<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

半期に一度のオイル交換

猛暑だった今年の夏をなんとか乗り切り、先日の休みは高速道路と富士山周辺の坂道を走り回ったクルマ。10月を前にかなりクタビレてるはずのエンジンオイルの交換をすることにしました。5000kmちょっとの走行距離、半期に一度のお勤めです。
今回はいつものワコーズのオイルじゃなくて、ホームセンターで売ってるバーゲン価格の4L缶入りオイルを二缶仕入れてきまして自分で交換することに。
理由は簡単、今までのオイル交換のコストが高過ぎたことと、電動のオイルチェンジャーが安く手に入ったから。
手動式オイルチェンジャーなんてのも売ってましたが、ガサがデかくて始末に困りそうなのでコンパクトな電動式で手を打つことに。
オイルチェンジャーで抜いた古いオイルをオイル処理パックに流し込んでオイルパンを空にしてから、新油をエンジンに入れてオイルの量を確認してオイル交換はオシマイ。規定?の3.5L丁度が入りましたから、オイルパンはほぼ空になりオイルは全量交換出来たものと思えます。
5000kmの走行は予想していた以上にオイルが汚れてました。真っ黒になったオイルはクルマよりも人間の精神面にダメージが大きいかも・・・・・。
交換は簡単なんですが、オイルで汚れたオイルチェンジャーのパイプとかの始末が面倒臭い。ここは手を惜しまずブレーキクリナーを使ってしっかり洗浄しておきます。
手を抜くと、次にオイルチェンジャーを使うとき真っ黒なオイルでベタベタになります。
廃油の入ったオイル処理パックは、口をしっかり塞いで可燃ごみに出します。町によって取り扱いが違うようなのでそれぞれ指定の方法で始末してください。どこかに捨てるなんてのはマズイです。

f0230940_85631100.jpg

エンジンオイル交換のついでに、最近ウオッシャー液の減りが早いウオッシャータンクをチエックしてみました。タンクとブローバイガス還元の?サージタンクをずらしてみると、ウオッシャーパイプの一部が硬化してひび割れしそこから水漏れしてました。手で触るとパイプは簡単に割れてしまい寿命のようです。
そのまま騙し騙しで使いたかったんですが割れてしまっては使い物にならずで、割れたパイプのバイパス用のパイプを製作する羽目に。
写真は銅パイプとウレタンチューブを使って作ったバイパスパイプと、用意したパイプのコネクター、近日バイパス手術の予定です。

f0230940_8565350.jpg

[PR]

by troutclub | 2011-09-29 09:05 | クルマ | Trackback | Comments(0)

晩秋の?忍野、本栖湖

焼津漁港の食堂へ刺身定食を食べに行ってきました。
今年の5月にソルトのお仲間三人と行った刺身てんこ盛りの店です。今回は刺身だけじゃなくて金目鯛の煮付け定食も注文して海の幸三昧?金目の煮付けはかなりのお勧めです。
観光地ズレしちゃった沼津漁港の海鮮物の食堂街より、今は焼津港の方が狙い目!個人的な感想としてはこちらの方が断然お値打ちだし鮮度もよさそう・・・・。
食いすぎて苦しくなったところで、駿河湾沿いを沼津まで腹ごなしのドライブ。台風の影響か海の色はイマイチで、釣り人の姿も少なかったみたいです。

そのまま沼津で飲んだくれて一泊。次の日は富士山をぐるっと廻って忍野で魚釣り。持参の道具はシングルの竹を一本と小さなバックに詰め込んだフライケースが3個、もちろんフライリールも。

f0230940_10571294.jpg

今シーズン最後の川ですから、思い出に残るようないいサイズのヤマメを一匹なんぞと甘いことを考えたんですが、いつもは水量・水質ともに安定している忍野も台風の影響で大増水。
自衛隊橋の辺りは川がかなり濁ってまして、ルアーはそこそこ釣れてたようですがフライでは釣りにならず。自衛隊橋の辺りは台風の雨で冠水した痕跡がありました。
フライ専用エリアもゴミ混じりの増水で条件は最悪。リーバーキーパーからの情報では、満水の山中湖が放水を続けていて下流の忍野がその影響をもろに受けてるようです。来年の春までこんな状況が続くんじゃないかとの話。
魚は相変わらずミッジに偏食気味なようで、時々水面に顔を出して何かを食べているようでした。夕方までフライを取っ替え引っ替えで粘りましたが結果は出ず今年の川は終りました。

f0230940_10575279.jpg

明くる日に行った本栖湖も、フライキャストのバックが取れないほど目一杯に水が増えてましてほぼ満水状態。シングルの竿では竿を出す気にもなれず。
本栖湖から朝霧高原辺りはススキが満開状態、晩秋のような寒さに久しぶりにクルマのヒーターを入れてしまいました。テレビでは富士山に例年より早い初冠雪があったとかのニュースが・・・・。
今年の川はこれで全て終了、結果も未練もなにも無しのサッパリしたシーズンオフです。来週からはソルト一本になります。

f0230940_10581424.jpg

[PR]

by troutclub | 2011-09-27 11:07 | | Trackback | Comments(0)

3秒ルール

また台風です。毎週のように台風が吹き荒れてます日本列島、今度は四国から近畿、中部、関東と日本を舐めるように通過して行きました!
これだけの雨が降ってしまうと、今シーズンの河川の釣りは禁漁を待たずして事実上の終わり?水が引いても魚はもう居ないと思う。
電話で話をしたトラウト専科のお仲間は、「水が引いたら犀川へ・・・・」なんて根性発言。まだ諦めきれてないようです。
おっさんフライマンは、気持ちがシーズンに入ったソルトの方に行きっぱなしで、川が増水しようが禁漁になろうが心が揺らがないのが寂しい・・・・。

f0230940_1612674.jpg

先日、福井の海での筆おろし?したCASIOのデジカメ。いきなり水没では可哀想なので防水用のビニールバックを作ってみました。
プラスチックワームを入れるチャック付のビニール袋をセロテープで補強し、ストラップを通す真鍮製のハトメを打ち込んで制作時間約5分で完成。
念のためにお菓子とか味付け海苔に入っていた乾燥剤を、両面テープでビニール袋の内側に貼り付けてあります。多少はビニール袋の中の湿気を吸収してくれるんじゃないかと期待。
塩分や脂分の多いお菓子に入っている乾燥剤は、塩分がカメラに悪さをしそうですから止めておいた方がよさそう・・・・。
使い勝手はいいです、大きく開くチャックでカメラの出し入れが楽ですし、胸のポケットにもすっぽり入ります。気密性も高そうで?秒単位の水没なら役に立ってくれそうです。
「食べ物を落としても3秒以内に拾えば食べても大丈夫!」の3秒ルール仕様の防水ビニールバック!ほんの気休めです。
[PR]

by troutclub | 2011-09-21 16:16 | 工作 | Trackback | Comments(0)

福井でソルト & 九頭竜川河口

この日曜日、台風の影響で太平洋側の海には3mのうねりが来てまして、いつもの浜は危険ということで、残念なが秋のショアスタートは足踏み状態に。
台風の影響が少ない日本海なら大丈夫でしょ!と、ソルトの先生の鶴の一声で、福井県の浜まで200kmの深夜ドライブと相成りました。
狙いはショアからのヒラメにスズキにアオリイカ?気の早い時知らず青物、九頭竜川河口の外道にも期待・・・・・なにか釣れるまで帰らない覚悟?
深夜の1時に出発し休憩一回で午前4時に現着したんですが、またコンビニのある場所まで用足しに戻ったりしてもたつき、浜に立ったのが空が少し白んできた午前5時。

f0230940_12525388.jpg

いつもの癖で太陽は水平線の向こうから昇ると思い込んでるおっさんフライマン、背中に朝日を受けての日本海の釣りはなかなか新鮮。福井の海は台風の影響も無く静かなもんでした。
朝の5時から始まったこの日の釣り。太陽が昇りきった9時に一旦海から上がり、続いて近場の港まで走ってエギングにポッパーでの黒鯛狙い、ワームのシェイキングでヒラメ狙いと、昼までなんでもアリの釣り大会に。

f0230940_13323850.jpg

昼飯は九頭竜川河口の温泉施設で、おろし蕎麦にソースカツ丼にビールを少々・・・・。
温泉に入ってグッスリ昼寝をしてまた温泉に入りリフレッシュ。4時過ぎから温泉施設前の九頭竜川河口の堤防で釣りを再スタートし、真っ暗になった6時半過ぎにクルマに戻り撤収。
本当はなにかを釣るまで帰らない鉄の掟の筈だったんですが、皆さん急に里心がついて、晩飯も食わず休憩も無しで一気に200kmを走り帰ってきました。
運ちゃんのタフさぶりに脱帽、ありがとうございました。
朝の5時から昼寝を挟んだものの夜の6時半まで魚釣り。朝から晩まで都合13時間半の魚釣りトライアスロン?・・・・疲れました。

f0230940_1254377.jpg

九頭竜川河口の夕暮れ
[PR]

by troutclub | 2011-09-19 12:59 | ソルト | Trackback | Comments(2)

台風一過 海せん山せん

先回の台風12号、あちこちに大きな被害を残していったようです。
先週末に海に出掛けたソルト三人組みの中のお一人、浜に出てはみたものの台風の大波で砂が流され、浜の風景まで変わって見えたそうです。一週間前の濁りがまだ残っていて釣りのほうも芳しくなかったとか。お暑い中ご苦労様でした。

f0230940_1664335.jpg

安曇野の犀川にキャンプ&フィッシングで出掛けたこちらはトラウト専科のお仲間。犀川の流れが大雨ですっかり変わってしまい、良さそうなポイントには砂が入り見る影も無かったとか・・・・。
夕方の川の水温が20℃、朝方でも15℃を下回らず鱒を釣る水温ではなかったようです。
このトラウト専科のお仲間、どうも赤外線非接触温度計?とやらを仕入れたようで、あちこちで川の水温を測り、魚釣りそっちのけで「リーバー・サーモウオッチング」を楽しんでいたようです。
この赤外線非接触温度計があれば、ガールフレンドの体温の変化を悟られず観察でき、上気したガールフレンドをグットタイミングで口説けるから便利!と言った?とか言わなかったとか・・・・? 

f0230940_1665895.jpg

熱による体積の誤差をなくすため、最近のクルマのトルコンOILは交換時に温度の管理が不可欠。
この赤外線非接触温度計ってのが便利と聞きました。直接OILの温度を測るんではなくて、OILパン表面の温度を測ることで温度を管理するようです。またガラクタが一つ増えそう?
[PR]

by troutclub | 2011-09-13 16:09 | Trackback | Comments(0)

水没覚悟!釣り用カメラ

ショアの釣りに快適なシーズンとなってきまして、ソルトの準備にただ今道具立てをチェック中。
その中で、海でも山でもずっと釣りの相棒として使ってきました、魚釣り用カメラのフジのFinePixを引退させることにしました。
引退の理由は、起動の時間が長くなってきたことと、メディアがいまや負け組みの「xDピクチャーカード」でいろいろ不都合なことが多い。それとずんぐりムックリの形と大きなサイズで釣りベストのポケット中で収まりが悪い。
なぜ今までこのFinePixを使っていたかといいますと、川でも海でもいつ人間と一緒に水没するか分からない釣り用のカメラですから、いつダメになっても惜しくない、割り切って使えるカメラだったから・・・・・。
気に入ってたとか、思い入れがあったわけじゃなくて、ただソロバン勘定が合っていただけ。それに壊れませんでした。

f0230940_7535731.jpg

次に水没心中に付き合ってもらう予定の釣り用のカメラは、CASIOのデジカメになりました。カードサイズカメラの中でもかなりコンパクトな方、胸のポケットにすっぽり入って邪魔になりません。
もちろん水没が前提ですから、オークションで仕入れたお値打ち品の中古カメラ。ソロバン勘定もピッタリです。
500万画素の高画質?写真データを商業印刷の350dpiで使うわけではないのでこれで充分。
シャッターチャンスにその場所でカメラを持っていたかがスナップショットのキモ? 時合いに釣り場で竿を出していたかと一緒です? 次からはこのブログの写真も画質が少し変わるかも?
[PR]

by troutclub | 2011-09-11 08:00 | タックル | Trackback | Comments(0)

水漏れウエーダー

この春先からウエーダーの水漏れをブーたれていたソルトのお仲間2人。どうも本格的なソルトのシーズンに入ってウエーダーを新調したらしい。
こちらも、水漏れウエーダーを騙し騙しで使ってたもので、連れション気分で一つソルト用の新しいのをおろそうかと考えたんですが・・・・・・。
ウエーダーなんてオークションで買えば安いもんジャン・・・・なんぞと思っていたのに、透湿素材のラジアルソールなんてのを探すと結構なお値段でして、いざ買おうと思うとなかなか手が出ない。
いい年こいてウエーダーくらい自由にと思うのですが、セガレ2人にカジリ取られてやせ細った?スネでは、足元がおぼつかなくて清水の舞台からも飛び降りられないです。
そこで今回も、セメダインスーパーXに登場願いました。
f0230940_1244677.jpg

このセメダインスーパーXを、水漏れ部分と思われる怪しい箇所に塗りたくります。これで大丈夫と自信を持って海に入るとまた新たな水漏れが始まる。
この廃棄処分にしてもよさそうな、透湿素材のウエストハイウエーダーには、2本分のセメダインスーパーXがたっぷり塗りこんであります。
でも海に出るとまた、何処かから水漏れが始まるんですよね・・・・。
ちなみにおっさんフライマンが現在使っている現役のウエーダーは、この海用を別にして、河川渓流用のゴアテックスウエーダーが3足、冬用のネオプレーンウエーダーがこれも3足、ヒップブーツ1足です。
確かにこれだけウエーダーを持ってたら、わざわざ新しいの買う必要は無いです(キッパリ!)
思うにこの水漏れウエーダー遊びは、真冬の海でいつ冷たい水が漏れてくるかの自虐的緊張感を楽しむ、マゾヒスティックプレイだったりして?
[PR]

by troutclub | 2011-09-08 12:49 | タックル | Trackback | Comments(2)

世田谷ベース・スカイライン2000GT B

f0230940_10132127.jpg

ここの所、暇なようで、なんか忙しいようで・・・・? 新しいイラストを起こしてる時間が無くて残念。
描きたいテーマは山ほどあるのに勤勉さの足りない人間は、行動に移るのがどうも遅くなっていけません。
お遊びで描きました「世田谷ベース・スカイライン2000GT B」のイラスト。以前描きました「プリンススカイライン2000GT」の日本グランプリマシンに手を加え、化けさせました。
まだ未完成なんですが、感じは出てます。ニッサンではなくプリンスの「スカイライン」です。
[PR]

by troutclub | 2011-09-06 10:14 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

嵐の中の夢・・・

台風によるこの雨風では魚釣りは無理です。
一週間前の予想がドンピシャで当たってしまい、運悪くこの週末に日本列島を台風が通過中。
ただ今の海の状況は外海の浜で6mのウネリ、内海でも4mのウネリだそうです・・・・・魚釣りどころか命が危ない。秋のソルトゲーム、本格的スタートは日延べです。

なんかリアルな夢を見てしまいました、この歳になってなにかの試験を受けてる夢。
忙しくて試験に遅れて行って、優しい女性の試験官に案内されて試験は受けたものの、試験の答えがサッパリ解らず、記入項目がやけに多い氏名欄を埋めるだけで、時間が来てしまうという夢。
夢はまだ続き、優しい女性の試験官とその後面接。試験の点数を聞かされガッカリして、優しい女性の試験官に慰めてもらうという、恥ずかしいような、嬉しいような・・・・風俗プレイみたいな夢?
オッサンは優しく美しい女性の愛に飢えているのであります。

この夢、二番目のセガレが受ける某国家試験が気になって、それが夢になってリアル映像で出てきた感じ?いくつになっても、心配性の性格は変わらないのネ・・・・。


[PR]

by troutclub | 2011-09-04 12:43 | Trackback | Comments(0)