<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

浜のお勤め!夏休み

皆さん仕事だとか、いろいろな用事で、痛風三人組み?の浜のお勤めは立秋過ぎまで予定が立たず。それに夏枯れも加わって当分お休みになりそう、早々と夏休み。
その代わりに街での飲み会が増えそうな気配? すでにそのリクエストがありまして、とりあえず昨年取り逃がしたバドガールの店でビールでもと、エロい妄想が頭をよぎります!

その前にもういっぺん浜のお勤めをしておこうということになり、いつもの浜までオッサン二人で日曜日の早朝?深夜?午前一時に出発。ソルトの先生は欠席届で残念ながらお休み。

f0230940_10564044.jpg

通過していった台風の影響は収まったようで、波は思ったより静かでした。先回の低気圧通過の後より条件はよろしい。
10mを越す?と予想された台風の波は、大きな流木を浜の道路まで打ち揚げてまして、台風の波の威力にしばし唖然。そのかわりに、浜のゴミはキレイに消えてました。

釣りのほうは、早朝からいい感じで頑張った?んですが結果は出ず。目の前で地元のアングラーがフッコを一匹上げたのを見ただけ。
最後は中通しのナツメ錘に、カン付チヌ鈎、ソルトワームのキャロライナリグで、ワームの棒引きまで試してみましたがフグ一匹釣れずでした。ソルトルアーはやっぱり派手なアクションがキモ?

f0230940_10571641.jpg

9時過ぎに上がりまして、今回はノンアルコールビールも幸楽のラーメンも無しで、飛んで帰ってきました。午後からはそれぞれ予定ありで12時過ぎに解散。
おっさんフライマンは夕方からの約束に備えて昼寝。もう一人のオッサンは午後から孫と動物園?の予定だったとさ・・・めでたし、めでたし。
[PR]

by troutclub | 2012-06-27 11:05 | ソルト | Trackback | Comments(0)

なやばし夜イチ タビビト EXPO2012 "へいへい屋"

先日の土曜日23日に、なやばし夜イチ タビビト EXPO2012 ”に行ってきました。。
名古屋は納屋橋の堀川沿いで繰り広げられる、ライブ演奏や、民芸品の店、食べ物屋、ワークショップなどのブースが並ぶお祭りイベント。

出掛けたのは午後5時半ごろ、夜市と言うにはまだ明るい時間でして、景気づけに自販機の缶ビールを一本空けてからの乗り込みになりました。

明るいうちから若い衆が沢山出てまして、オッサンには場違いな感じもして少々気恥ずかしかった・・・・だども缶ビールの威力で、気恥ずかしさなどものともせず若い娘の海を泳ぎまわってまいりました。
お陰で、若い娘のフェロモンで花粉症気味でござんす。

f0230940_16181519.jpg

今回のお目当ては、釣りのお仲間が出店してますブース、アジアン雑貨、エスニック衣料、中国少数民族製品販売の ” ヘイヘイ屋

この店の大将、ある時はサイバーシステムの行商人。ある時はロッド片手のフライマン。ある時は中華雑貨の番頭とかなり怪しげなオッサン。
ブースを覗いたときには、若い嫁ゴと仲良く二人でお商売してました。

夕暮れ時からがお商売も本番とかで、かき入れ時にお商売の邪魔をしては申し訳ないと、しばし馬鹿っ話の後にオッサンはビールを求めて夜の街に消えていったのでありました。

毎月のようにあちこちのイベントに出店されているようですから、興味のある方はアジアン雑貨 ” へいへい屋 ” のサイトで出店情報をご覧ください。
[PR]

by troutclub | 2012-06-25 16:40 | Trackback | Comments(2)

諸行無常 バッテリー交換

今回は車のバッテリー交換の話、正確にはバッテリー交換の準備が出来たって話。

先回、車のバッテリーを替えたのはちょうど3年前の6月20日。まだ元気で当分使えそうなBOSCHのバッテリーを、エアコン回しっぱなし、ワイパーON、ライトもONでバッテリーダウンの確立が高まるこの梅雨の時期に、勿体無い?と思いながらも用心のため新品のACDelcoのバッテリーに交換しました。

今回も、まだまだ元気なACDelcoのバッテリーを廃棄して新しいバッテリーを載せるべきか思案中。交換用の新品のATLASバッテリーはもう手元に届いてまして、いつバッテリーがサドンデスしても大丈夫なように準備だけは出来てます・・・・。

f0230940_1430059.jpg

用心の為?に3年経ったバッテリーは即交換と昔ながらの流儀で交換時期を決めてますが、最近はバッテリーの性能がいいようで、3年サイクルの交換ではちょっと勿体無いような気も・・・・。
特にシールドバッテリーの性能がいいみたいです。

その反面、前日まで何の問題も感じなかったバッテリーが、次の日に一気に電圧が下がってエンジンが掛からなくなるなんてトラブルもよく起きるようです。

バッテリーを無駄なく使い切るの交換タイミングは、やはりバッテリーが上がった時?なのかもしれません。
と言う事は、深夜の出先で雨や雪に降られながらのバッテリー交換になる可能性もあるわけでして、これも困ります、早めのバッテリー交換が何かと安心のようです。

写真は取り寄せたATLASのバッテリーとバックアップ用の12V電源。バックアップ電源はシガーライターに繋いで、車が記憶しているメモリーが揮発しないようにします。

永いか短いかの違いはあるにしても、形あるものにはすべて寿命がある訳でして、バッテリー交換で諸行無常が身に沁みるオッサンでありました。
[PR]

by troutclub | 2012-06-21 14:32 | クルマ | Trackback | Comments(0)

雨のち晴れ、渓流フライ

おっさんフライマン、急に渓流タックルの釣りをしたくなりまして、この土・日で白馬の姫川水系まで出掛けてきました。この春、同じ姫川で雪のために釣りにならなかったリベンジ?

いつもお世話になってますソルトのお仲間が、久しぶりの渓流フライでそこそこのサイズを何本か揃えたって話を聞いての、隣の芝生・・・スケベ根性もちょっと影響?

白馬への道中、安曇野の丸いギョーザを久しぶりに食べたくなり、あずみの餃子店で昼となりました。焼き餃子と餃子スープは完食したものの、今回も途中でその味に飽きてしまいご飯を食べきれずに残す。

f0230940_12295084.jpg

安曇野といえば犀川!といきたいところなんですけど、今回は、鱒専科の釣りのお仲間から聞いた「釣れない犀川?」情報により、犀川はパスしてそのまま白馬の姫川までドライブ。

夕方に少しでも竿を出せればと考えたんですが、長野の内陸部まで結構な量の雨が降りまして雨は段々酷くなる一方、姫川は濁流と化して春のリベンジは成らず。明るいうちから温泉とビールで、日曜日に雨が上がるのを祈る。

明けて日曜日、朝方まで雨が残ったものの徐々に晴れ間が出てきましていい天気に。まだ川は濁りと増水で魚釣りは無理。慣れた土地なら濁りの出てない支流を探すんですが今回はちょっと無理でした。

朝食後、安曇野まで走り犀川の様子見。酷い濁りではないものの支流から入る濁りで微妙な水の透明度です。地元のアングラーに話を聞くと、少し濁りが入ったほうが魚がよく出るなんて、目からウロコの意外な答え。

f0230940_12243372.jpg

釣りのお仲間から聞いた「釣れない犀川?」の話を地元のアングラーにしますと、ドコドコで50cmオーバーのブラウンとかレインボーの景気のいい話が出て来ました。それも今週、先週の話で昔話じゃ無い、釣る人には釣れてるようです。
魚が釣れない釣り人の魚釣り情報ほど、あてにならない話はないと今回学習。魚が居ないんじゃなくて魚釣りがただヘボな訳ね。

ひとつ犀川の50オーバーを掛けて、釣れないおっさんフライマンの汚名返上で、皆さんにビツクリしてもらおうと張り切ったものの、#5番の竹ではねぇ~・・・・。
爪楊枝みたいな渓流タックルで、ロケットレインボーを仕留めるのはアキラメました。

その「魚釣れない釣りのお仲間」から今朝電話が・・・同じ日に釣りに出掛けてたようなんですが、その魚釣り最新レポートは 「当たりがあった」 「目の前でライズするのを見た」 以上!だそうです。
[PR]

by troutclub | 2012-06-18 12:32 | | Trackback | Comments(0)

コミックストーリーライブ?

先週の土曜日、えらく久しぶりに落語の会に行ってまいりました。
おっさんフライマンの、魚釣り以外のささやかな楽しみが”落語” なんであります。英語にしますと”コミックストーリーライブ?” 英語ってのは表現がほんとに貧弱で面白くない。

場所は、町内の学校施設内にあります多目的ホール。落語会を開催するときは ”橘座” の看板が上がります。
嬉しいことに、この落語会は学校行事の一環で無料。人が集まり過ぎて収拾がつかなくなった過去の反省からか、最近は落語会直前になるまで一般への告知をしてなくて、気をつけてないと見逃します。
主に町内の高齢者に案内を出しているだけのようで、会場ではおっさんフライマンなんか若手の方、ケツの青い小僧っこです。
f0230940_14413534.jpg
今回のお題目は「柳家花緑・独演会」
羽織を着てなかったので前座?だと思われる、柳家花緑の弟子がまず露払いで一席。続いて柳家花緑師匠が中込を挟んで一気に三席。
まだ若いから元気がいいです。それほど期待してなかった落語もなかなかいけました。

ご存知のように亡くなった人間国宝の落語家 ”柳家小さん”は柳家花緑の祖父にあたり、落語界では柳家花緑は結構なサラブレッド?、その為か真打になるのがちょっと早すぎたような気も・・・・。

食えない二つ目時代をもう少し経験しとけばいろいろな噺にもっと幅がでてきて、落語のマクラにいちいち祖父「柳家小さん」の自慢話なんか必要なくなると思うんですが。
これは他の二世・三世の落語家にも当てはまるんような気が・・・・。

春風亭一之輔、柳家喬之進、笑福亭たま、みたいな実力派の面白い若手落語家がどんどん出てきてますから、サラブレッドの金看板?だけではこれから大変でしょうね。

タダで落語を聴かせてもらい大笑いしておいて、最後にプチ批評されては、落語家さんも大変。
とは言いながら、楽しく落語を聴かせてもらいました。「柳家花緑」いい落語家になりましたと、エラそーにシローとが語る。

花緑師匠の写真はPortrait rightの関係で、Photoshopで描いたカンプで我慢してください。
[PR]

by troutclub | 2012-06-13 14:48 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

台風一過

2週間ぶり?の浜のお勤め。
台風?が通過した後で海は2mのウネリの予報だったんですが、同じ2mの予想でも低気圧の具合によって、釣りになったり駄目だったりの日がありまして、今回は 「えい!ヤー!」 の大博打で魚釣りにお出掛けすることにしました。
本当は、ソルトの先生の 「もう我慢できネエー!」 の一言で浜のお勤め決定と相成りました。

いつものオッサン介護?専用のデイケアバスに釣り道具を詰め込んで深夜1時に出発。
ただ今サマータイム運行になってますデイケアバス。夏場はスタートが早いので、ちゃんと目を覚ましてバスに乗り遅れないように玄関先まで這い出てくるのが、オッサンにはなかなかの大仕事。車を回してくれるデイケアバスの運ちゃんはスーパーマンか・・・?

f0230940_1415670.jpg

午前4時、浜に釣り人の姿は無し。お仲間二人は月明かりの浜に速攻で飛び出して行きました。おっさんフライマンは暗い浜と暗い奴が苦手で、空が白んでくるまで待機。いつもこのパターンでマズメ時を逃がしてます。

大博打は裏目に出まして、台風の余波で海はまだ荒れ?模様。浜を駆け上がってくる波足の長い波に足元をすくわれるのが怖くて、キャスティング位置もいつもよりかなり後ろ。
横着してヒップウエーダーしか持って行かなかったのも大きな誤算、いつものウエーダーは水漏れで使い物にならずの状態。

今回はミノーからスタートし、バイブレーション、ジグと徐々に飛距離の出るルアーにチェンジ。やっぱりキャスティングの立ち位置がルアーセレクトに大きく影響。
先週用意した1ozのジグヘッドの出番は今回は無し、現場ではジグヘッドを買ったことすら忘れてました。

f0230940_14153294.jpg

早朝の第一ラウンドを終わり朝飯を済ませ、次の浜まで移動して第二ラウンドを開始。
こちらの浜は海草のゴミが多くて、キャストの度にするラインとルアーの掃除がうっとうしい。サーファーが多くまた波待ちのポジションが近いので思ったポイントにルアーをキャストできない。
砂浜をトボトボ歩いてましたら、なんか疲れがどっと足に来まして、その時点で釣りに集中できずの状態に。ここで魚釣りは早々にギブとなり車まで足を引きずるようにして戻ってきました。

他のお二人も怪しい足取りで、似たような時間に浜から上がって撤収と相成りました。
時計を見たらまだ午前9時前。タックルとウエーダーを浜にあります水道でしっかり潮抜きして、ついでに浜のサーファーガールの品定めをし、これがエロ話に発展して、帰りの車は ”合法”ノンアルコールビールと冷凍枝豆で "デイケア宴会バス" と化したのでありました。
ふんとに、面白かった!
[PR]

by troutclub | 2012-06-11 14:24 | ソルト | Trackback | Comments(0)

SSC Service Utility

先週末は海が荒れているとの情報で日曜日の浜のお勤めは中止。探してやっと仕入れてきました1オンスのジグヘッドの出番が無くて、もの凄く残念。

魚釣りが中止になったからといって、急に付き合ってくれるような暇なお友達?はござらんし・・・。
もし付き合ってもらうとしても相応の嫌がられ賃を出さないと。友達の押し売りで安くやらしてもらう・・・・いや、済まそうなんてのは、いいオッサンのすることではないのであります。

と、その舌の根も乾かぬうちからタダで済ました話。
先日、そのお友達から使わなくなった?EPSONのプリンターを引き取ってきました。普段からの嫌がられ賃を考えると、そこそこの値段だったりして・・・・。

このEPSONのプリンターが曲者でして、すぐにインク切れのエラーになるくせに、値段だけは立派?な純正のインクカートリッジを使わないとプリントできない仕掛けになってます。
インクジェットプリンターは、プリンター本体は安く販売して、その後に消費されるインクカートリッジで収益を上げるのが、お商売のおいしいところのようです。

f0230940_18573673.jpg

その収益の邪魔になるサードパーティー製の補充インク対策として、カートリッジにICチップを取り付けて使用済みのカートリッジを無効化して、インクを補充してもプリントできないようにしてあるのが知恵者EPSONのインクカートリッジ。

EPSONさん頭いい!なんて感心してたら、そのICチップそのものを交換してカートリッジを永久に使えるようにする”永久チップ”だとか、ICチップを初期化してしまうICチップリセッターなんてのもサードパーティーから登場。

こっちも頭いい!勝負ありと思ってたら、今度はPCのアプリケーションソフトで使用済みカートリッジを再認識させるフリーソフトまで出て来ました。裁判沙汰にまでなった凄いインク戦争・・・・?イタチゴッコとはこのこと?と得心。

今回のEPSONの古いプリンターのリビルトは、付いていたインク切れのカートリッジを認識させて再利用するために、このEPSON ICチップリセット/メンテナンスツール「SSC Service Utility」を使ってみました。

f0230940_1858197.jpg

インストールは通常のフリーソフトと同じで、ダウンロード、解凍、インストールで簡単に使えるようになりましたが、このソフトはロシア製らしくて、ロシアで販売のEPSONのプリンターモデル名と国内でのモデル名に違いがあると、手持ちのプリンターと適合させるのにちょっと頭を捻ります。

カートリッジにインクを充填してプリンターにセット。「SSC Service Utility」を起動してノズルのクリーニングを繰り返すこと数回、何の問題も無く綺麗に印刷出来るようになりました。めでたしめでたし。
[PR]

by troutclub | 2012-06-05 19:02 | 工作 | Trackback(1) | Comments(2)