<   2015年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

スケルトン ガイドラッピング

渓流のフライフィッシング、ソルトのお仲間はだいたい陽気のよくなる4月頃からスタートになるみたいです。慌てるナントかは貰いが少ない・・・?
昨年はフライロッドとかのお道具を新調?したって話が多かったんですが、今年はバンブーフライロッドをリメイクするとか、出物の竹を探してるとかの話が聞こえてきまして、ちょっとした竹ブーム?長年の習性で解禁の頃になるとソワソワする感じ。

f0230940_1284894.jpg
f0230940_8314480.jpg

手作りランディングネットで最近お馴染みの、オペレーターM師がリメイクしてたバンブーフライロッドの写真が届きました。スケルトンのガイドラッピングの仕上がりが素晴らしい。タングステンのストリッピングガイドも渋い!

オッサンも竹は何本か組みましたが、スケルトンのガイドラッピングにしようとして上手く仕上がったことが無かった。グッスン!
シルクスレッドの細糸でピッチリと巻き上げて、バーニッシュ?を上手く浸み込ますことが出来れば自然にスレッドが透き通るはずなんですが、これがなかなか難しかった。

f0230940_1292032.jpg今回、M師がリメイクしたバンブーの写真を見て、少しそのコツが分かったような気がしました。
前は、透明を狙って白いシルクスレッドを使ったんですが、先ずこれが失敗だった。白いシルクスレッドでは完全にスケルトンにならないみたい。
竹の色に近いベージュとかイエローのシルクスレッドを使った方が、色が馴染んで透明に見えるみたいです。この辺りがキモなのかも。

それとバーニッシュやウレタンの塗料よりエポキシのほうが透明感が出る感じ?がします。素人考えなんですがエポキシの方がシルクの光の屈折率に近いんじゃないかと思う。

ガイド位置を変えたい古いバンブーフライロッドが一本手元にあるんですが、これをリメイクしようかそのまま骨董品として置いておこうか思案中。時間が掛かりそうだし、失敗もしたくないし・・・。
[PR]

by troutclub | 2015-01-27 12:19 | 工作 | Trackback | Comments(0)

M師の手作りランディングネット

一月も終わろうとしているのに、ソルトのお仲間は昨年からの風邪とかインフルエンザで、現在活動休止状態。2月からの川の解禁には興味無いのですが、海に出掛けられないってのが寂しいです。

風邪の噂も聞こえてこずで一人気を吐いているのが、どSのオペレーターM師。手作りランディングネットの新作が出来上がったとかで写真が送られてきました。グリップ付近からぐっと絞られる、このネット枠のシルエットが最近のトレンドらしい。確かに卵形のネット枠よりクール。

f0230940_10242152.jpg

当然ネットも手編みなんですが、グリップの素材に合わせてネットのカラーがコーディネイトされてるのがオシャレ・・・。

作りの丁寧なものはヤッパ良いねー。なんぞとM師の手作りネットを指を咥えて眺めてましたら、それを見透かしたようにM師から「一本差し上げますから使ってみますか」なんて嬉しいお言葉・・・。

やりー!なんぞと思ってはみたものの、冷静になって考えるとランディングネットはいくつか持ってるし、タダでなんでも貰えると思ってる連中と一緒にされたくないし、友達の好意に甘えるほど図々しく無いってことで丁重にお断り。また次の機会がありましたらって事になりました、とさ。
[PR]

by troutclub | 2015-01-24 10:29 | 工作 | Trackback | Comments(0)

アンチョビ 稚鮎

ソルトフライのサーフキャンディーを何本か巻いてみての結論。同じ材料でもう少し魚らしいストリーマーが巻けるんじゃないかと生意気な予感が。
同じ魚のイミテーションなのに、リアルに巻いたつもりのフライとルアーを比べると、リアルさの点でフライの方がだいぶ見劣り?する感じ。
f0230940_13395554.jpg

どうしてルアーのミノーの方が魚らしく見えるか?・・・それはヤッパ顔でしょ。ルアーもフライも顔が命だと思う、お雛様と一緒ね。
特に目とエラを上手くイミテーションして顔の部分がリアルになると、生き生きとした表情になって旨そうに見える?
ストリーマーとかにいくらジャングルコックをオゴっても、どう贔屓めに見ても目には思えない。

化繊で巻いたストリーマーに銀紙でヘッドとアイを作りまして、レジンを盛ってボリュームを付けてやる方法で、フライを巻いてみました。
早い話がレジンで固めたジグヘッド?みたいなもんです。これをフライと言い切るのは少々苦しいかも。

写真の上はアンチョビをイメージしたのストリーマー、下は鮎の稚魚のつもり。
確実に釣果が上がることを確認したら量産?・・・難点は消費するUVレジンが多くてコスト高。ひょっとしたらジャングルコックの方が安い。
f0230940_1339890.jpg

[PR]

by troutclub | 2015-01-20 13:42 | Trackback | Comments(0)

ロッドのガイド交換 完了

寒いです、油断してましたら風邪がぶり返したようで、鼻と喉の調子がよくないです。
この土曜日は寒さに負けて引き篭もりしてました。丁度いい機会と宿題だったヘイヘイ屋さんのソルトロッドのガイド交換をさせてもらいました。

既にガストのランチをゴチになってて、リペアー代の先食いをしちゃってるのでいつまでも放っておく訳にはいきません。半日掛かりで竿をストリップしてラッピングまで完了。一晩置いて日曜日の朝にエポキシでコーティングしました。
f0230940_10412336.jpgエポキシコート作業に欠かせない?気泡抜きには色々な方法があるようで、それぞれにノウハウがあるみたい。

◆手っ取り早いのがドライヤーで暖める方法。簡単ですけど埃が舞い上がってエポキシにくっ付くので少し問題あり。
◆白熱球で照らして暖める方法。何箇所も一度にコートするにはその数だけ電球が必要。たまの工作にそこまで用意できません。それに国内の白熱球の生産は中止になったようで、最近では手に入りにくい?ようです。LEDライトでは温度が上がりませんからペケ。
◆アルコールランプの火で気泡抜きする方法。これが一般的なようなんですが、サイホンでコーヒーを立てるとかの環境がないと、アルコールランプそのものを買ってこないといけない。
今回、その代案としてジッポーのライターに、オイルの代わりにアルコールを入れてエポキシの気泡抜き作業をしてみました。ジッポーは手元にあった新品を使用。ガスライターみたいに煤が出ずに調子いいです。
◆仕上がり具合は気にしない。したがって余計な細工はしない。これが達人の域?ベストかも・・・。

f0230940_10415893.jpgロッドをラッピングモーターにセットして昼飯を食いにお出掛け、「長寿うどん」で大盛りうどんを食べてから「フィッシング遊」でジャンク品を漁る。

肉食系某美人妻?とのメイク〇ブの下心も、風邪引きはお断りと罵られ・・・夜に焼肉屋でビールをしこたま飲んだら、鼻水が止まらなくなってスケベ心も失せる。やっぱり役立たずと再度罵られ・・楽しい日曜日が終わりましたとさ。
[PR]

by troutclub | 2015-01-19 10:51 | 工作 | Trackback | Comments(0)

ソルトのお仲間 LINEトーク

ただ今ソルトのお仲間全員?に風邪が吹き荒れてまして、魚釣りどころか新年会のお誘いも無い。その代りにLINEトークで色々と面白話で情報交換。
f0230940_14161696.jpgSAGEのツーハンドロッドの出物?が見つかったんで、どんなもんかしらとお伺いをたてましたら、ソルトのお仲間二人が同じシリーズの似たようなロッドを持ってまして、それぞれに賛否が分かれる。

SAGEのエントリーモデルだったみたいで、仕切りの安いロッドにしては使えるとか、最近ではたとえSAGEでもそれほど値が付かない・・・中古なのに割高とか色々な意見を頂きました。

サツキ鱒のシーズンまでには、まだ間があるからゆっくり考えますと締め括ったら、サクラ鱒の方はどうするの?とか突っ込まれまして、本寸法のツーハンドの方も気になりだしました。
寝た子が覚めそう・・・出来ればムスコに起きて欲しい。
f0230940_14105195.jpg

正月明けに渓流迷人のM師より、最近の作品を写した画像付きのメールが届きました。リメイク中のネットとバンブーロッド画像。
手を掛けてしっかりと作られたお道具は、リメイクとかリペアー出来て長く使えるようですから結局お徳かも?物によっては一生もん。

バンブーロッドはヘイヘイ屋さんの持ち物。全てバラしてロッドの寸法を詰め、塗装をストリップしてオイルフィニッシュで仕上げるそうです。グリップもオリジナルデザイン?みたい。
f0230940_14111143.jpg

[PR]

by troutclub | 2015-01-15 14:23 | Trackback | Comments(0)

残念、竹富島行きはキャンセル

さすがに4日目になると南の島も飽きてきた。それにTシャツ一枚で過ごしていたせいで風邪でも引いたのか、体調がイマイチよろしくない。
石垣島の直ぐ隣にある竹富島に渡る予定をキャンセルして、オッサンはホテルで養生することに決定。南の島のフライフィッシング最後のチャンスだったのに残念。

f0230940_14374354.jpg

相方は計画通りに竹富島に渡るため、朝からフェリー乗り場に直行。人の体調を心配するようなタマじゃ無い・・・どSの美人職業婦人?なのでありました。いい大人だし自分の始末は自分でしないとね。

帰りの日はさすがに気が急きまして、何処にも寄らずに石垣空港まで一直線。オッサンは相変わらず風邪っぽくて、空港の送迎デッキのベンチでゴロッと横になってボンヤリ。
時々空港の警備員が巡回してきましたけど、見て見ぬふりのお情けで通り過ぎていきます。これが大きな空港ですと、かなりの確立でなんか言われるでしょうね。

相方は空港で土産物の買出し?に精を出してます。
八重山ソバとオリオンビールでいつもの遅い昼飯を済ませ、荷物を窓口に預けたらもういい時間。どんどん時間が過ぎていく感じ。
f0230940_1438214.jpg

2013年の春までは滑走路の短い旧の石垣空港だったんで、離陸時のロケットスタートが面白かったです。
滑走路が少し長くなった新石垣空港でもその伝統は守られてる?ようで、大きな空港のスタートよりかなり派手にフルフラップ?ロケットスタートで離陸します。
http://youtu.be/SivoosDHx4g
離陸したのを確認して、後はグッスリと寝させていただきました。空港に到着し外に出たら1月の寒さが骨身に堪えました。
[PR]

by troutclub | 2015-01-14 14:48 | | Trackback | Comments(0)

西表島 大チョンボ

f0230940_9385633.jpg
石垣島行きのお楽しみの一つが、南の島でのフライフィッシング。今回もソルト用フライタックル一式をバッグに詰めて持参。

#8番の9ftの4ピースフライロッド、携帯性くらいしかイイ所のない中途半端なパックロッドなんですが、飛行機に載せるには余計な交渉をしなくて済むので、これで好しとしてます。
リールは海水に強い?ポリウレタンコーティングの3Mフライリールを準備。インターミディエイトの#9にシンキングの#8、自作の#10ラインの3本をそれぞれのリールに巻いて持参しました。

f0230940_922679.jpg南の島でのフライフィッシングの今回の舞台は西表島。高速フェリーで午前十時に大原の港に着いて、オリックスレンタから車を借り受けて島の最北端?の白浜まで1時間ちょっとのドライブ。

白浜港からの船浮湾のクルーズ船は残念ながら時間が合わずにパス。
だったらここで竿出しするしかないジャン!てことで、恥ずかしながらの「短小中折れ4ピースロッド」を出して仕掛け作り。

と、まあ、前置きの長い釣りの話にろくな結末は待っていませんで、南の島でのフライフィッシングも、今回は大チョンボの恥ずかし話となりました・・・。

ロッドもフライもリーダーもOK。後はインターミディエイト#9を巻いたフライリールをロッドに装着して・・・の筈が、タックルバックの中をいくら探してもフライリールが出てこない。
ひょっとしたら宿に置いてきた旅行バックから、タックルバックに入れ替えるのを忘れた・・・?
そんな訳で南の島でのフライフィッシングはここで強制終了。一度のキャストも出来ずに、八重山の海を放心状態で眺めるオッサンなんでありました。

リールが無くても9ftの延べ竿としてなら、短小中折れ4ピースフライロッドだってまだ使えると、悪あがきを思いつく。トップに12lbのティペットを3mばかり繋いで、ジグヘッドに巻いたエビフライを結んで落とし込み仕掛けを完成。
f0230940_9222220.jpg透明度が高いのでエビフライをツツいて来る小魚の姿が丸見え。芥川龍之介の「蜘蛛の糸」気分で熱帯魚をかまってましたら、白浜港のフェリーの従業員がエギングで大きなイカをヒットさせましてしばし見物。
フライの道具じゃなくて、エギングのスピニングタックルを持ってこなかったミスチョイスを大いに悔やむ。

f0230940_9213254.jpg
石垣島に帰って石垣の漁港で魚釣りのやり直し。港の中までイカが入ってて夕マズメのルアーフィッシングが面白かったです。持って帰れないので合わせ無しのナチュラルリリース?
[PR]

by troutclub | 2015-01-13 09:46 | | Trackback | Comments(0)

正月 小浜島

石垣島の正月は、晴天が続いて日中ならTシャツ一枚でも過ごせる暖かさでした。涼しくなる夕方でも長袖のシャツを一枚羽織れば十分。
石垣島に出発の朝は、雪を踏みしめて地下鉄の駅まで歩きましたから、飛行機に乗ってた3時間で真冬から初夏に一気にワープした感じ。カラダが驚いて?風邪をひきました。

f0230940_11495033.jpg

波照間島に高速フェリーで渡る予定にしてた石垣島二日目。島での滞在時間とフェリーの時間が上手く繋がらない。朝の早い便で出掛け昼に戻るか、昼に出掛けて夕方の最終で帰って来るかの択一。
あと波照間島に行かないと買えないとか聞いてた“泡波”を石垣で手に入れてしまったんで、波照間島行きの目的が薄れる。
f0230940_11503475.jpg急遽目的地を変更して、同じ離島でも近場の「小浜島」に渡ることにしました。ソルトのお仲間のお一人が新婚旅行で行ったことがあるなんて聞いてたんで、なんか親しみが沸いてきました。

小浜島は、NHKドラマの「ちゅらさん」の舞台になった島としても有名?おかしな沖縄訛りで話す堺正章が出てたちゅらさんです。
高級リゾートの「リゾナーレ小浜島」も有名です。少し施設を観て歩いたんですけど、かなりの散財を覚悟しないとコテージ風の宿泊施設の利用は無理かも・・・?
f0230940_11501270.jpg帰りのフェリーが来るまで港で魚釣り。ルアーで尾ヒレの付いた魚を狙ってんですが、地元の人がエギで真昼間にイカを釣り上げたのを見て、三個だけ持っていったエギに結び替えてエギングを開始。
遅い昼飯もその時に、サンドイッチに缶ビールでやけに質素なメニュー。相方から呑み過ぎ食い過ぎと財布の紐を締められました。

なんかいい感じで、イカの一杯くらい獲れるんじゃないいかと何投かしたら、沖に帰りのフェリーが現れて万事休す、撤収と相成りました。

石垣島の港の近くにあります居酒屋“錦”で、カンパチのカマとかをつつきながら一杯やって、ホテルに戻って沖縄ミュージックのミニコンサートを聴いて、部屋で泡盛の水割り飲んだら記憶が飛んで、お休みとなりました。
[PR]

by troutclub | 2015-01-08 11:59 | | Trackback | Comments(0)

正月 石垣島

f0230940_10543983.jpg
昨年の10月に台風19号の影響で飛行機が飛ばなくて、中止となりました南の島の石垣島旅行。今回はそのやり直しで年明けから石垣島に行って来ました。
持参のお道具は、9ftフライロッドに8ftルアーロッドのパックロッドを2本、いずれも短小中折れの4ピース。フライリール2個スピニング1個。
f0230940_10552100.jpg石垣島離島用に新たに巻いたフライはサーフキャンディーとエビフライ。それをフライボックス2個に隙間なく並べて弾は十分。
南の島のフライに関する情報が少なくて、見た目にハンサムなフライばかりになってしまいましたが、この辺りのセレクトも現場でのお楽しみ?

石垣空港に着いた日は魚釣り無しで余裕のスケジュール。空港からホテルへの無料送迎バスでタクシー代を浮かせて、午後2時過ぎに早々と宿にチェックインした後に石垣の繁華街を歩く。
繁華街の泡盛専門店に入り、店先には並んでない「泡波」はないかと聞いたら、ネット販売の方の在庫を探してくれて、店の奥にあった泡波600ml瓶ってのを分けてもらいました。

安かったけど“幻の”なんて形容詞が付くくらいでそこそこの値段。浮かせたタクシー代が消えた。
もう一軒「泡波」を在庫してる店を見つけましたが、こちらは倍近い値段になってました。

中途半端な時間にビールで安着祝いをして、遅い昼飯のつもりが晩飯に。“石垣牛”のステーキで一杯のつもりが、メニューの価格を見て気が萎える。
結局“あぐー豚”の陶板焼きに石垣の刺身とかを注文して、内地の小市民ヤマトンチュは大満足したのでありました。
f0230940_1055382.jpg

[PR]

by troutclub | 2015-01-07 11:06 | | Trackback | Comments(0)

謹賀新年


f0230940_1094923.jpg

[PR]

by troutclub | 2015-01-01 10:12 | Trackback | Comments(0)