<   2015年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

スベる話にスベらない話

サクラも咲いたしもう春本番ジャン。てことで釣りのお仲間が集まって急遽春の飲み会って事になりました。
場所は地下の居酒屋、サクラの樹の下じゃなかったのが少々心残り。お一人が仕事で欠席だったんですが、都合6人の参加で盛り上がりました。

いきなり焼酎のボトルと生ビールでスタート。振り込め詐欺の話にサツキますネット作りの話、もちろんオッサン連中得意のエロ話も。次のヨメは二まわりくらい若いのがイイ?とか、高潔?なフライマンとは思えないヨタ話でメーターを上げる。7時から12時過ぎまで都合二軒の店をハシゴ?してお開きとなりました。
f0230940_173086.jpg

ヨタ話は少々スベってもなんの差し障りもありませんけど、絶対スベらせたくないのがフライのウイングの取り付け。この部分はスレッドにワックスをしっかりと効かせてキチッと仕上げたいところです。いつまで経ってもこれがなかなか難しい。特にウエットフライなんかは、グルグル巻きの大きなヘッドだと興醒めしちゃいます。

と言うことで、一発でウイングが止まる自分好みの粘度の、タイイングワックスの製作にトライ中。
まず蝋燭のパラフィンを溶かして、使いやすいように丸く固めてみました。それほど硬くなくサラッとした感じのワックスになりました。
f0230940_17292289.jpg

続いて蜜蝋(ビーワックス)で作ったワックス、粘度があってネチッとしてます。コブラーワックスより柔らかくてスレッドへの乗りはいい感じ。体温で柔らかくなり少しベタ付きます。ダビングワックスとしても使えそう?です。

蜜蝋よりもう少し硬めのワックスが調子よさそう 。パラフィンと蜜蝋を半々くらいで混ぜれば、いい感じになるんじゃないかと推測、一度テストしてみます。
[PR]

by troutclub | 2015-03-29 17:44 | フライ | Trackback | Comments(0)

M師のサツキマス用ランディングネット

ヤマメ、岩魚用でもなく、サクラマス用でもない、サツキマス用ランディングネットが完成段階に入った、M師のランディングネット。
f0230940_11271475.jpgニジマス用じゃなくてあくまでサツキマス用。サイズが大きくなるとその重さが気になりだす背中のネットなんですが、バンブーフレーム製のM師のランディングネットはあくまで軽量。魚をすくう時のハンドリングも良さそうです。
何よりも格好がイイじゃありませんか。ランディングネットは背中でモノを言うのであります。

グリップはバンブーと花梨とパーマーク模様の花梨が現在あるようです。スペシャルグリップのモデルもあるようなんですが、これは既にSOLD OUTだそうです。

ちゃんとサツキマスのシーズンに合わせて、リリースしてきましたM師のサツキマス用ランディングネット。手編みのネットを入れて仕上がった完成品を早く見てみたい。
[PR]

by troutclub | 2015-03-26 11:33 | タックル | Trackback | Comments(0)

うちの倅は何人だった?

今日の昼過ぎに、二番目の倅?から電話。最初の言葉が「電話が繋がってよかった!」
話を聞くと、今朝から腹の調子が悪くてコンビニでトイレ借りたら、そこに会社のカバンと携帯とカード入りの財布を忘れてきた。
探しても見つからなくて警察に紛失届けを出し、携帯が無いからそちらの電話を連絡先にしておいたんで、電話があるかもしれない?との話。一回目の電話はそれで切れる。
f0230940_18181223.jpg二回目の電話は、カバンに大切な書類と一緒に手形が入ってて、それをお客さん?に渡さなきゃいけないんだけど、手形は止めた??し心配しなくていいって話に、なんか収まりそうな気配。
手形の支払いを止める二号不渡りって方法だと、実は額面と同じ預託金を積まなきゃいけないんで大変なんですけどね。

三回目の電話は、会社の部長が、お客さん?に渡さなきゃいけない手形の代りに、部長の実家に頼んで現金を用意してもらい立て替えるとかの話に展開。話が複雑になって話がよく分からなくなって来る。
倅も部長にばかり迷惑を掛けたくないので、幾らかこちらでも用意したいって話をチラッとして、これからの会社での立場もあるし、みたいな話に変わった。親としては超心配。

ひょっとしたらこれって振り込め詐欺?じゃないのと少し疑う。でも声は倅の声だし・・・。
実のテテ親にその倅が振り込め詐欺を働く? 子供の頃から参考書がどーのとか学校の教材代とか言って、だいぶ抜かれたから、あいつだったらやりかねない。
カードはカード会社の保険があるし、会社のトラブルは会社で処理してねって話したら、俺が騙してるみたいじゃないかとか、子供が困ってる時になんとも思わないのか・・・みたいな話に。

話に付き合ってるのが面倒になり、余計トラブルになるから絶対に電話するなって言われてた、無くしたと主張する?倅の携帯に電話。
何故か無くしたはずの携帯に倅が出て、今忙しいんだけどなんか用?だと。携帯にもこっちの電話にも倅が・・・うちには倅が何人いるんだ。

種明かしはもうお分かりのように、振り込め詐欺の電話でした。でも声も倅によく似てたし、ストーリーも起承転結があってよく出来てて、すっかり信じ込んでしまいました。
老いるとはこんなことなんでしょうか。高齢者なら簡単に騙せると思う。
[PR]

by troutclub | 2015-03-23 18:36 | Trackback | Comments(0)

一泊二日

九頭竜川近くの宿の空きを、金曜日の夕方までネット予約と電話予約の二刀流で探してたんですが、結局キャンセルの空きが出なくて諦めた九頭竜川のサクラマス・・・ウオッチング?
f0230940_10184021.jpg

f0230940_10191246.jpgf0230940_1019333.jpgところが土曜日の朝にすっかりその気になってる相方から、「何処に出掛ける事になった?」なんぞと尻を叩かれ、今度は慌てて長野方面の空き宿を探す。安曇野のビジネスに空きを見つけて昼近い時間から出発。

いつも通過ばかりの安曇野犀川、久しぶりなんで楽しみにはしてたんですが、現場に着いて川を観たとたんに、何年か前にはけっこう通ってた犀川も、なんか釣れる気がしなくてわざわざ竿を出す事も無いかって感じに・・・。
他府県ナンバーの車ばかりで地元がいない?話を聞こうと思っても釣り人が見つからない。

LINEトークで釣りのお仲間と話しをしてたら、今更なんでニジマス、狙いは尺ニジマス、ブラウンもニジも同じジャン・・・なんぞと皮肉られて少しメゲル。ニジマスで喜んでるアングラーだって大勢?いるのに、その言い様は失礼ズラ。

九頭竜川のサクラマスは車中泊で!なんて元気のいい話になりまして、日本海のソルトルアーに九頭竜川のサクラマスとお楽しみは膨らむ。
九頭竜川はある程度のスキルがないと釣りにならないかも?以前、流れに腰が引けて川通しが出来なかったオッサンもいました。

と言うことで、春一番の長野安曇野への一泊二日ドライブは無事終わりました、とさ。
[PR]

by troutclub | 2015-03-23 11:01 | Trackback | Comments(0)

ベアリングチューン

今回はお仲間うちで密かに流行ってる?リールのベアリングチューンの話。ルアーフィッシングで大きな働きをしてるのがキャスティング用のリールでして、ベイトでもスピニングでもリールの良し悪しで釣果にも差が出てきます・・・なんか偉そうにビギナーに説明してるみたいで申し訳ない。

リールがスムーズに動くようにチューニングするには、砲金とか樹脂製のグレードの低い軸受けを外して、ボールベアリングに交換するのが一番効果的なんじゃないかと・・・。
以前はサイズの合うボールベアリングを探すのに手間が掛かりましたけど、この頃はリールのモデルごとにチューニングパーツとしてベアリングのキットで売られてまして、交換するだけでベアリングチューンが出来ます。
f0230940_1319949.jpg

リールをほぼバラバラに分解しないと、全てのベアリングを交換出来ないモデルもあるようで、不器な人には、あまりお勧め出来ませんけど。人には得て不得手がありますから仕方ないです。

写真のリールは “へいへい屋さん” がベアリングチューニングしたシマノのリール。お値打ちリールがベアリングの交換で、バイオマスターとかツインパワーにアップグレード・・・ステラにアップグレードするのはチョット無理でしょうネ。
[PR]

by troutclub | 2015-03-20 13:41 | タックル | Trackback | Comments(0)

ホリゾンタルウイング DEE FLY

DEE FLYといえばやっぱホリゾンタルスタイルのウイングに止めを刺すんじゃないかと・・・ごく個人的な好みですけど。
先日のバーチカルウイングDEE FLYのバリアントとして、その時一緒に巻いたホリゾンタルウイング?これがなかなかの曲者でして、ウイングの成形も留めかたも材料選びも難しいです。

f0230940_1059522.jpg

WEBなんかで検索すると、皆さんそれぞれウイングの大きさも角度も色々。リファレンスとなるホリゾンタルスタイルが分からない。 このあたりは古典に頼るしかないのか?
ウイングをホリゾンタル(水平?)に取り付けると、水中で飛行機の翼のように働いてフライが安定してるとか、変化のある泳ぎをするとかの諸説あり?にわかには信じがたいけど。

f0230940_1059347.jpg今回もマテリアルは代用品でタイイングは手抜き。ウイングがV字に開いてれば、ホリゾンタルって事でも無さそうです。
久しぶりにコブラーワックスの出番となりました。ワックステクニック、これも奥が深い。
今頃フライタイイングの練習をしてるようでは手遅れ・・・ですね。深みにはまらないうちに、そろそろ魚釣り復帰・・・。
[PR]

by troutclub | 2015-03-17 11:17 | フライ | Trackback | Comments(0)

バーチカル DEE FLY

この土曜・日曜は釣りのお仲間が、高原川と荘川にお出掛けしてまして、街と三次元のLINEトークで情報交換。
荘川は雪が多くて釣りどころでは無さそう、フライでは無理? 蒲田川の川原も雪、高原川の神岡バロー前も雪、でも我慢できない釣り人が多数?ご本人達の釣果はと言いますと、竿の用意がしてなかった?目的は魚釣りじゃない!・・・だそうです。
f0230940_11381224.jpg

街は相も変わらずで静かでした。越前ガニ&九頭竜川のサクラマス計画は、金沢まで新幹線が通じたためか、いつもの宿も他の宿も週末は満室でした。
いいオッサンがこの寒空の下で車中泊は辛い。凍死の危険も?それに狭いところで寝ててのエコノミー症候群も心配。旅先でプッツンでは洒落になりません。
f0230940_11382917.jpg
f0230940_11385329.jpg暇つぶしにフライを巻きました、一つ覚えでSPEYとばかり呟いてるのも芸が無いので、バーチカルウイング風の似非DEE FLYを巻いてみました。
2/0のフックに巻いてみたんですが、やはりマテリアルが揃わないです。代用品と手抜きでだましだまし巻いてみたんですが、酷い仕上がりで面目ない。ただ今這い習いの練習中、ご勘弁を。

DEE FLYのほうが地味臭いSPEY FLYよりもいい感じ。RIVER DEEの方がRIVER SPEYよりも水が澄んでるとかで、この辺りがフライの違いになってるのかも?
[PR]

by troutclub | 2015-03-16 11:48 | フライ | Trackback | Comments(0)

スペイに脳震盪!

越前ガニ漁のシーズンが3月20日までだそうでして、新鮮?な越前ガニを食べて、ついでに九頭竜川ウオッチングするんだったら今週末がラストチャンス・・・なんてスケベ心が。

とりあえずで、九頭竜川のサクラマス用の手持ちのフライを探してたら、まだ裸のパートリッジの5/0ローウオーターサーモンフックが一袋出てきました。
”スペイ”とは何ぞや?って時代に、訳も分からずスペイフライ用にと仕入れておいた残骸。今でも”スペイ”とは何者?ですけど。

f0230940_84421.jpg

その頃に巻いたフライも一緒に出てきまして、その中のブラックキングもどきのお粗末なフライを見てたら、スペイキャストにまつわる悪夢を思い出してしまいした。

パートリッジの5/0ローウオーターサーモンフック、結構デカイです。その全長が丁度60mmでして、本寸法でこれにドレッシングしようと思うと、このフックサイズに合うマテリアの入手も怪しかった。

その寸法ギリギリのマテリアルで5/0のフックに巻いたフライを、3Mのダブルテーパーの#12番のラインで、神通川の西岸からシングルスペイ?でキャストしてた時の話。
急流から引き抜いたフライを上流に打ち返そうとロッドを大きく煽った途端に、風にあおられたラインと一緒にこの大きなフックがオッサンの左コメカミを直撃。

柔な竿では穂先がお辞儀したままになってしまう太い流れ、そこそこの剛力(確かSS1712D)を使ってましたからその衝撃はハンパ無かったです。一瞬何も分からなくなってしゃがみ込み、軽い脳震盪?にでもなったような感じでした。フックが刺さらなかったのが不幸中の幸い?

f0230940_863331.jpg

重く大きなフライをキャストする時は、必ず体より前であしらうのが胆とその時学習した次第であります。
当時流行の、鉛をタップリと抱かせたウオディントンのトリプルフックだったら、即病院送りだったでしょうね。フライキャスティング、生兵法は大怪我のもと!なんであります。

と言うことで、北陸の川は冷たいしカニも安く無いって事で越前ガニ&サクラマス・ツアーはまたの機会に?・・・足腰の弱くなったオッサンでは、もう九頭竜の流れに浸かる自信が無いのが本音。ローテーションのローカルルールも知らずに割り込んでくるビギナー?も苦手だし。

postscript
当時、40ヤードのダブルテーパー#12番ラインを、スペイキャストで出し切るとかのふれ込みだった国分寺の教祖?そのデモンストレーションを九頭竜川で見たんですが、どう見てもロッド2~3本分程しかラインは伸びてなかったような気が・・・?
動作はゆっくりでなかなか優雅なスペイキャスティング、見事なもんでした。ロッド3本分と言いましても、長さが18フィートとか20フィートとかの超ロングな業物スペイロッドでしたけどね。風が強くてちょっと可哀想でした。
[PR]

by troutclub | 2015-03-13 08:22 | スペイキャスティング | Trackback | Comments(0)

ネズミを獲る猫がいい猫

街中を女性ばっかりがぐるぐる走り回る、ウィメンズマラソンってヤツで、日曜日は街から締め出しをくらいましてお隣の県まで どSの美人妻?と温泉ドライブで「デート」? いい天気で途中チラホラ咲いてた梅の花が結構でした。
f0230940_7523581.jpg

女性ばかりと言えば、身内の美人三姉妹?の末娘の縁談がまとまった、との知らせが内々でありまして、娘の親も一安心。めでたい限り。
昨年の秋にも姪っ子が嫁に行きまして、今度は最後まで残ってた姪っ子がジューンブライドで結婚。半年ちょっとで祝儀が二回・・・その間に不祝儀が一回。

キレイなコですから?相手はいたんですよね。男の覚悟待ちだった? 三十路の地雷を踏む前に男に詰め腹を切らせた・・・そんなとこでしょうか。

キレイだろうが無かろうが縁のある人はとっとと嫁に行くし、ジューンブライドじゃ無くても幸せになる人はなるのであります。「ネズミを獲る猫がいい猫」魚が釣れるフライがいいフライなんであります・・・か?
[PR]

by troutclub | 2015-03-10 08:01 | Trackback | Comments(0)

HONDA S500

ホンダの次世代型オープンミッドシップ「HONDA S660」が間もなく発売?になるようです。可愛らしい軽四枠のオープンスポーツカー。
そのHONDAの四輪スポーツカーのルーツとなる「HONDA S500」をイラストでご紹介。
HONDA S500と同時に発表された「HONDA S360」ってのもあったんですが、こちらは市販までいたらなかったようです。
f0230940_10193493.jpg

この「HONDA S500」は発売されてからすぐに、排気量をアップしてフロントグリルのデザインも変え「HONDA S600」にモデルチェンジされました。S500・S600と併売されてた時期もあったようなんですが真相は不明。

「HONDA S600」のフロントグリルを持った「HONDA S500」もあったらしくてややこしい。これはHONDAのエスを海外から里帰り輸入して販売してた、知り合いのクルマ屋からの受け売り。黒く塗られた「HONDA S500」を一度このクルマ屋のガレージで見たことがありました。

クラシックフェラーリ並に?探してもほとんど市場には出て来ない車ですので、イラストでご紹介です。
[PR]

by troutclub | 2015-03-06 10:30 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)