<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

スペイ・スイベルもどき

WEBで面白い物を見つけました、その名も「スペイ・スイベル」名前からして有り難い感じがします。
何に使うかと言いますと、ツーハンドのフライロッドでスペイキャスティングをする時に起きる?ラインの捩れ防止用の特殊なスイベル?だそうです。

凄い発明!最近のスペイの釣りってどんどん進化してます。以前から?このスペイ・スイベルってはあったらしいのですが見落としてました。フライ浦島太郎は流行り物に弱いのであります。

f0230940_1320138.jpg

米国の有名フライラインメーカーまで「Anti Twist Spey Swivel」なんて商品を発売してブーム?らしい。
オッサンは最近になって初めて「スペイ・スイベル」なんて名前を知ったんで、いま話題の商品なのか、終わった商品なのかは分かりませんけど。

安い物なら話のタネに一つ買ってみようか?なんぞと思ったんですが、こんな小学生の工作みたいなモンがえらく高額でして、アホらしくて買うのは止めにする。代りに「スペイ・スイベルもどき」を自作して使い物になるかテストすることに。

スイベルの両端に中空メッシュのコードをループさせて繋ぎ、中空の部分にループの端を入れて瞬間接着剤で固定。ビニールのチューブをコードに被せて、ついでにスイベルにも収縮チューブを被せてスイベルの金属部をカバーしときました。これは金属のスイベルがガイドに当たった時にガイドを壊さないようにの配慮?
ビニールのカバー以外は、市販の商品もだいたい似たようなもんです。

f0230940_1331865.jpg

「スペイ・スイベルもどき」を作ったのはいいけど、これをフライラインの何処に入れたらいいか分からない。再度WEBをチェックしてみるとシューティングヘッドとランニングラインの間にループで繋いでランニングラインの捩れを防ぐ!なんて話が。

ヘッドとランニングの間にあんなゴツゴツした物を入れたら、キャストどころじゃないジャン。と急にこの仕掛けのコンセプトには無理があると思えてくる。
たとえスペイのキャストでも、半日や一日振ったくらいでラインに問題になるような捩れが起きるの?って疑問も。
ラインの繋ぎにおかしな器具?を入れるより、キャスティングの錬度を上げる方が間違いないような気がします。オッサンの愛は器具よりテクニック・・・なんであります。

と言うことで、今回の「スペイ・スイベル」は使う意味が無さそうなんで廃棄。
[PR]

by troutclub | 2015-05-29 13:45 | スペイキャスティング | Trackback | Comments(0)

五月 そろそろ終り?

f0230940_11564674.jpg

f0230940_1157102.jpg海のルアーから、本流のツーハンドフライ、渓流のドライフライと、なんでもありのソルトのお仲間。

渓流迷人M師も、フライのツーハンドロッドを久しぶりに振りたくなったようで、そろそろ五月のマスも終わりというこの時期に、後先考えずにツーハンドのフライロッドをご購入。
この人もツーハンドは帰ってきた浦島太郎ですから、道具さえ揃えば五月のマスもあとは時間の問題・・・。

五月が終わると六月からは鮎のシーズン。本流のマス狙いは鮎師との場所取りで思うようには釣りが出来なくなります。
特に本流のツーハンドフライは川の左右に場所を取りますから、場所によっては実質禁漁状態?

梅雨が来るまでもう少し本流をやりたいんですが、ソルトもいいし渓流のフライもいいし・・・迷う。
この週末の釣果は、網で手長エビ、スレで鮎?ニゴイ。リクエスト多数だった蒲焼用の天然鰻は釣れずでした。
手長エビをエビとして食べるか、これを餌に鰻を釣って蒲焼にバージョンアップさせるかが悩みの種。

ソルトのお仲間から、LINEの画像で今朝の釣果。顔が優しいからメス?炭焼きにグッドのサイズ。
f0230940_11573496.jpg

[PR]

by troutclub | 2015-05-25 12:12 | フライ | Trackback | Comments(0)

チューブフライ・アダプター“改” その2

f0230940_1553490.jpg

固定するのにパイプに7~8mm幅の掴みシロが欲しかったのを、アダプター側を1.5mm~2mm程削って調整し、5mm程度で固定できるようにファインチューニングしました。

これで、チューブフライ・アダプターの項はお終い。
[PR]

by troutclub | 2015-05-21 15:55 | 工作 | Trackback | Comments(0)

チューブフライ・アダプター“改”

今年も遡上マスのシーズン前に何本かのチューブフライを巻いたんですが、今まで使ってました“T型タップホルダー改”のチューブフライ・アダプターが気になりだした。
ベーシックなストレートパイプのチューブフライを固定するには最高に調子がいいのですが、なにせ機械工具からの流用なもんですから、ゴツくて可愛げが無かった・・・。

f0230940_15203310.jpg

そこでふと思い出したのが買っただけでほとんど出番の無い、市販のチューブフライ・アダプター。ニードルをチューブに通して固定する、スタンダードなタイプのアダプターです。
これを直接パイプを咥えるタイプに改造すれば、チューブをがっちりと固定できて見た目もスッキリの、チューブフライ・アダプターに化けるんじゃないかと、ほくそ笑む・・・。

f0230940_15205035.jpg

さっそくドリルでニードルを通す穴を、チューブが入るサイズまで広げて改造してみました。ドリルのサイズは3mmパイプが入るように3.2mmにしてあります。

工作は全く問題なかったんですが、チューブを固定するのに7~8mm幅の掴みシロがパイプに必要で、小型のチューブフライだとそのスペースが大きすぎバランスがイマイチ。
アダプターの方を2mmばかり削って調整し、納得することに・・・。
[PR]

by troutclub | 2015-05-19 15:27 | 工作 | Trackback | Comments(0)

渓流フライ スタート

f0230940_9103232.jpg
f0230940_9155986.jpg渓流FF迷人M師と、ヘイヘイ屋さんの渓流FFが本格的にスタート。
ついこの前までソルトでゴンゴンのルアーロッド、大川でツーハンドのスペイロッドを振り回してたと思ったら、この週末は渓でドライの釣り。

そこそこのサイズのヤマメ?が何匹か出たようです、ドライでビシバシのフライにいい季節になってきました。
どうも日本海側の水系らしい?詳しいレポートはまだ聞いてません。いいポイントは一生教えてもらえない・・・かも?

オッサンのところは、酒蒸し用のアサリを確保しに潮干狩りに行ってきました。
ソルトのお仲間と出掛けるいつもの浜の帰りに、潮干狩りでいつも人が集っている入り江があって、いいポイントじゃないかとチェックを入れてた場所です。

狙いはズバリでして、一時間半程で酒蒸しにちょうどいいサイズのアサリがちょうどいい量?獲れました。
潮干狩りの料金無しがウレシイ。大潮の午前11時が潮の下げ止まり、今年一番の潮干狩り日和?でした。アサリの酒蒸しにシソの葉を少し入れると、いい香りが付いていけます。

f0230940_9304885.jpg

[PR]

by troutclub | 2015-05-18 09:37 | フライ | Trackback | Comments(0)

人絹?シルクリーダーもどき

去年あたりから、シルクフライラインとかシルクリーダーとかが、釣りのお仲間で流行ってまして?渓流M師とかにシルクリーダーのインプレッションを聞きましたら、「うん、調子がいいよ!」ってお答え。
ヘイヘイ屋さんもそのシルクリーダーに関心があるようで、最近仕入れた・・・らしい?

f0230940_13141978.jpg

オッサンも話を聞いて少し興味が沸いてきました。
そのメリットとして、細くしなやかなのでドラグがかかりにくい?巻きぐせがつかない?ターンオーバーが強い?そんなとこでしょうか。逆に値段はそこそこして、手入れしないといけないみたい。

f0230940_13143856.jpgシルクリーダーのような物?を作って、一度試しに使ってみようなんてスケベ心が芽生える。
以前、ブレイテッドのリーダーを作ってみようと思い、Hayabusaの“撚り糸 赤”と言うナイロン?の撚り糸を買ったんですが、これならそれらしい“シルクリーダーもどき”が作れるんじゃないかと皮算用・・・言わばメインテナンスフリーの人絹?シルクリーダー。

撚り糸は太さを二種類用意して二段のテーパーにしてみました。長さは160cmでこれにナイロンティペットを1mほど。フライライン、ティペットとの繋ぎはループtoループで。
手投げでテストしてみたらターンオーバーは確かにいいです。#5番のラインあたりがバランス良さそうです。次は現場で試してみます。

今回は手持ちの材料だったんで出費0円。
[PR]

by troutclub | 2015-05-15 13:40 | フライフィッシュング | Trackback | Comments(0)

Shelby Daytona Tシャツ

f0230940_10212657.jpg
スポーツカーイラストをプリントしたオリジナルTシャツ作ってみました。
プリントしたイラストは通称「デイトナコブラ」、オープンの「ACコブラ」をベースに、主に空力を目的にクーペボディーに造り直されたレース専用のクルマ。

ボディーデザインがなんとなくイタリアンなのは、イタリアのフェラーリ・250GTOのデザインを参考にしたとか、イタリアのカロッツェリアでボディーの製作をしたためとかの説が・・・?

f0230940_10215248.jpgデザインは日本でもお馴染み、ヒノ・サムライのピート・ブロック。すげーいいデザインセンス。
全部で6台製造され現在ではオークションで世界で最も高値がつく車の一つらしい、オリジナルボディーで1000万ドル、日本円で・・・・?

イラストにしたのは一時期日本に棲んでいた、製造番号CSX2300のShelby Daytona
背中の襟下はこんな感じ。
[PR]

by troutclub | 2015-05-13 10:27 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

オイルエレメント&プラグ交換

連休前の話になりますが、4月に車検は通したものの、まだ手を入れたい所がいろいろあったオッサンとこのジカヨウシャ。見知らぬ土地で立ち往生しないように、連休を前に気休めのメンテをしておきました。
壊れたら直すの泥縄式でなんとか足になってますけど、古いだけの大衆車なんて動かさなければただの鉄屑なんであります。
f0230940_12521552.jpg

まずはオイル交換の時に出来なかったオイルエレメントの交換。
ハゼットのオイルフィルターレンチで古いエレメントを軽く緩めてから、エレメントに紙袋とビニール袋を二重にすっぽりと被せてそのままエレメントを外すと、あふれ出たオイルが袋にキャチされて辺りを汚しません? そのままビニール袋に入れて廃棄処分。オイルが熱いとつらいですけど。

BOSCHのオイルエレメントをオー〇バ〇クスで買うと3,132円・・・何かの間違い?先回購入のときより大幅?に値上がってまして予算オーバー。同じ部品番号でネットで探すと送料込みで1,460円てのがあったんでこれを注文。
f0230940_12525067.jpg次はプラグの交換、インテークマニホールドが邪魔で、それなりの工具と工夫がないと交換が難しい構造。シロートは触るなってことでしょうね?
町中のモータースで、インテークマニホールドを外さないとプラグ交換は出来ないって言われたことがありました。

邪魔になる周辺のカプラーを外してから、手の入らない隙間に自作のプラグコードプラー?を入れてプラグコードを外し、ユニバーサルジョイントのプラグレンチを滑り込ませてプラグを緩めて抜き取る。
その前にエアダスターでプラグ周りの埃を吹き飛ばしておけば完璧。

新しいプラグのネジ山にオイルを少々塗って、あとは逆の手順で組み付けて完了。デーラーでプラグ交換を頼むと工賃が一本につき500円だそうです、4本だと2,000円、6本だと3,000円に消費税・・・計算はお任せします。

プラグは買い置きしてあった、先回と同じNGKのイリジュウムプラグ。10万kmは持つらしい?のですが、悪い冗談だと思って60,000kmで交換となりました。古いプラグは捨てずに予備。

あとパワーステアリングオイルが減っていたので、手元にあった純正パワ・ステ・オイルを追加。たびたび追加するわけではないので次は一年後くらい?そろそろ賞味期限切れなんで早く使い切らないと。

オマケでクーラントトリートメントってのを入れました。劣化したLLCの防錆効果を復活させ消泡性を高めるウンヌンとかで、古いLLCに効果があるらしい。本当はLLCを一気に交換したいところなんですが、シロートでは一応有害物質のLLCの処理に困ります。
クルマの心配なんかしてるより、人のクルマの助手席が一番利口かも?人のいい知り合いが居ればですが。
[PR]

by troutclub | 2015-05-11 13:02 | クルマ | Trackback | Comments(0)

志賀高原 横手山 皐月スキー

今年の連休も、志賀高原の横手山まで走って、春スキーならぬ皐月スキーで軽く足慣らしで雪と遊んできました。
5月のいいシーズンを4年続けて志賀高原でスキーばかりでは、魚釣りが手薄になる?んじゃないかと道中の川の流れを見て思う。山は今年で終わりにしようか・・・来年の連休までの宿題。この決定権は同行の“肉食系山ガール”の方に・・・。
f0230940_8494328.jpg

志賀高原は遠かったです、歳とともに遠くなっていくような気が。350kmの一気走りはもう無理ですね。休み休み遊びながら、一日がかりで志賀高原の麓の中野市に到着。
風呂に入ってビール飲んだらもう晩飯を食いに出掛ける気にもなれずで、近所のイオンで用意した寿司と惣菜で初日はおしまい。
f0230940_8492713.jpg二日目は朝一で志賀高原の横手山・渋峠スキー場まで上り準備。多いと予想していた雪なんですが意外と少なくてコースが狭くなってる感じ。
レンタルスキーで道具は調達、重くてかさ張るスキーの道具は借りた方が楽でいいです。
いい歳ですから銭で済むことは銭で・・・マイ・スキーはベランダのロッカーでもう朽ち果ててる?

渋峠スキー場は3時間でギブとなりまして、昼からは草津志賀高原ルートの山田峠周辺の雪の回廊を抜けて群馬県に入り、もう一度長野県に戻る山岳ドライブで山をぐるっと一回り。

草津温泉の渋滞を避けて、ハイウェーとは名ばかりの万座ハイウェー有料1,050円也を通って上田市を経由して長野市に戻って来ました。

途中上田市で開催中?の熱気球 バルーン・フェスティバル、の会場を探したんですが見つからずでした。
土地の温泉に入り、篠ノ井の宿にチェックインしひたすらビールを飲んだらバタンキュー。

帰りは犀川沿いの19号線をのんびりと安曇野までドライブして、途中の川をチェック。犀川は水が高くて水の色も雪シロが入った感じ。たまに釣り人も見ましたが釣れてる様子は無し、これと言った名手?も見当たらず、今回も竿を出す気にはなれずでパス。

風が強くなり雨も降り出して、後はひたすら一般道の抜け道を走って夕方5時前に街に戻り、往復700kmのロングドライブ?を終えましたとさ。
[PR]

by troutclub | 2015-05-08 09:17 | | Trackback | Comments(0)

粘り勝ち、五月のマス。

f0230940_10505977.jpg
f0230940_1051205.jpgオッサン達の付け焼刃キャスティング練習が効いたのか、缶ビール片手のタイイング研究会?の成果か?それとも地元アングラーからの生情報のおかげか、ヘイヘイ屋の大将がこの連休にピンシャンの結果を出しました。
しつこく粘っての文字どおりの粘り勝ち。

マスの川に4日間張り付いてマスを一本とニゴイを何本か上げまして、現場からその画像をLINEで配信、釣りのお仲間全員を悔しがらせました。

この連休は、海に山に仕事に孫の世話とそれぞれだったお仲間が、明くる日からまだ水位の高いマスの川に集結しまして、ジュウタン爆撃を開始。

竿が増えれば魚が釣れるって訳でも無さそうで、相変わらずニゴイばかりで本命の二本目は無しでした。逆にニゴイに竿を一本折られるトラブルが発生。

オッサンも愛用のスチールヘッドフライリールのドラッグが、釣り開始と同時に壊れて不便な思いを。久しぶりに使うチェストハイのウエーダーも浸水、いいとこ無しでした。

写真のフライはヒットフライじゃありませんので、一言お断りを。水の中での泳ぎが余りにもリアルだったんでちょっと自慢げにパチリ。
[PR]

by troutclub | 2015-05-06 11:06 | フライ | Trackback | Comments(0)