間が掛かりそう。

この店、最近はお局様の女同士とか一見の客が多くていつも満席。焼き鳥をツマミにウーロン茶で長話なんかされると席がなかなか空きません。待てない我慢できない!肉食系に引っ張られて、次の店に移動ってことになりました。
f0230940_10573486.jpgすぐ近くの“とんちゃんや ふじ”に移動して相席ながら二つの席を確保。一つのテーブルで焼肉の相席?大丈夫です網焼きのコンロはちゃんと二つありますから、他人と肉を取り合うことは無いです。
文字通りのトンチャンの店でして、モツばっかりのメニューでリーズナブル。その代わりに煙モウモウで髪の毛から着てる物までトンチャンの匂いがしみ付いちゃうのでありました。

同じ商店街にあります銭湯でこの匂いを洗い流してサッパリすることに、これは気持ちいいです。タオルは借りられますから手ぶらで行っても大丈夫。
ここで面白い?人と会いました。噺家の“桂文〇師匠”なんでこんな場所にと思ったんですが、そういえばこの9月22日に以前に潰れた“大須演芸場”が新しくオープンするってことを思い出す。こけら落としの前乗りでしょうか。

話を聞こうと思ったんですが、こちらは師匠の事をよく知ってても、向こうはオッサンの事なんか全く知らない関係ですから、黙って師匠の大きな腹と〇ン〇ン見て大人しくしてました・・・。

風呂から出てもまだ雨がパラついてまして、雨宿りのつもりで“王将”でもう一杯?二杯ばかり生ビールを。もう腹いっぱいだったのに、またラーメンと炒飯のセットを注文してシェアしましたとさ。肉食系は炭水化物にも貪欲なのね・・・?

f0230940_1058112.jpg

今度は演芸場運営経験の無い人の経営で大須演芸場を再建するようです、相談役に林家の海老名香葉子さんが。結局経営に関しては全員シロート?また閑古鳥にならない事を願います。
[PR]

by troutclub | 2015-09-18 11:21 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

第3回日本GPグランプリ #17 TOYOTA 2000GT

魚釣りの自慢話、生臭ものの話ばかりではちょっと飽きるんで、久しぶりにお絵描きののヨタ話を少々。
他人の知ったかぶりの自慢話ほど面白くないモンは無いのであります。

今回ご紹介のイラストは、TOYOTA 2000GT プロトタイプのレース仕様。1966年第3回日本GPグランプリで田村三夫選手がドライブしたゼッケン#17の車、カラーはシルバー。
f0230940_13243541.jpg

同じレースで入賞したゼッケン#15の、レッドのTOYOTA 2000GTの方が有名のようなんですが、渋めのシルバーの方がTOYOTA 2000GTには似合ってるような気がします。ちなみに#15のレッド車両は細谷四方洋選手がドライブ。

いつものAdobe Illustratorで作図して、Adobe Photoshopでビットマップにスタライズ(スタイライズ)してあります、Photoshopでの加工は無し。

嫌われてもいいですから、釣れた魚の大物自慢とか口説いたご婦人のホラ話、いや大ボラを吹いてみたいズラ。
[PR]

by troutclub | 2015-09-17 13:40 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

禁漁前 渓流駆け込みFF

f0230940_16302435.jpg

f0230940_16304666.jpg9月一杯まで開いてます富山の渓まで走り、禁漁前の駆け込み渓流フライフィッシング。
今年の富山は調子が良くて?五月の連休過ぎの頃から、岩魚の尺オーバーの画像が何枚か送られてきました。

今年最後?の尺オーバーになるんじゃないかと思われる33cmの岩魚を、この土・日に富山のいつもの渓でヘイヘイ屋さんがヒット。
特に今回のは顔のデカイ岩魚で、まだまだ大きく育ちそうな感じがします。来年の夏には40cmオーバー?

釣りのお仲間の皆さん、この夏はフライフィッシングの成績が良かったせいでしょうか?なかなかソルトに戻ってきません。コチやヒラメの舞い踊りで海が待ってるのに・・・。

ホントはオッサンもFFで渓流を釣り歩きたいんですが、源流部のキツイ川通しは足腰が怪しくてもう体力的に無理。クルマから降りてすぐ目の前の釣り場が大好き、出来れば運転手付きで・・・楽をしてては魚は釣れません。

代わりに近場でのウロウロが多くなりました。土曜日に近所の公園で開催の“県人会祭り”ってのに出掛けまして、試食品でもらった各地の珍味をツマミに昼間からビール。
“富山県人会”の人なら富山のいい川を知ってんじゃないかと、地元の人の釣り場情報を聞いてみました。でも最近は田舎に帰ってないし!とか、魚釣りはしないから!とかで、魚釣りに関するいい話はナーンも無し。この作戦は大失敗。

f0230940_16312292.jpg

海用のイカ・フライやルアーのテストに近くの海釣り公園まで出掛けましたが、釣り人がビッシリと入ってまして、フライキャスティングどころかルアーも投げられずでスゴスゴと退散。
お手軽な釣り場では釣りになりません。ヤッパ魚釣りは自分の足で稼がないと・・・。
[PR]

by troutclub | 2015-09-14 16:44 | フライ | Trackback | Comments(0)

南の島のイカフライ

以前、石垣島の居酒屋の大将でGTゲームのベテランフィッシャーから、南の海のフィッシュイーターは目の前を横切るものなら何でも喰ってくる。なんて面白い話を聞きました。
てことは、ミノーとかのウロコのある魚ばかりじゃなくて、イカとかタコのルアーやフライでも釣りになるジャン。なんて目からウロコの神の啓示。

そこで作ってみました「イカ・フライ」 フライと言い切るのはちょっと恥ずかしいです。全てケミカル系の材料で巻いたフライなもんですから、ルアーと言われても・・・どっちでもいいです。
プラスチックワームよりは、まだギリギリでフライの面影が残っているかも?

f0230940_15401250.jpg

構造はチューブフライで、プラスチックチューブにラバーの足とガラスビーズの目の玉をくくりつけて、仕上げにプラスチックチューブに光り物を巻いてあります。
ここにイカの耳を付けた収縮チューブを被せれば完成。プラスチックチューブに蛍光素材のマテリアルを巻けば蛍烏賊?
フックの固定にはシリコンチューブを使ってます。今回はトリプルフックですがシングルフックの方がすっきりするかも。

f0230940_15402970.jpg

南の島、石垣島を意識したフライ?ですから、石垣島でファーストキャストと行きたいところなんですが、なかなか南の島までは行けそうに無い・・・のが残念。
[PR]

by troutclub | 2015-09-11 15:50 | フライ | Trackback | Comments(0)

天国オン・ザ・ビーチ?

f0230940_1536541.jpg

秋風が吹いてきますと禁漁ウンヌンとかじゃなくて、川の魚いじめも熱がさめてきてお終いモードに。
海も川もと節制の無いオッサン達は、秋からの天国オン・ザ・ビーチでソルトにスイッチしますが、キッパリとシーズンオフの鬼の渓流FF迷人は、来年用のフライの道具揃えのストーブリーグに突入?

f0230940_1503873.jpg

日曜日に仕事の合間にソロで浜に出掛けたソルトトレインの運ちゃん。狙いがあたって街の鮮魚店ならヒラメ?浜のお約束ではソゲを一匹ヒット。この先生は不思議とソロ釣行のほうが成績がいいようです。街でヘタレてる釣りのお仲間は足手まとい・・・。
今年は海の水温が高いそうですから青物の回遊も期待できます。ワラサフィーバーはあるのか?楽しみです。

f0230940_151822.jpg渓流迷人からは“コメ兵”の吊るし?を思わせる画像が届きました。シムスにパタゴニアにウインストン他と、ほとんどビョーキで集めたFFベストの写真。ベストだけじゃなくてタックルバックもあります。
ひょっとしたら今シーズン中に仕入れた物ばかり・・・?京の着倒れどすえ~。

それと渓流迷人の来年用のバンプー・ランディングネットの製作も始まった模様。高級銘木?の花梨の瘤を使ったネットのグリップ部分を画像で見せてもらいました。
サツキマス用のスペシャルネットの話もチラホラ聞こえてきまして、完成が気になるところです。ぜひサツキマス用ネットもバンプーフレームと花梨のグリップで・・・?
[PR]

by troutclub | 2015-09-08 15:16 | タックル | Trackback | Comments(0)

自作タイイング・ツールスタンド

フライの化繊テール材Microfibettsの代用として買ってきた百円均一のハケ。毛の部分を外して残った柄を捨てるのが惜しくて、タイイングバイスのツールスタンド?ハンガー?を作ることにしました。
いつまで経っても貧乏性は抜けないのね。

f0230940_14515992.jpg

作り方は柄の形をカッターナイフで整え、柄にツールを差し込む穴を開ける。元々柄に開いていた穴をバイスのシャフトにピッタリ合うようにリーマで広げ、シャフトからズリ落ちないことを確認してお終い。

f0230940_14522527.jpg

これでフライタイイングバイスとツールを、一瞬のうちに作業してたテーブルからその痕跡を消すことが出来る。いや仕舞うことが出来ます。
[PR]

by troutclub | 2015-09-05 14:59 | 工作 | Trackback | Comments(0)