<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

サーフでベイトリールキャスティング

ヒラメのいい型が釣れてる?って話しが聞こえてきまして、いつものお三人さんで久しぶりに遠州灘の浜に出掛けてきました。
寒さを嫌ってゆっくり目のスタート。
朝の4時が始発で順番におっさんを拾って現場に着いたのが、すっかり明るくなった朝の6時・・・・いや7時頃。思ったほどの冷え込みは無くて助かりました。
おっさんフライマンが組んだベイトキャスティングのタックルは、どこまでサーフの釣りに使えるかのテストが今回のサーフの大切なミッション?

f0230940_1103911.jpg

結果から言いますと、条件さえ揃えばベイトリールでのサーフの釣りはまったく問題無し。重い海のルアーなら問題なく飛んでいきます、バックラッシュのトラブルも今回は皆無でした。
最初はベイトリールのマグネットブレーキを最大に締めこんでキャストしてましたが、いくら重いルアーでもこれでは飛びません。
3~4投テストした後にマグネットブレーキを開放状態にして、シャフトのメカニカルブレーキも左右にガタの出ない程度のユルユルの締め込みでキャストしましたら、一気に飛距離が伸びました。
もちろんブレーキを開放状態にしたセッティングでは、ルアーが着水する前のサミングが必要、着水直前よりルアーが落下し始めた頃からサミングを始めた方がよさそうです。
サミングのタイミングが多少ずれても、ラインがオーバーランする程度でバックラッシュする程のトラブルには至らずで、快適なサーフでのベイトリールキャスティングとなりました。
波高し、風やや強しの第一ラウンドはリールのテストをしただけで終わり、魚も釣れずでした。

f0230940_1111470.jpg

移動して第二ラウンドを始める頃になりますと、西風が一段と強くなり気温も急に下がって釣りをするには辛い状況になってきました。
風と坊主は10時から!・・・・ズバリその通りになってしまいました。
強い横風を受けて、第一ラウンドでは快調だったベイトリールキャスティングの飛距離が急に出なくなりました。嘘みたいに飛ばない・・・・寒さでオイルが固くなった?んじゃないかと疑うくらいに飛びが悪い。
ベイトリールは、強い向かい風や横風、ミノーとかの軽いルアーには向かないようです。それとルアーの着水を確認できない暗い時間帯の釣りも難しい。
ベイトリールの物理的なウイークポイントは、昔から何も変わっていないことを再確認。
条件の揃った時のベイトリールのハンドリングには、スピニングリールでは味わえない面白さがあるんですが・・・・・。
次回はマグネットブレーキの取り外しと、PEラインを細くしてのベイトリールのサーフキャスティングにトライのつもり。

f0230940_1114261.jpg

[PR]

by troutclub | 2012-02-27 11:11 | ソルト | Trackback | Comments(0)

サーフもベイトタックル?

河川の釣りが本格スタートする前に、海の釣りもこの週末あたりに”リ・スタート”が掛かりそう。
海のお仲間は寒さなんかものともせずで元気がいいです、「犬はよろこび庭駆け回り」なんであります。
塩抜きして一旦は仕舞いこんだソルト用タックルを、慌てて引っ張り出してきまして海のルアーを準備中。

サクラ、サツキをベイトタックルで狙うなら、海の魚もベイトリールで釣らなきゃ・・・・なんぞと悪心が起きましてただいま海用のベイトタックルのやりくりしてます。
ツーハンドのスピニングロッドならトリガーが無くてもベイトリールが使えますから、竿は海用のスピニングロッドをそのまま使います。問題は海で使えるサイズとスペックのベイトリール。
距離を稼ぐためラインはPEを使う予定。PEラインはハードガイドでも傷付けるそうですから、ワイヤーにメッキのレベルワインダーでは持ちそうにありません。古いABUのリールは除外。
ハードガイドのレベルワインダー付も用心のため除外。SICガイドのレベルワインダー付が理想ですがそんなリールは持ってません。

f0230940_18214191.jpg

手持ちの古いダイワのベイトリールに、クラッチを切るとレベルワインダーが左右に分かれてラインにタッチしないモデルがありまして、これなら物理的に傷つくことは無い?でしょって事でこれを使うことに。
面白い仕掛けです、Daiwa PHANTOM ZERO GS-15AC ゼロフリクションレベルワインド!
ただこのリールはBASSフィッシングブームの頃のお値打ちリール??でして、ベアリングがカーボンベアリングでスプールの回転がイマイチ・・・・。

そこで一旦リールを全部バラして、スプールシャフトの両側にボールベアリングが組み込める事を確認し、使えそうなボールベアリングを探す。
ラジコンのチューニング用ベアリングパーツが使えそう。サイズをチェックしたらピッタリで簡単に組み替え完了。
これだけでもスプールの回転が軽くなりルアーの飛距離が伸びそうなんですが、さらにベアリングをCRCで油抜きしてもっと軽く回るようにチューニング?回転音も「シャ------」に変わりました。機会を見つけてこのタックルでヒラメに挑戦です。
[PR]

by troutclub | 2012-02-21 18:26 | タックル | Trackback | Comments(2)

デジタル回転カウンター

性格でしょうね、自分の使うリールに巻いたラインの長さを承知してないとどうも落ち着きません。100mとか120m程度の小巻のスプールからの巻き取りなら長さは分かってますが、300m、600mの徳用スプールからだと長さがよく分からない。
100mおきにマーキングの入ったラインもありますけど、大物狙い?のおっさんフライマンにはちょっと中途半端な長さ。使えない長さで残ってしまったPEラインも勿体ない。

f0230940_9482896.jpg以前紹介しました、巻き取った回転数でラインの長さを測る自作のスプール。ラインの長さは正確に測れるようになったんですが、スプールが回った回数を数え間違えたりすると、最初からやり直しになって面倒臭かった。
そこでボンヤリし始めたおっさんの頭に活を入れて考えたのが、デジタル表示式のレブカウンターの取り付け。正確には回転積算カウンター。
スプールが一回転するごとに一つカウントし、その数字がディスプレイに表示される仕掛け。
写真は44回転した事を表していますから、スプールの外周44cmを掛けると現在約19mを巻き取った計算。断然便利がよくなりました、カウントの間違いもありません。

f0230940_9532250.jpg

この超ハイメカ機能の正体は、使わなくなって放置されていた”万歩計”。
こいつをスプールにクリップしまして電動ドリルでスプールを回転させますと、カチカチと回転数を正確にカウントします、便利です。商品化したら売れそうです・・・・?
万歩計を尻にガムテープで貼り付け、腰の動きの回数を計りますと”まん〇計”になります・・・・・か?
[PR]

by troutclub | 2012-02-18 09:58 | 工作 | Trackback | Comments(2)

ユーザー車検

ちょっと甘かったか・・・・・なんぞとただいま反省中。
一番目の倅にうまく乗せられまして、先週の水曜日に倅の車のユーザー車検をしなきゃいけないことになりました。この忙しいときに日当も出ない尻拭いみたいな仕事。

本来は、書類の書き方と検査ラインの通し方を教えて、倅が車検を通してテテ親は見てるだけの筈だったのに、車検の予約日直前になって、倅から仕事の都合で陸運局まで出掛けてる時間が無いなんて、ドタキャンの裏切りメール。
おっさんフライマンは、仕事でも釣でもドタキャン野郎は大嫌いなんであります。ご婦人は別ですけど。


f0230940_850013.jpg

オンラインで予約もしてあるしほっておく訳にもいかず、結局テテ親が陸運局まで出向く羽目になってしまいました。
慌てて前日に車の下回りを高圧洗車し、車の点検整備記録簿をチェックして、継続審査の書類を書き、念のために自賠責保険の継続契約もしておきました。
車検の予約は朝一番の第一ラウンド。重量税の支払いと継続用の納税証明書の発給を受け、受付で書類のチェックをして受付印をもらい書類の手続きは完了、後は検査ラインでぶっつけ本番の車体検査。

f0230940_8504147.jpg同一性の確認、外廻り検査、サイドスリップ、スピードメータ、ブレーキ、排ガス、下回り検査とほとんど合格だったんですが、ヘッドライトの光軸検査で痛恨のバッテン。
一瞬、こんな事に足を引っ張られてると週末に九頭竜川に行けなくなる!なんて不安がチラッとよぎる
検査ラインを出てそのまま近くのテスター屋に走って光軸調整をしてもらい、再度検査ラインに並んで再検査。二回目はバッチリ合格しました。

予定より一時間ばかり余計に時間が掛かってしまいましたが無事車検合格。やっぱり予備検くらいはしておいたほうがよさそうです。
それにしても、あのドタキャン裏切り者めが・・・・ふんとにもう! 親の顔を見てみたい。
[PR]

by troutclub | 2012-02-15 08:53 | クルマ | Trackback | Comments(0)

九頭竜川

行って来ましたサクラマスの九頭竜川へ。
今回は大雪の後のドライブってことで、モンテカルロラリーの気分?で峠の雪道を選んで走ってきました。
21号線で関ヶ原の峠を越え365号線で木之本に入り、8号線で塩津街道の峠を越えまして日本海の敦賀に入ってそのまま福井までドライブ。
どの道もしっかり除雪されててほとんど雪は無し。雪国の主要幹線道路は一晩で除雪されてしまうみたいです。
8号線の塩津街道の峠なんか、凍結防止の水をシャワー状態で大量に流してまして、峠道を水が川のように流れてて驚きました。

f0230940_1056713.jpg

九頭竜川の流れは濁りも無くいい感じでした。水の量もタップリ?ユキシロが入るまではこんな状況が続くんじゃないでしょうか。
福井大橋から高屋橋まで全て見て回りましたが、ポイントには満遍なく釣り人が入ってました。
道路わきに寄せられた雪のため、車の駐車スペースが確保できずで、九頭竜川北岸側は釣り人が少なく?その分駐車の楽な南側には釣り人の姿多数。
全てルアーの釣り人でした。フライは居なかったのか見落としたか?分かりませんが発見できず。
おっさんフライマンは、ラッセルして川に入る元気はありませんで、もっぱらリバーウオッチ専門。

f0230940_10564557.jpg

10投程、持参のベイトリールのサクラマスタックルをテストしてみましたが、10g程度のミノーでは飛距離が出なくてちょっとガッカリ。
気合を入れた目一杯のシューティングスペイと同じくらい?・・・もっと短い飛距離だったかも?
「気持ちだけが飛んでいく、ベイトタックルとシューティングスペイ」 江戸川柳・・・・・。
仕入れてきた越前ガニ?と焼きたてのピザを肴に久しぶりに痛飲。
明くる日は、もういっぺん九頭竜川の解禁エリアをウオッチしてから、福井の郷土歴史博物館で「越前松平家の名品11」ってのを見学して、サクラマス初釣行??を終りました・・・・とさ。

f0230940_10565923.jpg

[PR]

by troutclub | 2012-02-13 11:05 | | Trackback | Comments(1)

ベアリングチューン?

解禁になりましてもフライフィッシングの方には気が入りませんで、今年はまだフライを一本も巻いてません、面倒臭いです。
その代わりにサクラマス解禁タックルに夢中?海のルアーを引きずったまま今年は川でもルアーが活躍しそう??
川の釣りと言いましても、サクラマス、サツキマスの海から上がって来る魚しか興味がありませんから、これも海の釣りの延長と言うこにしておきます。
先回ご紹介しましたサクラマス用ベイトロットとABU2500Cリールの組み合わせ。セッティングしてるうちに、ノスタルジックな味わいだけでは、釣道具の性能に何のプラスにもならないことに気付く。
40年前にいくら高性能だったとは言え、最近の高精度なリールにはいろいろな意味でやはり劣ってます。釣り場で抜き差しなら無くなる前に、もっと年式の新しいリールすることに決定。
ABUの2500クラスによく似たサイズとデザイン?でお値打ちなリールをいろいろ物色してました。
あくまでABUの丸型両軸リールにこだわりまして、写真のようなABUのプロマックス3600をよく行く釣具屋で調達、もちろんユーズド。ABUにしては不人気モデルのようで安かったです。

f0230940_1550032.jpg

サイズも糸巻きの量も2500番クラスと同程度、メカニカル&遠心式のブレーキも同じ、マグネットは使ってません。
一度全部バラして古いオイルのふき取り、8個もあるボールベアリングはCRCでオイル抜きをして新たに粘度の低いオイルを再注入、ベアリングチューニング?
やはり基本設計が新しいリールは調子がいいです。10lb.テストのナイロンラインを巻いて全てがスムーズに動く事を確認しビミニツイストでショックリーダーまで追加。
気分をよくしてリールシートに刻まれたシリアルナンバーを見ると、製造年は1992年?ちっとも新しく無いじゃん。
このリールもすでに20年選手ですか・・・・恐るべし高度 高齢化のABU両軸リール。

手前のグレーのハンドルのリールがプロマックス3600、黒いリールは名機5000C。
[PR]

by troutclub | 2012-02-08 15:53 | タックル | Trackback | Comments(0)

Rockbox

この寒さでこの二日ばかり引きこもり状態でお仕事?河川の解禁・・・・釣り人の皆さん今年もいい夢見てください。
気が付きゃ今日は節分、文字通り、今日を節目に暖かくなってくれといいんですが。
前から気になっていた”iPod”のファームウエアを書き換える「Rockbox」っていうフリーソフトがありまして、今回手元にあります「iPod」にこれをインストールしてみることにしました。
巷ではかなり音が良くなるらしいって噂。
インストールに失敗するとiPodそのものが死ぬこともあるようで、人柱になるのは最近はほとんど使ってないiPod mini改の8G!

f0230940_1172327.jpg

インストールは超簡単、10分もあれば完了します。
インストール後のお作法がちょっとややこしいので、WEBのRockbox解説サイトをよく読んでセットアップします。
日本語ランゲージまで完了し、「iPod OS」と「Rockbox」を再起動で行ったり来たりして音楽ファイルを「iTunes」からiPod miniに転送。
パーフェクトでインストール完了の筈だったんですが、音楽ファイルの表示に一部文字化けあり。
Rockboxの機能も多すぎて操作を覚えるまでが大変みたい。iPodとは操作の方法がかなり違うので、頭の体操で当分楽しめそうです。

f0230940_1174426.jpg

イヤホンジャック→プアなアンプ&スピーカーから聴いた限りでは、iPod miniの音よりかなり良いです。
昔のオーディオ評論家風に表現すれば、ダイナミックレンジが広がり覆っていたベールを一枚剥がしたようなナンたらカンたら・・・・・。
シロートの耳でも分かるくらいに音が変わりました。
インストールはあくまで個人の責任で・・・・・。
[PR]

by troutclub | 2012-02-03 11:11 | Trackback | Comments(0)

プリンスR380

現代の日産GT-Rの始祖?にもなるプリンスのR380。
幼い?ながらも日本でもこんな純レーシングカーを造れるんだと感激した覚えが・・・・・。

WINのXP、イラストレータ9.0で以前作成したイラストなんですが、ドローイングしたデータを保存できないエラーが発生し当時慌てた覚えが。
データが重いのか、レイヤーが多すぎるのか、データの破損か、バグなのか未だに不明。

f0230940_18132791.jpg

[PR]

by troutclub | 2012-02-02 18:15 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)