<   2013年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

羊の皮を・・・・・Lotus Cortina MkI

Lotus Cortina MkI 1965年式
羊の皮をかぶった狼?このフレーズは新約聖書に出てくる戒め?の言葉らしいんですが、お車の世界では平凡な外見のセダンに、高出力のエンジンを載せた、スポーツカー顔負けの高性能車セダン?ってことになってます。
f0230940_1729780.jpg
今回のイラストは、フォードの乗用車コルチナに、ロータスのツインカムエンジンを載せて“羊の皮をかぶった狼”化させたLotus Cortina MkIに、さらに手を加えてスープアップさせたレーシング仕様のLotus Cortina MkI。

ただですら高性能なのに、MINIライト?のアロイホイルを履かせて、ロールケージを組んでレーシングムード満点の車に仕上げました。ツールは毎度のAdobe Illustrator、ベクターソフトはシャープなラインが表現出来ていいです。
連休明けにヤフオクに出品予定です。

ちなみにオッサンの場合は、皮っかぶりの子羊・・・口ほどにも無いのであります。
[PR]

by troutclub | 2013-04-30 17:29 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

遠州灘 天竜川

浜松の凧揚げ合戦直前の遠州灘の浜に、魚釣りに行ってまいりました。今回は浜行きのデイケアバスの運ちゃんと二人で、夜中の1時からのんびり?釣行。どんどん夜明けが早くなってますから、魚釣りも完全にサマータイムのスタートになりました。
遠州灘の真ん中あたりからですと、朝の空気の澄んだ時間には富士山がはっきりと見え、今日は良い日になるなんてサムシングで気合が入ります?

f0230940_904510.jpg

第一ラウンドは先々週も竿を出しました河口のポイント、波やや高し、風も強し、浜の砂も結構飛んで来る状況でスタート。
ところがここでトラブル発生、水没覚悟の魚釣り専用デジカメがサドンデスして再起動不能、オシャカになりました。急遽ガラケーのおまけカメラで富士山を撮影。ブルーが強くてRGBのバランスが悪いぞガラケーデジカメ。

第一ラウンドは2時間程で上がりまして、釣り場近くのすき屋で朝飯。遠州灘沿いには国道が走ってまして早朝でもメシには困りません。半島沿いの浜と比べるとずいぶん便利、今回はカップラーメンの出番は無し。

f0230940_911757.jpg以前から気になってた天竜川のサツキマスの現場を見てきました。河川敷?に下りるまでがけっこう大変でした、場所によっては腰高の四駆が欲しいところです。まあ歩く気なら乗用車でも十分ですけど。
天竜川は水量たっぷり、ポイント多数で良い感じです。ルアーが一番効率がいいんですが、シューティングヘッドのフライでもスペースがたっぷりで面白そう。逆にリボン体操みたいなスペイでは尺が足りなくて苦戦しそう?

いけそうな天竜川のサツキマスなんですが、遊漁券が結構高いみたいで、浜で第一ラウンド、川で第二ラウンドの欲張りな釣は、銭も時間も無駄が多そう、迷います。

帰り道、もう一度浜を歩いて竿を出しましたが、気合がなかなか入らずでした。オッサンとしてはよく歩いたつもりなんですが・・・これからが浜の本番です。
帰ってビールを飲んで昼寝したらもう夕方でした。
[PR]

by troutclub | 2013-04-29 09:06 | ソルト | Trackback | Comments(0)

ヘキサゴン ビットソケット 7mm

病気再発、本日また工具が一つ増えました。新顔はKTC ショートヘキサゴンビットソケットの7mm 9.5sq 。
この7mmってサイズが曲者でして、ヘキサゴンレンチの工具セットでは6mmの上は8mmになってしまい、工具箱をいくら探しても出てこないサイズ、シロートには幻の7mmなんであります。
それほど大袈裟に言う事もないんですけど、Snap-onだろうがHAZETだろうがNeprosだろうが、サイズが合わない工具なんてクソなんであります。

f0230940_19421145.jpg

この7mmのヘキサゴンビットソケットを何に使うかと言いますと、オッサンの車のブレーキキャリパーをごっそり外して、ブレーキのローターを交換する時に絶対必要な工具。
あっしらみたいなシロートさんには、結構特殊な?サイズのようなんですが、BMWやボルボとかの欧州車のブレーキ周りには必需品。日本のマツダもこのサイズみたいです。

営業先?ではじめて入ったホームセンターの工具コーナーで発見。速攻でお買い求めとなりました。毒食わば皿までで、ネジの緩み止めのロックタイトをついでに買っちゃおうと思ったんですが、これが結構お高くてこちらはネットで小分けしたものを探す事に決定。

ブレーキキャリパーのガイドピンの締め付けトルクは28Nm、次はトルクレンチかよ・・・・。寄せては返す物欲の波なんでありまする。
[PR]

by troutclub | 2013-04-26 19:44 | クルマ | Trackback | Comments(0)

Zippo キャッチ&リリース ライター

こんなんが出てきました。 1983年製 Zippo ジッポーのキャッチ&リリース ロゴのライター。
近所の商店街の雑貨屋でそれこそ30年前に、二つっきりしかなかったこのジッポーのキャッチ&リリース・ライターを、確か ” へいへい屋 ” の大将とオッサンの二人で買占め?た、レアもんのライターなんであります。キモイけどお揃いなんであります。

f0230940_818765.jpg

引き出しの奥に茶封筒に入って眠ってましたこのZippo、30年ものとしてはキレイ。ネットで調べたら、もっと程度の悪い同じキャッチ&リリース・ライターが10000円でSOLD OUTになってました。
オッサンはもうタバコは吸わないし、少なくともテテ親の前では倅たちもタバコを吸わないんで譲る事も無い? これはタバコ好きのゲームフィッシャーに売っ払うしかないでしょ。

田舎町に流れ着いたジッポーのキャッチ&リリース・ライター。ゴールデンウイーク前のささやかな小遣い稼ぎに、ネットオークションに出品でございます。
[PR]

by troutclub | 2013-04-25 08:27 | タックル | Trackback | Comments(2)

お値打ちキャスティング・ジグ

先回の釣行でソルトのお仲間から聞いた、お値打ちキャスティング・ジグが最近品薄になってるって話し。毎年ソルトルアーのシーズンになると、同じような話しをしてる気が。

でもオッサンは知ってるんであります。品薄になってる筈の?お値打ちキャスティング・ジグの在庫がある店を・・・。
その時はソルトのお仲間が買占め?に行くって話しで、遠慮してたんですけど、先日その店に行きましたらまだ在庫が結構あり、念のためオッサンも何個か買出しをしてきました。

f0230940_914599.jpg

そのままではトリプルフックが錆びやすいので、先ずフックを交換しまして、ついでにフォノグラムシートで作ったルアーエクステンションのピラピラを追加。
以前は、ルアーと同じ長さで作ったクステンションだったんですが、今回はかなり短めにしました。ルアーを引いた時にクステンションがキラキラと輝いて魚へのアピール度が格段にアップです?

このお値打ちキャスティング・ジグ、コスパが高いんで根掛かりしそうなポイントにもガンガン投げ込めるんですけど、思い切りがよ過ぎるのかこれが不思議とロストしない。高級ルアー?だとすぐに無くしちゃって悔しい思いをするのに・・・。
[PR]

by troutclub | 2013-04-24 09:18 | ソルト | Trackback | Comments(0)

薄口 15mmの両口スパナ

探してました15mmの両口スパナをやっと見つけました。15mmの両口は何本か持ってますが、オープンエンドの厚さがあり過ぎて、ある種の作業には使えなかった。

以前からグズグズ言ってますブレーキパッドの交換には、1/2インチのメガネレンチと15mmのレンチが必要なんですが、狭い?隙間に滑り込ませることの出来る口の部分が薄い15mmのレンチが、ホームセンターとかカーショップでは見つかりませんでした。
家具組み立て用レンチとかの、口の薄いレンチはありましたが15mmのサイズは見当たらず。

f0230940_924947.jpg

ところが何の気なしに覗いた100円均一の店で、この薄口?の15mmを見つけまして、なんか嬉しくなってしまった。値段も税込みで105円。
まず間違いなく中華製でしょう?年に一回使用するかしないかの個人レベルなら、その耐久性も問題ないことにします。その厚みは約5.5mm、これなら大丈夫?
あまり馴染みの無いインチサイズの1/2インチのメガネレンチは、13mmで代用できるのでこれは問題無し。

画像はスパナの口の厚みを測るノギス。このノギスは学生の頃から使ってますMitutoyo製、今ではロゴのデザインが変わって、三つ巴の瓢箪マークのような、ねじ切りダイスのようなマークが無くなり、ロゴも近代的になってますが、ノギス自体の造りはほとんど変わってません。
オッサンの持ってるノギスのロゴは、2世代以上前のデザインらしいのですが、詳細は不明。
[PR]

by troutclub | 2013-04-23 09:31 | クルマ | Trackback | Comments(0)

トラウト専科 犀川レポート

昼にビジネス街の「松屋」に昼飯を食いに出ましたら、黒いスーツに真っ白なブラウス?でビシッと決めた、沢山の新人OLが街をかっぽしてました。白い胸元が眩しいだよ。

今日、トラウト専科のお仲間から届いたメール、先週末の犀川の様子が画像添付されてまして、犀川は雪模様だったとかで雪の白さが眩しい。雪と桜が同居する不思議な光景?
同じ眩しい白でも、こちらはウザイおっさんの白。白髪に白内障に白癬菌の白なんであります。

f0230940_13354691.jpg

犀川の魚釣りの方は水温の低下?でサッパリだったようです。なんかイイ話はないのと聞いたら、常宿にしてる農家民宿で見つけた、一人旅風の山ガールが良かったとか?

トラウト専科の皆さんですから、当然ながら当たりは取れても、思い切り竿を煽ってフッキングする勇気は無かったでしょうね。
オイラならウグイだろうが雑巾マスだろうが、間髪入れずに鬼合わせをくれてやるんだけど。
[PR]

by troutclub | 2013-04-22 13:42 | Trackback | Comments(2)

電球長者

車のトランクを整理してたら出てくる出てくる、車のヘッドライトとフォグランプ用のヨウ素球のスペアが7セット・・・他にもブレーキ、ウインカー、スモール、メーターの照明用が複数。全て生きてて使えます。

なんでこんなにヨウ素球のスペアを持ってたかといいますと、最初はあくまで予備として1セット持ってたんですが、次第に欲が出てハイワッテージのバルブに交換して、オリジナルのバルブがまず予備に格下げ。

続いてヘッドライトの光源の色を白くしたいと思い、5000とか6000ケルビン?のバルブに交換する。これでただ明るいだけのハイワッテージバルブも予備に格下げ。
これをハイビーム、ロービーム、フォグランプと繰り返してるうちに、電球長者みたいな?こんな有様となりました。
HIDランプが主流になりつつある現代では、すでに日本昔話の領域に入ってます。

f0230940_8405758.jpg

車のヘッドライトが切れると夜間飛行は危ないですから、予備のバルブは決して無駄ではありません。特にライト切れした車は、お巡りさんに停められる確立が高いですから、ライト切れに気がついたら早く交換した方が間違いが無い。

以前、ロービームの切れた車で夜の田舎道を走ってましたら、案の定パトカーに停められました。その場で予備のバルブと交換して無罪放免となりましたが、厳密に言えば整備不良で1点の違反点、反則金7000円。
巡査に余程の悪態をつかない限り、実際には早急に修理をするように注意されるだけ?で終わるようですが、しばらく足止めされるのは確か。

ある知り合いは、テールランプ切れでパトカーに停められ、酒気帯びでそのまま検挙されウン十万の罰金を払うハメになったらしい・・・・おっとろしい話しじゃ。
[PR]

by troutclub | 2013-04-22 08:44 | クルマ | Trackback | Comments(0)

ツールバッグ

今週末は天候の悪化で早々と魚釣り中止のお達しが、そこで車のトランク内の整理でもしようかと・・・。

クルマの車載工具ばかりが増え、余計なガラクタを含めトランクルームが酷い事になってました。
まず非常用に積んであるオイル1Lとラジエター液1L、それにウオッシャー液2Lとただの水3L。液体ってのはその量にかかわらず、容器の大きさで邪魔さ加減が決まりますから容器の大きさを再考。

それにブレーキクリーナー、エアダストスプレー、CRC、シリコンスプレー他の缶スプレーも、結構スペースを取るんで処分しておきたいところ。

今どき予備のオイルとか水が必要ってのが車の程度を物語ってます。でも30年も前はオイルに水にスパークプラグの予備くらいは常識?でしたけどね。

f0230940_17344417.jpg

あとスペアパーツをどうするか、自分で交換できなくてもパーツさえあれば、飛び込んだ先の整備工場で交換できる可能性があるので、壊れると走行に支障をきたすようなパーツは、可能な限り積んでおくことにします。
問題はその積み方、スペースを取らないようにダンボールにきっちりと詰め込んでスペースを節約。

それと増えすぎた車載の工具をどうするかが一番の問題・・・何年か前にトランク内の釣道具入れにでもしようかと買った、ツールバッグを思い出す、未使用でほとんど新品。
 
細かいツールは今まで通りの金属製のツールボックスに入れておいて、入りきらない大きなツールは、このツールバッグに入れて置く事にします。
かなり丈夫に出来てますから、こんなモンでも底の抜ける心配は無さそうです。トランクからの出し入れも取っ手がしっかりしてて便利。エンスーっぽくてなかなかお洒落ずら!
[PR]

by troutclub | 2013-04-20 17:41 | クルマ | Trackback | Comments(0)

シムグリース & シリコーングリース

ブレーキパッド交換用のお道具が全て揃いました。パーツのブレーキパッドに、工具のブレーキキャリパーピストンツール。パッドの鳴き止め防止のモリブデン?グリース、それにブレーキ周りの潤滑とラバー保護用のシリコングリース、全てネットの通販で手配。あと作業用の手袋と必要な工具は車載工具としてクルマに載せてあります。

もうこれでドライブ中にブレーキパッドが限界?に来ても道路脇で交換作業が出来ます?そうすると3トンの油圧ジャッキも車に積んでおかないと・・・・。

f0230940_7342742.jpg

油圧ジャッキの持ち運びは面倒なんで、早々に片付けちゃおうかと思ったんですが、リアブレーキのディスク(ローター)が磨り減ってレコード状態になりつつあることが気になりだした・・・・。
出来ればディスクとパッドはセットで交換したい。ディスクの品番調べからやってると、またパッド交換は先送りに?
こんな事ならクルマ屋に全部やってもらった方が早かったかも?次々と仕事が増える、おクルマなんでありました。

道路脇で作業なんか始めたら巡査が飛んでくるでしょうね?巡査は法令違反をしなきゃ摘発されませんけど、助手席の住人は気分しだいですから、こちらの方が怖かったりして。

大きなチューブが今回取り寄せた、日産のディスクブレーキシムグリース、もう一つがスリーボンドのシリコーングリース。
[PR]

by troutclub | 2013-04-19 07:42 | クルマ | Trackback | Comments(0)