<   2012年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2012年 おしまい!

12月29日、いよいよ押し迫ってきました、2012年もおしまい。
元旦は実家への年賀の挨拶が決まりなんですが、いいオッサンになりまして?最近はさすがに面倒になってきました。
まあ、子供みたいなことを言ってる訳にもいかず、上の倅を運転手に?お出掛けなんであります。下の倅は仕事だとかで一行半の丁重?なお断りメール。

年が明ける前にもういっぺん魚釣りに行こうかなんて話しが出来てまして、久しぶりに浜のデイケアバスの予定の筈?なんですが、どうも天気が気になります。低気圧通過の後で外海は3mの波の予報。寒さも加わりましていまひとつ気力が湧いてきません。
酒飲んで暖かい所でグズグズしていたい気分です、ふんとにヘボでいけません。

f0230940_15591278.jpg

気持ちは萎えても身体が言うことを聞きませんで、押し寄せる情欲の波に負けて作ったのが、真空蒸着フィルムのルアーエクステンション。今回は、ミノー型のジグの尾びれを作ってみました。ジャークする度に尾びれがピラピラとグラインド?してなかなかセクシーな動きを演出する・・・・する筈とイメージ。
行き場のなくなったフックは、アイから長めのアシストラインを介して取り付けてあります。なかなかハンサムなルアーに仕上がりまして大満足。後は魚が引っ掛かるのを待つだけ。ここまで来たらスレでもなんでもいいです

一年間お付き合い頂きましてありがとうございました、皆様よいお年を。
[PR]

by troutclub | 2012-12-29 16:03 | Trackback | Comments(0)

割れ鍋にとじ蓋

以前、鳴り物入り?でご紹介しました、ローソンストア100で購入の税込み105円也の土鍋が壊れました。じっくりと使い込む前に鍋の底から真っ二つに割れてご臨終です。
使用期間約10日間、使用回数約5回、たとえ税込み105円でも、これでは余りにもコストパフォーマンスが悪い。100円ショップ評論家・耐乏生活研究家のオッサンとしましては面白くないです。

割れないようにゆっくりと加熱して大事に使ってたんですが駄目でした。ゆっくり加熱してもリング状の一部分にしか火が当たらない、ガスコンロとかキャンプ用のバーナーは土鍋には向いてないかも知れない。

f0230940_101831.jpg

昔はガスコンロなんて無かったわけですから、七輪とかの炭火で鍋のケツ全体をゆっくり加熱して、煮炊きするように考えられたのが土鍋だと思います。
ガスコンロだと、それほど強くない火でもひびが入る?ような音が聞こえることがあります。

でも、煮込みうどんとかすっぽん鍋は、かなり強いガス(コークス?)の火で調理してるようですから、やっぱり銭を惜しんでは駄目だってことなのかも・・・・?
割れた断面を見ますと、鍋の底の厚さが薄いような気もします。
パッケージの製造国は、やっぱ Made In China でござんした。
[PR]

by troutclub | 2012-12-27 10:20 | 食べる | Trackback | Comments(0)

ここまで来ちゃったの?デフレーション。

デスクワークの時はコーヒーが欠かせません、まあクセみたいなもんです。朝、昼、晩のペースで飲んでますと袋入・詰替用80g入りインスタントコーヒーが、あっという間に消えていきます。

そこで経費節減のためにローソンストア100で買ってきました、40gで金105円也インスタントコーヒー。いつもの袋入・詰替用80gと比べると超お安い、こちらは瓶入りでグラム換算にすると今までの約半分の値段。ここまで来ちゃったの?デフレーション・・・。
大量に買占めたろうか!なんぞ思いましたが、とりあえずお試しにってことで一瓶買ってきました。

マグカップにいつもの量のインスタントコーヒーを入れ、砂糖も少々入れて飲んでみたらコーヒーの味が薄い・・・・。砂糖の甘みが加わってココアでも飲んでる感じ。
二回目はほぼ倍の量を入れてみましたが、味の濃いココア風コーヒー?になっただけでした。煮しめたような缶コーヒーよりはましか・・・?

f0230940_1442233.jpg

瓶の裏書を見たらインド製になってました、インド製のインスタントコーヒーなんて初めての体験。
インディアンコーヒーなんて名前があるくらいで、インドはコーヒーの生産量も多いようなんですが、亜熱帯の国と温暖湿潤の国では味の嗜好がだいぶ違う?

味は好みの問題ですから良し悪しは言えませんけど、味が薄いのは使う量が増えるわけで、それほどコストパフォーマンスはよろしくないようです。
安いだけで大人買いしなくて、よかったでがす・・・。
[PR]

by troutclub | 2012-12-26 14:46 | Trackback | Comments(0)

クリスマス 西暦2012

マヤ暦の終末論とかでは、今ごろ人類はみな滅びてなきゃいけないのですが・・・おっとどっこい、元気に生きてます。
ノストラダムスの大予言とか惑星直列?とか、この手の人類滅亡のオモシロ話は何回も聞いてその度に期待を裏切られて?ますから、バカバカしくて話題にもならない。TVとかのマスコミだけが何の根拠も無い与太話を無責任に垂れ流ししてるだけ。

東日本大震災や阪神・淡路大震災を目の前で見てますと、所詮は作り事の予言とか映画では少しも怖くないです。だいたい日本は西暦(グレゴリオ暦)ですから、マヤ暦なんて関係ないと思うんですが・・・。
マヤ暦の終末論は外れましたが、オッサンのマラ暦は終末を迎えそのセイ歴も終わる・・・・アーメン、ナンマンダブツ、アラーアクバル・・・・・。

人気のTOYOTA 86 を、チョイ悪風に装うならやっぱりボディーカラーはブラックでしょ?
Adobe Illustrator で黒を表現する時、黒の単色では色が浅くて、他の色をブレンドするとそちらの色が強く出たりして、思い通りの色に仕上がりません。

機械の限界が表現の限界って感じ?とことん突き詰めればやり方もあるんでしょうが、今度はプリンターとかモニターのカラーマネジメントでどつぼにはまります。透過のモニターと反射原稿のプリントアウトが同じになる事は無い?やっぱり色の道は奥が深い?
f0230940_1182477.jpg

[PR]

by troutclub | 2012-12-24 11:21 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

マルちゃん「正麺」 エクステンション

f0230940_1358866.jpg以前ソルトのお仲間に教えてもらった、マルちゃん「正麺」のパッケージは、表が金色で裏がメタリックシルバーのアルミ溶着フィルム、海のサビキのウイングにピッタリって話。
遅ればせながら今回やっと話題のマルちゃん「正麺」を買ってきて食べてみました。
評判どおりインスタントとは思えない麺の口あたりに、懐かしい感じのスープの味。これは癖になりそうです。

本当はラーメンよりアルミ溶着のパッケージ袋が欲しかった・・・本来なら分別ゴミになるこの袋を再利用して、ソルトルアー用ジグのエクステンションを作ってみることにしました。
まず細長く帯状に切りまして二つ折りにし、好きな形に切り抜いてOリングに通し、両面テープで折り曲げた部分を二枚合わせでくっ付けます。

f0230940_1359438.jpg

小さなジグに取り付けてボリュームをアップしたり、ヒラヒラと泳がせてよりアピール度が増せば大成功。
今回はフックとセットにしてジグに取り付けてみました。エクステンションだけならサイズとフックを工夫して、フライのツーハンドでキャストするのも面白そうです。淡水のウブな鱒にも効きそう。
[PR]

by troutclub | 2012-12-21 14:05 | 工作 | Trackback | Comments(0)

ホテルでお鍋・・・?

最近、鍋で一杯やるのに凝ってます。冷え冷えとしたオッサンの心まで温めてくれるのが嬉しい。近所のローソンストア100で一人前用?税込み105円也の土鍋を見つけたのがきっかけ、蓋も付いてます。
鍋をキャンプ用のコンパクトコンロにのせまして、TVの前で湯豆腐とか味噌鍋とか鍋焼きうどんをつつきながら、楽しいDVDで発泡酒をチビリチビリやるのがいいです。

f0230940_1164421.jpg

そこで次の旅にはこの土鍋とコンパクトコンロを持って行き、地の物を買い込んでホテルの部屋で鍋宴会でもしてやろうか?の悪心が・・・・。
チョット怖いのはホテルの火災報知器。「湯気で報知器が誤作動するからバスルームのドアを開けっ放しにしないように」との注意書きをよく見ます、報知器がかなり敏感そうです。
鍋をつつきながらビールでいい気分になってたら、いきなりの警報が鳴ったりしたら大変・・・・。

調べましたら、ホテル旅館の宿泊約款では発火・引火性の持込は不可だそうです。消防法では裸火、火薬、プロパンガス、シンナー等引火性のものを危険物として当然これも持込は不可。
オッサンのささやかなグルメ心はここで潰えたのでありました。万が一持ち込んだ場合、約款を楯に宿泊を拒否されたりするらしい。寒空の下で土鍋を抱えて野宿なんか出来ません、その前に・・・殺されます。
[PR]

by troutclub | 2012-12-20 11:09 | 食べる | Trackback | Comments(0)

衆院選 ヒューズ切れ

飲みに行くなら、女気の無い店の方が気が利いてます・・・。
モルツのオンザロックを2~3杯飲んでは次の店にハシゴする大人?(オッサン)の遊びで、土曜日の夜は雨の街中を傘も差さずに徘徊してました。ソルトのお仲間とショットバーを4~5軒?飲み歩いたような・・・あとはヒューズが切れて覚えなし。

明けて日曜日は衆院選の日。前日にぐっしょりと濡れてしまった、ゴアのパーカーを洗濯してから投票に出掛ける。洗剤をぶち込んで洗濯機でガラガラのご婦人には、ゴアの洗濯は任せられねえズラ。

投票の後は、先日気が付いたクルマの左前のLEDポジション球(スモール)の球切れの修理。
今度のLEDポジション球は特に寿命が短かったと思いながら、新しいLEDポジション球に替えたのに点灯しない、+-の極性を変えても駄目。早くも自作のヘッドライトハーネスに異常?と疑う。

f0230940_10553683.jpg
ヒューズは完全に溶けてますから、明らかに定格以上の過大な電流が流れたみたいです。

調べてみると左後ろのテールランプも点灯してません、これはクルマ左側の車幅等回路のヒューズ切れと判断して、ヒューズボックスを開けてみると確かに5AのMINIヒューズが一つ断線してました。とりあえず自作のヘッドライトハーネス異常の疑いは晴れる。

普通はヒューズ切れの点検から原因を探していくのが正解なんでしょうが、度々LEDポジション球の断線に遭ってますと、ヒューズよりも前科のあるLEDポジション球の断線を反射喰いで疑ってしまう。
ヒューズを交換して修理は出来たんですが、ヒューズ切れの原因がよく分からない。配線の何処かに異常があって、なにかの拍子に短絡したんだとすると同じ事をまた繰りかえします。できればヒューズの熱疲労?寿命で切れたってことで示談にして欲しいのですが・・・・。
[PR]

by troutclub | 2012-12-17 11:43 | Trackback | Comments(0)

砂漠でサーモン・フィッシング

久しぶりに観たい映画がやってきました。先回映画館で観た「テルマエ・ロマエ」以来、まだ暑いころでした。
今回わざわざ映画館まで出向いてでも観たいと思った映画は、「砂漠でサーモン・フィッシング」 原題「Salmon Fishing in The Yemen .」
題名どおり砂漠のど真ん中でサーモンフィッシング、それもツーハンドのフライフィッシングをする夢?を現実にする話みたいです。

もう12月8日から上映中のようです。今度の日曜日、選挙の投票帰りにでも観に行こうか・・・・投票権があるのに投票に行かないのは日本の将来が危ない!キケンだそうです。




[PR]

by troutclub | 2012-12-15 13:06 | スペイキャスティング | Trackback | Comments(0)

ICチップリセッター

年賀状を出す時期となりまして、インクジェットプリンターのインクの残量が気になります。年賀状をインクジェットプリンターで刷ってますとあっという間にインク切れしてしまい、決して安くないインクカートリッジをまた買わなきゃいけない。

最近のインクカートリッジには、インクの残量があるにもかかわらず電気仕掛けで擬似的?にインク切れのエラーを出して、新品のカートリッジに入れ替えないとインクの補充だけではそれ以上プリントできないプリンターもあるようです。

吝い屋で、インクジェットプリンターのヘビーユーザー?のオッサンとしましては、この新品のインクカートリッジへの出費が痛い。
100円均一ショップで売ってます補充インクで、インクのランニングコストは安くなりますが、インク切れエラーをリセットする問題が残ってます。

f0230940_1037267.jpg

この問題、オッサンはPCから専用ソフトでリセットしてたんですが、先日100円均一ショップに補充インクを買いに出掛けましたら、カートリッジに押し付けて通電するとリセット出来る「ICチップリセッター」ってのを見つけまして、ここぞとばかりに棚にあったすべてを買占め・・・・たった二個しかありませんでしたけどね、税込みで計210円也。

説明書を読むと31 32 33シリーズ対応って事になってますけど、調べたら汎用性はもっと高いみたいです。このあたりの相性は各自でテストしてみたほうが確実と思います。失敗しても105円の授業料です。
オッサンが使ってますプリンターのカートリッジはセーフでした。


[PR]

by troutclub | 2012-12-14 10:52 | Trackback | Comments(0)

PEライン同士

ここのところ魚釣りにイケてないです、したがって魚釣りの話題が無くて少々お寂しい。この寒波です、魚釣りにお出掛けしても車のヒーターから離れられない?でしょうけどね。
一番冷え込む夜明け前からの浜のお勤めは辛い、まず車の外に出るまでが大仕事。オッサンには寒行?みたいなもんです。

高切れしたPEラインをリサイクルできないだろうかと頭ひねってます。中途半端に切れたPEライン同士を一本のラインに繋いで、もう一度魚釣りに使えないだろうか?のスケベ根性、貧乏臭い話です。
一般的には、滑りやすいPEライン同士を結んでキャスティングに使うのは、止めておいたほうがいいって話です。 通常のヤワな結びでは簡単にすっぽ抜けてしまいます。

まず思い付いたのがPEラインとPEラインの間にナイロンラインを入れて、FG、SF、PRなどの方法で結ぶやり方。ラインの結束強度はかなり高いと思いますが、結び目が二箇所出来てリールからの吐き出し抵抗が大きそうで諦める。

PEライン同士の結びには、電車結び(フィッシャーマンノット?)がいいとかの説がありまして、試しに結んでみたものの、結び目が団子になって抵抗が大きそうだし強度も怪しい感じ?これもパス。

駄目もとで、普通はナイロンのショックリーダーとPEラインを結ぶPRノットで、1.5号と1.2号のPEラインを結んでみました。バッキングライン?のつもりの1.5号のPEラインに、1.2号のPEラインを6cm程ピッチリと巻き付けて、摩擦系ノットで強度を稼ごうという魂胆です。
丁寧にテンションを掛けて結び目を締め上げ、ラインの端をライターで炙って完成。結び目のガイド抵抗も少なそう。

手で引っ張った限りでは強度は十分のようなんですが、手が痛くてどのあたりでラインブレイクするかまではテスト出来てません。これをベイトリールに巻いて、堤防からのちょい投げや落とし込みの釣りに使うつもり、そんな機会があればラインブレイクするまでテストしてみます。
f0230940_1015415.jpg

上がナイロンのショックリーダーとPEラインの結び、下は1.5号と1.2号のPEライン同士の結び、いずれもPRノットでの結束。
[PR]

by troutclub | 2012-12-13 10:19 | タックル | Trackback | Comments(0)