<   2011年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

神信心?

先月の「北口本宮冨士浅間神社」参拝の効能もそろそろ薄れてきたんじゃないかと思いまして、信心の色アゲとでも言いましょうか、改めて「豊川稲荷」にお参りしてきました。
河川の解禁で魚釣りの川詣でにウツツを抜かしたいところなんでありますが、お楽しみの前にはしっかり銭儲けの算段をと言うことで、商売繁盛の「豊川稲荷」まで神頼み?のドライブ。
f0230940_18502350.jpg

豊川稲荷はご存知のように狐で有名なんですけど、他所の稲荷神社のような、狐を祀った神社では無いんだそうです。
「咜枳尼眞天」とか言う、狐に乗った神さんが御本尊の曹洞宗の禅寺だそうでして、伏見稲荷とは御宗派が違うらしい・・・・知りませんでした。
線香の匂いと読経が聴こえてくるお寺さんなのに鳥居もあったりして、江戸時代の神仏混淆が残る怪しい雰囲気?のパワースポット。
f0230940_18504384.jpg

豊川稲荷の参道がなかなかいいです。店先に立つオバさんたちの控えめな呼び込みにつられて鰻屋に入り、鰻の丼とお稲荷さんのランチセットで昼にしました。ミカン酢の稲荷寿司がいけました、値段も手ごろで旨かったです。
参道にありました、油揚げにトンカツを挟んだ稲荷バーガー(おきつねバーガー?)は見るだけにしておきました。手も顔も油でテラテラになりそうで、さすがに食べる気がしなった・・・・。
狐は七化け、狸は八化け?狐と狸の化かしあい・・・・・・にわか信心の一日でした。
f0230940_1850567.jpg

[PR]

by troutclub | 2011-02-27 18:52 | Trackback | Comments(0)

スイッチ・メガネ!

長良川の解禁に合わせてシラメ用のミッジフライを何本か巻いたんですが、いままでは裸眼でなんの不自由も無かったフライタイイングも、さすがに#24~26番あたりのフックに巻くとなるとフライが見辛い。
100円均一ショップで買った+1.0度のシニアグラスを試しに使ってみたら、明らかに裸眼より良く見えます。眼鏡屋さんが言うところの「お近い用メガネ」ってヤツです、お商売ですから「老眼鏡」なんて客が気分を害するような言い方はしません。

f0230940_845336.jpg

ところがバイスの先のフライはよく見えるものの、視線を外してPCのモニターを見るとか資料を探すときに、この+1.0度が邪魔で周りがボンヤリしてしまいます。歩くのも足元が怪しい状態。
メガネは手元を見る時だけあればいいと割り切って、メガネの上半分をカットすることにしました。
レンズの上下を薄くして眼の下半分だけを覆うようにし、視線をずらすだけで裸眼の焦点にスイッチ出来るように改良?したわけです。
プラスチック製レンズですから、カットするラインに沿って目の細かい金鋸とニッパーで大まかにカットしていき、後はカット面をヤスリで仕上げました。
レンズをフレームに固定できないのでセメダインスーパーで接着、ちょっと接着材がはみ出たのはご愛嬌。
105円の大散財!もちろん大きなフライを巻く時も調子がいいです。
[PR]

by troutclub | 2011-02-24 08:12 | 工作 | Trackback | Comments(0)

トラディショナルスペイキャスト

ソルトでいつもいお世話になってました釣りのお仲間と、今年のツーハンドの姫始め?はどうしまょうと話をしてましたら、その話の途中で釣具屋さんのブログに書いてある”MOW-H7.5S×2.5F”とは何者?ということになりまして、早速WEBで調べてみました。
浦島太郎のおっさんフライマン2人には、何のことかサッパリ解らなかったんであります。
WEBで調べたら、RIOのスカジットラインの先に継ぎ足す、チータとシンクチップとかを組み合わせた、いろいろなラインシステムらしいことが判明し、ひとまず納得で一件落着。



WEBを調べてる途中に見つけました、トラディショナルスペイキャストとタイトルが付いた、YouTubeの動画。
別段面白くもないのですが、せわしくないスペイキャストがなんか嬉しくて、ツーハンドキャスト本来の味?ゆったりとした昔のフライフィッシングが想像できます。
おっさんと呼ばれるような年齢は、魚釣りにはハンデと最近思いつつあったんですが、この動画を観てますとカッコ良いスペイキャストの最大の武器は、重ねた年齢のような気がしてきました。今夜はスコッチウイスキーを寝酒にしようかしら。


[PR]

by troutclub | 2011-02-21 20:40 | スペイキャスティング | Trackback | Comments(0)

釣りに行かなかった日・・・

えー、釣りに行けなかった・・・・イヤ、釣りに行かなかった今日、ツーハンドのスペイで使うティペットが寂しかったので、またもやバーゲンのテグスを買いに行ってきました。
完全に無くなっていたのが1Xのティペット、径が約0.26mmで号数に直すと2.5号。
このあたりのサイズなら、そこそこのメーカー品であればなんでもいいと思うので拘りません。川の魚の引きくらいなら2.5号で余裕です?結び方を間違わなければ大丈夫・・・・?
2.5号50mの2連結なんてドンピシャのバーゲン品を掘り出しましてしっかりキープ。ポケットの小銭で勘定が済んでしまうお値打ちさで得した気分。
テーパーリーダーを介さず直接ティペットをラインの先に結ぶことが多く、一日でそこそこの長さを消耗するので安いのは助かります。
f0230940_21142939.jpg

最近思う素朴な疑問?フロロカーボンの比重は1.78でナイロンは1.14だそうでして、テグスの号数は重さですから、フロロカーボンの方がナイロン糸より同じ号数なら細くて、同じ太さなら重い・・・・?
フロロカーボンを号数でAFTMAの規格の”X”表示にすると、ナイロンと同じ号数でも細い表示になる?よく解らんです。

聞きかじりですが、最近はウクレレの弦もフロロカーボン製なんだそうでして、ナイロン弦と同じ太さでは、チューニングでテンションが足りず音がイマイチ?フロロカーボンの弦を使うときは太めが正解だとか。
弦の比重が重いと音が高くなる?確かに密度がスカスカの木の棒を叩くよりは、比重の重い金属棒を叩いた方が金属音の高い音がします。解ったような解らないような・・・・。
ウクレレのミディアムLow-G用弦で約0.92mmの太さ、釣りのテグスなら30号程度。カツオ、メジ シイラ等のトローリングのリーダーに使える太さだそうです。
f0230940_2115388.jpg

なんぞと、どうでもいい素朴な疑問で過ごした一日の仕上げは、一ヶ月ぶりに寄ったお馴染のピザ屋。ちょっと陽気が暖かくなるだけで、うどんやラーメン蕎麦よりも冷たいビールでピザが食べたくなりました、とさ。
薄いグラスに注がれたビールは口当たりがよくて旨かったです。
[PR]

by troutclub | 2011-02-20 21:15 | Trackback | Comments(0)

サイズ違い

解禁の犀川、雨の影響で状況はイマイチとの話でお出掛けは中止にしたものの、今朝の犀川の定点カメラには、釣り人の姿があちこちに見られまして川の状況もそんなに悪く無さそう。ちょっと早まった?
犀川は、また状況のいい時にゆっくり出掛けることにして、この週末は、たまっていた片付け仕事を済ますことにしました。
修理途中の10ftのソルト用ロッドのパーツ、発注していたSICガイドが届いてちょうどいいタイミングで作業に入れると思ったんですが、届いたパーツのサイズが小さくて合わない。
現物持込でサイズも確認したはず?なのに、なんでこんな単純なミスが起きるんでしょう。
また釣具屋さんまで出向いて返品・再発注するのも面度臭くなってきた。手持ちの竿からガイドを外して付け替えようかただ今思案中。
f0230940_8344073.jpg

ガイドを外そうかと思ってます竿は、30年程前にMADE IN U.S.A.の3M社が販売していたカーボナイトのフライロッドを、途中でルアーロッドに作り変えたもの。カーボンロッドなのに超合金のジョイントを使用したよく曲がる面白い竿です。
ちょっと勿体無い感じ・・・・・再発注しようか付け替えようか、ふんとに困ったデス。
[PR]

by troutclub | 2011-02-19 08:43 | 工作 | Trackback | Comments(0)

K4GPセパン24時間耐久レ-ス

知り合いの車屋から、2011年2月12日(土)~13日(日) の両日にわたってマレ-シアのセパンサ-キットで開催された、K4GPセパン24時間耐久レ-スに参加してきたとレポートがありました。
2月12日昼の12時スタ-トし、翌日13日の昼12時にゴ-ルの24時間耐久レース。
ドライブしたゼッケン171号車は、途中まではトップを走っていたのに、深夜の24時過ぎにエンジンブローでリタイヤだったそうです。お疲れ様でした。
f0230940_15563730.jpg

K4GPセパン24時間耐久レ-スのスタート風景、面白そうな車が一杯、遊園地のカートみたいです。

[PR]

by troutclub | 2011-02-16 15:58 | クルマ | Trackback | Comments(0)

ガイド修理!

九頭竜川、犀川の解禁を前にしましてソルトのタックルはしばらくの間お休み。前から気になっていた10ftのソルト用ルアーロッドのガイドをその間に修理することにしました。
SICリングを支えているステンレスガイドのリングがシーズン中の酷使?が祟ったのか見事に切れてしまい、外れそうになっていたSICリングを瞬間接着剤で固定して、だましだましで使っていたんですが、精神的によろしくないので新品のガイドと交換することに。
まずガイドのフット部にカッターナイフを入れて、ラッピングスレッドをキレイに取り除きガイドを外します。残ったエポキシは、ブランクを傷付けないようにカッター刃の背などで丁寧に取り除きます。
f0230940_9482328.jpg

化繊の布でブランクを思い切り前後にセ〇ズ〇の要領でコスってクリーニングする方法もありますが、細いブランクだと勢い余って折ってしまうことがあります。
あの手の作業はついつい夢中になりやすいのでご注意を・・・・・・試したい方は、ソー〇嬢にでもなったつもりでソフトに優しく竿を握り・・・・・。
最後に極細コンパウンドで磨いておけばブランクの下準備はほぼ完璧。
SICのステンレスガイドを何処かで調達しなきゃいけないんですが、最近はフットの高いチタンガイドが主力のようで、どこの釣具量販店でも旧いタイプのステンレスガイドの在庫は無し。いつもの釣具屋さんにお願いしてメーカーに発注することにしました。
[PR]

by troutclub | 2011-02-15 09:50 | 工作 | Trackback | Comments(2)

再度、長良川

タップリとシリコンを塗ったフライラインの滑りはテロテロだし、新品の7xリーダーの先に新調した12xのティペットを結んで、フライも10本ばかり極小のミッヂを巻いて、ウイークポイント無しで長良川のシラメ釣りに行ってまいりました。
ブログなどのシラメ釣り報告の写真から、釣れてる場所は橋がらみと判断、つまり魚の放流ポイントでしか釣れて無い?そんな訳で長良川の橋を中心に見て廻る事にして、赤いつり橋の下からスタート。
ここは相変わらずの人気ポイントで釣り人多数、風が強くて皆さん悪戦苦闘のキャスティングレッスン状態?風によるさざ波でライズリングは確認出来ず。
先週覗いた高速脇のプールは、一週間で魚が散ってしまったようで既に魚のライズも釣り人の姿も無し。
上流のトンネル脇も人影は無し、鮎ヤナ跡もサッパリ、お馴染の学校裏もライズ無し人影も無し。
f0230940_1923070.jpg
f0230940_1924252.jpg
f0230940_1925185.jpg

今シーズン一番の人気ポイント?らしいラーメン屋の下も、フライマンと餌釣り師が入り乱れて微妙な間隔で皆さん釣りをしてました。
誰かが抜けないと入り辛い感じ、河原では釣り人が空きを待ってウエイティングしてますから、割って入る訳にはいきません。
見てましたら、おかしなキャスティングをしてるフライマンが二名。よく見ますとツーハンドロッドでスペイキャストをしてました、放流アマゴの釣りにツーハンドロッド?・・・ダルながら確かにDループでのキャスト。
バックスペースは十分ありますから、わざわざ水面を騒がすスペイキャストで釣りをする必要も無いと思うんですが?川の占有率も高い。まあこれは好みの問題ですからお隣とトラブルにならなければ可?
f0230940_1931568.jpg

面白かったのが、ラインバスケットならぬラインフローター?腰に結んだお風呂マット見たいな平べったいフロートを水に浮かべ、そこにラインを置いてラインが下流に流されてるのを防いでいる様子。
ラインのあしらいが苦手な人には便利だと思いますが、相当邪魔な代物のようにも見受けました。あんなの売ってる店が何処かにあるんでしょうか、それとも自作?商品名は?
ウイークポイント無しの気になる釣果の方は・・・・気になる方はご自分で魚釣りに出掛けてみてください。寒かったです。

※長良川で見ました、フライラインを乗せておくお風呂マット?のような物、ラインパレットと言うんだそうです。既に市販されているそうで調べたら結構いい値段でした。ホームセンターで似た様な物が調達できそう。
[PR]

by troutclub | 2011-02-13 19:20 | フライフィッシュング | Trackback | Comments(0)

賞味期限切れかも?

釣具屋のバーゲンで偶然見つけた0.2号(0.074mm)ナイロン糸を二巻き買いました、もちろん長良川のシラメ用ティペットとして使うつもりで・・・・・賞味期限切れでなきゃいいんですが。
フライ用品のメーカー各社が主張する10x~11x?あたりに適合する太さ。8x以上の細いティペットは規格がいい加減で各社マチマチの太さになってるようです。
0.2号(0.074mm)を無理やりフライ本家のAFTMAの基準に合わすと、8x~9xの辺りなってしまい太さに関してはAFTMAの方が細くて強度的にシビア。もちろん規格外での話。
念の為に鮎用の0.1号(0.053mm)も一巻き買っておきました。AFTMA換算で9x?日本のメーカー表示だと12x以上の細さと言うことになります。
この細さで、リーダートラブル無しでキャスティング出来るかが今後の課題。
f0230940_1047199.jpg

以前に巻き貯めておいたミッジのフライボックスを引っ張り出してきまして、次はこれを弾に使います。国産のフックより小さいマスタッドのフックで、#28番くらいまで巻いた覚えがありますから、サイズ的には最近のシラメ釣りシステムを十分クリアです。
週末はこれで勝負!と思ったら、また雪が降りだしまして週末の釣行は不透明。来週は九頭竜川も犀川も解禁だし、もう一度シラメに挑戦したいし・・・・天気待ちです。
[PR]

by troutclub | 2011-02-11 11:11 | フライフィッシュング | Trackback | Comments(1)

食べる・・・・・

f0230940_744559.jpg誰が仕掛けてるのか知りませんが、解らないのが最近の食材ブーム。ちょっと前まで「食べるラー油」とかが人気だったようなんですが、今度は「食べるソース?」だそうです。
そのブームも一段落の「食べるラー油」ってのを一瓶もらいまして、遅ればせながら初めて食べてみました。
ギョーザ屋のテーブルの上に置いてあるのを見たことはありますが、ご飯にのせて食べるのは初めての経験。
食べた感想、トンガラシを入れ過ぎたマーボ豆腐の皿に残った油を、ご飯に混ぜて食べてるような感じで既に経験済みの味。期待した程の新鮮味はありませんでした、後味はただ辛いだけ。
こんな「マーボ豆腐の素」みたいな濃厚なものばかり食べてると、そのうち味覚障害に陥るんじゃないかと心配になります。
f0230940_8255928.jpg

最近、スーパーで売られてる加工食品とか飲食店の味付けも、だんだん濃くなってきてるようなる気も。世の中がどんどん濃厚な味を好むようになって来てる?
外食したあと無性に水を飲みたくなることがあります。塩分の取りすぎ?・・・・ひょっとしたら糖尿?用足しの回数も多いし、ED気味だし・・・・気を付けませう。
[PR]

by troutclub | 2011-02-09 07:50 | 食べる | Trackback | Comments(0)