カテゴリ:工作( 114 )

車載 ipod

HDDナビを持たない身の上でして、車の中でmp3音楽を聴く時はいまだにipodの音をカーステレを通して聴いてます。
以前試したFMトランスミッターを使う方法はあまりにも音がプアだったので、純正のデッキに直接イヤホンジャックからケーブルで入力して再生する方法がベストと思い、なんの疑いもなく聴いてました。
簡単に説明すると、SONYがOEMで作ってる純正のデッキにSONY製のMDチェンジャーを増設し、そのSONY-BUSのオーディオ信号とipodからのオーディオ信号を途中ですり替えて再生するいたってシンプルな方法。
それだけでFMのトランスミッターで聴くより全然音質が良くて満足してたんですが、ipodのヘッドホン用アンプはあまり誉められたものではないとかの話を聴いて、少し面白くない気分になってました。
どうもipodコネクターからの信号で聴いた方が音が良いらしい?音声信号を直接アンプに入れるならイヤホン端子もipodコネクターもそれほどの違いは無い?と思いながらも、半信半疑でipodコネクター用の出力ケーブルを調達し、イヤホン端子からipodコネクター出力の信号に切り替えてみましたら・・・・。
これがビックリするほどの大違いで、イヤホン端子からの音なんか問題にならない?位いい音になりました。
ロングドライブの往復で14時間ほど連続再生しましたが、スッキリとした聴きやすい音になり上機嫌。
出力ケーブルの問題なのか、ipodnanoでは再生途中からおかしなノイズが出て聴いてられませんでした、こちらも近日中に何らかの対策をしないと・・・。
f0230940_824978.jpg

[PR]

by troutclub | 2010-07-20 08:26 | 工作

充填アダプター

梅雨空と睨めっこしてても空はなかなか晴れず、晴れ間が見えても川は増水してるでしょうから、アブラビレ狙いのフライフィッシャーにはいいとこ無しのこの週末。
先日の犀川フィッシング&キャンプで釣りのお仲間が使ってました、ガスボンベの充填アダプターが欲しくてネットのオークションでイロイロ探してみましたが、大げさで高価なやつとか、パイプを切って口を加工しただけのショボイやつしか見つからなくて、買うまでも無いかと一時保留に。
f0230940_17213819.jpg

釣りに行けないこの週末、いい機会と気になってた充填アダプターを自作してみることにしました。
危険物の可燃性ブタンガスを扱う道具です、安全性を考え下調べはしっかりしてアダプターの構造とサイズを決めます。まず必要なサイズのパイプを探してきてパイプ同士のフィッティングをしておきます、チューブフライの銅とか真鍮のパイプが意外と使えます。あと必要な工作道具も用意。
簡単に説明すると、家庭用ボンベの凸部に合うサイズのパイプと、充填するボンベの凹部にぴったり入るサイズのパイプをロウ付け(半田付けも可)し、凹部に入るパイプの先を充填するボンベの構造に合わせて加工するのが大体の作業。色々なボンベがあるようなので細かい説明は省略。
後は電気ドリルで回転させ繋ぎ目をスムーズに磨き上げて終わり、メッキと地金で迷彩模様になってるのはご愛嬌。
充填時にガス漏れしないよう、ガスボンベとアダプターの接合部は細心の注意を払ってフィッティングします。ガス漏れすると相当ガス臭くなりますので、安全性も考え充填作業は屋外で。

今回の工作は興味本位の試作品です、同様の工作をお考えの方は必ず自己の責任で行ってください。
[PR]

by troutclub | 2010-06-27 17:25 | 工作

フェルール キャップ

大河のサツキマス狙いもひと段落しまして、これからはご無沙汰の渓流に出掛ける機会もあるかも知れないって事で、仕舞いっ放しになってた渓流用の道具を点検。
流行遅れ?ですが実績のある渓流用フライは十分にストックが有ります。賞味期限切れのリーダーも沢山残ってます。
少々くたびれてますがリールとフライラインもまだまだ使えます。
f0230940_743747.jpg
フライロッドを点検したらバット側のメスのフェルールに付いていた筈のキャップが消えて無くなっていました、何処かの渓で落としてきたらしい。
ある筈の物が無いのは気分が悪いです、フェルールのキャップの代用になるものを探しましたが帯に短しで見つからず。
探すより作ったほうが早そうなので、手持ちの木の丸棒からカッターと電気ドリルで削り出して作ってみました。
電気ドリルで偏心したまま削り出してしまったようで、ちょっと歪になってるのはご愛嬌。
マニュキュアのオーバーコートをたっぷりと塗って仕上げ、キャップをまた無くさないよう羽織紐風の紐でボリュームを付けて見つけ易いようにしておきました。
もう少し硬い銘木の端切れでも手に入ればデザインを変え再度作り直し・・・・気が向けばですが。

木を削っただけのキャップではなんか貧相に見えてきまして、早々に光物のクロムメッキのリングを足してお色直し。
製図やイラストをアナログで描いていた時代に、ドローイング用の「ロットリング」と言うペンがあったんですが、これのインクカートリッジの口に付いていたのがこのクロムメッキのリング。
サイズがピタリだったので迷わず取り付け、シンプルな感じで引き締まりました。
f0230940_1443486.jpg

[PR]

by troutclub | 2010-06-04 07:07 | 工作

連休突入

一昔前のSOTECのノートパソコンをインターネット端末に使いたいとのリクエストがありまして、OSをMEからXPにバージョンアップしようと作業を開始したんですが、これが大騒ぎの作業となってしまいました・・・興味の無い人は以下適当に読み飛ばしてください。
このSOTECのモデルはCDからブートするにも起動用のフロッピーが必要なようなんですが、残念ながらこのフロッピードライブが壊れてまして、起動フロッピーが作れない読み込めない。ここで一回挫折。
なにせ古いパソコン、使えるフロッピードライブを電気街とかウエブで探してたら、一つだけオークジョンで見つけまして即落札。ちょっと盛り返す。
ドライブを交換してフロッピーでの起動は成功、しかし今度はCDからのブートにうまく繋がらない、BIOSの画面にはCDドライブが認識できない?とかのアラートが出てここで二回目の挫折。
もう止めようかと諦め掛けた矢先、これもウエブのオークジョンで同型のノートパソコンのジャンク品を発見、駄目もと、ヤケクソでこいつも落札。
f0230940_945120.jpg

二台の使えるところを取り出して一台に仕上げる「ニコイチ」の心積もりでしたが、届いたノートパソコンの程度がよろしい。ジャンクどころか正常に動きます。
シロート考えで、正常なパソコンでインストールしたハードディスクを、ドライブの調子が悪いパソコンの方へコンバートしたらの何とかなるんじゃないかの悪心が起きまして早々に実験。
結果は大成功!スイッチオンで正常に起動し二台とも調子よく動いてます。
今回分かったこと。コンピュータに詳しい?口ぶりの人にいろいろ話を聞きましたが不調の原因を答えられた人は無し。
知ったかぶりの人ほど怪しい事が分かりました。まるで落語の「千早ふる」です。
[PR]

by troutclub | 2010-05-01 09:09 | 工作