<   2013年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

サニークーペGX-5

まだ仕上げ前の描きかけ途中なんですけど、今回のイラストは1970年代のFRクーペを代表?するB110型サニー。
この車を、新車の発売と同時に高校時代の同級生が買いまして、慣らし運転に箱根まで走りに行った覚えがあります。もう何十年?も前の話です。

f0230940_173924.jpg

慣らし運転も済んでいない、下ろしたての新車サニークーペGX-5で、国道1号線を延々と走って慣らし運転をしたあと、三島から一気に箱根の坂をフル加速で駆け上って、その勢いでまた小田原まで駆け下る。当時まだ営業してた茅ヶ崎のパシフィックホテルを左手に見ながら、134号線を逗子までドライブして帰ってきたと思う。
田舎町から徹夜で走ってきたアンちゃん二人。クルマのラジオから聴こえてくるFEN(米軍の極東放送)に気分もえらくハイテンションでした。

ソレックス?だったかSUだったかのツインキャブと5速のミッションの相性が良くて、とにかくよく走る車でした。色はグリーンのメタリックでちょっとセンス無かったですけど、本当の意味でのスポーツセダン。
トヨタのレビン・トレノが1600ccのツインカムで一クラス上のクルマだったんですが、負けて無かったです。

この頃の車は、エイトスポークのワタナベのアルミホイルがよく似合います。イラストはハヤシストリート?で描いてみたんですけど、やっぱりワタナベに履き替えようかな?
[PR]

by troutclub | 2013-05-30 17:12 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

下手の長竿

下手の長竿なんて言われそうですが、車の工具を追加しました。フライロッドに例えるなら、スペイのツーハンドロッドみたいな長い柄の工具。注文してた3/8sqロングスピンナーハンドル15inc が届きました。
固く締まったボルトとかナットを、長い柄でカキーンと緩めるスピンナーハンドル。アメリカ流に言うとブレーカーバー、文字通りボルトをぶっ壊してでも緩める覚悟の、ボックスレンチ用のハンドルです。

f0230940_1123045.jpg

車のエンジン周りとか足回りとかのボルト・ナットは、かなり強いトルクでカンカンに締まってまして、メガネレンチとかラチェットハンドルでは怖くて力が入りません。ラチェットなんかは力任せに回すと壊れる場合もあります。
そんなときに気合を入れてトルクを掛ける事が出来るのが、このブレーカーバー。これが一本有ると無いとでは大違い、今まで躊躇してたような作業が安心して出来るようになる・・・・と思う?

ネットでお安く手に入れたSIGNETの安物?なんですが、いつも使うわけではないのでこれで十分。外見はSnap-onみたいでハンサムでも、ソケットとブレーカーバー間のジョイント部分が弱そう、このあたりがチョット気に入らないです。ホンマもんのSnap-onはジョイントの構造がオス・メス逆になってて、見た目にも頑丈な造りになってます。

このブレーカーバー、長さもあるし重さもズッシリあります。使い方によっては立派な武器になる?銭形平次が使う捕り物の十手みたいなもんです。
これを車に積んだままにして、交通検問なんかでお巡りさんの目に留まると面倒くさそう・・・・?昔、フライロッドケースのアルミパイプを積んでて、中身まで見せた経験あるし。
[PR]

by troutclub | 2013-05-28 11:31 | クルマ | Trackback | Comments(0)

大人の?潮干狩り

今回の浜のレポート、お写真が小さくてちょっと遠慮気味なんであります。
浜と言ってもいつもの浜じゃありませんで、湾内の家族連れで賑わう静かな?浜、潮干狩りの浜なんであります。
釣竿もウエーダーもLEDライトもいりません、好きな時間に出掛けて行って、飽きたら帰ってくる。年に一回?二回?あるか無いかの潮干狩りに出掛けてきました。

f0230940_10175023.jpg大潮、昼過ぎの干潮で潮干狩りにはぴったりの条件、少し早めに海岸に到着しまして様子見。有料エリアではセンナンビャク円の料金を取るらしいのでそちらはパス。有料エリアのすぐ横あたりから潮干狩りを開始。
オッサンは腰をかがめての潮干狩りは大の苦手、浜でノンアルコールビールと枝豆に、セブンイレブンのフライドチキンで日光浴。獲物のアサリ料理を?夢見ながら昼寝。

f0230940_10181422.jpgちょうど下げ止まりの1時過ぎまで浜で遊んで撤収。腹が減ったんでランチをやってる店を探したんですけど、田舎の店は駄目です。店が少ない上に、日曜日を定休日にしてる店が結構多くて空振りばかり。
やっと開いてたラーメン屋に入ったら、昼は午後二時までの営業だとか言われて玄関先で追い返された。5分や10分位遅くてもいいジャン・・・・五体満足でも入れてもらえなかった。残念、腹減ってたのに。

最後に行き着いたのが回転寿司、先週も昼は回転寿司だったんであまり気はのらなかったんですが、店に入ってまからまた気分が落ち込む・・・・。
ネタが乾ききったような寿司ばかりが回ってきます。回ってくる寿司には手を出さずに全てあつらえで注文。腹は減ってるのになんか食えなくて二人で8皿ばかり片付けたところで撤収。上がりは旨かったですさすがお茶処の田舎町?

潮干狩りの結果は、あさりがサッパリ獲れなくて小さめのハマグリ?のような貝が両手に一杯ほど獲れました。さっそく焼きハマグリかなんかで一杯と思ったんですが、一晩砂出しをするとかでお楽しみは先に。
中途半端に食べた回転寿司が裏目に出て、夕方すごく腹が減る・・・・王将で餃子をツマミに生ビールを少々?皿ウドンに冷やし中華で仕上げ。今週もいい日曜日になりました。
[PR]

by troutclub | 2013-05-27 10:27 | Trackback | Comments(0)

スパークプラグ交換用 自作ツール

いつ頃から、車のスパークプラグ交換作業の難易度が上がってしまったんでしょうか。イタリアとかドイツの一部特殊なスポーツカーは、昔っから交換作業が大変!って聞いてましたけど、今の車は、大衆車でもエミッション‐コントロールとかの補機類が邪魔して、スパークプラグまで手が届かない感じです。

上の倅の水平対向4気筒の車は、エンジン周辺のパーツをゴッソリ?外さないとプラグにアクセスできません。下の倅のV型6気筒もインテークエアサージタンクとマニホールド?まで外さないとプラグが顔を出さない。こんな面倒なプラグ交換は、頼まれても手伝いたくない・・・。

そんなテテ親の車のプラグ交換も一筋縄ではいきません。町の整備工場ではインティークマニホールドを外さないと交換できない!なんて言われてしまった。
高い工賃を取るための方便なのか、正規の交換方法を知らないのかは不明。足元を見られました・・・?
作業は丁重にお断りして、マニホールドを外さない方法で自分で作業をすることに決める。

f0230940_1641088.jpg
※実際は写真のボックスレンチの代わりに、16mmのプラグレンチを付けて使用。

でも、最低限の専用工具が必要でして、まず奥まった場所にあるプラグからプラグソケットを抜くプラグソケットリムーバーってヤツを、純正工具のT10112を参考に自作。
次に用意したのが柄の長い2面16mmの首振りのプラグレンチ。大昔、バイクのパラレルフォーの奥まったプラグの交換用に買った?物です。ちょっと記憶が怪しい。
最後に用意したのが、フレキシブルエクステンョンの両端に、T字のハンドルと16mmのプラグソケットを取り付けた写真の道具。無い頭をしぼって寄せ集めのパーツで組んだ苦心の作?

奥まった場所にあるプラグ穴まで、自在に曲がるこの道具を滑り込ませ、プラグを締め込んだり緩めたり仮締めをする道具です、曲がったままでも中のユニバーサルシャフトはスムーズに回転します。最後は柄の長いプラグレンチで1/4~1/2回転締め付ければ完了。
まだテストしてないので使い物になるかどうか分かりませんが、無いよりはましだと思う。

若い頃だったら、真っ暗闇でもプラグ穴に入れたり出したりくらいは簡単に出来たのに、今じゃこんな器具?を使わないと役に立たないとは・・・・。
[PR]

by troutclub | 2013-05-22 16:23 | 工作 | Trackback | Comments(0)

ポルシェ901

イラストに描いたベージュのポルシェ様、型式番号は“901”です。知ったかぶりの三文絵描きがポルシェ“911”と書くところを“901”と間違えてやんの・・・・なんぞと馬鹿にしないように。

ポルシェ911は、本来“901”の型式番号になる予定だったらしいのですが、最大のマーケットであるアメリカで、三桁の真ん中を“0”とする商標を全てフランスのプジョーが登録していて、“901”の番号がそれに引っかかって“911”に改めた?ってことになってます。

f0230940_1118323.jpg
確かにポルシェの型番は、その後 904、906、908と続いてますから、901の話しはまんざら嘘でもなさそうです。でもプジョー云々の話しはよく分かりません。フェラーリなんかは308の型番でアメリカで車を売ってますもんね。
ポルシェに関する怪しげな都市伝説、まことしやかな話しに仕上がってて面白いです。

この、ポルシェ901のイラストですが、引き合いはほとんど無いです。ポルシェ911の方は結構売れるのに・・・・・。
当然です、色と型番を変えただけで、内容は911とほとんど変わってませんから・・・・ポルシェパラノイヤ?の目は欺けない。
[PR]

by troutclub | 2013-05-21 11:28 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

散髪・パチモンクロックス・角屋

日曜日の朝、魚釣りをサボったら一日の予定が立たない。週末は夜中の1時に起きて浜で釣して午後からは昼寝。このパターンが崩れると調子が狂います。
f0230940_10115351.jpg夏も近いってことで、頭をサッパリさせようと散髪に出掛けることにしました。予約の時間に床屋に行き、若い衆の間で最近流行?の「サイド刈り込みショート」の注文をしたんですけど、床屋のオッサンは意味が分からなかったみたいで、普通のボーズ頭になってしまった。

床屋の次は某美人妻にランチをたかる。クルクル回る寿司屋?で腹いっぱいのつもりでしたが、途中で寿司のネタに飽きた。寿司って腹いっぱい食うモンじゃ無いらしいです、文字通りつまむ程度に食べるのがちょうどいい?
美人妻にボーズ頭にしたの?と聞かれ少しイラッとする、反論はしない!実に男らしい・・・。

f0230940_10122228.jpg街から離れ、郊外の釣具量販店にも行ってみました。ベイトロッドを長く伸ばして、ソルト用ベイトロッドに改造するエクステンションのパーツを探しましたが、帯に短しタスキにナントかで納得できるパーツは見つかりませんでした。
代わりにCROCSサンダルのパチモンを発見。一足780円?で二足揃えて買うと980円になる中華製のFOLBOTとか言うサンダル。これに素早く反応したのが美人妻、別に欲しいわけでもないのに、二足お買い求めでランチと相殺の散財となりました。オッサンの大嫌いなペア、まあ、これも夏が近いってことでヨシとしますか。

f0230940_1029222.jpg中華製なのに何故か堂々とUSAの文字が入ってます、今や新大陸 アメリカ合衆国本土も中国の領土?

夕方は雨に降り込められて、角屋の焼き鳥で一杯!が二杯、三杯?いい日曜日でした、とさ。
[PR]

by troutclub | 2013-05-20 10:34 | Trackback | Comments(0)

外道?シーバス63cm

シーバス63cm! 今朝(5月19日)いつもの半島いつもの浜で、ソルトのお仲間デイケアバスの運ちゃんの釣果。朝6時にした電話ではもう釣れたって話しでしたから、かなり朝早い時間に釣ったみたいです。
デイケアバスの運ちゃん、ヒラメ狙いの外道ながら、3cmほどシーバスの記録を更新・・・だそうです。

f0230940_927741.jpg低気圧の接近と共に足の機嫌が下降気味?のオッサンは、用心のために浜のお勤めを無断欠席。ソルトの先生は本日不祝儀で違うお勤めに出席、浜の方はお休みでした。

大好きな?魚釣りとは言え、夜中に一人で出掛けていくのは、アドレナリンたっぷりでないとメゲます。ソルトのお仲間デイケアバスの運ちゃんは元気です、鍛え方が違う?

いつもの浜では他にも釣れてたようで、週を重ねるごとにどんどん条件が良くなってるみたいです。
あとは、ルアーフィッシャーマンからは、ちょいとお邪魔なサーファーとキス釣り師の対策。夏に向けてまだまだ増えてきますから、時間帯をズラして夜明け前に勝負を掛けるしかないか?
[PR]

by troutclub | 2013-05-19 09:30 | ソルト | Trackback | Comments(0)

ハウスの生グリス?生わさび風味

色といいその質感といい、見た目は無着色ハウスの生わさびのチューブなんですが、その中身は・・・・先回、車のベアリング用に買ったウレアグリスがタップリ詰まってます。
中年オヤジのフニャチン?みたいな、グリスガン用の蛇腹のチューブに入ったグリス。あまりにも使い勝手が悪かったので、空ッポになったハウスの生わさびのチューブに充填し直しました。
チューブからチューブへのグリスの充填、これが簡単そうに見えてもなかなか思うようにいかず手こずりました。やっててバカバカしくなってきた・・・・。

釣りのリールへのグリスアップ用に、エポキシ混合用の注射器?を利用した小型グリスガン?も作ってみました。シリンダーにグリスを充填しておいて、プランジャーで押し出します。

f0230940_1558349.jpg

これで車に載せっぱなしにして、ドアのヒンジとかワイヤーの潤滑にいつでも必要な時に使えます。バイクや自転車のチェーン用や摺動部にも使い勝手がよろしい。
グリス封入タイプのシールチェーンには、化学合成系のウレアグリスは、ゴムシールを侵すから良くないなんて話しがありますけど真相は不明。化学合成系ってのがミソみたい?

f0230940_15585331.jpg大昔の話しですけどHONDA CB400で。中部の山の中をツーリング中に雨に降られ、雨水が回って?リアハブのべリングからグリスがリークし、往生したことがありました。
ゴム製のベアリングシールの不良だったんですけど、化学合成系うんぬんの話しになると、シロートが良かれと思ってするグリスアップは危険?・・・・まあ今の車やバイクにはグリスアップ用のニップルなんか付いてませんから、グリスアップする機会もほとんどありませんけどね。

※残念ながら写真のシーヨンは、サイドカバーが黒ですから後期の中型?(普通自動二輪車)。オッサンの乗ってたのは同じCB400でも、サイドカバーが赤の408ccでした、大型自動二輪車の方ね。
[PR]

by troutclub | 2013-05-17 16:19 | 工作 | Trackback | Comments(0)

短命

f0230940_9161175.jpgチョット暑くなってきたかなと思った途端に、仕事用のPCのハードディスクが壊れた。今回のHDDは短命だった。
何処かのクラスタ?セクタ?にエラーが出たのか起動しなくなってしまい、セーフモードでいろいろとリカバリーを試した結果、起動するようになったもののグラフィックの表示が最後まで復旧せず、HDDの交換で一からセットアップのし直しとなりました。
PC用にはもう信頼性が無いけど、お宝映像用にはまだ十分使えるHDD、フォーマットして再利用。そんな中途半端なHDDばかりが増えました。

24時間電源が入りっぱなし、つまり365日フル稼働のPCがすぐ隣にあるんですけど、こちらは朝に一回再起動をかけるだけで一年近く?長生きしてます。ずっと通電させたままで、一定温度でPCを連続稼動させてた方が機械には負担が少ないんだろうか?

あまり過保護で楽させると、人間もPCも長生き出来ない?まるで落語の「短命」だね。


[PR]

by troutclub | 2013-05-15 09:31 | Trackback | Comments(0)

ベルトテンショナーⅡ

先回、知ったかぶりで、Vリブベルトのテンショナーのベアリングにグリスアップして、テンショナーの延命処置をするなんて話しをしたんですが、いざ作業に入るとローラーを貫通して固定しているトルクスのボルトが、とんでもない力で固定されている事が判明。間に合わせの道具では緩まない事が分かりました。

ローラーの裏側を見ますと固定ボルトの先端にカシメがしてあり、ボルトをドリルでモンで壊さないと外れないみたい。
という事はこのトルクスのボルトの新品を、何処かで調達しなきゃいけません。デーラーではボルトだけの単品では出ないと思う。そこでローラーベアリングへのグリスアップはあっさりと諦めました。

f0230940_8343783.jpg

いま働いてるベルトテンショナーが寿命になるまで使いきり、その後、今回仕入れた少し若い?ベルトテンショナーとアッシーで交換する作戦。せっかくグリスアップ用のフレッシュなウレアグリスを、一本新調したのにザンネン。

疑問、トルクスのボルトでガッチリ固定されていて、外れないと思われるローラーの交換用パーツが社外品で販売されてまして、どうやって交換するのか不思議。シロート衆には分からない秘密の技があるんかしら?
[PR]

by troutclub | 2013-05-14 08:43 | クルマ | Trackback | Comments(0)