<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

四月の嵐

連休直前に日本列島を舐めるように通過していった嵐のような風と大雨。
今朝一番でチェックしたライブカメラの映像では、安曇野の川はどこも濁流で当分魚釣りは駄目みたいです。北陸のライブカメラも似たような光景を映し出してまして、春に出掛けたサクラマスの上る川もかなりの増水で釣りは無理みたい。
これで少なくとも連休前半の川の釣りは終った感じ?潮干狩りにでも行こうかと早くも諦め気分です。
季節はずれに暑かったり寒かったり、梅雨のはしりみたいな大雨が降ったり、今年の天候はまったく読めません。
f0230940_784931.jpg

サクラマスのラストチャンスと思い、この連休は北陸の川を狙ってたんですが、この雨で山の雪がどっと解けて川に入り、連休中はどこに行っても収まらない濁りと増水で釣りにならないんじゃないかと、巡り合わせのマズさを恨んでます。
宿をキャンセルして、まだ少しは?可能性の残る連休後半の釣りに予定をズラしてもいいのですが、ハイシーズンの宿にまず空きは有りません、エコノミー症候群覚悟の車中泊になりそう。
おっさんフライマン、車中泊は慣れてますから苦にはなりませんけど、いい歳になりますと上げ膳据え膳に温泉まで入れる宿も捨てがたい。覚えてしまったコンフォートルームの快適さが頭をよぎります。
川は諦めて日本海のスズキでも狙おうか・・・・海サクラなんて言葉も聞こえてきます、これも悪くないです。
[PR]

by troutclub | 2011-04-28 07:19 | Trackback | Comments(0)

時そば

WEBのマスメディア?の言葉を信じるなら、時々ニュースで聞く「釣り銭詐欺」のことを「時そば詐欺」と言うんだそうです。
でも、ワタクシめの聴いた「時そば」やその原形になる「時うどん」には、釣り銭なんて言葉は一言も出てきません。あれは皆さんもよくご存知のように、そばの代金十六文を小銭で払う途中にわざと時刻を聞いて、時刻と銭勘定の数を勘違いさせて一文の銭をごまかす噺しなんであります。
落語なんか聴いたこともない人間が言い出したんでしょうけど、もう少し正確で気の効いた例えは無かったんでありましょうか。
f0230940_7165935.jpg
なんぞと憤慨する中で起きた不幸な出来事が昨日の買い物。
缶ビールとそのツマミにQBBベビーチーズ アーモンド入りを買いまして、レジで5000円札なんぞと言う日本で二番目に高額な紙幣を出して勘定を済ませ、1000円札4枚に小銭が少々のお釣りをもらいました。
最近はスーパーで買い物をしましてもレジ袋はタダではくれません。何円かのレジ袋を節約して、服のポケットにその1000円札4枚と小銭、缶ビールを突っ込んで帰って来たまではいいんですが・・・・。
ビールをポケットから出して、お釣りをテーブルに出したら1000円札が3枚に小銭しかない・・・・・釣銭詐欺?
いや、どこかで1000円札一枚を落としてきたらしい、超無念。踏んだり蹴ったり、泣きっ面に蜂、弱り目にたたり目、ありとあらゆるコトワザ、形容詞を動員したくなるほど、一枚足りない1000円札が恨めしい。
そう言えば先日、日帰り温泉のロッカーで100円玉を取り忘れた時も半日悔しかった、いい大人が情けないです。いつまでも細かい事にこだわる、粘着質の性格がズバリ出てます。
昨晩は、ケチの付いた缶ビールをヤケ酒にして、涙流して寝ました。100円ロッカー事件から計算すると、一週間はこの悔しさを忘れられないと思う・・・・・。
フライフィッシングでは毎度のように魚を釣り損ねて、釣りにはいつも痛い目に遭ってるはずなのに成長しませんな。
[PR]

by troutclub | 2011-04-26 07:25 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

車検その後で・・・

f0230940_7392619.jpg
車検は通したものの、まだ手を入れておきたい箇所がいくつか残ってましたウチのジカヨウシャ。連休を前にいつものクルマ屋に出向いて車検の自主的後整備?をしてきました。
間違いなくやっておきたかったのがブレーキ関係の点検と整備。車が動かなくなるのは仕方ないとしても、停まらなくなるのは大事故の元になりますから念入り?に。
ブレーキフルード(ブレーキオイル)を全量交換し、リフトアップしたついでにブレーキ周りの点検とブレーキパッドの減りをチェック。もう一つそのついでにエンジンオイルの交換もしてもらいました。
今の車はABSにエアーが噛むと始末が悪いようなので、道具も技術も無いシロートはブレーキ周りに手を出さない方が無難、プロにお任せしましょう。
ブレーキパッドはまだ当分大丈夫なようです。エンジンオイルはワコーズのいつもの固めのオイルを入れときました。
あとATF(オートマOIL)交換の見積もりを出してもらい、その金額を見て、また後日お日柄の良い時に改めてということにして、今月の自動車関連費の支出はここまで。
ブレーキフルードを全量交換した後のブレーキの感触は、ガッチリとした安心感がありました・・・・・と言うのは嘘で以前と変わらず。
ブレーキフルードを交換したくらいでブレーキのタッチが激変したらそっちの方が怖いです。パニックブレーキを数回繰り返してブレーキテストは完了。
激変したのはクルマにガソリンを入れた時でした。ガソリン価格高騰で燃料代を節約してレギュラーガソリンを入れてましたら、入れたガソリンの質が悪かったのか、ノックセンサーが追いつかないような?ノッキングが発生・・・・・我慢できずにハイオクを給油。
そうしたらアクセルを踏み込んだときの加速が激変で調子のイイこと、忘れていた加速感が戻ってきました。やっぱハイオク車にはハイオクを入れたほうが良さそうです、燃費も伸びるようです。
[PR]

by troutclub | 2011-04-23 07:42 | クルマ | Trackback | Comments(0)

おひさま

現在、NHKの連続テレビ小説でやってます「おひさま」
知らなかったんですが、このドラマはいつも魚釣りに出掛けてます信州・安曇野と松本あたりを舞台にしたお話なんだそうです。
ドラマをチラッと見ましたら、何処の土地でロケしたのか分かりませんが安雲野の雰囲気が良く出てました。まあ、大東亜戦争 を挟んだ戦前・戦後のお話なんで、当時の様子は今とはずいぶん違ったんでしょうけど。
先日リニューアルしたこのブログのヘッダーの川も、安曇野の東側を流れる犀川の支流のひとつで、ドラマに出て来てもおかしくない雰囲気のある場所です。

f0230940_645781.jpg


でも、ワタクシメは去年この川のこの写真の場所で、不覚にも死にそこなったんであります。
釣りのお仲間が流してしまったフライラインをレスキューしようと、ドボンと川に入ったまではいいのですが、川の渕が思ったより深くて川から這い上がれなくなり、強い流れに水没しそうになった場所なのであります。
その時おっさんフライマンは、このまま信濃川河口まで流されてしまうんじゃないかと覚悟、「神様、仏様」と天を仰いだら「おひさま」が眩しかった。
実はその前日に犀川の本流で水難事故に遭い、お亡くなりになった方があったそうで、あの世への道連れにされかけた?のかも知れません。今でも思い出すだけで背筋が、ゾッ!です。
幸い草に摑まってなんとか川から這い上がる事が出来ましたが、フライラインをレスキューするために命を落としたりした笑っちゃいますよね。
今の世の中 ”フライライン” より ”ライフライン”なんであります・・・・・。

それにしても昨晩の阪神X巨人戦、審判が酷くて試合が台無し。
[PR]

by troutclub | 2011-04-21 06:48 | Trackback | Comments(0)

プレ サツキマス

最近は海から遡上する魚にしか欲情しないヤマイのようで、淡水しか知らないウブなオボコでは心が萌えない、竿も中折れ気味ででなかなか奮い立たないです。
欠席した犀川釣行の代わりに、サツキマスの上る川まで様子見に出掛けてきました。
いつものポイントは、上流にあるダムが放水しているのかこの時期としては水位が高かったです。地元のアングラーが竿を出してなくてサツキマスはこの中流部のポイントまでは上って来てない雰囲気。

f0230940_6513537.jpg

川を下って行くと、河口に近い場所でスピニングロッドを振ってりるサツキ狙いらしい?ルアーマンを発見。このあたりでサツキマスはウロウロしてるんでしょうか?5月の連休頃には上り始めるはず・・・・?
その日、川の近くのゴルフ場で石川遼が出場しているゴルフトーナメントがあり、その影響なのか車が集中する橋の前後の道路が大渋滞。裏道を走って温泉で渋滞をやり過ごしてからゆっくりと帰ってきました。

f0230940_6521074.jpg

一日の締めくくりは久しぶりの”オッソブラジル”でチキンの丸焼きと生ビールを。
刻んだ玉ねぎタップリのピリ辛ソースを、パリパリに焼けたチキンの皮に絡めて食い散らかすのがいいです。暖かくなってきたせいか、今回のチキンはいつもより塩がよく効いててビールによく合いました。
尿酸値が怖くて鳥が食えるか・・・・相変わらず自己管理が出来てないおっさんフライマンなんでありました、とさ。
[PR]

by troutclub | 2011-04-19 07:06 | 食べる | Trackback | Comments(0)

犀川お休み

この週末は前からのお約束で、安曇野の犀川にいつもの釣りのお仲間と一泊でお大尽釣行の計画だったのに、まだ風邪が抜け切らないのか?どうも体調がイマイチのおっさんフライマン。そんな訳で今回の犀川はお休み。
f0230940_659311.jpg

犀河ウオッチャーのブログで爆釣フライ?と紹介されてましたフライを密かに巻き、ラインシステムのバリエーションも増やしまして犀川攻略の準備は万端。あとはお出掛けするだけだったのに残念。
トウが立ったフィッシャーマンなんてただでさえお荷物。これ以上皆さんにご迷惑をお掛けしたりすると、川に置いてきぼりをくらいそう・・・・・?
f0230940_6595193.jpg
とは言うものの、べつに寝込んでるわけではないので、サツキマスの上る川を見に行こうかと朝から思案中。そろそろ気の早いサツキが上ってるんじゃないかとちょっと期待。
それにしても、この回復力の無さには困りました。やっぱり魚釣りの足を引っ張る最大の敵は年齢?
[PR]

by troutclub | 2011-04-17 07:01 | Trackback | Comments(0)

赤い腰巻?赤キャリパー!

最近のPORSCHEフリークは、赤いブレーキキャリパーがお気に入りのようです。
通称、赤キャリパー。
PORSCHEの"S"グレード?早い話が高性能モデルにはこの赤キャリパーが装備されているようで、普通のPORSCHEユーザーはこの赤がシャクの種?
この赤いキャリパーがホイルの穴からチラッと見えると、キレイなお姐さんの赤い腰巻をチラッと見たようでドキドキしちゃう???
f0230940_15355899.jpg

したがってPORSCHEユーザーは、自分の車の黒いキャリーパーを赤く塗りたがる?
結構この塗り替えが手間でして、キャリーパーを洗浄・脱脂した後に、ボルト、ピストン、ゴム部分などを慎重にマスキングし、焼き付け塗装で塗膜を完全硬化させる手順で仕上げるそうです。
f0230940_15353576.jpg

でも色は変わってもキャリパーそのものの性能が上がるわけではありませんから、高性能なのは気分だけ。
黒キャリーパーの普通のPORSCHでも、そのストッピングパワーはそこいらのスポーツカーより断然上ですから、何も問題ないんですけどね。
[PR]

by troutclub | 2011-04-15 15:38 | クルマ | Trackback | Comments(0)

カビはどうして生えるのか

どうしてお餅にカビが生えるのか?・・・・カビが生える前に食べてしまわないから! だそうです。
小腹が空いたもんで、何か食べるものはないかと冷蔵庫の奥を覗いたら、ありました!いつ冷蔵庫に入れたか覚えのないお餅。
青いキレイなカビが、ギニアホールみたいなスポッテッド模様で生えてます。
捨てようか、このまま冷蔵庫に戻そうか・・・・・?
結局、空いた小腹には勝てませんで、カビを包丁でこそぎ落として食べることにしました。
カビをキレイに取り除き水で洗ったお餅をオーブンでカリカリに焼いて、ネギを入れてよくかき混ぜた納豆をそこに乗せ、ズズズっと一気にやっつけてやりました。
f0230940_1327461.jpg

納豆餅を食べるのは初めての経験、旨かったです。納豆のヌメヌメ感と餅の相性がよくて癖になりそう。
後でネットで調べましたら、表面のカビを取っても餅の中に菌糸が残っているから食べるのは非常に危険?なんてコメントがありました。
それほど神経質になることも無いと思うけど・・・・・「仁」も羨む、ペニシリン!ペニシリン!
[PR]

by troutclub | 2011-04-13 13:30 | 食べる | Trackback | Comments(2)

エコ or 貧乏性?

桜が満開なんでありますが、桜見物をしてる余裕が無くてこのまま今年は終りそうです。
お酒飲む人、花ならつぼみ、今日もサケサケ明日もサケ・・・・だそうです。
サツキ釣る人、花ならつぼみ、今日もサケサケ明日もサケ・・・・なんてね。
そろそろサツキ鱒が上って来る頃じゃないかと情報を収集中。フライはたんまりと巻いてあります。
f0230940_11372731.jpg
その昔は、ケツからヤニが出るほど?吸ってたタバコを、思うところがありまして10年数年ほど前から止めました。
今ではタバコを吸う人が隣に居るだけで、そのタバコ臭い体臭が気になり早くその場から離れたくなるほどのタバコ嫌い。
先日、駐車場でチョコレートのパッケージ?かと思って拾った、約9cmx8cmサイズの写真の金属製のケース。蓋を空けてみるとバニラとタバコが混ざり合ったような甘い不思議な匂いがしました。脳がタバコの臭いに反応して10年数年前にフラッシュバックしているのか、それほど嫌な匂いでもない。
パッケージには「CAFE CREME」と書いてあり、どうも葉巻タバコのパッケージのようです。
ひらめいたのが、このケースにフォームを貼り付けてフライボックスしてみようかの浅知恵、どうも発想が貧乏臭くていけません。早速、ボンドG17でフォームを貼り付けてフライボックスを作ってみました。
フォームを貼ったケースの蓋を空けると、今度はボンドG17のシンナーの臭いがして、脳が40年前にフラッシュバック・・・・?
このフライボックスに入れたフライは、タバコとシンナーの臭いが染み付いて、チンピラの魚達に変な学習をしてしまわないかと少々心配に・・・・?
シンナーの臭いにフラッシュバックしたのは、アルバイト先の鉄工所で覚えた、吹付け塗装のラッカーの臭いと言うことでご理解ください。
[PR]

by troutclub | 2011-04-11 11:41 | 工作 | Trackback | Comments(0)

食べるラー油 Ⅱ

「コンニチワ、アリガトウ・・・」と「シキュウケイガン・・・」のコマーシャルが一段落したと思ったら、気のせいか今度は「食べるラー油」のコマーシャルが、耳に付くように・・・いや鼻に付く・・・いや目に留まるようになりました。
食べるラー油を味噌汁に入れたり、冷麦の汁に入れたり、冷やっこに乗せたりと、いろいろな食べ方をCMで消費者に刷り込んできます。
以前、知り合いから貰いました「食べるラー油」が、まだ冷蔵庫に残っているのを見つけ、捨てるのも惜しいと思いまして、インスタントの醤油ラーメンに箸で二つまみ程入れてみましたら・・・・・。
f0230940_16492299.jpg
これが、東京と大阪の間のひねくれ者が多く住む?某 政令指定都市で、台湾人が経営する中華屋の激辛メニュー「台湾ラーメン」にそっくり?な味に化けました。
旨くなったわけではありません、ただラー油辛くなっただけなんですが、腹が減ってたもんで作った中華ドンブリ一杯の台湾ラーメン風インスタントラーメンを完食。f0230940_1650718.jpg
食べた後に口の周りがヒリヒリするのも同じ、ペットボトル一本分の水があっと言う間に消えました。
今度は食べるラー油を手羽先の煮込みに入れて、ピリ辛手羽先を作ってみようかと思案中!ビールのあてにしたらきっと旨いです。
東京と大阪の間の、鰻を切り刻んで食べるような、ひねくれ者が考えそうな安易なレシピ。
手羽先を食べるなら、「山ちゃん」より「風来坊」でしょと極々個人的な好みをお伝えして、この項はお仕舞いにします。
[PR]

by troutclub | 2011-04-06 16:52 | 食べる | Trackback | Comments(0)