<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

iPhone7のテストユーザーに選出されました?

朝PCを起動して、ルーティーンのサイトチェックをしていたら、こんなのが現れました。iPhone7のテストユーザー20人の一人に選出され、iPhoneが貰えるとかのうれし話。

即飛びついて・・・ってのは嘘で、これはかなり巧妙な文言とグラフィックインターフェイスで、詐欺サイトに引っ張っていく当選詐欺。
[OKボタン]だけしかない質問項目を進んでいくと、最終的に住所とクレジット番号の入力を求められるらしい。

f0230940_1019766.jpg

どこかで地雷を踏んだみたい?おそらくご禁制のエロサイト・・・。アメリカのサーバー経由でAmazon Web Serviceを踏み台に?してる模様。
エロサイトファンの皆様、お気をつけください。


こんなのもありました。
f0230940_1036137.jpg
f0230940_10363147.jpg

[PR]

by troutclub | 2015-07-29 10:10 | Trackback | Comments(0)

らくらくティペット通し 2

以前ご紹介の、ハメマラ世代のオッサン用らくらくティペット通し。
そろそろ老後の心配をしなきゃいけない歳なのに、未だに面倒なフライフィッシングなんて遊びにしがみついてる、衰えを感じ始めた大人のFFアクセサリーです。

アイデア・評判は良かったのにデザインがあか抜けなくて、どうも気に入らなかった一号プロト。団扇の柄の切れ端をベストにぶら下げてる図は確かに野暮です。

f0230940_10282411.jpg

そこでらくらくティペット通し第二号を製作。金属パイプを使ったテレスコピック式で、糸通しの繊細な針金部分をすっぽりとパイプで覆ってしまうデザインにしました。
必要な時はパイプをスライドさせて針金が付いた先端部分を押し出す。

f0230940_10284460.jpg

我ながらいいアイデアです。ヒントになったのは毎日見てる少しカブリ気味のオッサンのあれ、でんがな・・・? 必要は発明の父なのね?
[PR]

by troutclub | 2015-07-28 10:34 | 工作 | Trackback | Comments(0)

ああ!夏休みの思い出。

夏休みの思い出!なんて小学生の作文みたいですが、オッサンだって今みたいに劣化する前は、いい若い衆だった頃がありまして、夏休みの思い出も沢山・・・。

学生の頃、彼女と呼ぶにはまだ早い短大生のオネーちゃんを誘って海に行こうかって話になり、写真学校に通ってる友達のアベ君を誘い、三人仲良くドライブに出掛けたのでありました。
なぜアベ君を誘ったのかと言いますと、アベ君とこのクーラー付き自家用車がお目当てだった?

f0230940_14565545.jpg

微妙に北川景子似?の可愛い娘だったんであります。その短大生のオネーちゃんと楽しい一日を過ごし、夜はどうしようかと、三人三様に色々と思惑の帰り道だったんですけど、ここでクルマにトラブルが発生。

クルマが踏み切りを越えたところでエンストしてしまい、クルマを道の脇に停めてボンネットを開けてみる。クルマは日野のコンテッサクーペ1300。このクルマはリアエンジンでして、不覚にも始めは荷物入れになってるフロントのボンネットを開けて覗いてしまった・・・。

リアのエンジンカバーを開けて、いろいろ点検しながらセルを回したり揺すったりしたんですけど、エンジンは掛からずで慌てました。真夏の夕方の事ですからこれが暑かった。彼女もしっとりと汗をかいてなんか色っぽかったズラ。

修理屋を呼ぼうかなんて話してた時、何の気なしにディストリビューターのキャップを外し再度組み付けたら、エンジンが一発で再始動。デスビの接触不良だったみたい。

この時点で、ちょっとスケベ心の三人三様の思惑は強制終了となり、暗くなりかけた頃に彼女を家まで送って、夏の思い出も終りとなりました・・・とさ。
[PR]

by troutclub | 2015-07-23 15:15 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

台風通過!後半減速気味の富山の渓。

富山の渓流FFの旅。前半は渓流FF迷人の腕もあって泣き尺のヤマメとイワナでそこそこの釣果。後半は台風の影響が出たのか、雨とか雪どけ水?で水位が上がり川通しに苦戦。
狙いを定めた川の上流部は関東ナンバーに占拠され、下流域での大ヤマメ狙いに作戦変更しましたが、これは外れでした。
初日にラインブレイクでバラシた、幻の超?大物も最後まで幻で終わりましたとさ。

f0230940_1417245.jpg

昨年から目を付けていた渓は工事中で、通行止めのチェーンに阻まれて勝負は出来ず。
渓流FF迷人も頑張りすぎた反動で足痛・・・今回のFFの旅後半は、パラダイスを見つけることは出来ずに終わりました。

一方、同じ日程で富山まで足を伸ばしていたオッサンなんですが、台風の影響で魚釣りは無理と判断して、海岸線を走って海の幸食い倒れツアーに目的を変更。

f0230940_14173154.jpg

氷見のフィッシャーマンズワーフで、海鮮の店がトレトレと称するノドグロの刺身ほかを、酒の肴用に仕入れて宿で飲んだくれる。
明くる日は石川県の七尾まで移動し、今度は七尾のフィッシャーマンズワーフで昼間からノンアルコールビールを少々。肴は匂いに釣られて買ったイカの丸焼き。量が多くて少々食傷気味。

七尾の夜は、北國花火七尾大会をビール片手に観覧?街中をあちこち歩き回って歩き疲れ、朝までグッスリでした。
暴飲暴食で少し太る。人から言わせますと、デブは少々太っても誤差のうち!だそうです。
[PR]

by troutclub | 2015-07-21 14:34 | | Trackback | Comments(0)

台風通過の真っ只中、富山の渓! 

富山の渓流FF&キャンプツアー、すでに先発が前倒しで昨日より川に入ってまして、まだ雪の残る富山の渓から、そのレポートが今日の朝一で届きました。
この台風の中を大丈夫なんでしょうか?中国地方を通過中の段階では、日本海側の渓はまだ台風11号の影響を受けていないようで、朝の話では雨も風もゼンゼン?だとか。これからが台風の本番なんでしょうね。

f0230940_934974.jpg

釣果の方は、泣き尺のヤマメとイワナを何匹か、晩飯用に氷漬けにされた魚の画像はちょっとお見せできません。 イワナのドデカイのを一匹バラシだそうです。渓流迷人の話は掛け値なしですからおそらく40cmオーバー・・・?

台風が酷くなったら、岐阜のお友達の家の軒先でも借りてしのいでくださいな。後発組は今晩から出発です・・・の予定です。
[PR]

by troutclub | 2015-07-17 09:44 | フライ | Trackback | Comments(0)

ハメマラ傑作らくらくティペット通し

人間の小ささが話に出ちゃうんでしょうか、今回は思い切りこまい話。
フライの道具で一番小さいものは?と言いますと、やっぱりフライのフックだと思うんですが、このフックの中でも一番小さい部分がティペットを通す“アイ”日本風に言うと“管”テグスを通す穴です。

f0230940_7553155.jpg

薄暗い中でこの小さなフライの小さな穴にティペットを通すのは、ハメマラのオッサンには至難の技、面倒な作業なんであります。
渓流フライが無沙汰になり、ソルトルアーとか大河のフライフィッシングをする機会が多くなったのも、不得意な穴通しが影響している・・・かも知れないです。

そこで考えたのがフライのアイにティペットを通すお道具。裁縫の糸通しと全く同じ原理なんですが、糸通しの針金が裸だとすぐに曲がって使えなくなってしまいます。
U字のガードを付けてその辺りの問題点をクリア?した、ハメマラ世代待望?の、傑作らくらくティペット通し 「穴とイクの女王」 プロトタイプなんであります。

f0230940_75564.jpg

昔?専用の針金にフライのアイを事前に通しておいて、同じく専用のフライボックに収納しておくキット?があったと記憶してるんですが、これよりもコストパーフォーマンスは段違いにいい?
現場で状況に応じて好きなフライをティペットに結ぶことが出来るので、フライのチョイスに制限がありません。

針金はエレキギターの弦を使おうと思っていましたが、スーパーライトゲージでも1Eで.009インチですから、二つ折にしてフライのアイに通すのはちょっと無理。
やはり針金部分はウルトラライトゲージ?の「クロバー・らくらく糸通し」の専用針金を使いました。針金をガードするU字型の樹脂は商店街でもらったオマケの団扇の柄から切り出しました。
[PR]

by troutclub | 2015-07-16 08:16 | 工作 | Trackback | Comments(0)

台風直撃?渓流フライの旅

少し間が空いたんですが、この週末に釣りのお仲間が揃いまして?越中富山に渓流フライの旅。17日に先発が出まして、18日に合流し20日まで渓流三昧の予定?

狙いは昨年のちょうど今頃に大釣り?をした富山県の真ん中辺りの河川。なにしろ大して水量の無い側溝から、けっこうな大物がフライに出てくるような、スレれて無いと言うかユルイ場所?でして、今年の6月に遭遇の渓流フライパラダイスの再現を目指します。

f0230940_12171752.jpg

心配なのが現在太平洋を移動中の台風。風が強くてはキャンプは出来ないし、雨が強ければ増水で川にも入れないです。ひょっとしたら飛んで火に入る夏の虫状態?だったりして。

まあ台風直撃なら、岐阜まで戻ってお友達の家に避難ってことに。先客が居ようが居まいが関係ないです、非常事態ね。迷惑は承知のうえお互い様です。
[PR]

by troutclub | 2015-07-14 12:22 | フライ | Trackback | Comments(0)

オッサン達の七夕会

先日、釣りのお仲間が何人か集まりましてオッサン達の七夕会。
たいして気の利かない居酒屋あたりで、いつの仕入れか分からないような料理を有り難がってるよりは、「家で気楽に飲まない?食べ頃?のヒラメの刺身もあるし・・・」の!のお言葉でヘイヘイ屋さんとこで家飲みって事になりました。

f0230940_1040758.jpg皆さん持ち寄った酒類は、コンビニで仕入れた発泡リキュールの第三のビールが山ほど?それに焼酎の瓶とパックが何本か。
鰹のタタキにスーパーの惣菜、メインディッシュはヒラメのお造りと、珍しい淡水手長エビの素揚げ、これは旨かった。変わったところで沖縄の“スパムおにぎらず”も用意。

話は主に越中の渓流フライの話に。盆休みは岐阜の友達の家をベースに北陸・越中を釣り歩こうかとの計画?が・・・。
先客が居たら悪いジャンなんて言いながら、少しずつお詰め願って上がり込んじゃえば何とかなるんじゃないのってことに。酒癖の悪さとエロ話じゃ誰にも負けてないし・・・?

f0230940_10403125.jpg

さんざん飲み散らかした明くる日、テーブルに残ったステンのタンブラーを片付けようとしたら、カリン!と氷がぶつかる音が。前夜の焼酎のオンザロックの氷が、10時間近く経ってもまだ溶けずに残ってました、すげーサプライズ。

この真空?タンブラーが欲しいです。聞けば日本製で値段もかなりのもんだとか?第三のビールでも焼酎でも旨い酒に化けそう。
タンブラーを持って来たのはソルトのお仲間、ちょっと間接キッスしてみ!・・・の“鏡月”をまるまる一瓶飲んで、酔っ払って愛用のタンブラーを忘れて帰ったのに、誰かに隠匿されたんじゃないかと心配することしきり。
もう少しでオッサンが犯人にされるところでした、冤罪ズラ。
[PR]

by troutclub | 2015-07-11 10:59 | 食べる | Trackback | Comments(0)

サクラマス好物?赤金ルアー

夏だ、サーフだ、ソルトルアーだ・・・いやトラウトルアーでんがな!
先日、釣りのお仲間からお情けでもらいました、ちょっとパチモン臭いミノータイプのルアー。どこで落としてきたのか片方のアイが無くなってます。

f0230940_13272745.jpg

新品同様?のキレイなルアーでして、フックとアイを付け足せば、サクラマス用の金赤ミノーとして使えそう。ここは一つオッサンが眼科医に化けましてルアーのアイを付けることにしました。

f0230940_13293163.jpgストックしてあるルアー・フライ用の3Dアイには、ピッタリ合うサイズが無かったので、銀紙と黒テープをポンチで抜いて自作することに。自作アイにUVレジンを盛ると、それらしい文字通りの3Dアイになります。

やはり海で使うにはサイズも重さもちょっと足りないようで、大物トラウト用?のルアーケースに淡水向けルアーとして収まりました。
[PR]

by troutclub | 2015-07-07 13:40 | タックル | Trackback | Comments(0)

アナログイラストを虫干し

伝わってくるのは尺上イワナの自慢話ばかりで、これと言った話題も無しの梅雨の週末。
て、ことでカビが生えないように昔のアナログイラストを虫干し。ビットマップのデジタルデータに変換してご紹介です。紙媒体からのデータ化はスキャナーが一般的なんですが、今回はデジカメで複写してデジタルデータに変換してみました。
どうしてかと言いますとただの気まぐれ・・・。デジカメのレンズの良し悪しがはっきり出て面白い。
f0230940_11382568.jpg

イラストはHONDA S800 のオープン。初期のAS800を描いたつもりだったんですが、バンパーにバンパーガード(かつぶし)が付いてて、これがオプションだったのか輸出用Sのバンパーだったのかは記憶になし。こうしてみると、エスにバンパーガードは似合わない気がします。

1994年にドクターマーチンとBBケントで描かれたイラスト。マックがPower Macintosh・漢字Talk 7.5になった頃のイラストです。
マックで350dpiのイラストをサクッと描くのは、まだ無理だったでしょうね?
[PR]

by troutclub | 2015-07-06 10:14 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)