カテゴリ:工作( 115 )

オービス 改 スイッチロッド

先日「Leisure Pursuits FUTO」さんの店に久しぶりにお邪魔した時に、オービスのフライロッドをお土産に頂いてきました。
ジョイント部分で真っ二つに折れて、かなり手を入れないと使えない状態。折れた竿を適当に応急処置して、そこがまた折れてしまったようです。

f0230940_15114712.jpg

パーツ取りとかロッドリメイクの素材用にでもと頂いてきたんですが、スケベ心と好奇心でオッサンの手でリビルトすることにしました。

修理に使われていたカーボンのインナーパイプが、ブランクの裏側に瞬間接着剤でこびり付いていてまして、まずこれを全て剥がすことからスタート。瞬間接着剤の剥離剤は、カーボンブランクの樹脂まで傷めてしまいそうなのでパス。ここは丁寧にカーボン繊維をピンセットを使い少しずつこそぎ落とすことに。

2度目の修理ってのは初めて修理する竿より始末が悪いです。なんとかロッドブランクの内側をキレイにして、正確な内径を測り改めてカーボンのインナーパイプを製作。パイプを二重にしてエポキシで固めソリッド並みの強度を確保してあります。

f0230940_15123670.jpg

後は折れた部分に二重にしたインナーパイプを入れてエポキシで固定し、ナイロンスレッドで外側から締め上げてほぼ完成。強度的にも十分な筈?

ただ竿を修理しただけでは面白くないので、このシングルハンドのオービスの9ftロッドにエクステンショングリップを追加して、スイッチロッドとしても使えるように改造することにしました。
もちろんエクステンショングリップもハンドメイドのオリジナル。コルクグリップとエンドキャップの繋ぎ目のラインに苦労してます。
オリジナルのシングルハンドとしても使えるように、ロッドエンドのラバーとエクステンショングリップは簡単に交換できるように細工済み。

f0230940_15131275.jpg

なかなかハンサムなスイッチロッドに化けました、ロッドの長さが都合9.5ft程なので、もう少し長さがあればパーフェクトなんですが・・・。
captain FUTOさんありがとうございました。
[PR]

by troutclub | 2014-07-03 15:25 | 工作 | Trackback | Comments(0)

iPhone バッテリー交換

ターボ付きロータリーエンジン車のフュエルメーターみたいに、バッテリーの残量が見る見るうちに減っていく「iPhone」のバッテリー交換に挑戦?してみました。

f0230940_11571034.jpg

始めに適合するバッテリーの手配をします。楽天のネットショップで貯まっていた楽天ポイントを注ぎ込んで、「iPhone4S」用工具付きのバッテリーを購入。
生産国はMade in China、取り外した純正バッテリーもChina製でアンペアも一緒だったんで、純正同等品ということで納得。定形郵便だと送料もタダで出費はゼロ。

f0230940_11573366.jpgまずドック両側のネジを専用の星型のトルクスドライバーで外します。ロックタイトで緩み止めしてありますが簡単に緩みました。
フロントプレートとバックプレートを、前後に少しズラしてからモナカみたいに上下二枚に割って筐体を分解。
分解する前に、主電源を落としてSIMカードも念のため抜いておいたほうがいいらしい。

バッテリーにアクセス出来たら、プラスのドライバーで配線を止めている2個のビスを緩めて、ボディーアース?用と思われる共締めになっている黒い小さな金具も外します。部品が小さいので無くさないように注意。

バッテリー横の透明フィルムを引き上げてバッテリーを外すそうと思ったら、バッテリーを止めている両面テープの接着力が強くて、レバーで徐々にバッテリーを浮かしながら引き上げないと外れませんでした。

f0230940_11575617.jpg

後は分解と逆の手順で組み立て、部品さえ無くさなければ楽勝です。業者にiPhoneのバッテリー交換を頼むと7,400円程になるそうです。
[PR]

by troutclub | 2014-04-21 12:03 | 工作 | Trackback | Comments(0)

緊急 ガイドリング交換

消費税5%込み 金105円也で買って来ましたジャンクのルアーロッド。2ピースを4ピースに作り直したのはもうご案内の通りなんですが、石垣から帰ってきて竿を洗いながら点検してましたら、バットから二つ目のガイドに引っかかりがあるのを発見。割れてはいないようですが、爪で擦ると爪が削れるほどのガイドリングの欠けがありました。
f0230940_17554642.jpgf0230940_17561861.jpg中華製のこのロッド、富士によく似たガイドが付いてますが品質はかなり低いようで、おそらく中国製の富士に似せたパチモン。
ステンレス風のガイドフレームも鉄にクロムメッキしただけみたいです。それもすぐに錆がくるような安物のメッキ、すでに錆のニキビが浮いてきてます。

ガイドの錆は仕方ないとして、ガイドリングの欠けはラインを傷めてしまいますから、待った無しで修理をしないといけません。
ガイドフレームごとごっそり交換するのもメンドイので、今回はリングだけ入れ替える裏技?で修理することにしました。
まず交換用のガイドリングを探す、ジャンクパーツの中によく似たサイズのSICガイドを見つけたのでこれを使うことにしました。手元に無ければ何処かで探してくる。

ガイドフレームからリングを外すには、ガイドをライターの火で炙ってやると接着剤が燃えて取れやすくなります。ロッドにガイドが付いたままの場合は、ガイドフレームの足部分を濡れた布等で包んでブランクに熱が伝わらないようにします。

今回、ガイドに熱を加えてからリングをラジペンで外そうとしたら、簡単に割れて砕けてしまいました。さすが中華製・・・? 工作する場合はそれぞれの自己責任で。

リングが外れたら新しいリングをはめてサイズの確認。ぴったりなら瞬間接着剤で固定してオシマイ。
リングのサイズが大きすぎる時は、丁寧にガイドフレームを削ってサイズあわせします。この場合ガイドフレームごと交換した方が早いかも?
f0230940_17565283.jpgリングのサイズが一回り小さい場合は、リングのオーバースリーブを作ってサイズを合わせます。今回はアルミ缶のアルミを細長く切ってリングに一巻きすることでサイズ調整しました。無事にガイド交換終了。

当分この間に合わせの修理で使ってみます。金105円也で買って来ましたジャンクのルアーロッドは、旅に欠かせない便利なパックロッドに大化けしました。
[PR]

by troutclub | 2014-03-28 18:15 | 工作 | Trackback | Comments(0)

8フィート 4ピースロッド 改

昨年、飛行機に手荷物で持込みできるサイズにと、6フィート・2ピースのスピニングロッドを一本、切った貼ったして4ピースパックロッドに化けさせました。
でも海で6フィートのロッドなんて、とば口をちょこちょこっと引っ掻き回すだけでいい所まで届かない、ちっとも気持よくならない役立たずの竿なんであります。おまけに4ピースの中折れだし。

もう少し長い竿のパックロッドを作ろうといろいろ物色してたんですが、先日釣具屋でジャンクのシーバスロッドを見つけまして、これを潰して4ピースのパックロッドに仕立てることにしました。

f0230940_18113041.jpg

長さ8フィートの2ピースロッドで、ロッドの折れは無し、トップガイドのリングが飛んで要交換、クリーニングするお楽しみ付き。このジャンクロッドが金105円也、消費税込みでたったの105円なんでありました。
それでも買おうか買うまいか悩んでしまった小日本・小市民のオッサン。最後は某美人妻?の少々イラついたような「買えばいいジャン!」の一声でご購入。

ガイド位置とかの取り都合で、長さがすべて同寸にならなかったのが少々残念。バット部分が一番長くて65cm、一辺のサイズ制限で機内持ち込みが出来ないサイズになってしまったのも計算外。
プライヤーとかフィッシングナイフもあるので、預け手荷物のバックに斜めに一緒に入れて運ぶことにします。預け手荷物サイズをクリアしただけで当初の目的は達成。

それにしても6フィート比べるとを8フィートは4ピースになっても長いです。まあ2ピースの長い竿ケースを担いで移動するより、格段に楽ではありますが・・・。アクションよりのコンパクトさが命のトラベルロッドなんでありました。
[PR]

by troutclub | 2014-03-18 18:22 | 工作 | Trackback | Comments(0)

iPod mini 16G ニコイチ作戦!

長年愛用してましたiPod miniの機嫌が悪くなりまして、イヤホンジャックの接触が悪いらしく時々音が途切れるようになってしまいました。

このiPod miniは、4GのマイクロHDDを16Gのコンパクトフラッシュに換装してありまして、16Gに落語のMP3データ満載のオッサンお気に入りのカスタムモデルなんであります。

イヤホンジャックの接点不良ならなんとか直るんじゃないかと思い、お気軽に分解しましたらどうも基盤剥離みたい、長年酷使されボードが劣化してる?
このiPod miniも発売から10年、その間使い倒されてますから寿命が来てもおかしくないです。残念ながら修理は諦める。
f0230940_14533956.jpg

でも落語は聴きたい・・・。
以前に液晶不良でジャンク扱いにした、iPod miniがあることを思い出す。さっそくニコイチ作戦で二台のiPod miniの使えるパーツを合わせて、まっとうなiPod miniを一台仕立てることにしました。
まるで韓国軍のジェット戦闘機みたい?共食い整備ってやつネ。

イヤホンジャックの付いた基盤を、ジャンクのiPod miniからトレードしまして、正常な液晶、16G HDD、バッテリーなどをそこに載せ替えることに。
配線を済ませて試しに起動ボタンを押したんですが、ウンともスンとも言わない。

次にiPod miniにPCからのケーブルを挿してみたら、林檎マークが現れて電源ONになりました。一度分解するとPCからのケーブルで生入れしないと目覚めないのかも?

無事にニコイチ作戦完了で、iPod mini16Gのクローン誕生です。また落語が楽しめます。マンモスうれピーずら。
[PR]

by troutclub | 2014-03-02 15:02 | 工作 | Trackback | Comments(0)

ソルト用安全フック外し

f0230940_16274124.jpg

前に二つほど作りましたフックリリーサー、いずれもトラウトとかメバルとかあまり大きくないサイズの魚が対象で、安全にフックを外したい本当にフックリリーサーが必要なソルトの大物には少々心許なかった。

f0230940_16324548.jpg今回は、海の大物との大立ち回り用にソルトの安全フック外しとして、ワイヤーの太さも全長もサイズアップして作ってみました。f0230940_16281249.jpg

ワイヤーは先回のジェット天秤からの切り出しから、100円均一で売ってたバーベキュー用の金串にバージョンアップ。

この太軸の金串なら、大きなルアーを強引にこじって外しても曲がることは無さそう。
でも太くなって強度が上がった分だけ加工が難しい。

フックを引っ掛ける部分のデザインは、市販の安全フック外しに習ってシンプルなU字型にしてみました。

ワイヤーをきれいに丸くU字型に曲げるのが難しいです。最終的には簡単な治具を作って加工することにしました。

バーナーで真っ赤になるまで炙ったステンレス製の金串ワイヤーを、この治具に挟んで一気に曲げます。
薄っすらと紫がかった焼け具合といい美しい曲線といい、ヨシムラの手曲げの集合管?みたいで格好がいいです。

そろそろ海の大物?を狙いに出掛けたいところなんですが、皆さん忙しそうで・・・年度末ですしね。
[PR]

by troutclub | 2014-03-01 16:55 | 工作 | Trackback | Comments(0)

しつこくフックリリーサー

先週に続き今週末も雪で魚釣りは無理?なようです。
解禁の勢いでもし魚が釣れちゃったら、そのフック外しに使おうと作りましたフックリリーサー。自作フックリリーサー1号に続き、尺の長い2号も作ってみました。この寒い中でヌルヌルした魚は触りたくないモンね。

f0230940_15444095.jpg

今回も針外しのシャフト部分になるワイヤーは、ジェット天秤からの切り出し。グリップになるパイプはテレスコピックのアンテナを再利用。
今回一番の見せ場は、アンテナの取り付け部分のネジ穴を使って折り畳み式にした針外しのシャフト。

f0230940_1545024.jpg

折り畳み式&テレスコピックグリップで、折り畳み寸法が18.5cmで、使用時の寸法が29cm~42.5cmの間で収縮するブラックピープル?サイズ。

1号と2号で、針外しの部分のデザインを変えてみました。どちらの使い勝手がいいかは、まだ魚を釣ってないし、使ったことも無いので不明。
[PR]

by troutclub | 2014-02-14 16:00 | 工作 | Trackback | Comments(0)

自作フックリリーサー

河の解禁シーズンとなりまして、かすかに残ったスケベ根性で九頭竜川の桜鱒釣果情報が気になります。
でもこんな寒い季節に河に浸かって魚釣りなんて出来ません、神経痛?が出て日常生活にまで支障が出そう。焼き鳥で一杯やってる方がいいです。

フライのお仲間が逆手(左手)でのスペイキャストをマスターしたんで、教えてあげるって嬉しいお話があったんですが、練習にお付き合いしてる時間が無くて・・・・残念。
今のところ、魚が釣れる前の算段より釣れてからの段取りの方が心配です。

f0230940_1454372.jpg

一つ欲しかったフックリリーサーを作ってみました。WEBでいろいろ調べたんですが、造りはほとんど小学校の工作レベルでして、材料さえ見つければ簡単に作れそう。

デザインはWEBで見つけた使い勝手のよさそうなのを参考にしました。
シャフト部分とグリップエンドのリングは、浜で拾ったジェット天秤のステンレスワイヤーからの切り出し。グリップは余っていた木の丸棒。メッキの金具はボールペンの口部分から失敬。ワイヤー先端のキトウ?部分はフライに使うビーズヘッド。

木の丸棒にドリルで穴を空けて、シャフトを突っ込んでエポキシで固定。シャフトにギザギザを付けて少し曲げて気休めながら抜け防止の対策。
使った現金は無し、そこいらの店で売ってるフックリリーサーよりハンサムでお洒落でしょ。

でも、編み物に使う道具みたいでちょっとひ弱な感じ、対象魚はせいぜい河とか湖のトラウトまででしょう。海のジグルアーを外すフックリリーサーはまた別の機会にトライしてみます。
[PR]

by troutclub | 2014-02-05 15:11 | 工作 | Trackback | Comments(0)

ロッドジョイントアダプター

男の浮気は「本能」だとか「甲斐性」だとか、中には「文化」だなんてヨタを言い出すオッサンまで出てきまして、世間は相変わらずの失楽園ゴッコで日が暮れていくのでありました。
日の本は・・・オンナ無しでは夜も明けぬ国なんだと。

f0230940_11224560.jpg浮気してる男の数だけ、そのお相手をしてる女性が居る訳でして、気を付けないと可愛い?ヨメが、亭主の居ぬ間に近所のオッサンと・・・なんてね。傍から見てる方が良く分かるらしい?・・・知らぬは亭主ばかりなり。他人の不幸は蜜の味なんであります。

一本の竿、グリップのあるバット側のオスジョイントに、三種類のメスジョイントが無理なく挿入できる、誰でもOKよ!のなんとも不道徳な、サイズ変換用のロッドジョイントアダプター“Nasty”が完成しました。

f0230940_1124810.jpgちょっとガタのあったジョイントの擦り合わせも、ウレタンの塗装と蜜蝋で上手い具合にフィットして完璧。
スピニングロッドのトップのとベイトロッドのバットの組み合わせで、トルクタイプの面白い軽量ミノー用のベイトロッドが完成しました。ガイドサイズのアンバランスが可笑しい。



[PR]

by troutclub | 2014-01-27 11:36 | 工作 | Trackback | Comments(0)

3 in 1 ロッドジョイントアダプター

こんなのあったら便利ジャン!てことで作りましたロッドのジョイント用アダプター。
このカーボンパイプのピース一個で、一本のグリップ(バット)にジョイント部の径がマチマチな三本のトップが装着できます。
入れたり出したり誰とでもOKよ!のアダルトなお道具?儲からないから釣具メーカーでは絶対に作らない?大人のおもちゃネ。

f0230940_1602654.jpg

バット側にこのカーボンパイプをオーバースリーブで差込み、細いパイプ部分にスピゴットフェルールとしてトップを差し込む方法で、まず6.5ftの一つ目の組み合わせが完成。

f0230940_1621623.jpg

続いてオーバースリーブで差し込んだカーボンパイプに、もう一度オーバースリーブでトップを差し込むと、7ftの二つ目の組み合わせになります。
最後にカーボンパイプを使わずにオリジナルのトップを差し込んで6ftのロッドに。見事、三種類のトップが使い分けられます。

まだジョイントの擦り合わが完璧ではないので、ぼちぼち調整して暖かくなる頃にトラウト用ベイトロッドとしてデビューの予定は未定、だぞなもし。
[PR]

by troutclub | 2014-01-17 16:14 | 工作 | Trackback | Comments(0)