<   2012年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

アベック 台風通過中!

今週末は台風が二つも、太平洋のいつもの浜の庭先を横切ってまして魚釣りは無理。
30日は2メートル後10メートルのウネリだそうでして、魚釣りどころか浜に出てるだけで危ないような状況。当然、釣りのお誘いもありませんで、寂しい週末と相成りました。

その分、朝の散歩に気合が入りまして? ここのところショートカットが多かった散歩コースを、今朝はフルコース歩くことが出来ました。

昨日も夕方から健康のため近くの繁華街をクルージング?・・・でも一人じゃ面白くない。台風を見習いまして、都合のよさそうな手持ちのカードを誘って?ビール・・・・なんか健康づくりとは程遠い散歩となってしまいました。

面白い店を見つけました、”たこ焼き居酒屋”文字どおり、たこ焼きを肴に一杯やれる店です。
粉ものが大好きなおっさんは、こんな店を探していたんでありました。たこ焼き8個で500円、生中450円、ハイボール280円。うれピー!思わず古典的流行語で賞賛でありました。

スタートが早くて、生ビールとハイボールを飲みすぎて酩酊寸前。午後7時、ちょっと物足りなさそう?なクイーンが、ジョーカーに化ける前にとっとと退散しました・・・とさ。

f0230940_10422422.jpg

[PR]

by troutclub | 2012-09-30 10:46 | Trackback | Comments(0)

三夜連続 おでん

ずいぶん涼しくなりました。まだ秋の夜長って感じじゃないですけど、秋分を過ぎまして夜がちょっと長くなりました。
もう冷麦や枝豆をアテにビールでは涼しすぎて物足りないです、秋はやっぱ ”おでん”でしょ。

なんぞと話題を ”おでん”に無茶振りしたのは、先日”おでん”を鍋一杯に作りまして、焼酎でチビチビやってたんですが、作り過ぎまして?食べ終えたのは三日目の夜。
夜しか食べなかったので実質三晩連ちゃんで”おでん”してたわけです。

f0230940_1063698.jpg

最初の日は作り立てでちょっと若かった?歯応えがあって旨かったです。二日目は熟成されて一番の食べ頃だったような気が。
三日目は火を良く通して ”おでん”と言うより煮しめに化けました。熟成され過ぎて発酵を始めたような?酸っぱい味になってました・・・食べても良かったんだろうか?
こうなると胃腸の弱い人にはお勧めできません。腹をこわさなかったから良しとします、でも旨くなかった。
[PR]

by troutclub | 2012-09-28 10:08 | 食べる | Trackback | Comments(0)

その日のうちに HDD レスキュー

早速、HDDリカバリーソフトを探しまして、試しにいろいろインストールしてみました。

まずHDDリカバリーソフトの”MagicCute”結構なスピードでファイルを探し出してくれたんですが、リカバリーのボタンを押した途端に”MagicCute”のサイトに飛んで「金払え!」の表示、有料ソフトだったのネ・・・。
ライセンス料は5000円もしない、買っちゃおうかと思ったんですが、ちょっと考え直してほかのソフトもチェック。

次は”DataRecovery ”ってソフト、シェアウエアの表示あり。これも試しにインストールしてHDDをスキャン、このソフトもファイルをいろいろ見つけてくれました。
スキャンを終わって「リカバリ」のボタンを押しても何も変化無し。駄目ジャンと思いながら、壊れたHDDのファイルが見えないパーテーションをクリックしましたら、今まで開きもしなかったのに中身のファイルが見えてリカバリが終わってました。

f0230940_132183.jpg

助かりました、デスクトップのファイルも、ドキュメンタリーのファイルも1バイトの損傷もなく救出できました。 えらい!HDDリカバリーソフト”DataRecovery ”

このソフトをもっと前から知ってたら、HDDクラッシュで何百ギガ?と飛ばしてしまった、お宝映像もレスキュー出来たのに・・・・。
もう一度見たいぜ、飛んで行ってしまった樹まり子に飯島愛の懐かしの○○動画???
[PR]

by troutclub | 2012-09-27 13:22 | Trackback | Comments(0)

夏の終わり HDDクラッシュ

なんとか夏を乗り切り、秋風が吹き始めたと思ったら、PCのHDDが静かにクラッシュ。
扱いはサブのPCなんですが使い勝手が良くて、稼働時間が一番長い機械でした。ちょっと慌てました。

パーテーションで分けたE?ドライブのデータは何とかレスキューできましたが、Cドライブに不用意に置いておいたデータが行方不明。
ヤバイと思いシステムの復旧をしましたら、これが余計なお世話だったようでCドライブにトドメを刺してしまった・・・・。

HDDの診断ではディレクトリが壊れてるとかのお答えでして、ある種のソフトで覗くと一部見える?画像ファイルもあるので、データそのものはまだ生きてる?ようです。
おっさんのスキルではこれ以上の進展は無し、問題にマッチしたソフトが見つかりましたら本格的にレスキューの予定です。

大事なファイルは不用意にディストップに置きっぱなしにせず、手動、自動、方法はなんでもいいですから、早めにバックアップHDDに置くことが大切なようです。
今回はまったく前触れなくやってきたのでやられました。いつまでも暑かったし・・・・。

f0230940_118132.jpg

[PR]

by troutclub | 2012-09-27 11:12 | Trackback | Comments(0)

3DCG

3DCGソフトのshade(シェード)でモデリングし、ビットマップに描画したフェンダーの「テレキャスター」です。サンプリングは先日紹介したオッサンの指のリハビリ用?ギター。
shadeは国産最古参の3Dソフトでして、初めて使ったバージョンは確かMAC用のshade2。
初心者でも日本語ランゲージで簡単に扱えるみたいな話だった?んですが、アプリケーションを開いて最初に見えたのは、真っ白なモニター画面だけ・・・・。

f0230940_127154.jpgこいつを使いこなして3DCG長者になってやろうと気合を入れてはみたものの、粘着性格が災いして見えないところまで手を入れてその生産性の悪さにバンザイしました。
3D画像なんて張りぼてですから、見えないところは上手く手を抜かないと時間ばかり掛かってやってられません。

車のモデリングにも挑戦しましたが、作業の途中で飽きました・・・・諦めました。手元にあったギターを描くのが精一杯。
まあ家とかビルの建築物のモデリング位なら、市販のパーツが沢山出てますから割合簡単?に作業できますけどね・・・・昔のパース屋さんのほとんどが、商売道具を3DCGソフトに替えたんじゃないでしょうか。

shadeの最新バージョンはshade13になってるそうですから、今から11年くらい前に?に作ったデータみたいです。
当時のCPUのパフォーマンスだと、ピクセル数の多い画像にするとラスタライズに一晩くらい時間が掛かりました。
[PR]

by troutclub | 2012-09-25 12:18 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

ハーネス ゾンビ復活

この週末は、いつもの浜に出掛けるソルトのデイケアバス?に乗り遅れまして魚釣りはお休み。
実は上の倅に付き合う約束があって、泣く泣くデイケアバスを見送った次第であります・・・・グッスン。

そんな訳で中途半端に空いた時間を使い?ヘッドライトケース内のハーネスを全て引き直す工作をしました。
交換したヘッドライトの古い?方のハーネスのパーツを使い、配線は全て新品の電線に交換して、この先30年は使える??ハーネスに作り直しました。

f0230940_1039516.jpg

配線コードは評価の高い日本製のYAZAKIの自動車用AV電線0.85と0.3を使い分けて、調達できるターミナルは新品に、入手できないパーツはツメを開いて再利用の上ハンダ付けで固定しました。

ターミナルの正式な英語表記は ” solderless terminal ” だそうでして、ハンダの必要ない端子という意味だそうです。
粘着性格のオッサンは、圧着したターミナルを更にハンダ付けするしつこさで工作したんですが、 ” solderless terminal ” 本末転倒のいい見本になってしまいました、とさ。

本来、ハンダ付けは振動や熱などによる劣化があるので車には向かないらしいです。ハンダ付けは僅かに抵抗値も上げるらしいって事も知りました。この際、気になることは忘れる。

f0230940_10395917.jpg

それとレンズに曇りの出ていた、プロジェクターフォグのレンズをクリーニングしてみました。
ビス固定の本体を分解し、遮光板を外すとレンズの裏側にアクセスできます。出来ればアルコール、今回はシンナーでレンズをクリーニングしたら以前の透明感が戻りました。ついでに反射鏡も軽くクリーニング。

プロジェクターランプは内部がかなり高熱になるようで、反射鏡は薄っすらと虹色?に熱で変色してました。プロジェクターランプのケースに直接繋がってるアース線は熱でボロボロ。
今回の新しい配線は、グラスファイバーメッシュのパイプでこの辺の断熱対策も怠り無くしてあります。
[PR]

by troutclub | 2012-09-23 10:46 | 工作 | Trackback | Comments(0)

ふじの山

夏の志賀高原に気をよくして、今回は富士山で山ガール?でもしようかとの算段で、富士スバルラインで富士山の5合目までドライブする予定でした。
朝は晴れてキレイに見えてた富士山なんですが、富士スバルラインへ入る頃になって急に雲が出てきて嫌な予感が・・・・富士スバルラインの電光掲示板は、五合目駐車場は2時間待ちの表示。

f0230940_9414932.jpg

五合目手前、何も見えないの雲の中で、2時間も待たされたんではと、山ガールは急遽中止にしました。
また天候のいい日に機会を見つけて登る?ことにします。

富士スバルラインへのアプローチ道路で面白いものを見つけました?聴きました。
道路を車で走ると車のタイヤが音楽を奏でるという面白い仕掛け。曲は「ふじの山?」の前編で中途半端に終ってしまうのが惜しい。
道路の表面に音階の周波数に合わせたピッチで溝を切り、タイヤを振動させて音を出してるようです。誰が考えたんでしょう。

そんな訳で富士山をあきらめまして、渓流イラスト!忍野でフライフィッシングに夢中?と相成ったわけです。


[PR]

by troutclub | 2012-09-22 09:47 | | Trackback | Comments(0)

渓流フライ?ラスト忍野!

別に何処でもよかったんですが禁漁との兼ね合いもありまして、今年も渓流フライの終わりは「忍野」になりましたし。
ドライブがてら、日釣り券が安くてちょっとの竿出しでも惜しくない、川の気分が楽しめて、魚がウヨウヨ泳いでて、キレイなトイレがすぐ近くにある場所と言ったら「忍野」しかないでしょ?

それに富士山を中心にしたその周辺は、日本最大のパワースポットのような気がしまして、昔から本栖湖、河口湖、山中湖、芦ノ湖、忍野と、富士山周辺で魚釣りをするのが好きなんであります。魚釣りのパワーがみなぎる・・・・それは無いですけど。

f0230940_13273525.jpg
河口湖から望む富士山、一晩中ご来光登山の灯かりが見えてました。

終盤を迎えた忍野なんですが、半年の間C&Rを繰り返されてきた魚は、針の痛みをしっかり教育されてまして、#8ティペットに28番のミッジですら嫌って、体をかわすような警戒心でした。
インジケータで釣れたフライマンもいましたが散発、集中力に欠けるおっさんフライマンはやっぱりノーフィッシュ。

面白半分にソルトの銀紙サビキにタップリの粘度オモリをかませてドブンと沈めましたら、優に尺は越えてるヤマメが何処からか飛び出してきてサビキに迫ったんですが、2度3度流してるとすぐに見向きもしなくなりました。
ウブな渓流魚なら一発で喰ったかもしれないです?恐るべしソルトの銀紙サビキ・・・・・。

f0230940_13275542.jpg
自衛隊橋から見た鐘ヶ淵のプール

忍野で見かけたフライマンはなんか爺さまばっかリで、今フライフィッシングのマーケットを支えているのは、フライフィッシングブームの頃にフライの洗礼を受けた爺さま世代じゃないかと思えてきました。
人ごとのように言ってますが、オッサンもその中の一人に確実に入ってる訳でして、ロストアート ” フライフィッシング ” の行く末を垣間見たような気が・・・・・。
[PR]

by troutclub | 2012-09-20 13:32 | フライ | Trackback | Comments(0)

水抜き 水漏れ

膝の関節痛にお悩みのフライフィッシング一筋の釣りのお仲間。膝の水抜きが効いた?ようで社会復帰できそうなお話でした、おめでとうございます。

オッサンの水抜きの悩みは、うちのクルマの水温センサー分からの水漏れ。ほっておく訳にもいかずヘッドライト交換と同時に修理しました。
水温センサー部のOリングのパッキンを交換するだけなんですが、水抜きしないで水温センサーを外すと位置関係からクーラントがバドバっと溢れて、エンジンルームがクーラントで水浸しになって面倒なことになりそうな予感。

上手くやれば、水抜きをしなくてもクーラントをこぼさないで済む交換方法もあるらしいのですが、具体的なやり方がよく分からない。
コーコーセイに戻った気分で物理のおさらいを・・・・科学するオッサンが頭を捻って思いついた方法で、水抜きなしでも一滴も赤いクーラントをこぼさない、Oリングの交換にトライすることにしました。

f0230940_1023475.jpg

f0230940_103766.jpgまず出来るだけエンジンが冷えた状態で交換作業をします。
クーラントのリザーバータンクのキャップを外して、クーラントの水路の内圧を抜いた後、あらためてキャップをしっかりと締めておきます。
ここで水温センサーを止めている樹脂のクリップを抜き、静かに水温センサーの本体をウオーターハウジングから抜くと、アーラ不思議?クーラントを一滴もこぼさずにOリングの交換終了。

リザーバータンクの内圧を抜いてキャップをしなおす事で、クーラントの水路のどこかを開放しても真空状態?の負荷が生まれ、大気圧で溢れ出ようとするクーラントを押し戻す?理屈はそんなところでしょうか。Oリングの無血交換作戦、大成功。
[PR]

by troutclub | 2012-09-19 10:27 | クルマ | Trackback | Comments(0)

目は口ほどに・・・・

先回、クルマのヘッドライトにセットしてある、LEDのポジション球を交換したレポートをしましたが、この時チエックしたヘッドライトハウジング内の状況が思った以上に悪かった。
気にせずに忘れちゃえばいいんですが、そろそろ限界のような気も・・・・。
そこで思い切って、ヘッドライトハウジングごと左右両方新しいものと交換することにしました。

レンズの曇りとか艶が無いくらいなら我慢できますが、今回見つかったのは、熱の影響と思われるハーネスのビニール被膜のひび割れ。
このまま放置しておくといずれは短絡?しそうな気配。配線がショートしてクルマ炎上?なんて事になったら目も当てられません。

内部の配線だけリビルトする方法もありますが、ヘッドライトハウジングごとごっそり交換したほうが、経費も時間も掛からない?って判断で、中古のヘッドライトハウジングをWEBのオークションで手配しました。

f0230940_9145332.jpg

届いたライトは、ロービームの反射鏡に少し曇りがあるものの全体的にはキレイ。ヘッドライトは言わばクルマの”目”ですから、キレイに越したことはないです。
内部のハーネースもしっかりしてます?しかも送料を含めても格安で助かりました・・・・・しかしこの後、とんでもない事実が発覚。

問題は、フロントグリルとバンパー・スカート部分をどうやって外し、ヘッドライトの交換作業をするか・・・・クルマ屋に頼むと結構な額の請求書が届きそう。DIYで作業することに決定。
フロントグリルを外し、先回修理したばかりのボンネットオープナーを外ずして、全部で12~14本くらいトルクスのビスを外すと、バンパーとスカートがごっそり外れます。

f0230940_11395732.jpg

ここでやっとライトハウジングの交換が出来るんですが、交換作業に取り掛かって内部の配線を付け替えようとハーネスに触った途端に、新しく取り寄せたライトの配線もボロボロ崩れて酷いことに。結局ハーネスをビニールテープで応急処置する羽目になりました。

熱で劣化したハーネスのビニール被膜?は、形を保っていて問題無さそうに見えても、外部から衝撃が加わると簡単にボロッと崩れてしまうんですね。
と言うことで好むと好まざるとにかかわらずの、安全のためライトハウジング内のへーネスを全部作り直すことに決定しました。

どうせもう一回バンパーを外すなら、光源をHIDに替えてやろうかと余計な悪心がムズムズっと湧き上がるのでありました。
「”目”は口ほどに物を言う」じゃなくて、ヘッドライト交換・・・「”目”は朽ち果てて物入り」

f0230940_9142499.jpg

[PR]

by troutclub | 2012-09-18 09:27 | クルマ | Trackback | Comments(0)