<   2011年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ラスト サツキマス

梅雨入りしたと思ったら、台風までやって来まして先週末は日本列島ジャジャ降りの天気。
一時は警戒水位まで水かさが増した各河川、水位が下がり始めると同時に待機していたサツキマスは一気に上流に上ってしまい、遡上するマス狙いの本流釣りはこれで終ったかなーの予感が、6月からは鮎釣りも始まりますし・・・・。

f0230940_19545954.jpg

台風直前の土曜日、最後のチャンスと思いまして雨の中をいつもの川までサツキマス狙いで出掛けました。川に着くころには雨も上がり、他に釣り人の姿も見えずで川は貸切状態。
今年のサツキマスもいいところ無しでした。土曜日の朝に一度だけ、流しきったチューブフライに ”クイッ” と摘むような当たりを感じたんですが、その日はニゴイがあちこちでモジってましたから ”クイッ” の正体はこちらかも?
サツキマスだったらいきなりガツンと持って行かれます。
その後、この大増水につながる雨が降り出して、サツキマスオンリーだった5月が終りました。

f0230940_19564097.jpg

とうとう寄る年波には勝てず?引っ張り出してきたウエーディングスタッフのお世話に・・・・・。
本当は雨による急な増水を警戒しての安全対策。持っているとなにかと便利でして、河原を歩くときもウエーディングのときも三点支持でバランスが良くて楽ちん。
写真のウエーディングスタッフは、頑丈な折りたたみ式の杖をバラして作り直した自作品。全体重をかけても持ちこたえます。
ホルスターは知り合いの Leisure Pursuits FUTO さん製作の特注品。20年位前に作ってもらいました。しっかりした作りは昔のまま、さすがに革製品は長持ちします。
[PR]

by troutclub | 2011-05-31 19:52 | フライフィッシュング | Trackback | Comments(0)

サービスインターバル ピ~!

台風接近中の土曜日の朝、サツキマスのラストチャンスと車のエンジンを掛けたら何かの警告音が「ピ~!」
もう一度エンジンを掛け直しても同じように「ピ~!」
クルマのどこかが壊れた?シートベルトの警告音?出鼻をくじかれたようで気分の悪い音。そういえば以前にもこんな事があったような記憶が・・・・。
思い出しました!クルマの”サービスインターバル”とか”サービスインジケーター”とかいわれるクルマ点検の警告音。
オイル交換の時期とか点検整備の時期を、クルマの状況とはまったく関係無しで騒いで知らせる仕掛け。口うるさい姑がメータパネルの中に居るみたい。ずいぶん余計なお世話。

f0230940_845522.jpg

事情を知らないクルマのオーナーは警告音を消してもらおうと、慌ててクルマのディーラーに駆け込む。
そこで、そろそろオイル交換の時期ですよ!とか、車検や推奨点検のお勧めとか、クルマの買い替えのセールストークとか、色々なビジネスチャンスが生まれる・・・・よく考えられてます。
でも、このサービスインターバルのピ~音、わざわざディーラーに出向かなくても、素人の手でも簡単に消すことが出来ます。
うちのクルマは、トリップメーターをリセットしながら、イグニッションキーをONにして、時計の時刻調整ノブを右に回すとリセットが完了します。
やり方はクルマによってそれぞれ、コンピュータに繋がないとリセット出来ない?クルマもあるようですが・・・。
そんな訳で一昔前のPDAにメモッてあったリセット方法でリセットを完了し、30分遅れで雨の中をサツキマスの川に出撃。

PDA : Personal Digital Assistant
[PR]

by troutclub | 2011-05-29 08:51 | クルマ | Trackback | Comments(0)

関東・東海 梅雨入り

何年か前に、”無くしても惜しくないフライ” もよく釣れるフライの条件!なんて記事を、本屋の立ち読みで見つけまして、なかなかウンチクのあるお言葉と今でも覚えてます。本は確かフライフィッシャーだったと思う。
早く大量に巻けて、コストもロストも気にせず使えるフライなら、どんどんポイントに送り込め、これが釣果にもつながる?
f0230940_5434221.jpg


そのよく釣れるフライ?をヒントに何本か渓流用のニンフフライをに巻いてみました。。
ラビットファーとかフェザントテールのボディーに、コパーワーヤーをグルグルっと巻いて補強しただけの、モヤッとした簡単フライをフライケースに二列ほど追加。ウエイトは手芸用の金属ビーズで手抜き。
関東・東海エリアも早々と梅雨入り宣言で川の釣りは先行き不透明。渓流に出掛ける元気も予定も無いけど、そのうち役に立つこともあるでしょ?・・・・・撒き餌にこのフライをばら撒けば魚の活性も上がるかも?
[PR]

by troutclub | 2011-05-28 05:50 | フライ | Trackback | Comments(0)

ETC休日割引廃止 ですか?

地震のドサクサと震災の復興財源を免罪符に、いつの間にか高速道路のETC休日1000円割引の廃止が決まったようです。飴玉だった平日上限2000円の話もチャラになった模様。6月中には廃止になりそう?マスコミも知らん顔でニュースにもなりません。なんか胡散臭い。
片道12,900円、往復で25,800円也、最寄の高速道路ICから四国の高知ICまで走った、ETC休日割引が無い場合の高速料金。
ETC割引の無くなった高速料金で四万十川まで走るのは痛いです、赤目の話も自然消滅・・・・?
もともとETCの休日割引が前提の計画ですから仕方ないですけど。

f0230940_64415.jpg

ETCの割引がなくなると、休日に高速道路利用で移動する人が激減で、震災に関係ない地域まで景気がガタッと冷え込むんじゃないかと余計な心配まで・・・・?
高速道路代を無理やりガソリン燃費に置き換えると、大雑把な計算でリッター/5.5km、150円で5.5kmしか走れない計算。走行距離が短いとリッター/3.2kmくらいまで悪化しどんどん割高になります。
高速道路をドライブするって、ずいぶん贅沢なもんだったんですね。犀川も九頭竜川も駿河湾も、これからは遠くなりそうです。
[PR]

by troutclub | 2011-05-26 06:05 | | Trackback | Comments(0)

PEライン ノッター

梅雨を思わせる天気が続きます、九州地方は早くも梅雨入り宣言。本流狙いの釣りは苦しくなりそうです。
サツキマスが一段落したら近くの海でスズキとかマゴチを釣らない・・・・なんて話になってきまして、結構その気になってます。渓流もいいけど"こまい"釣りは肩がこってどうもいけません、釣り場も遠いし・・・・。
夏の海は暑いです。ウエーダーの替わりに半ズボンとサンダルを履いて、早朝から陽が昇るまでの釣りになりそう。
f0230940_7203796.jpg

そこでソルト用ラインシステムの再チェックを。
ソルトの釣りに欠かせないPEラインの結束をより確実にするために、以前製作した”MIDノット”や”PRノット”用の自作ノッターを作り直しました。
以前はワームシンカーをフロスのボビンに詰め込んだだけで、バランスがイマイチの作りでしたが、今回は鉛を鋳込んだ銅パイプをボビンの中心部に圧入することで、大回転のブレが減りバランスが良くなった感じ? 
f0230940_7213771.jpg

アルミ製の赤いホビンは市販のPRボビン(ノッター)、こちらは少々重過ぎて手を滑らせ顔面に当たるとかなり痛そう。結構お高いです。
PRボビン(ノッター)って日本のアイデアたと思ってたけど、どうも違うみたいです。オリジナルのような顔してパクリで商売してるんですね。 釣り具業界ってそんなものかも・・・・?


[PR]

by troutclub | 2011-05-24 07:23 | 工作 | Trackback | Comments(0)

サツキマス 後半

先週末、低気圧通過後の増水で釣りが出来るような本流は見当たらず。サツキマス遡上のピーク?五月の週末を一つロスト。
その分この週末は、土・日続けていつものサツキマスポイントでツーハンドのフライロッドを振り回してきました。
土曜日、天気は晴れで朝はゆっくりの出撃。メンバーはトラウトのお仲間と2人。今回は水位が下がりポイントを直撃できる場所まで立ち込めていい感じでした。
ここのポイントは、川の中にもう一つドン深の川が流れているような場所で、かなりの深さと早い流れでフライが思うように沈んでくれません。
逆転の発想でフライを水面直下で流したりもしましたが結果は出ず。暑くて昼前には川から上がり、温泉でサッパリして解散。
f0230940_8534511.jpg

日曜日、朝から雨の天気予報で出撃を迷う、雨覚悟でとりあえず川までドライブ。
雨はまだ大丈夫のよう? トラウトのお仲間がすでに竿を出してましてこちらも急いで川に入る。日曜日なのに釣り人が少なくて調子がいいです。
まずオーバーヘッドキャストで対岸の渕を狙う。フライは一瞬ポイントに留まっただけですぐに流されてしまいペケ。
足元の深みを重めのシンクチップで流してみましたが、これもどこまで沈んでいるのかよく分からない。
川底からわきあがる流れにはどんなに重いラインも沈みが悪いです。キャスティングを考えるとラインの重さにも限界があるし。
トラウトのお仲間は、スカジットラインに、MOWヘヴィー7.5ftシンクともう一つT-17のシンクチップを1.5mほど足して悪戦苦闘?
サツキマスは目の前の深みに必ずいるのですが、フライにはバイトしてくれない。魚を釣るフライフィッシングは難しいです。
釣りを始めて2時間ほどで雨が降り出し、釣り道具を片付ける頃には本降りに。、最後は車の運転も怪しくなるような土砂降りの雨となり、温泉で冷えた体を温めてから解散。
[PR]

by troutclub | 2011-05-23 08:59 | フライフィッシュング | Trackback | Comments(0)

満月の大潮

f0230940_14235912.jpg

先日、潮の加減が良かったので、今年2回目になる潮干狩りに行って来ました。
先回潮干狩りに行った時は新月の大潮で、今回は満月の大潮。干潮の時間も良くいい具合でした。
昼飯はイオンで調達したケンチキのフライドチキンと、フランクフルトにお稲荷さんが少々、オッサンにはご法度のメタボメニュー。
f0230940_14241847.jpg

風が強くてTシャツ一枚では涼し過ぎました。アサリが一握りほど?取れたところで撤収。ちょっと距離があったんですが、先月オープンしたばかりの日帰り温泉まで走り、汗を流して休憩室の立派なリクライニングシートで昼寝したらもう夕方・・・・いい一日でした。
でもって、獲ったアサリで作った・・・・もらった、あさり飯がこれ。
少々醤油の色が濃いように見えますが、八丁味噌とタマリ醤油にどっぷり浸かって育った田舎もんには、このくらいが丁度いいです、結構なお味でござーました。
f0230940_14242928.jpg

[PR]

by troutclub | 2011-05-20 14:30 | 食べる | Trackback | Comments(0)

四万十川 アカメ

始まってもいない梅雨が終ったらの、まだまだ先の話。
7月の半ばを過ぎた頃に、四国の四万十川に出掛け "アカメ"(赤目)を釣りたい!なんて一人で舞い上がってます。赤く光る目をした大きな魚、釣れる保障はまったく無し。
高速道路のETC割引も怪しいし、体力も自信が無くなる一方だし、四国まで一人でクルマを運転して出掛けられる残り少ないチャンス?



高速道路を走り瀬戸大橋を渡り高知に到着するまでの所用時間は、順調にいっても片道で約6時間。大阪は吹田付近の慢性渋滞を考えると8時間くらいはかかりそう。真夏に8時間耐久ドライブはキツイです。
ぶっけ本番で何とかなるんじゃないかと、早速、高知市に前割のお値打ちな宿を予約したものの・・・・。
改めて四国の地図を見ますと、四万十川のj河口は高知市よりまだ西に100km近くも離れた四万十市にあります。
途中で高速道路も終ってるし、高知に宿を予約したのはミスチョイス? かと言って四万十市まで一気に走る自信も無い!・・・・・・・・早くも計画倒れの予感。
[PR]

by troutclub | 2011-05-19 09:45 | Trackback | Comments(3)

カーイラストレーション

日本グランプリレースと言えば、今ではF1 日本グランプリのことで毎年秋に開催されますが、その昔は東洋の島国で開催されるローカルレース?扱いで、初夏の5月の連休頃に開催されいたのを覚えています。
そんな時代のグランプリマシンをベクターデータイラストで、ヤフオクでご紹介中!
f0230940_15134418.jpg

[PR]

by troutclub | 2011-05-17 15:17 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

ブレーキランプスイッチ 2

そのうちにと思ってましたブレーキランプスイッチの交換。釣りに出掛けない日曜日の朝、我慢できずに作業に取り掛かることにしました。釣り人は気が短いなんてことをよく言いますが ビンゴ! かなりのイラチです。
運転席側ダッシュボード下の二重になっている内装パネルを順番に外すと、クルマのリレーベッドと電源パネルにアクセス。その横にあるブレーキアームの取り付け部にブレーキランプスイッチが取り付けてあります。写真はスイッチを外した状態。
f0230940_6122656.jpg

バッテリーから太いケーブルで直に12V60Aの電気が来てる場所ですから、スパナなんかを振り回して短絡させたりすると、ちょっとヤバそうです。二重のパネルで覆ってあるのも納得。
ブレーキランプスイッチは時計回りにまわせば簡単に外れます。取り付けるときはその反対なんですが、スイッチ側に細工がしてありまして、ブレーキペダルを押し込んだ状態でスイッチを取り付け、ペダルを戻すとセルフレベリングで、ブレーキランプの点灯するタイミングが自動的に決まる面白い仕掛けになってました。どちらかというと生産性を考えての細工。
f0230940_6125580.jpg

取り外したブレーキランプスイッチをテスターで通電テストすると、何回テストを繰り返してもオン・オフで針が正確に振れます。まだ充分使えそう・・・・・慌てて交換する必要は無かった?
ひょっとしたらATセレクターがロックする原因は他にあったりして?当分の間クルマを動かしながら様子見です。
f0230940_6225865.jpg

[PR]

by troutclub | 2011-05-17 06:29 | クルマ | Trackback | Comments(0)