<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

しつこくパイプカット

先回ご紹介の、クルマのウォーターパイプ修理用の自作四叉ホースジョイナー。互い違いに生えた枝パイプがどうも気に入らなくて、ビールを飲みながらの夜なべ仕事で作り直すことにしました。

今度は、幹パイプのパイプの径に合わせて枝パイプの取り付け面を削り、針金細工で簡単な治具を作って、半田を一気に流し込んで2本のパイプを、一度に固定出来るようにして作ってみました。

枝パイプが固定されたところで、ドリルの刃を枝パイプに突っ込んで幹パイプに穴を開けたので、枝パイプの内径とサイズも位置もピッタリの穴を開けることが出来まして、ビールを飲みながらの割には精度も上がりました?


f0230940_1057974.jpg


段の付いたパイプは端切れで作りました、サイズの違うパイプ同士を繋ぐ応急処置用のオマケ。
なかなか気に入る工作は出来ませんけど、工作用の在庫のパイプが無くなりましたんで、パイプカットのお遊びはこれで当分お休み・・・・?
ハンズとかホームセンターでパイプは売ってますんで、機会を見つけて買いだしに行きます。

代わって次は生ものの、オッサンのパイプカットでもしようか・・・・?
その前に、ED治療してくださいとお医者に言われたら、ショックで立ち直れないでしょうね?
[PR]

by troutclub | 2012-08-31 11:07 | 工作 | Trackback | Comments(0)

管楽器??

かなり重要?と思われる箇所にも樹脂製パーツが多用されてます、うちの自家用車。その樹脂パーツの破損で結構泣かされてきました。

壊れると窓が落ちる窓ガラスのストッパーや、ひび割れで定期的に水漏れするエンジンのウオーターフランジ。よく壊れるパイプ類のホースジョイナー、オイルディップのガイドパイプにグリップ。つい最近ではボンネットのリリースレバーが破損。
全て樹脂製で、消耗品?のように寿命の短いパーツがあちこちに使われています。

壊れるとクルマが立ち往生するような経験的にヤバイと思われる樹脂部品は、気が付いた時にスペアを用意することにしてるんですが、これもキリが無くて中途半端。

今回ちょっと気になったのが、寿命が来ていると思われる、エンジンルーム内のエアフロメーターの下?にあります、ウオーターパイプの樹脂製の四叉ホースジョイナー。これはスペアを持って無いし、他のパーツでは代用出来ない特殊な形なので、部品を探すことにしました。
純正パーツを注文すると、四本のパイプがセットされたアッセンブリーで四叉パイプが届くようでして、高額?になることが予想されます。

f0230940_144155.jpg
管楽器のような美しさ?・・・ハンドメイド四又ホースジョイナー。

無い物は作る、高額な物も作る!の始末屋根性でその四叉ホースジョイナーを自作することにしました。
用意したものは9mm径の銅パイプに銅板、あとロウ付けか半田ゴテの用意。

先ずパーツの採寸、現物は車に付いたままなので、以前に作りました銅製の三叉用T字型ホースジョイナーの寸法を参考に適当に作図して、適当にパイプをカットして工作に取り掛かりました。

本来は2本の枝パイプが90°の角度で、幹になるパイプの同じ位置から出てるんですが、2本の枝パイプを同じ位置から出すと取り付け部分の強度が落ちそうなので、パイプ一本分をずらして取り付けてみました。
もちろん補強用のリブも追加し、枝パイプも幹のパイプに打ち込んでありますから強度は十分だと思います。

以前作りました、三叉T字型ホースジョイナーと、始末屋流? ビード加工の順番を画像でアップしておきます。
f0230940_1474380.jpg

今回もパイプが抜けないようにビード加工を全部で4箇所しました。これで安心??です。
f0230940_1452161.jpg

[PR]

by troutclub | 2012-08-28 14:14 | 工作 | Trackback | Comments(0)

ビーチのNIGHT CLUB (Knight Club ?)

過去最強に匹敵?と警戒を呼びかけられています、台風15号が沖縄に接近するこの週末、よせばいいのにイキたいヤリたい一心のソルトのオッサン三人が集まりまして、夜中の2時から太平洋の浜に出撃してきました。ビーチのNIGHT CLUB(Knight Club ?) 3人組なんであります。

事前の予報では3メートルのうねりだったんですが、現場に着いて海を覗いたら、外はまだ真っ暗な時間なのに真っ白な波がいくつも押し寄せ海が白く見えました。

f0230940_1958038.jpg
波の高さに少々気後れ気味?の他所のパーティー3人。

夜が明けるのを待って浜に出まして30分程キャストしたでしょうか、海の水は砂を巻き上げてダダ濁りなのを確認。これでは魚は沖に出てしまって釣れないと、三人ともまったく同じ判断で午前6時に撤収が決まりました。

朝の時間、風は涼しいし短パンにビーチサンダルで水は気持ち良かったし、これで海がもう少し静かだったら9時過ぎまで遊べたんですが残念。また来週末?に再度挑戦と相成りました。

短パンにビーチサンダルでビーチボーイ気分のソルトの先生、〇マキンに波の直撃を受けて股間ビッショリで戦意喪失。浜に出てものの5分ですっかりやる気をなくしてました。 これがご婦人のビッショリ?なら・・・やる気マンマンの証なんですが? 
NIGHT CLUBは男も濡れる、女も立たす・・・・・なんでありました。

f0230940_19582521.jpg

帰りはノンアルコールビールと冷凍ソラマメで合法車中宴会、今回はノンアルコールビールも500ml缶になりましてより豪華に。話題はドキドキするような他人の噂話とも悪口ともつかないヨタ話で盛り上がりました、とさ。
[PR]

by troutclub | 2012-08-26 20:03 | ソルト | Trackback | Comments(0)

再度 LEDポジション球

先日交換しましたLEDのポジション球なんですが、以前に切れて交換した砲弾型LEDポジションライトがまだ手元に残ってました。
オッサンは物持ちがいいのであります、特にご婦人は大切にするのでありました・・・・。

今回切れた球と並べてみましたら、前に切れてしまった球は明らかにソケット部分が黄ばんでまして、やはり熱の影響で切れてしまったようです。

調べてみましたらLEDは熱に弱くて、高温状態での連続点灯には向かいないなんて話もありました。
ヒートシンク付のLEDポジション球も売られてますが、気休め程度?らしいです。近くに熱源があるとその熱を取り込んで逆効果とか?

f0230940_14352565.jpg

狭いランプハウジングの中で、ハロゲン球とかの高温になる熱源の近くに装着されたLEDライト、切れないほうがおかしい?・・・そんな気になってきました。

まあ、クルマの社外品のLEDポジション球なんてお遊びみたいなモンですから、LEDライトのメーカーも地味なライトでは売れないって事で、無理に明るく派手にしたライトにして、その分だけ高温になりやすい、寿命の短いLEDライトになってるのかも知れません。

それほど夜間走行が多い訳ではないのに、確かに今までのLEDポジション球は寿命が短かった。一年くらい持ってくれれば上等です。

f0230940_14354361.jpg

ハイビームのH-1ハロゲン球の真下約3cmほどの場所にポジション球がセットされてますから、ハイビームになったらその熱でひとたまりもなさそうです。
[PR]

by troutclub | 2012-08-25 14:48 | クルマ | Trackback | Comments(0)

ボンネットリリース 修理完了

うちの自家用車、この夏もよく走ってもらったので、いろいろ点検と修理を。

まず盆休みのドライブの途中に壊れてしまい、ボンネットが開けられなくなって難渋しました、ボンネットの樹脂製リリースレバーを交換。
仕事前の涼しい時間にチャッチャと片付けてしまおうと、ボンネットの隙間から指を入れたり、器具を入れたり覗き込んだりしてボンネットを開けようとしたんですが、30分~40分経ってもバカみたいに開きません。

おぼこ娘でもあるまいし・・・・なんぞと思いながら、汗びっしょりになって次の対策を考える。
時間はまだ早い、今から出掛ければいつものクルマ屋が営業を始める時間にピッタリ間に合う。後先考えずにクルマ屋まで一っ走り。

f0230940_1572947.jpg

クルマ屋の社長に相談しましたら、ボンネットの隙間から指を入れて5秒も経たないうちに、ボンネットをパカッと開けてしまいました。
どんな技を使ったんでしょう、シローとが知らない秘密の技?エリッククラプトンの指とクルマ屋の指はご婦人泣かせ・・・・だったりして。

蛇の道は蛇でして、やっぱり扱い方をプロはよく知ってます。ついでに手配しておいた樹脂製リリースレバーの交換もお願いしまして、ものの10分で手を焼いたボンネットリリースハンドルの修理は完了。
時給の高い社長の手を煩わせましてマコトに恐縮。「時給2万円?です」と思い切り向うズネを蹴られました・・・・。

f0230940_157589.jpg

次は、LEDポジションライトの交換。一般的には切れにくいと定評のLEDライトなんですが、クルマに限ってはよく切れます。
エンジンルームの発熱とか、LED自体の発熱で自滅することが多いようで、いままで使った3セットの砲弾型LEDポジションライトは、全てどちらか片方が切れました。
色合わせの関係でいつも二個セットでの交換となり、思ったほどの寿命も無いしなんか不経済な気がしてました。

そこで今回は熱に強いタイプのLED、SMD(チップ型)にしてみました。黄色い色をしたLEDライトです。切れたときの交換用に同じケルビンの白い光のライトを4個仕入れることに。気休めかも知れませんが、放熱用ヒートシンクのアルミが付いたヤツにしました。
2個を今回装着しまして、残りの2個は将来の交換用です。これは手馴れているので割合簡単に終りました。

f0230940_1581988.jpg

あと気になる箇所は、冷却水の温度センサーパッキンからの冷却水の滲み。ゴムのOリングの交換で直りそう。
AFTの交換にイリジウムプラグの交換にフュエールフィルターの交換、リアのブレーキパッドも手持ちのパーツが切れたし、Vベルトもテンショナーも・・・・まるで泥舟にでも乗ってる気分です。
[PR]

by troutclub | 2012-08-23 15:15 | クルマ | Trackback | Comments(0)

夏休み終わり!

草津温泉から軽井沢へのルートは、主に群馬県側と長野県側を走る二つのコースがあるようなんですが、今回は万座から軽井沢に抜ける長野県の鬼押ハイウエーを走ってみました。
この道路は、鬼押出し園に行く観光客のためにプリンスホテルが管理運営している企業所有?の有料道路らしいです。浅間山を見ながらのドライブには最適な観光道路でした。

軽井沢に入る手前辺りからお決まりの道路渋滞。昨年「盆の時期に軽井沢に行くなんて馬鹿のすること」と学習した筈なのに、同じ事を繰り返してます。今年も軽井沢の人気スポットに寄ることもなく中心地を迂回して宿に直行。

f0230940_12324371.jpg

その前にビールを仕入れておこうと寄った、おしゃれなスーパーの駐車場でトラブル発生。
山道ばかりを走り回っていたので、エンジンオイルとクーラントをチエックしようとボンネットを浮かせたまではいいのですが、浮いたボンネットのロックを解除する樹脂製のハンドルがパキンと破損してしまいました。
このクルマ、樹脂パーツの信頼性の低さにはいつも悩まされます・・・いや車が古くなった? いずれにしてもボンネットを開ける事が出来なくなってちょっと不安、まだ旅の途中です。

面倒な話は忘れることにして、おしゃれなスーパー?でビールをしこたま仕入れて軽井沢の”P”ホテルにチエックイン。
夕方は窓を開けようかクーラーにしょうかと迷う微妙な涼しさで、志賀高原に比べたら文字通りの雲泥の差、平地と変わりません。やっぱりビールをしこたま飲んで、テレビ観てオヤスミナサイとなりました。

最終日は、佐久から蓼科を通り茅野に抜けるメルヘン街道を通って、結構キツイ山越えルートを走って帰ることになりました。
予定では清里、小淵沢の八ヶ岳高原ラインを通りたかったんですが、ルート設定していたカーナビが、どこかで渋滞回避のルートでも選んだのか、気が付きゃメルヘン街道を走って蓼科に入ってました。

f0230940_10385933.jpg

帰ってきて最初にした仕事は、ボンネットのロックを解除する樹脂製ハンドルの発注。本日そのハンドルが届きましたんで近日中に修理交換の予定です。
[PR]

by troutclub | 2012-08-21 10:48 | | Trackback | Comments(0)

あたしゃ 山ガール だがね

魚釣りをしないと決めた旅は、時間に余裕があって気が楽です。
二日目は、ゆっくり目に宿を出まして高原の涼しさを満喫しながら雲上のドライブ。涼しいと言えば聞こえはいいんですが、本当は寒いくらいでして温かいコーヒーが欲しくなります。
でも山の上には、ローソンもセブンイレブンもサークルKもありませんで、下界に降りるまでしばしの我慢。

f0230940_13334753.jpg

志賀高原で1番とか2番目に高い ”横手山”に登ってきました。
登ったと言いましても ”昇った” の文字の方が正解で、乗っているだけで登れる動く歩道 ”スカイレーター” とリフトを乗り継いで、一気に標高2305mまで上がり山登り 気分を味わってきました。
両足だけが頼りの山登りはオッサンにはもう無理、ここならなんとか山の上まで連れてってもらえます。あたしゃ ”山ガール”?だがね。と相方は気分をよくしてました。

オッサンがスキー小僧?だった頃は、この横手山のてっぺんから滑り降りるのが夢でした。
現場に立ってみると恐ろしいくらいの勾配と狭いコースで、とてもじゃないけどスキーで降りようなんて気にはなれません。しっかり自信をなくして夢は終りました。
白馬とか野沢ではどんな斜面も怖いと思ったことは無かったんですが、やっぱ歳なんでしょうね、クワバラ、クワバラ。

横手山で体がすっかり冷え切ってしまったんで、今度は山を一気に下って草津温泉までドライブ。
昼飯は、こだわりの蕎麦屋にしようか、小洒落たイタリアンの店にしようか、それともホテルのラウンジにしようかと、寝ぼけてたんですが、草津温泉の昼時は観光客で何処も一杯。

f0230940_13353837.jpg

食い物にはそれほどの拘りはありませんで、大きな駐車場がある ”草津国際スキー場” に寄り、施設内にありますセルフの蕎麦・うどんの店で ”素うどん” と ”掛けそば” を食べましたら、これが旨かった。当たりでした!
そこいらの講釈タレの蕎麦屋より断然旨かったです。
毎日、蕎麦・うどんだけで商売してる訳ですから、お客さんに飽きられないよう練り上げた味なんでしょうね。

ついでに隣のケンチキでフライドチキンを仕入れ、ノンアルコールビールで一杯。やっぱり下界では温かいコーヒーより冷たいビールです、これも旨かった。

せっかくの草津温泉ですから、当然温泉にも入りました。草津温泉の湯畑より東に下った”大滝の湯”にゆっくりと浸かって、日本三大名湯を全てクリア!
湯上りは鬼押ハイウエーを黒いフェラーリのスパイダーと競争?しながら・・・軽井沢の宿までネコまっしぐら、だがね。

f0230940_13363972.jpg
草津温泉のカーネル・サンダースは、浴衣姿でした。
[PR]

by troutclub | 2012-08-20 13:39 | | Trackback | Comments(0)

川中島 志賀高原

戦国史上最大の死闘といわれた上杉軍 VS 武田軍の合戦の地、長野県長野市のパワースポット川中島に行ってきました。有名な川中島合戦の跡地です。
若い頃?魚釣りで走り回った千曲川と、一時ツーハンドのフライで通ったことにある犀川が合流する、三角状の平地(中洲?)が合戦の場所だったようです。

合戦の跡地と言われても、今では東西南北に国道や上信越道が走り、在来線に加え長野新幹線まで乗り入れる賑やかな場所に変わってまして、当然のように合戦跡の面影は無し。

f0230940_1295395.jpg
八幡原史跡公園の”佐久間象山像” 川中島の合戦とは関係無いと思いますが・・・?

一応、川中島古戦場として八幡原史跡公園なんてのがありましたが、パワースポットとしてオッサンの体の中にチャージされてくる感じが無くてちょっとガッカリ。
なんかチャージしなくてはと、近くのトンカツ屋に入り味噌カツ定食と、信州定番のソースカツ丼を注文し適当にシェアして昼飯チャージは完了。

次は信州中野市まで走り、292号線の峠を越えて志賀高原に入りました。
目的地は奥志賀高原にあります「雑魚川」。なんか人をバカにしたような名前ですが、漁協で管理されてる渓流釣りの出来る川です。

f0230940_1201657.jpg

なんでも、天然岩魚(ホンシュウイワナ)の原種が自然胞卵・繁殖している場所だそうでして、釣り師の心が騒ぎます・・・・。
いくら心が騒いでも、そういう貴重な魚の棲む場所でFFをするセンスがありませんで、予定していた釣りは急遽中止、用意した竹の#5番も出番無し。観光一本に切り替えました。
初めての川で、おそらく入渓したら2~3時間は出口が無いんじゃないかと心配になったのが本音。

熊が出没する山の中で、釣りバカの運転手が魚釣りから戻って来るまで、助手席で待っているのは辛いです。オッサンは熊に襲われるより助手席の小言の方が怖い・・・・。

レイトのチェックインで予約してあった宿なんですが、連絡したら3時からのチェックインOKということで、夕方までの魚釣りの予定をはしょって、そのまま奥志賀の宿へ。
さすが高級リゾートの”P”ホテル? レイトのお値打ち予約でも従業員が親切な対応で助かりました。ビールをしこたま飲んでその日はオシマイ。

f0230940_1203585.jpg

何気なく志賀高原から長野盆地を撮った写真に、ナニやら怪しげな陰が。ひょっとしたらこれが"UFO"それとも噂の"スカイフィッシュ"・・・?
[PR]

by troutclub | 2012-08-19 12:18 | | Trackback | Comments(0)

愛しい人へ捧ぐ歌

やっとオリンピックが終りました、いろいろおかしな事ばかり、いや気分の悪い事ばかりのオリンピックだった・・・・。

オリンピック最終日のオッサンは、身内の一周忌法要で忙しかったです。今回は上の倅を手伝いに連れて行って面倒な田舎の法事のしきたり?も覚えさすことに。
いつかは当事者になる訳でして、男ボーズなら法事のイロハくらい知らないと、そんな歳になった時に恥をかきます。

一周忌法要は無事に済んだものの、初盆がまだ済んでないです。
それぞれ御宗派によってやり方は違うんでしょうが、法事とお盆は分けてするもんでしょうか・・・・・。いずれにしてもお盆の墓参りに再度実家までドライブになりそう?

f0230940_1137960.jpg
TAISHITA風TROUTCLUBロゴはお遊びですのでご了解ください。

盆前に久しぶりにソルトのお仲間三人で一杯やる事になり、夕方から夜のいい時間までビールとハイボールにそこそこの銘焼酎で痛飲。
酔った勢いもありまして、人を一人送るってのは大変だし寂しいもんです・・・なんて盆らしい話になったんですが、その時にソルトの先生から、「いい歌だから時間があったら聴いてみて」と教えてもらったのがこの曲。

桑田圭介の「愛しい人へ捧ぐ歌 」ちょっとご紹介しときます、時間があったら是非。


[PR]

by troutclub | 2012-08-13 11:19 | Trackback | Comments(0)

おっさん用LEDライト

この週末あたりから皆さん盆休みに突入でしょうか?墓参りとかの義理ごとをしてますと、大人の夏休みはすぐに終わってしまいますけどね。なんの野暮用も無しで日が暮れていく人は幸せモンです・・・・?

いいもの見つけました。どんな形にも自在に曲がるUSB電源のLEDスネークライト。
これを使ってフライタイイングバイスのジョーの部分に光を当てますと、”ハメマラ”のおっさんには、こんな小さなライトでもフライがクッキリ見えまして、タイイングがずいぶん楽に?なります。

f0230940_1255611.jpg

昔から似たようなバイス用の照明はありましたが、バカみたいにいい値段で、身銭を切る気にはなれませんでした。
ご紹介のフレキシブル・スネークライトは、100円均一のコンビニで見つけた税込み105円也の超デフレ商品?デフレも来る所まで来た感じです。

f0230940_1264975.jpg

電源はPCとかAC変換のUSBとか、今では何処にでもあるのUSBのソケットから取ります。
オッサンは単三電池が4本が入るUSB電池ケースを電源に使用してます。これもipod充電用に何処かの量販店で以前に買った格安品。ニッカド充電池を入れて使ってますから電池代も気になりません。
消費電力の極めて少ない?発光ダイオード(LED)なら、かなりの長時間ライト点けっぱなしでいけます。
[PR]

by troutclub | 2012-08-10 12:07 | フライフィッシュング | Trackback | Comments(0)