<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

レトラセット カラータグ

これはナンでしょう?
まあ見ただけではちょっと理解できないと思いますが、実はこれ、小型のコードレスアイロンなんです。
黒いホルダーに黄色のアイロンを載せてヒートさせておき、丁度いい温度になったところで使います。

f0230940_1505314.jpg

名前は”レトラセット カラータグ”といいまして、カーボンコピーされた紙の上にカラータグのフィルムを乗せてこのアイロンで熱プレスすると、黒くコピーされた部分をカラー着色できる仕掛けになってます。懐かしいレトラセットのグラフィックデザイン用ツール。
ふた昔?くらい前までは、こんな子供騙しみたいな仕掛けでプレゼン用デザインカンプの見栄えを良くしてました。当時としては画期的なお道具?だったと思います。

f0230940_1523884.jpgお陰で「CMYK」のカラー印刷のデザインコストが、カラータグのフィルム代で高騰・・・・?
マッキントッシュのDTPとカラープリンターが普及する前の、デザインカンプの表現力を高めるための過渡期?のデザインツールでした。

このアイロンがガラクタの入った段ボール箱から出てきまして、何かに使えないかと思案してたんですが、手っ取り早く”パウチ”の熱圧着を試してみましたら、これがなかなか調子がよろしい。
シュリンクチューブの収縮にも使える温度で、フライラインの溶着?とかフライマテリアルをカールさせたり伸ばしたりと、魚釣りのオモチャとしても有望です。
本当はポケットに突っ込んであった、札束のシワを伸ばすときに使う。なんて大ボラを吹きたいところなんですけどね。
[PR]

by troutclub | 2012-05-31 15:10 | Trackback | Comments(0)

新 ヒラメDSC リーダー結び

天気もよさそうだし、この日曜日は普段いろいろと無沙汰してますお友達?と、一つ義理をしておきましょう!なんぞと考えたのがいけません。
ソルトのお仲間のお誘いをお断りして魚釣りをお休みにしたものの、巡り会わせが良くありませんで結局夕方までフリーで何も予定なし。こんな事なら魚釣りに行けばよかったと少々後悔。

これをいい機会に、最近知ったPEラインとショックリーダーの新しい結び方の、あんちょこ「ノットカード」を作図することにしました。
道具はナンとかの一つ覚え「アドビ・イラストレータ」Win版。

図にする新しい結び方は、「ヒラメDSC式」のPEのWラインとナイロンショックリーダーの結び方。
以前はPEラインのループにナイロンのショックリーダーを通してから結ぶ方法でしたが、今度はショックリーダーを編み上げる方法に変わり、強度はありそうなんですが、ちょっと面倒臭くなりました。


f0230940_17391659.jpg

釣りの準備をするときは、PRノットの言わば本結びでリーダーを結びますから、このあんちょこ「ノットカード」は現場でのあくまで応急的なノットになります。

現在、作図した方法で結びの強度が出ているか検証中。5~6回結んではブレイクさせてみましたが、そこそこ強度は出ているようです。
この結び方だと、ほぼ100% 「逆絞めビミニツイスト」と呼ばれる二重になったPEラインが一本ラインになるボトルネックの場所で切れました。

暇を見つけて、これもカードに印刷してパウチしてから釣りのお仲間に配布予定です。
[PR]

by troutclub | 2012-05-28 17:43 | ソルト | Trackback | Comments(0)

中華パッド 「モモちゃん」

以前ご紹介の中華パッド「MOMO9」の話の続きです。
購入してから一ヶ月ほど経ちますが、今ではこの「モモちゃん」が大活躍で手放せません。
時々インターネットの画像データが下りてくるのが遅くて、待機状態になる事がありますけど、これはPC用に作られた最近のhtmlや画像のデータが重いのが原因のようなので、「モモちゃん」を責めるのは可愛そう。

スマホ用に作られたアプリは上手く動かないものがありましたが、グーグルのPlayストア経由なら、100%ではないですがまず安全に動きます。
いいオッサンがヘリコプターのゲームにハマってます・・・・ラジコンへリで挫折してるもんで、簡単に飛んでくれるのがなんか嬉しいです。

f0230940_11452329.jpg

3G回線は持ってないので、WEBはもっぱらWi-Fi経由でやり取りしてます。外出時はフリースポットと BB公衆無線LANからアクセス。旅行先の宿では有線LANにモバイルサイズのWi-Fiルーターを繋ぎ使ってます。
写真左上の四角いのがそのルーター、胸のポケットにも入るサイズで荷物になりません。

今まで旅先の宿では、ノートPCを有線か無線のLANで使ってたんですけど、タブレットに比べると、A4サイズのノートPCでもジュラ紀の恐竜のように大きく思えて、もう持ち運ぶ気にはなれず。

BB公衆無線LANはマクドナルドのほとんどの店から接続出来るらしいのですが、どうも電波が弱いようで何処のマクドでも、駐車場からはアクセスできませんでした。
ちょっと期待外れで一ヶ月でBB公衆無線LANは契約解除と相成りました。

遅くてもスマホ経由の3G回線を使うか、スピードで優位なWi-Fiの新たな公衆無線LANを探すか思案中。
電話はレガシーな携帯も捨てがたいので悩みます。本当は月々召し上げられる3Gの回線料が一番ネックなんですけどね。
[PR]

by troutclub | 2012-05-24 11:50 | Trackback | Comments(0)

浜の大物 そのⅡ

駿河湾では「アゴナシ」遠州灘では「イサキ?」「フグ」と、ソルトのルアーとしてはあまりパッとしない外道・・・魚ばかりが釣れてたんですが、やっと狙った魚が釣れました。
場所は先週に続いてのいつもの半島の浜、メンバーは尿酸値が最近気がかりないつものプリン体三人組み。

夜中の1時に出発、朝の4時から浜に出て釣りをスタート。今回はおっさんフライマンも出遅れ無し?で早朝より釣り開始。
日が昇ってからなんですが、だらだらとリーリングしてきたおっさんフライマンの竿にフッコがヒット、ルアーは日本製のミノーでしてちょっとお高いヤツ。サイズは約40Cm、その前にも一度掛けたんですがこちらはバラしてしまいました。魚はリリースしました。

f0230940_9125938.jpg

5月も半ば過ぎ、いつもの浜も魚の活性が上がっているようで、先週に続き今週も痛風仲間のお一人がとんでもない大物を釣り上げてしまいました。
その大物をヒットした瞬間は、余りの重さに座布団サイズのヒラメか?と期待したようなんですが、苦労して浜に引き釣り上げたら、その正体は座布団どころか、坊さんが座る仏壇座布団並みサイズの「エイ」。

そうです、あの気色悪い平べったい尻尾の生えた魚、英語ではスティングレイ 。
尻尾のトゲが怖いし、触りたくも無い嫌われ者ってことで、とっととお引取りを願ったようです。

●こんな大きなエイを釣った?それともお手上げでした?とボディーランゲージのソルトの先生!
f0230940_9141810.jpg

朝飯後はポイントを替えて、初めての?浜で竿を出してみました。ここではソルトの先生の浜のお友達と遭遇しまして、いろいろと情報を収拾させてもらいました。

第二ラウンドも粘りましたが釣果はゼロ。4時からのスタートで体力的にそろそろ限界ということで午前10時に片付けと相成りました。
いつも生鮮市場でキャベツ他の買い物をすませ、ノンアルコールビールで喉を潤し、吉野家でそれぞれ牛丼大盛り、カレー丼、牛・鮭定食で昼を済ませて、午後2時半に解散。
実りある?楽しい一日となりましたとさ。

f0230940_9192576.jpg

[PR]

by troutclub | 2012-05-21 09:22 | ソルト | Trackback | Comments(2)

お車メンテの集中ウイーク

先週済ませました車のパワステフルードの交換に続き、今週はエンジンオイルとオイルエレメントの交換をしてみました。
先回のオイル交換からオイルの銘柄を、10年以上使ってましたワコーズから、量販店で売ってるカストロールの特売品に替えたんですが、5000Km走って何の問題も感じなかったので、今回もカストロールの5w-40オイルにしました。

以前のオイルよりウィンター側が少し柔らかめ・・・・まあウインター(冬)というより実際には始動時の粘度の話なんですけどね。
夏場に向けてのオイルとしては少々気になります。機械的には全然問題無いはずなんですが、気の小さいオッサンのあくまで気分の話でござんす。

例によってオイルチェンジャーで汲み上げた古いオイルを、廃油パックに流し込んでオイルの抜き取り作業はオシマイ。オイルは真っ黒ないい色になってまして、エンジン内が良く洗浄されてるとひいき目の判断。
触っただけではオイルの劣化は分かりませんけど、5000Km走行程度ならオイルの粘度はまだ充分ありまだ使用可能?

f0230940_18122765.jpg

今回はオイルエレメントの交換もしたので次はその作業、ちょっと時間がかかりました。
オイルエレメントにはボンネット側からアクセスできますから、オイルフィルターレンチを持った手を上から入れてフィルターを緩めます、緩んだら次は手でまわして外します。

オイルがこぼれ出す前に、オイルフィルターに紙袋とビニール袋を二重に被せて、こぼれ出たオイルをこれで受け止めます。
ウェブの「YouTube」で知ったフィルター交換の裏技?です。こぼれ出るオイルの量が減るので、汚れが減って始末がいいです。フィルターは袋に入れたまま処分します。

あとは特売品のカストロールを給油、3.8L入りました。以前ガソリンスタンドでオイル交換したときは、同じフィルター交換込みでオイルは4.5Lの請求書がきました。だいぶチョンボされてた感じ。

最後に先週済ませましたパワステフルードの交換の続きで、もう一回フルードの入れ替えをしました。全部で都合0.5L程の交換になりました。

ここでお昼、近くのうどん屋でコロうどん(冷たいうどん)をたぐって、お車メンテの集中ウイークは終了。

写真の車は本題とは関係ありませんので悪しからず。
[PR]

by troutclub | 2012-05-19 18:19 | クルマ | Trackback | Comments(0)

浜の大物・・・

実はこの前の日曜日も、いつもの浜で魚釣りしてました。メンバーは今回も痛風三人組み。
夜中の1時に出発の夜勤状態。週末は支払いばっかりでろくな稼ぎが無い専業漁師してます・・・・実に残念。

f0230940_1425353.jpg

おっさんフライマンは、睡魔と朝の寒さに負けて第一ラウンドは車の中で熟睡。他のお二人は早朝からテンションが異常に高くて、真っ暗な浜に鉄砲玉みたいに飛び出て行きました。
波と風で予定していたエギングはとり止め、風裏に廻って長竿でシーバスを狙いましたが結果は出ず。
コンビニおにぎりとカップラーメンで朝飯を済ませて、浜を変更して第二ラウンドに突入。サーファーも少なくていい感じなんだけど魚は釣れず。

f0230940_1426512.jpg

かわりにとんだ大物を痛風仲間のお1人がヒット、海に投棄された直径7~8cmのモヤイロープの切れ端。これにいろいろなゴミが絡み付いてズッシリと重い。ルアーをロストしたくない一心で?10分ほどかけて1.2号のPEで浜まで引きずり上げてました。

次に現われたのが、ボランティア?の浜のお掃除軍団。
いつもキレイな浜だと思ってたんですが、やはりこういう方達の陰の力があってこそなんですね・・・と分かった風な口を利く。
さすがにお掃除軍団でも、塩水をタップリと吸ったモヤイロープのゴミは重くて運べなかったようで、他のゴミと一緒に放置してありました。

f0230940_1427420.jpg

帰りはいつものパターンで、生鮮市場で買い物をしてから幸楽で290円ラーメンの大盛りを食べ、車の中もエロ話と人の悪口で大盛り上がり、午後三時過ぎに解散。
今回は途中でノンアルコールビールを飲んで、バーチャル!ほろ酔い宴会気分でした。
[PR]

by troutclub | 2012-05-18 14:24 | ソルト | Trackback | Comments(0)

マイ・フェア・レディ

f0230940_828123.jpg

下衆(げす)の勘繰りですけど、日産フェアレディー(Fairlady)の名前って、スポーツカーの代名詞みたいなフェラーリ(Ferrari)にあやかったじゃないかと、前から思ってました。

フェアレディーの名は、1960年発売のダットサン「フェアレディ1200」が初代のようなんですが、その由来は当時流行ってたミュージカル「マイ・フェア・レディ」から取った名前ってことになってます・・・これが正解だと思いますが。

その発音といい、アルファベットのスペルといい、当時の日本人やアメリカ人?には名車フェラーリとイメージがダブるようなウマイ仕掛けになってたんじゃないかと・・・・。
今の時代で言えば、アップルの「iPad」と中華製の「APad」のような・・・・・。
そんな面白い時代のフェアレディー三代目をベクターデータイラストで、ヤフオクでご紹介中!


[PR]

by troutclub | 2012-05-16 08:36 | イラストレーション | Trackback | Comments(1)

パワステフルード 交換

f0230940_1171845.jpg
車が動き出した直後に時々聞こえることがありました、エンジンルームからの唸るような音・・・・。
少し走ればすぐに収まっていたので、慌てて処置をするまでもないと知らん顔してました。
先日、河口湖の湖畔を走っているときに一段と音が大きくなったような気がして、帰ってからの宿題で一度チェックしてみることにしました。

ハンドルを切った時に音が大きくなるので、ステアリング系から出ている音と推測。ネットで調べてみると、どうもパワステフルード(オイル)の不足らしいことが判明。
そういえば以前デーラーで、「パワステオイルの補充しておきました」と言われたことを思い出しました。今回はDIYでパワステフルードの交換をしてみることに。

f0230940_1181262.jpgまずはパワステフルードの調達。古い車?なので安全策でシール類に悪さをしない純正を使うことに決定。
適合する社外品も見つかりましたが、かえって値段が高くて積極的に社外品を選ぶ理由が見つからず。
最寄の正規デーラーにメールでパワステフルードの在庫と価格を問い合わせたら、メールでの問い合わせはデーラーの本部扱いになるようで、長くて一週間ほどで最寄のデーラーから返事があるとの返信メールでした。

この会社は未だに伝書鳩とか飛脚を使って業務連絡をしてるんでしょうか?
付き合っていられないので、直接近くのデーラーに電話してパワステフルードの在庫の確認をして発注、次の日には商品を受け取りました。

まずパワステフルードの量をチェック。やはりOILディップの先がちょこっと濡れる程度でフルードのレベルが低かった。
とりあえずフルードを補充して様子を見ます。パワステの音が確かに静かになりました。
近所をちょいとドライブして、オイルラインを一回りしてきたフルードをリザーブタンクからスポイトで抜き、その分の新油を補充。また近所を廻って同じ事の繰り返し。これを3回ほど繰り返してパワステフルードの交換はひとまず終了。

これを何回も繰り返せばフルードは限りなく新油に近づくんでしょけど、まあ3回で充分でしょ。約250~300ccほどフルードを使いました。まだ残りはボトルにタップリ。

今回の費用
純正パワステフルード 1㍑:2730円也
廃油入れの空のペットボトル一本:タダ 
抜き取り用のスポイト:105円也  以上でした。
[PR]

by troutclub | 2012-05-14 11:14 | クルマ | Trackback | Comments(0)

GW 忍野

河口湖で泊まった宿、よく見ればなかなかの高級リゾートホテル?
WEB予約の前割りプランで小市民のおっさんフライマンにも手の届く料金でお泊りさせてもらいました。

何処のホテルもそうなんですが今回も朝食はバイキング料理。朝からしっかりした料理の皿が並びましてなかなか豪華、知らず知らずのうちに食い過ぎ・・・・。
宿の窓からは朝一で顔を出した富士山が見え、今日は一日快晴と期待したんですが、すぐに雲が出てきてまた富士山は雲の中に。

f0230940_947372.jpg

忍野で半年振りの魚釣りが二日目のお楽しみ、忍野には20分ほどで到着。游漁券を購入しフライロッドを継いで、まずはウエットフライで釣りスタート。
昨年の台風で川が埋まった感じで、相変わらず水は高いし濁りも取れてません。
まだ乾いたままのウエットフライに魚がいきなりライズしてきまして、迷うこと無く即ドライフライにスイッチして仕切り直し。

あれこれ試したフライの中で一番反応が良かったのは、16番くらいの超ショートシャンクのフックにコパーワイヤーを巻いただけの単純なミッジフライ?これには魚がよく反応しました。
サイトフィッシングで魚がフライを咥えたタイミングで合わせをするんですが、これが上手くフッキングしない。5~6回これですっぽ抜け。

f0230940_948168.jpg

見廻りに来たリーバーキーパーの話では、ドラッグで魚が上手くフライを咥えられないとの話。
沈めたミッジの位置確認に付けた極小のマーカーを指差しながら、フライにあれだけドラッグがかかってはダメだ!と教えてもらいました・・・?

最後はトルネードルアーのテスト、濁りの出た川でもクルクル回ってよく見えます。
何投かしたら急に強い風が吹き始め、水面が波立つ程の大粒の雨が降ってきてここで魚釣りは中止。昨今、何かとお騒がせなトルネードでした。
[PR]

by troutclub | 2012-05-12 09:51 | | Trackback | Comments(2)

GW 本栖湖

新東名の静岡サービスエリアでサントリーオールフリー を3杯も飲んでほろ酔い気分・・・・?
ノンアルコールビールですから酔う訳が無いんですが、その味に体が反応してしまい?気分は酒気帯び運転なんでありました、ほとんどパブロフの犬状態・・・・。

新富士ICで降り無料になった西富士道路を走り、朝霧高原を抜け富士本栖湖リゾートって場所でやってました「富士芝桜まつり」を覗いてみました。
期待してたんですがまだ3分咲きとのことで、一旦は有料の駐車場に入ったもののそのままスルーして駐車場から脱出、勿論駐車料もスルーです。本命は本栖湖での魚釣り・・・・?

f0230940_1542651.jpg

本栖湖ではルアーとスペイキャストの釣り人が何人か竿を出してました。水位いもそこそこで相変わらず静かで結構な湖です。しばらく釣りの様子を眺めてたんですが、スペイキャストで広い湖を攻めるって、足元を波立たせるだけでなんか大変そう。
今にも雨が落ちてきそうな天気?・・・・ウエーダーとレインウエアを着込むのが面倒くさくなり、毎度の中折れ状態でオッサンは竿も出さず、情けないモンです。

こうなりゃ次のお楽しみはホンマモンのビール。富士吉田のスーパーまで走り、メタボの大敵、ビールとコッテリ味のツマミを買い込んで河口湖湖畔の宿に直行。
残念ながらその日は富士山は顔を出さず。ビールをしこたま飲んでそのままバタンキューで一日が終りました。
[PR]

by troutclub | 2012-05-10 15:06 | | Trackback | Comments(0)