<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

スモールスポーツカー

昨日なんですが、付き合いでトレッキング用のレインコート?を探しに、クルマで釣具屋とかスポーツショップなんかを廻ってた時、交差点ですぐ前に止ったクルマのドライバーと助手席が、手をバタバタと振って大騒ぎしてる不思議な光景を見てしまいました。
f0230940_9113734.jpg

このクルマはオープンカーでして、運転席に飛び込んできた虫とか蜂?を慌てて追い払ってたみたいです。天気も良いしオープンエアモータリングには最適の季節。オープンカーはさぞ快適かと思ったらこんな苦労もあったんですね。

オープンカーは巻き込む風で腹も冷えるんで、おネーちゃんなんかを乗せる時はブランケットの一枚くらい用意する心配りが無いと、ガールフレンド?に嫌われますです。
オープンカーに乗ってて面白いのは運ちゃんだけ?だったりして。
f0230940_912656.jpg
交差点で見たクルマはダイハツ コペン、直列4気筒DOHC659ccツインスクロールターボ。ターボは余計ですが昔のHONDAスポーツのS600によく似たスペックです。久しぶりにオープンカーもイイかも?

パンクのような?レズのような?サングラスのおネーちゃんと一緒に描かれているのが、HONDAのS600。
まだペインターもフォトショップもイラストレータも何も無かった頃、BBケントにドクターマーチンで描かれた水墨画風のイラストレーションです。
[PR]

by troutclub | 2013-09-30 09:27 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

砂を噛むよな・・・

先日のサーフの釣りでどうもリールが砂を噛んだらしい。浜では波と風の音で気が付かないリールの異音?も、静かな場所でテストしてみると気になる音がいろいろ聞こえてきます。
こうなると神経質な?オッサンはもう我慢出来ない、早々にオーバーホールとなりました。

分解していくと細かい砂がいろいろな場所に入り込んでました。古いリールなので防水とか防塵のプロテクトが甘いです。ボディーのシールは隙間ができるゴムリング一個でこれでは物足りない。

f0230940_12151360.jpg
ボディーを全部バラしてギアーとベアリングを取り出し、まずCRCで洗浄してから各部の点検。チェックしてもシロートにはパーツの良否は分からず、眺めるだけの気休めの点検。

シールドのベアリングはシールを外して、これもCRCで洗浄してからウレアグリスをタップリと充填。全てのベアリングをフレッシュなグリスに交換しました。

後はリールのボディーと細かいパーツをクリーニングしてから再組み立て。各所にウレアグリスを充填してオーバーホール完了。壊れてるようなパーツは無かったので今回はクリーニングだけで終わりました。
気になっていた異音?はほぼ消えたんですが、耳が神経質になってるんで正常な摺動音でも異音に思えちゃうのが、粘着性格の悲しいところズラ。

手の平に乗せたグリスにベアリングをこすり付けるようにすると、ベアリングの隙間に上手くグリスが充填されるそうです。知り合いのクルマのメカニックに教えてもらいました。
[PR]

by troutclub | 2013-09-27 12:27 | 工作 | Trackback | Comments(0)

イベント告知 パフォーマンス

夕方 近所のアーケード街を歩いてましたら、こんなおかしな連中に出会ってしまった。
背中に作り物の樹を背負って、真っ黒けな顔で練り歩く男や、首無しの男?いや透明人間のつもりかな?とか、チチとケツにバルーンを入れたような、ぶっ細工なお姐さん?とかも歩いてました。

f0230940_162616.jpg
f0230940_16141195.jpg
f0230940_16143268.jpg
f0230940_16145298.jpg
アーケード街のお祭り?か何かのイベント告知のパフォーマンスらしいんですが、その趣旨が分からず、ただのキモいお兄ちゃんお姐ちゃんになってるのが残念。

いつものピザ屋の前でウロウロして邪魔なんで、楽しみにしてたチェザリでのピザとビールはパス。
鶏の丸焼きのブラジル料理OSSO BRASILに行って散歩後のビールにしました。

鶏の丸焼きは量が多すぎて、二人でもなかなか片付きません。今回はチョッと目先を変えて?金400円也のカップ一杯の鶏の唐揚げをツマミに、本物のビールで一杯やることにしました。
これが大正解で旨かったです。
次回からこの店の私的定番メニューは、鶏の唐揚げとビールのメタボメニューで食い散らかします。
[PR]

by troutclub | 2013-09-26 16:22 | Trackback | Comments(0)

台風18号

先週に続きまた台風が近づいてるようで心配です。
石垣島からの帰りの飛行機も台風18号の影響を受けまして、出発時間が二転三転でした。

f0230940_849638.jpgf0230940_8523838.jpgf0230940_8493450.jpg帰りの日は朝一番で石垣港の桟橋からルアーのチョイ投げで遊んでみました。折れたテレスコピックの竿を応急処置して、なんとか使える状態にしたんですが、ヤッパリ本調子じゃなくて小一時間で撤収、釣果無し。

石垣島の繁華街?を歩いてからにバスで石垣空港まで移動。石垣島は台風の影響はまったく無くて晴天なんですけど、テレビのニュースが台風18号の本土での惨状を伝えてます。
もし飛行機が飛ばなかったらもう一泊しなきゃいけないんで、余裕をもっての移動となりました。

案の定、飛行機は遅れてました。帰りの便になる本土からの飛行機は飛び立ったようで、何とか帰れそうです。でも帰りの飛行機が飛ぶまで、3時間程の待ちになりそう。
こんな事なら石垣の町でもう少しゆっくりしてから、空港に来ればよかったと少々後悔。

こうなりゃ昼間っからビールでしょ!弁当代わりに持ってきたフライドチキンとごぼうサラダをツマミに、オリオンビールで時間を潰す。デッキからいろいろな飛行機も見ました。

本土への帰りの飛行機が飛ばなかったら、琉球エアーコミューターのプロペラ機DHC-8 -100 で、与那国島まで行っちゃおうかと思ったんですが、チケットが結構高いし帰りの飛行機もちゃんと飛ぶようなので、この案は自然消滅。

酔いが回ったころ帰りの便になるANAの飛行機が到着。やっと帰れることになりました。めでたし、めでたし。
f0230940_8504230.jpg

[PR]

by troutclub | 2013-09-24 09:06 | | Trackback | Comments(0)

再始動、久しぶりの浜

久しぶりに面子が揃いまして、いつもの半島いつもの浜で魚釣り。今回はメンバーにへいへい屋の大将も加わって総勢4人のパーティーとなりました。
浜行き敬老バス?ソルトトレインは夜中の2時に出発、大人4人にその分のタックルを積み込むと、さすがにクルマも重たそうで、バスの運ちゃんも大変そう。

f0230940_9325964.jpg

浜へ到着は夜明け前の4時半着。月夜で中潮?月の光に照らされた台風の影響と思われる真っ白な波を見て、タフコンディションを覚悟。

f0230940_9331969.jpgf0230940_9333481.jpg夜明け前から浜に出ましが、フルキャストしても押し寄せる波の向こうまでは、なかなかルアーが届いてくれない。朝マズメに魚の反応は無しで全員討ち死に。

久しぶりの浜だったんでタックルのトラブルも多発?だったみたいです。ショックリーダー切れに、ルアーのロスト、竿の途中交換にリールの交換。オッサンはウエーダーに潮水の浸水。

7時に浜から上がりまして朝飯、ノンアルコールビールをソルトの先生にの差し入れして頂きましてこれが旨かった。
海のコンデシションが悪いとはいえ、全員不完全燃焼で納得できない雰囲気。そこで浜を変えることにしました。

次に移動した浜は先週の台風で道路の砂が深くなり、クルマがスタックしそうだったんでパス。その次の浜は海が濁っててやはり魚釣りどころでは無い雰囲気。ここで本日の浜のお勤めは終了となりました。
へいへい屋の大将は少々物足りなさそうでしたが、次回リベンジということで解散!昼寝の時間となりました。
[PR]

by troutclub | 2013-09-23 09:42 | ソルト | Trackback | Comments(0)

石垣島一周

南の島はずっと晴天!石垣島の方も海沿いのめぼしい観光地はほとんど?廻ってきました。
島を無駄なく廻るにはやはりレンタカーを借りるのが一番でして、ホテルのすぐ横のレンタカー会社から朝の9時にクルマを受け取って、夕方までグルッと石垣島を一周してきました。

借りたレンタカーなんですが、交差点でブレーキを踏んで停まるとエンジンが急にストップ。慌ててアクセルを踏みなおしてセルを回そうとすると、「アレ?」まだエンジン回ってるジャン・・・。そんな事を2~3回繰り返して、アイドルストップの車だとやっと気が付く。

f0230940_12455057.jpg

アイドルストップのエンジンは、再始動をスムーズにする為に、圧縮行程のシリンダーと膨張行程のシリンダーの空気量をウンヌン?とかで、複雑な仕掛けになってるみたいです。
要はセルを回してすぐに爆発行程に入れる位置にピストンを止めておくのがキモみたい。

最初に行ったのは南端の石垣の町からは島の反対側になる、石垣島最北端の「平久保岬」。町を出ますと道は空いてるし信号もほとんど無しで、太平洋側の390号線で石垣空港の横を抜け「伊原間」から206号線を走って一時間ちょっとで到着しました。空は青いし海もキレイ、風景を眺めるにはいい所です。
二人連れのおネーちゃんに「写真とってください!」なんて頼まれまして鼻の下を伸ばす。ここは見るだけ。
f0230940_1247957.jpgf0230940_12463431.jpgf0230940_12474896.jpg伊原間まで戻り今度は東シナ海を右手に見ながら79号線を走って、泳げそうな場所を探す。
ビーチはいろいろ見ましたが、「米原ビーチ」ってのが気に入りましてここで泳ぐことにしました。
オッサンは魚釣りのつもりで竿を出したら、テレスコのジョイント部分が何故か?折れてまして、この覚えの無い竿の破損で魚釣りは万事休す。

米原ビーチでタップリ遊んだら腹が空いてきたんで、毎度おなじみの遅い昼飯。石垣島の人気スポット「川平湾」まで走って「八重山そば」ってのを食べてみました。

焼きそば麺で作った和風ラーメンて感じでしょうか?これに肉が乗ると「ソーキそば」になります。運転手のオッサンはお茶で我慢ですが、相方はやっぱりオリオンの生ビール。
「美味しいから飲めばいいのに・・・」だそうです。西表島に捨ててくればよかったと後悔。

川平湾の浜を歩いてから「琉球真珠」の店ってのを見学してきました。相方の眼の色が変わって少々危ない気配だったんで、オッサンはとっとと店から逃げだし ”黒真珠御購入”の難から逃れる・・・。

f0230940_12481474.jpgこの後、なんとか岬とか、マングローブの干潟とか、浜とか廻りましたが、島のドライブもこの辺りで飽きてきまして、海辺にある公園の木陰で休憩。
最後の仕上げに「八重山鍾乳洞」に行きましたが、値段の割りに面白くないし涼しくもない鍾乳洞に少々ガッカリ。
ここでも女性四人組にカメラのシャッターを頼まれました、男としてもう警戒されて無いのか・・・。喉が渇いていたのでアイスコーヒーが美味かった。

f0230940_12484721.jpg後は日本最南端のマックスバリューでビールに晩飯、もう一つ日本最南端のケンチキで4ピースバリューパックを仕入れて夜の宴の用意。
レンタカーを捨てホテルに戻って機嫌よく飲んでましたら、台風18号発生のニュース。大丈夫でしょと思いながらもチョッと酔いが醒める。

ここから230km海を越えるともう台湾です。
[PR]

by troutclub | 2013-09-20 12:54 | | Trackback | Comments(0)

カーボンフィッシュグリップ

今回、南の島へ行くために新しい道具をチョッとだけ用意しました。こんな時くらいしか新しい釣り道具を買うなんて気には、なかなかなりません。

亜熱帯?の馴染みの無い大物を釣って慌てないように、魚を掴むフィッシュグリップを一つ新調しました。ボガグリップタイプのフィッシュグリップは、いつもの浜で大物?を引きずり上げる為に前から持ってますが、これは大きすぎるし重いので旅には不向き。

釣具の量販店でいろいろ吟味して選んだのが、写真中央の「カーボンフィッシュグリップ」、なにしろ軽くてコンパクトなのががいいです。

f0230940_955566.jpg

最近流行のメタル製のフィッシュグリップもハンサムで、チョッと気持ちがそっちの方に行きかけました。カーボンフィッシュグリップの軽さと使い慣れた?ボガグリップタイプの構造が気に入り、「メタル VS カーボン」の勝負はカーボンの勝ち。久しぶりの散財となりました。

店頭価格1980円のところをパッケージの破れとかをネチネチっと話したら、気持ちよく?さらに200円引きの提示がありまして、そこで示談と相成りました。ここの店長さんは優しい・・・。

フィッシュグリップの他にもう一つ新しいお道具、先回電池を新しくしたパチモンサブマリーナの腕時計。こんな安物の腕時計でも高級時計と同じように、時間を正確に刻んでくれて頼りになります。

旅で携帯電話を時計代わりにするのはチョッと不便でして、両手の塞がってる状態で常に時間を気にしながらの移動には、手首を見るだけで時刻が分かる腕時計の方が絶対に便利です。
それに飛行機の中では携帯電話の電源はOFFがルールだし、海の中まで携帯電話は持って入れないし・・・。
[PR]

by troutclub | 2013-09-19 09:14 | タックル | Trackback | Comments(0)

日本最南端 西表島

f0230940_9504086.jpg
「アムステルダムの朝は早い!」らしいけど、日本最南端 石垣島の夜明けは遅かった。
9月の中旬でも朝の6時ではまだ薄暗くて起きる気になれません。とは言うものの石垣島二日目の予定は、朝の8時半出発の水上バスで西表島まで渡る段取りになってまして、それ程ゆっくりはしていられない。

ホテルのバイキングで朝飯を済ませて着替えをしたら、水上バスが発着する離島ターミナルに出掛けなきゃいけない時間。同じホテルに連泊なので荷物はそのままにして釣竿だけ持って出発。

f0230940_951177.jpg離島ターミナルで、水上バスのチケットとペットボトルの水と昼飯を買い込む。西表島にはスーパーもコンビニもナーンも無いのであります、ついでに道路沿いの自販機も無かった。

船に揺られて約40分で西表島の「大原」の港に到着。予約してあったレンタカーを受け取りまして、そのまま「上原」方面までドライブ。

道路を走る車の9割は”わ”ナンバーのレンタカーで皆さんのんびりドライブ。西表島の端から端まで走っても距離は50kmも無さそう、慌てて走る必要はありません。
おまけに島には交通信号が二つしかありませんからブレーキを踏む機会もほとんど無し。
まあこの日本最南端の信号機の主な役割は、島の子供たちに交通ルールと信号機を教えるためにあるらしいです?

f0230940_9514780.jpgf0230940_1026527.jpg先ず「星砂の浜」海岸まで大原から海岸線を走って海の様子見。星砂の浜は丁度干潮の時刻でリーフの端まで歩いて釣りが出来る状態。
2~3人のルアーの釣り人がすでにキャストを繰り返してましたが、オッサンのテレスコピックのプアな竿では、小物のGTでも竿をへし折られそうなんでここは眺めるだけ。
相方はリーフの深みで泳ぐと言うか水遊び、オッサンは日陰で一休みしながら、水遊びが終わるまで ”ウエイト” の状態。

海から上がって昼飯。石垣で買ったスパムのハムを挟んだおにぎりと魚のフライ、それに冷やしたままで持ってきたオリオンビールがメニュー。
オッサンは車の運転があるんで、ここはペットボトルの水をグビグビ飲んでおしまい。相方は旨そうにオリオンビールを飲んで上機嫌。一瞬このまま西表島に生ゴミで捨てていこうかと思ったんですが、犬と同じでまた戻って来そうなのでやっぱり我慢。

そのまま幹線道路215号線の北側の端にあります「白浜」まで行き、観光遊覧船の港でやっと竿出し。それが炎天下では暑くて暑くて30分程キャストして魚釣りはオシマイ。
隣の餌釣りの人が長細いそこそこのサイズの魚を何尾か釣ってましたが、オッサンのルアーには何も掛からずでした。

f0230940_9521380.jpg白浜より先は道が無いのでUターンして大原まで戻ることにしました。途中で水牛車に乗って海を渡る由布島を見物しまして、次は幹線道路215号線の南側の端にあります「南風見田の浜」まで行く事にしました。
人の姿がまったく無い「南風見田の浜」。長い竿があったらフルキャストで大物が狙える感じなんですが、これは無い物ねだりでまた機会があったらと言うことにしました。大原の港に戻ってレンターカーをキーを付けたまま駐車場に捨て、石垣島行きの水上バスに乗り込んで、西表島の一日が終わりました。
[PR]

by troutclub | 2013-09-18 10:13 | | Trackback | Comments(0)

石垣島 & 西表島

この連休、オッサンは少し休みを長めに取って南の島へお付き合いの旅行。
目的地は尖閣諸島の魚釣島 からすぐ近くの、日本のほぼ最南端?の石垣島と西表島。主な目的はカンコーなんですが魚釣りの道具も忘れずに持ち込みました。
テレスコピックの安物ロッドしかバックに入らなかったんで、とりあえずこれを一本。リーフでの大物釣りは無理ですけどね・・・大物が来たら一発でへし折られます。

f0230940_1185844.jpg

久しぶりの空の旅だったんでチョッと興奮、天気がよくて海と青い空を水平線?の彼方までしっかり見ることが出来ました。今年の春に新しく出来たばかりの「南ぬ島 石垣空港」に昼過ぎに到着、新しい空港施設は気持ちがイイです。
f0230940_1193012.jpgf0230940_1195173.jpgそのまま直行バスで石垣の離島ターミナルまで行きまして、あくる日の西表島への水上バスの時間をチェック。
予約してあった西表島のレンターカー会社に、島への到着時間を連絡してその日のお仕事はオシマイ。
遅い昼飯は、石垣焼きそばとそうめんチャンプルーに安着祝いのオリオンの生ビール。

石垣港でさっそく釣りをしてみたかったんですが、荷を全部解かないと釣り道具が出て来ないのでその日の釣りは諦めました。

ホテルにチェックインしたらもう出掛ける元気が失せまして、近所の居酒屋でブタとかラッキョとかグルクンなんかの、石垣島の料理を肴に一杯やって、オヤスミナサイとなりました。
[PR]

by troutclub | 2013-09-17 11:24 | | Trackback | Comments(0)

麦焼酎 「壱岐」

夏の終わり、近所の公園で「ふるさと全国県人会まつり 」なんて催しをしてまして、某美人妻?がそこで麦焼酎の「壱岐」ってのを一瓶買ってきてくれました。涙が出そうなくらい嬉しい、なんて優しいんでしょ?

f0230940_184978.jpgこの夏はぎりぎりのビール風飲み物の、発泡のリキュール酒を飲んでたオッサンなんですが、秋風が吹いて涼しくなってきますと、冷たいだけの発泡リキュール酒じゃなくて、もうチョッと旨い酒とかモノホンのビールを飲みたくなってきた。

せっかくなんで今夜は、久しぶりに焼酎の水割りで一杯やります。つまみは「越後の栃尾あぶらげ」と決めて近所のスパーまで出掛けたんですけど売り切れでした。きゅうりの一夜漬けでヨシとしますか。
[PR]

by troutclub | 2013-09-09 18:07 | 食べる | Trackback | Comments(0)