<   2010年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

エビフライポッパー

先週、釣りのお仲間から貰い受けましたラージアーバーのフライりール、ソルトでも使えそうな頑丈な造りが気に入りまして黒鯛のフライフィッシング用にと、自作のカスタムフライラインまで巻いて準備は万端。
ところが弾になる黒鯛用のフライを用意してませんでした。
ポッパータイプのエビフライが最近の流行のようで、マテリアルや作り方を色々Webで探したんでが、まだネタをバラしたくないのか、その筋のパイオニア?のHPにも詳しい解説は何処にも見つからずでした。
f0230940_16262184.jpg

それらしく巻いとけばいいでしょってことで、エビフライポッパーの試作品を巻いてみました。その前に材料の調達で100均ショップにホームセンターに電気パーツの店をはしご。
構造はプラスチックチューブに色々なマテリアルをくくり付けて、その上からビニールのチューブを被せ最後にポップ音を出すカップを取り付ければ完成。目の玉を付けると急にエビっぽくなりますからこの辺りが数少ないコツかも。
不慣れで制作に時間がかかるのが面倒、発泡スチロールの海用ポッパーでもいけそうな気もします。
全長約8cm、このサイズだと黒鯛用カン付きフック6号位が良さそう、場合によってはトリプルフックに交換も。
[PR]

by troutclub | 2010-07-31 16:27 | フライ

暑中お見舞い申し上げます。

梅雨が明けてから連日の猛暑、やっと昨日一雨来まして少しは涼しくなるかと喜んでましたら、一夜明けたらまた真夏の太陽が朝から照りつけて、涼しさがまた遠のきました。
鱒の棲む川は夏でも涼しくていいです。
朝マズメには朝霧がたちこめまして涼しいと言うより肌寒いくらい、温泉タオルと釣竿持って出掛けてみたいです鱒の棲む川へ。

暑中お見舞い申し上げます。
f0230940_9221272.jpg

[PR]

by troutclub | 2010-07-30 09:23

懲りずに再度「半助豆腐!」

先回、木綿豆腐を使い失敗した「半助豆腐」、今回は水が出ないように水をよく切った焼き豆腐で作ってみました。
値段と品切れを用心して、土用の丑の日の二日前から仕入れておいた鰻の蒲焼。当然のように土用の丑の日を待たずして、ビールのつまみや鰻丼となって消えました。
残ったのは鰻の蒲焼の頭の部分だけ。今年はこの鰻の蒲焼の頭をダシにした「半助豆腐」でのささやかな土用の丑の日に。
作り方は先回と同じ、豆腐から余分な水分が出ない分だけ今回は味が引き締まってます。焼き豆腐に味が滲みた頃に白髪ねぎを入れ、ねぎがクタッとしたところで出来上がり。
f0230940_19182483.jpg
よく冷えたビールで口を濡らして「半助豆腐」を一口、味が良く滲みてて旨かったです。
出来上がった「半助豆腐」を器に移すときは、半助は取り出した方が良いかも、目と目が合うのはどうも苦手。
鬼平犯科帳にでも出てきそうな時代がかった料理です、大阪の「半助豆腐」を鬼平が知ってたかどうかは不明ですが・・・・。
[PR]

by troutclub | 2010-07-27 19:19 | 食べる

亜熱帯の夜

先週末、あまりの暑さに暑気払いを兼ねてご近所の釣りのお仲間と久しぶりにビールを少々?おっさんフライマン三人と、オネーさん一人の計四人、場所はいつもの居酒屋。
その時にラージアーバーのフライリールをお仲間から貰い受けまして幸せな気分に。もう一人のお仲間からは矢沢永吉の新譜のCDを貰い幸せ度がまたアップ。
若くてキレイな△◇〇※オネーさんにビールを付き合ってもらい、こちらはポイントが高くて幸せ度がさらにアップ。おっさんフライマンの亜熱帯の夜は幸せな気分で過ぎていったのでありました・・・とさ。
f0230940_10203678.jpg

その時に貰いましたラージアーバーのフライリール、黒鯛のフライフィッシング用に使えるんじゃないかと思いまして、そのための仕掛けの準備を始めました。
まずラージアーバーのワンウェイラチェットの回転を逆に(これは簡単)して、30ポンドくらい?のバッキングラインを巻き込みました。
フライラインは約15mで28gほど(#10~11番?)のウェイトフォワードラインのヘッドの前後を逆にして、断ち切りの先端に溶着でループを付け、リール側にはレベルラインを溶着して約35ヤード程のチェンジャブルヘッドのラインに加工しましたし。
フライライン同士の溶着で色々なラインを作りましたが、使用頻度の高いラインは溶着部分の表皮からひび割れしているものが見つかり、その対策として最近はクリアーなフィルムをその上からもう一度溶着するようにしています。
ひび割れしてきた部分を同じようにフィルムを溶着することで応急処置が出来ます。耐久性も期待できます。ループツーループで繋いであるベージュのラインは、これも自作しました長さ調整用の1.5mのチータ。
f0230940_10212054.jpg


あくまで個人的な経験からの話ですので、同様の工作をされる方は自己責任でお願いいたします。
[PR]

by troutclub | 2010-07-26 10:26 | フライフィッシュング

懲りずにipod

先日からの課題だった、ipod nanoからラインアウトコネクタで出力すると曲途中からおかしなノイズが乗って来て聞いてられないの問題。
市販のラインアウトコネクタを分解してみると、ipod本体からの信号を一旦チップに入れて改めて出力しているようで、ノイズの原因究明どころか回路そのものが分からなくなって万歳しました。
市販のラインアウトコネクタの改造はさっさとあきらめまして、今までリモコン機能だけを使ってましたipodのFMトランスミッターが次の犠牲に。
f0230940_1559399.jpg

使わないトランスミッター回路をバイパスしてその音声信号を外部にケーブルで引き出せば、リモコン付きのラインアウトコネクタとして使えるんじゃないかと思いまして、迷わずトランスミッターの分解作業に入ることに。
まず、ipod本体から受け取っている音声信号のLine Out - R、Line Out - L、GNDのピンを探します。写真のコネクタの左の方から出ている二本の小さなピンの一番左が、オーディー信号のGNDのようでもう一本がLかRのいずれかの模様。
基盤の裏にもう一本ピンが出てましてこちらもLかRのいずれか、左右の音声が入れ替わってもはこだわらない事にして、テスター無しで両面に音声のLとRを半田付け。GNDは基盤の適当なところに半田付けしました。
試聴テストで左右から出ている音を確認、音も悪くありません。一番問題だったipod nanoでラインアウトコネクタ使用時のノイズも今回は出ません。
リモコンが使えて音も良し、充電器機能も付いた市販FMトランスミッター改のラインアウトコネクタ、大成功でした。
FMトランスミッター回路も殺してないのでFMラジオでも聞けるはず。
f0230940_15592347.jpg
トランスミッターのお尻から出ている黒い尻尾が先回との違い、追加した外部出力用のケーブル。
下調べをしっかり、工作は自己責任で。
[PR]

by troutclub | 2010-07-24 16:03 | 工作

HOTEL PACIFIC Ⅱ

鳥取、島根への往復1000kmのドライブ、さすがにとんぼ返りで帰ってくるのは身が持ちませんで宿を予約しておきました。
境港市の海岸道路沿いにある写真の「マリーナホテル」ここが鳥取での宿になりました。
WEBで探した条件は、価格がリーズナブルでそのくせサービス満点で景色も料理もみんな納得できる宿。探す作業は自分でする訳ですから、どんな無理な注文でも誰の迷惑にもなりません。
検索途中で見つけた一枚の写真で、宿をこの「マリーナホテル」に決めました。むかし神奈川県の茅ヶ崎にあった「パシフィックホテル茅ヶ崎」に、立地も建物の雰囲気も似てたので思わず予約のボタンを・・・・。
f0230940_8342860.jpg

「パシフィックホテル茅ヶ崎」は上原謙、加山雄三親子が出資して建てられた当時話題のリゾートホテル。2000年夏にヒット曲したサザンオールスターズの「ホテルパシフィック」の舞台になったホテルそのものです。随分前に取り壊されて今はもうありませんが・・・・・・。
若い頃に?まだ営業してたこの「パシフィックホテル茅ヶ崎」の前を車で通ったことがありましたが、ホテルもお客さんもえらくお洒落に見えたのを覚えてます。
境港市の「マリーナホテル」も、バブルの頃はこちらも高級リゾートホテルだったんじゃないかと思えるような名残がいろいろありました。
部屋はマリンランプ風の照明や丸窓時計を使い船のキャビンのような雰囲気?床もフローリングされてましてなかなか良かったです。今では普通のビジネスホテルとして営業してるようです。
f0230940_124059100.jpg
●今は無き「パシフィックホテル茅ヶ崎」 通称HOTEL PACIFIC
f0230940_835061.jpg
●「マリーナホテル」から見える、境港の夢みなと公園のタワーと美保湾。
[PR]

by troutclub | 2010-07-23 08:40 |

ゲゲゲの女房

行って来いの往復で、約1000km14時間のロングドライブに行ってきました。
NHK朝のドラマ「ゲゲゲの女房」の夫婦の出身地鳥取県の境港市と、島根県の出雲市をぐるっと巡る旅。
世界文化遺産の石見銀山まで足を伸ばしたかったんですが時間が足りずで中止。ゲゲゲの女房の出身地になります安来市も、通り過ぎてから気が付くお粗末さでこちらもパス。
境港市は「ゲゲゲの鬼太郎」で町興しをしてまして、「水木しげるロード」なんて命名したゲゲゲの鬼太郎一色の商店街まであって観光客で大賑わい。
f0230940_837419.jpg

隣町の米子の空港まで「米子鬼太郎空港」なんて愛称を付けてちゃっかりゲゲゲ人気に便乗してたのが笑えました。
神話のふる里とも言われる出雲大社。以前から行ってみたかった私的パワースポットでして、神話の世界から当時の歴史を読み解く?・・・・まあ解説書を読むレベルなんですがこれが面白い。無神論者の神信心?のようなもんです。
聞けば出雲大社は縁結びの神さんとかで、出雲で結ばれた男と女、女性は境港でツワリになってゲゲゲの女房に・・・・?
f0230940_8375343.jpg

[PR]

by troutclub | 2010-07-22 08:39 |

車載 ipod

HDDナビを持たない身の上でして、車の中でmp3音楽を聴く時はいまだにipodの音をカーステレを通して聴いてます。
以前試したFMトランスミッターを使う方法はあまりにも音がプアだったので、純正のデッキに直接イヤホンジャックからケーブルで入力して再生する方法がベストと思い、なんの疑いもなく聴いてました。
簡単に説明すると、SONYがOEMで作ってる純正のデッキにSONY製のMDチェンジャーを増設し、そのSONY-BUSのオーディオ信号とipodからのオーディオ信号を途中ですり替えて再生するいたってシンプルな方法。
それだけでFMのトランスミッターで聴くより全然音質が良くて満足してたんですが、ipodのヘッドホン用アンプはあまり誉められたものではないとかの話を聴いて、少し面白くない気分になってました。
どうもipodコネクターからの信号で聴いた方が音が良いらしい?音声信号を直接アンプに入れるならイヤホン端子もipodコネクターもそれほどの違いは無い?と思いながらも、半信半疑でipodコネクター用の出力ケーブルを調達し、イヤホン端子からipodコネクター出力の信号に切り替えてみましたら・・・・。
これがビックリするほどの大違いで、イヤホン端子からの音なんか問題にならない?位いい音になりました。
ロングドライブの往復で14時間ほど連続再生しましたが、スッキリとした聴きやすい音になり上機嫌。
出力ケーブルの問題なのか、ipodnanoでは再生途中からおかしなノイズが出て聴いてられませんでした、こちらも近日中に何らかの対策をしないと・・・。
f0230940_824978.jpg

[PR]

by troutclub | 2010-07-20 08:26 | 工作

半助豆腐

大阪で言うところの半助、鰻の蒲焼の頭の部分だそうです。これを豆腐といっしょに炊いてダシをとる、大阪の粋なローカル料理が半助豆腐。
焼き豆腐を使うのが正統派?のようなのですがたまたまスーパーで売り切れだったので、木綿豆腐で代用してこの半助豆腐を作ってみました。
鰻の蒲焼のタレを薄めた汁に半助を入れてダシ汁を作り、豆腐とネギをいっしょに炊いて煮詰まってきた頃につついて食べるのが旨いです。
今回は焼き豆腐の代わりに木綿豆腐を半丁も入れてしまい、水が出て鰻マーボ豆腐?みたいになってしまったのが残念です。
f0230940_715479.jpg
ただ甘辛いだけのダシ汁よりちょっと鰻臭い味付けの方が一ひねりあって、味覚が怪しくなってるオヤジの口に合います。添えたネギがまたいい味になってまして、生臭オヤジの食欲をそそります。
これはビールよりも冷やした日本酒が合うかも、出来れば焼酎と味醂を合わせた柳陰で一杯やりたいところ。そうなると次回は鯉のあらいで一杯・・・・。
[PR]

by troutclub | 2010-07-16 07:17 | 食べる | Comments(0)

自画自賛

A4サイズのイラストを正直にA4サイズの額に入れるのもシンプルで良いのですが、もう一手間加えてマットを(窓を切り抜いた内側の枠)入れたら見栄えがするんじゃないかとのリクエストを頂きまして、さっそくそのアイデアで画像によるシュミレーションをしてみました。
A4サイズの額にB5サイズに描かれたイラストをマット装幀で入れるとこんな感じ。マットの色は中の作品の色目に合わせるのがセオリーらしいのですが、今回は敢えてグレーをチョイス。
グレーが濃すぎました、ちょと重い感じがします。やっぱり白かベージュ辺りが無難のようです。
でも額に入ると何の変哲もないイラストが結構な名作に見えてくるから不思議?文字どおりの自画自賛。

f0230940_1511159.jpg

[PR]

by troutclub | 2010-07-14 15:12 | イラストレーション