<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

穴さえ有れば

先日、中華パッドの”momo9” をアマゾンで購入した時に一緒に注文したタブレットの保護ホルダー。販売価格が金200円也と安くて大助かりだったんですが、発送元違いで金200円也の価格に350円の送料が掛かりまして本末転倒で騙されたような気分・・・恐るべしアマゾン。
文句を言っても注文責任は発注ボタンを押したこちら側ですから、まあ強制納得して便利に使った方がお利口と元を取るまで使い倒すことにしました。

f0230940_938433.jpg

本体の”momo9”はセットアップほぼ完了で、WEBにメールにお宝動画にMP3音楽と便利に使ってます。一番大活躍な場所はトイレの中・・・メールチェックに銀行残高のチエック、MP3の音楽鑑賞とほとんどの用事はここで済みます?

そこで気が付いたんですが、いくら音がプアだと言われてる?momo9本体内蔵のスピーカーでも、これを保護ホルダーに入れてしまうと音が篭ってますます酷い音になります。
オッサンは考えたんであります、ホルダーのスピーカーの当たる位置に風穴を開けてしまえば音の通りがよくなる、ハインリヒ・ヘルツ並みの発見?

しかし穴さえ開いてりゃいい訳じゃありませんで、それなりに見た目もよくないと我慢がならない。穴さえ有れば容姿なんて・・・・「ひもじい時の不味いもの無し」ではいけないのであります。

f0230940_9383626.jpg

ポンチでホルダーに穴を開けてから、そこにサランネットを張った飾りのメッキグリルを付けてみました、このグリルには一苦労でしたが・・・・。
メッキグリルの正体を明かしますと、ガスが切れた使い捨てライターの火口のカバーが材料。これをニッパーとヤスリで適当な厚さまで削り、そこにスピーカーのサランネットを丁重に貼って今度はエポキシでホルダーに圧着してあります。

この手のオモチャは自分で作るから面白いんでありまして、もし似たものを売ってても財布の紐は緩まない。穴を開けて好きに仕上げるから悦びもひとしおなんであります?
[PR]

by troutclub | 2012-04-27 10:01 | 工作 | Trackback | Comments(0)

しつこくトルネード!!

皆さんが自作されたトルネードルアーの画像を送ってもらいました。
同じテーマで作ったこんな単純な構造のルアーでも、人それぞれ作り手の個性が出まして面白いです。
特にフックの処理あたりに工夫が見られまして、スプリットリングでフックを繋ぐスタイルや、ウオディントンフライみたいにシリコンチューブ?でフックのぐらつきを抑えるアイデアなど大変参考になりました。

f0230940_8514324.jpg

ゴールデンウイークは、皆さんそれぞれのフィールドでこのトルネードルアー・フライで大爆釣?・・・・まわりのヒンシュクを買うんじゃないかと期待します。
釣果のレポートにも期待です。
[PR]

by troutclub | 2012-04-25 08:51 | 工作 | Trackback | Comments(0)

中華パッド”momo9”

以前、いくらかの銭を握り締めて "au" の販売店まで出向いて乗換えようと思ったスマートフォンなんですが、現物を見たら画面は小さいし文字も小さいし、オッサンがオモチャにするには操作も難しそう?
その割りに本体の値段もランニングコストも高くて、金食い虫は養えないってことであきらめました。
本当は販売店の優しいオネーさんの笑顔に、もう少しで裏を返して、なけなしの銭を散財するところでしたが・・・・・寸止めでとどまりました。"Ejaculation outside a vagina "ってやつです?

しかし仕事の都合で、スマートフォンやタブレットでいろいろと確認したいことがありまして、なんか安くて適当なタブレットは無いかしらと頭を捻っていた次第であります。
リンゴマークは高いしデカイしでパス。国産ブランド?のタブレットも結構いい値段がします。

先日、トルネードルアーの話で知り合いのFUTOさんと電話をしてましたら、ちょっと怪しげだけど値段格安の中華パッド(中国製タブレット端末)がいま売られてるって情報が入ってきまして、この手のヒソヒソ話?には弱いおっさんフライマンは、人柱覚悟の速攻でアマゾンに名前から怪しいこの中華パッド”momo9” オーダーしてしまいました。

f0230940_9225812.jpg

金曜日に注文して土曜日の朝一にまる24時間で商品到着、早速開封して電源をオン。
この”momo9”にバンドルされてるアプリは、全て中国語で読めない使えない。邪魔なアプリは使用停止にして体裁を整える。
USBミニジャックの有線ランのアダプターを同時に購入したので、すんなりWEB開通かと思ったんですが、見事に認識せずで何処にも繋がらない目無し口なし状態が半日。夕方から出掛ける予定があって土曜日の作業はここまで。

日曜日は朝から雨、昼に近所の電気街でコンパクトwifi ルーターを仕入れてきまして、電波を確認しパスワードを入れてすんなり認識かと思ったんですが、2~3回失敗してからやっと開通。
本当は失敗じゃなくてwifiの電波をこの ”momo9” が認識するまでに時間が掛かるようで、待っていられずに再セットアップを繰り返したのが本当のところ。
中華製の日本語フォントとか、WEBの表示スピードとか、サドンデスしたりとか、安定しないところもあるようなんですが、まあ値段も値段ですしこんなもんでしょ。
ぼちぼちと手を入れていきます。

とりあえずいま困っているのは半角アンダーバーの入力。@マークや数字の1を連打するとかスマホではいろりろやり方があるようなんですが、このmomoチャンには通じずでいまだ不明。奥が深いぞ中華パッド。
[PR]

by troutclub | 2012-04-23 09:36 | Trackback | Comments(2)

トルネードⅡ 悪魔に魂?

先日の日曜日、天気はいいし籠の鳥も飽きたしで、ちょいと街を一回り。
昼を食べて、お気に入りの温泉?でサッパリして夕方は何処かでビールをと、大尽気分を決めこもうと思ったんですが、温泉でノボせるには時間がちょっと早い・・・・。

そこで暇つぶしに100円均一ショップに立ち寄りまして、手芸コーナーで欲しかった”なんたらトルネード”用の赤いビーズを探してきました。
試験管みたいなプラスチック容器に入って100円也、お安いです。赤とオレンジと黒の三つを購入してきました。ついでに釣具の量販店にも寄って管付チヌ鈎とスイベルを購入。

f0230940_106170.jpg

早速バチヌケ?をイメージした赤とオレンジのトルネードを幾つか制作。フライ用の短いタイプもついでに何本か作ったら、単純作業のビーズ工作は飽きました。
まだビーズはほとんどの残ったままで勿体無い。”なんたらトルネード”自作すれば原価は30~40円位・・・・・?
残ったビーズで、指輪とかキーホルダーの人気?のビーズアクセサリーでも作ろうかしらとただ今思案中。
オッサンの知らない、おしゃれな世界に目覚めそうで怖いのであります。
[PR]

by troutclub | 2012-04-18 10:10 | 工作 | Trackback | Comments(0)

セニョール・トルネード

暖かくなってきまして魚釣りにはいい季節になってきたんですが、先日の雨であちこちの川は増水気味。土曜日にも雨が来るそうで今週末の釣りはかなり微妙。
予定してました九頭竜川は、仕事?の都合もありましてお仲間と相談のうえ日延べに・・・・・どうもこのまま連休に入ってしまいそうな気配。
その前にもう一度、お仲間とソルトの相談でもしませうか・・・居酒屋はいつでも開いてます。

4月14日から第二東名が三ケ日から御殿場まで開通するようです。連休は釣り竿持って第二東名を走ってこようかと思案中・・・・。
本栖湖、忍野、芦ノ湖、狩野川、あと東山湖とか裾野フィッシングパークなどの管理釣り場も射程内の場所に、とりあえず宿は押さえたんですが・・・・・・今さら虹鱒を釣って喜んでるほどウブでもないので、管釣りで竿出しする気はありませんけどね。

f0230940_14183724.jpg

それでも情報収集のために管釣りのホームページをいろいろ観てましたら、富士山の裾野にあります裾野フィッシングパークから広まった?というけったいなルアーを見つけました。
その名は ”セニョール・トルネード”ビーズを針金に通してクルッと捻っただけのワームのような形のルアー。
水の抵抗を受けてクルクル回って魚にアピールするらしい、これがよく釣れるとかで使用禁止になってる管釣りもあるとかの噂?

ズルして魚が釣れるなら悪魔にでも魂を売り渡しかねないのが釣り人。特にこういう禁じ手の誘惑には弱いのであります。
罵倒、中傷、陰口を承知の上でそのトルネード・ルアーを真似て作ってみました。ホンマモンは赤とかオレンジとかの派手な色が主流のようなんですが、分別あるオッサンはぐっと地味にクリアなビーズを繋げてみました。
小さい方はフライ用のつもりでシラスをイメージして作ってみました、♯5番ライン位ならキャスティングできそうです。

この怪しげなルアーとフライで本栖湖とか忍野辺りをつついてこようかと・・・・周りのアングラーから白い目で見られそうな予感も。
[PR]

by troutclub | 2012-04-13 14:28 | 工作 | Trackback | Comments(2)

お酒呑む人、花ならつぼみ、今日もサケサケ、明日もサケ

世間は花見シーズンの真っ盛り、先週の末にお値打ち大衆酒場?「一軒め酒場」で、ソルトのお仲間3人と花見気分で一杯・・・・楽しく盛り上がりました。
ソルトはただ今、私的オフシーズンでして、ソルトの代わりに何処かに行こう!どうせなら九頭竜川のサクラ見物がいいと勢いづいたんですが・・・・。
酔いが醒めた明くる日には一転して 「寒いし、花粉症も嫌だし・・・」 結局スイッチが入らずで九頭竜川は何処かに雲散。

f0230940_14541320.jpg

そこでこの週末は、中途半端に残った未完成の仕事を仕上げることにしました。
まず、イラストレーターで描いたフェアレディー432Zのイラストを240ZGにモディファイ。気に入らなかったルーフとウインドーのシルエットを変更し、Gノーズ(グランドノーズ)とビス止めのオーバーフェンダーを付けまして、タイヤサイズをアスペクトレシオの低い物に描き直して、大雑把なドローイングは完了。
240ZGのオリジナルマルーンカラーは、イラストの色よりもっと紫がかった色のように記憶してるんですが、正確な色は分からずで今後の宿題に、もう少し手を入れて完成の予定です。
[PR]

by troutclub | 2012-04-09 14:59 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

市長死す

昨晩フジテレビ系列で放送してました、松本清張没後20年特別企画のテレビドラマ「市長死す」。
ブラッドノットの岡田裕師さんが、劇中のフライフィッシングシーンの釣り指導をしているって話だったので、気合を入れて最後まで観てしまいました。

ノンフィクションドラマですから架空?の温泉地での出来事になってましたけど、テレビを観てるとなんか記憶にあるような景色が・・・・フライフィッシングシーンの川って、ひょっとしたら新城の湯谷温泉?
岡田裕師さん自身もエキストラで出てるんじゃないかと目を凝らしてみてたんですが、こちらは見つけることが出来ませんでした。

f0230940_9522255.jpg

イッセー尾形に木村多江なんて、渋い役者さんが出演してましてなかなかいけました。フライマンのエキストラばかり見てまして「ウオーリーを探せ!」状態だったので、ストーリーはよく覚えてません。
ドラマで重要なポイントになっていた、「鳥目で夜釣りが出来ないウンヌン」の話にはちょっと引っかかりました。フライフィッシングの夜釣りも納得できないし、今どき「鳥目」は無いでしょ。

オリジナルは1956年頃に書かれた短編小説だそうですから、話の中に出てくる魚釣りは当然フライフィッシングでは無かったでしょうし、栄養不足による「鳥目」も普通の話だったのかも・・・?
最近のテレビドラマは携帯電話のシーンが多くてダレますけど、この「市長死す」には携帯電話のシーンが無くて?新鮮でした。
[PR]

by troutclub | 2012-04-04 09:56 | Trackback | Comments(0)