<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ガイド修理 失敗?

なかなか魚は釣れないのに、釣り人だけは多いルアー・フライで人気の川。最近は川でいい思いをしたことが無くていけません。
相手が変われば気分も変わる?広い海で思い切り長竿を振り回してみようかの浮気心が・・・・・そこでガイドの交換修理をしたソルトの10ftルアーロッドの事を思い出す。
引っ張り出してエポキシが完全に硬化しているのを確認。これならどんな相手でも竿が萎えることはありません。
f0230940_11282735.jpg
この10ftのルアーロッド、ガイド一つ替えるのに大騒ぎでした。
まず納品ミスでサイズ違いのガイドが納品されたのがケチの付き始め。人に貸した?ワインディングモーターが手元に戻ってなくて二度目のつまずき。結局玉突きで他所から借りることにしました。
釣具屋からお借りしたモーターで間に合わせましたが、今度は初めて使うメーカーのロッドフィニッシュ用のエポキシで三度目のつまずき。
袋に入った使い切りの二液のエポキシを混合したら、粘度が高いし色も不透明でいつもの感じとずいぶん違う。ドライヤーでガンガンに温め無理やりコーティングしましたが、あっと言う間にガチガチに硬化してしまい表面はは筆のスジが残ったまま。エポキシの袋をよく見るとグルーと書いてあります。
後から気が付いたんですが、ここのメーカーは似たようなパッケージで接着剤とロッドフィニッシュ用のエポキシを販売してまして、それに気が付かず接着剤の方を買ってきたしだいであります。
f0230940_1129813.jpg
ロッド修理に失敗し完全にメゲル、竿なんかどうでもよくなる。
後日、再度ラッピングまで作業をやり直して、エポキシでのコーティングはその道のプロにお任せすることにしました。
コーティングの工賃は600円也、最初からプロにお願いすればよかったとすごく後悔。
久しぶりのロッドメイキング、昔より慎重さも計画性も根気も失せてる自分に気が付き、少々落ち込む。
サラリーマンに定年がある訳がよく理解できしました。
f0230940_11304860.jpg

モトコスメ さん、ワインディングモーターの件ではありがとうございました。
[PR]

by troutclub | 2011-03-31 11:32 | 工作 | Trackback | Comments(0)

震災復旧

いつもお世話になってます釣りのお仲間から、今回の大震災の復旧支援のために宮城県に出発すると電話がありました。
寸断された鉄道の修復のために、鉄道インフラの専門職チームとして動員されたようです。
現地入りしないと何時まで掛かる仕事なのか読めないとか。2週間の作業予定のようなんですが、仕事が完了するまで帰ってこれないようです。
気になるのが、福島第一原子力発電所から80Km?程の距離の現場、気をつけて復旧作業をしてください。
そんな訳で、魚釣りは当分の間ご一緒出来そうにありません、残念。

f0230940_862033.jpg

東北地方で皆さんがそれぞれ助け合って大変な思いをされてる時に見つけた、あるフライマン様?のブログ。
今から自分が入ろうとし場所に、他人に入られて気分が悪かったとか、挨拶が無かったとか、挙句は「おめー達に釣られる魚はネー」などと、ひがみとも思える愚痴がネチネチと書き綴ってありました。まだそんなフライフィッシャーがいたのかと唖然。
お道楽の魚釣りですので、もうちょっと余裕を持ってお楽しみいただけたらいいんですが。
大勢の人間で川を占拠する、フィッシング・スクールとやらの営業の方がよほど行儀が悪いと思うけど。
[PR]

by troutclub | 2011-03-30 08:13 | Trackback | Comments(0)

サクラマスの川

九頭竜川のサクラマスには完敗。気力も体力もテクニックも全ての面でヘボだった訳であります。魔物のようだった??二十年前のおっさんフライマンの面影は無し。
サクラクラマスが上る水系が九頭竜川からさらに北上したお隣の石川県にあると聞きまして移動。石川県に入りますとこちらもいろいろ面白い場所がありました。
f0230940_18215987.jpg

坂の上の雲のロケ地になりました、戦艦「三笠」の原寸大レプリカがある日本元気村に寄りたかったんですが、入場料と懐具合が合いませんで看板だけ眺めて入場はパス。松井秀樹記念館も気持ちだけで通過。
小松空港の石川県立航空プラザは前から寄ってみたかった場所で、この機会を逃してはとの思いでここはしっかり見学してきました。
入場料無料が嬉しかったです。いろいろな航空機が格納庫のような大きなミュージアムに展示され、それを眺めてましたら航空ファンだった頃の少年の心に戻った気がして?楽しかったです。
f0230940_18223037.jpg

当のサクラマスの上る川は、川幅そこそこ、水量そこそこ、釣り人はほとんど見ない、ホントにサクラマスが・・・・・?の流れでした。
ツーハンドのフライマンを見つけ話を聞かせてもらいましたら、間違いなくサクラマスは上ってくるとの話でして、大盤振る舞いで年券を購入。f0230940_7473811.jpg
日釣り券の販売が無いので、釣りがしたかったら日帰りでも年券を買うしかないのがちょっと痛かった。
昼からスペイキャストでフライを流しましたが当たりは無し、初会からいい思いはなかなか出来ません。
今にも泣き出しそうだった空から、とうとう雨が降り出して2時間ほどで川から上がり、続きは明朝にと言うことで釣りを終えました。
あくる日は、一晩中降った雨の影響で川は増水、濁りも入り釣りにならず。北陸路サクラマスツアーは終りました、裏を返せるのは何時になるやら。
f0230940_18353145.jpg

[PR]

by troutclub | 2011-03-26 18:24 | フライフィッシュング | Trackback | Comments(0)

プロ野球で元気になれる???

いつまでもお元気ですね渡辺恒雄さん、石原慎太郎さんも。死ぬまで頑張って欲しいです。
もうすぐです。



いろいろな団体が、いろいろな名目で集めてます今回の大震災の義援金。その義援金が被災地に分配されるのは1年先とか聞きました。
義援金を大義名分に、よからぬ連中が金集めしてるとの話も聞きます。WEBでも義援金集めのページに出会います、大丈夫なんでしょうか・・・・・?
[PR]

by troutclub | 2011-03-25 06:53 | Trackback | Comments(0)

そんなに頑張らなくても

風邪熱による幻想か、テレビから刷り込まれる震災ニュースのトラウマか、昨夜は悪い夢を見てしまった。
車を走らせていると、車の全ての電源が突然シャットダウンして車が立ち往生し、周りからクラクションでせっつかれ、慌ててエンジンを再起動させようとキーをひねっても車はウンともスンともいわず焦りはピークに!・・・そんなストーリーの嫌な夢。他にも悪夢?を見たようなんですが記憶に無し。
あれは、電源が全て駄目になった原発が、責任問題で色々と責め立てられている様子がそのまま夢になったような感じ。計画停電ウンヌンで不自由な思いをしてる地域の話も少なからず影響してる?

元気でなければ、何かしなければ、日本国民じゃないみたいなキャンペーンは勘弁して欲しいですね。
「頑張れニッポン」と連呼されるのも辛いものが・・・・・まだ体調が戻ってませんので、ついつい弱気に。
先は永いです。「そんなに頑張らなくてもイイじゃんニッポン」。
f0230940_8101192.jpg

交差点で隣に止まったキャリアカー、何の気なしに見上げると、載っていた車は「TOYOTA LEXUS-LFA」トヨタ最新のスポーツカー。
販売価格:375,000ドル程度、国内メーカー希望小売価格3,750万円程度だそうです。ミネラルウオーター37万5千本分?
[PR]

by troutclub | 2011-03-24 08:15 | Trackback | Comments(0)

風邪+花粉症

九頭竜川で花粉症が酷くなり釣りどころでは無くなったと、さも九頭竜川周辺に花粉が飛び交ってるようにお知らせしたんですが・・・・・・。
帰って来てからの体調は明らかに風邪症状。風邪の前兆と花粉症が一緒になって酷い花粉症と勘違いしてたみたいです。
鼻はグズグズだし、食欲もございません。体もチョーだるくて最悪の状態。
先日購入しましたスイッチOTCの「ロキソニンS」を服用して様子見。これ以上風邪の症状が酷くなるようだとお医者さんのお世話にならないといけません、お医者さんはどうも苦手で・・・・・。
この冬を一度も風邪をひくことなく乗り切ったと思ったら、最後にとんだ伏兵が待ってました。潜伏期間から逆算すると確定申告で混み合う税務署の窓口でうつされたみたいです。
f0230940_791943.jpg

[PR]

by troutclub | 2011-03-23 07:14 | Trackback | Comments(0)

九頭竜川

関東エリアの釣り場はいろいろ制約がありそう。忍野、本栖湖あたりでのゆるーく魚釣りは、震災救援 右に倣えの今はヒンシュクを買いそうなので止めにしました。遅ればせながら今年の本格的ツーハンド初めは九頭竜川に決定。
心配していたガソリンの補給も問題無し、渋滞もありませんで、無事に九頭竜川の五松橋に到着。
水量はタップリでいい感じです、雪代も出てません。サクラマスが喜びそうな水の色? 釣り人の数も少なくて人気のランも少し待てば余裕で入れました。

f0230940_11241898.jpg

タックルに一つ問題が発生、550グレインのスカジットラインのつもりで持参したマーキスに、ウインドカッターの650グレインが巻いてあった・・・・・。
困った時のスカジット、ナニはさておきスカジット?ルアーみたいにビュンビュン飛んで行くスカジットラインがお気に入りだったんですが・・・・。
ウインドカッターの650グレインは、持参した14ftの竿には明らかにオーバーロードでキャスティングに手こずる。早い話が水からリフトする時から竿が負けてる・・・・・。

f0230940_1134588.jpg

九頭竜川もスペイキャストでいけると甘く見たのがそもそもの間違い。九頭竜川のキャパだと少なくとも#10番以上のライン、15ft以上の竿でオーバーヘッドキャストで釣りをしたほうが効率がいいと思う。
スペイキャストがどーのこーのじゃなくて、あくまで効率の問題。ロスの多いキャストをしていると九頭竜川では体が半日も持ちませんもんね。
おっさんフライマンも半日持ちませんで、いつもより花粉症も酷くてギブアップとなりました。もちろんサクラマスとも出会えず。

f0230940_11352895.jpg

[PR]

by troutclub | 2011-03-22 11:36 | フライフィッシュング | Trackback | Comments(0)

はすのうてな Lotus23B

「蓮の台 (はすのうてな) の半座を分かつ」 みんな極楽浄土で同じ蓮華の上に生まれ変わることができる・・・・・なんて意味の仏教から出た言葉だそうです。
蓮を英語にしますとロータス(Lotus)。
今回は極楽浄土を願って?ロータスの名が付いた車のイラストをご紹介。前にも一度アップしたロータス23Bの、塗色がブリティッシュグリーンのオリジナルボディーのイラストです。
ヤフオク にもアップしました、ベクターデータから直接プリントしたA4サイズのイラストです、ロータスマニア必見!?

f0230940_8322443.jpg

創業者のアンソニー・コーリン・ブルース・チャップマンは、なぜ会社名をロータスにしたか?
チャップマンが仏教思想で、「俗世の苦しみから解放されて夢がかなう実」とされる蓮にこだわった・・・・これは後から取って付けた話のようで嘘臭い?
仏教思想のイギリス人がいても不思議ではありませんが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この大震災の国難に、日頃はテレビなんかで大口叩いてる政治家連中は何をしてるんでしょう?菅総理も顔つきが変わっちゃって、かなり参ってる感じ、ウツ?
[PR]

by troutclub | 2011-03-17 08:19 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

現実逃避

同じような思いの方も多いかもしれませんが、繰り返し放送される大震災の被災地の様子や、安全と言い続ける御用学者の原発トラブルの解説をTVで観てますと、こちらまで気持ちが落ち込んできていけません。いいオッサンなのに情けないくらいプレッシャーに弱いです。

沈んだ気分を晴らすにはのんびりと魚釣りをするのが一番!なんぞと勝手な屁理屈をつけて現実逃避を決め込みました。
解禁した芦ノ湖と3月15日に解禁の忍野をハシゴして、ゆるーく魚釣りでもしようかと宿探しにWEBの予約サイトを開きましたら、計画停電うんぬんの大きな文字が。
f0230940_933250.jpg

以前泊まったことのある御殿場のホテルは、計画停電の第1グループ・第2グループの二つのエリアが重複している場所のようで、最悪1日に12時間?も停電になる勘定に。
エレベーターも風呂も部屋の電気も給水も出来ないらしい、もちろんTVも駄目。そんな場所に金を払って寝るくらいなら車の中で寝た方がましです。
ホテルの予約に大量のキャンセルが出てると思ったら、週末の予約はまだ一杯で部屋の空きは無し。
災害の実感が薄い西のほうから関東に出掛ける人が多いのでしょうか?今週はオトナしくしてたほうが無難かも。
[PR]

by troutclub | 2011-03-15 09:07 | Trackback | Comments(0)

お見舞い申し上げます。

釣りをしてるような気分じゃないですね。地震と津波による大災害が起きてしまいました。
全てを破壊し尽くして、海に持ち去ってしまう大津波の惨状を目の当たりにして、あまりの悲惨さに被害に遭われた方々にお見舞い言葉もありません。
海で釣りをしてる時、ごく稀に津波の警報を聞くことがありましたがほとんど聞き流してました。これからは海岸から逃げることにします。

f0230940_12451210.jpg

空の上からのカメラ映像で、津波が内陸部まで入り込んでいく様子をTVで観てまして、多くの人があの津波に巻き込まれていったと思うと残念でなりません。
救いは、あれだけの災害に遭いながら、被災者の皆さんの秩序がしっかりと保たれていることです。
何処かの国のように、救援物資を強奪したり、腕力で奪い合ったり、隠匿されたりすることもなく、平等に飲料水や食料が配給されているだけでも、日本はまだマトモだと思います。
一刻も早い生存者の救出を願います。原子力発電があれだけひ弱なものとは思いませんでした、やっぱり危ないです。
[PR]

by troutclub | 2011-03-13 12:48 | Trackback | Comments(0)