カテゴリ:クルマ( 106 )

また車検だよ

また車検だよ、オッサンとこの自家用車、もう何回目の車検になるだろう・・・?
最近の車検は、低年式車(古い車)には厳しい?検査基準のようで、今度の車検でも気になった事が3つ程ありました。

まず、メーターパネル内の警告灯の点滅。これが点滅してると検査ラインに入れません。オッサンとこの自家用車も、昨年スピードメーターユニットを交換したときから、車載コンピュータとのアクティベートの問題?とかで点滅してる警告灯がありまして頭を悩ます。

二つ目がライトの検査、今までハイビームで計測してたのがロービームでの計測に変わって、古い車は検査でバッテンが出ることが多いらしい。あまりに古い車は旧方式での検査になるらしいけど、中途半端に古い車には問題。

あとスピードメーターの誤差の計測が厳しく?なったらしい。これも古い車は誤差の範囲が大きくてもマルが出るとかの救済措置があるとかないとか?
f0230940_17205539.jpg

で車検本番。メーターユニットの交換(主に走行距離の話)を受付でハキハキと説明して、走行距離不明のクルマにはならずに済んだみたい。
メーターユニットの警告等の点滅は何とか工夫してハンコをもらう。走行距離のチェックでメーターパネルはしっかりと覗かれましたけど。

ライトの検査はロービーム右側のライトにバッテンを一つ頂きました。ロービームが駄目でも従来のハイビームの検査で合格すればOKでした、過渡期の救済処置?
二度手間で時間は少々掛かりますが車検が通過できないよりはいいです。以前みたいにロービーム側に紙とかでマスクする必要はなくなりました。

危なかったのがスピードメーター検査、先回はすんなり通ったのに今回はチェックが厳しかった。再トライしても一回目の挑戦では駄目でした。メーターを換えたせいなのか、テスターとの相性なのかは不明。
40kmでパッシングして不合格だったので、再検査ではメーター読みで36~37kmでパッシングしてなんとか合格。検査場では上より下の方が許容範囲が大きいらしい。と言われてもよく分からなかったけど。

事前に足回りの洗浄、ドライブシャフトブーツの交換を済ませておいたので、クルマの下回りの検査はスムーズに済みました。日頃からクルマの面倒を見てれば、ユーザー車検でも慌てることはありません。

それにしてもお国の方針は、古い車を一掃して新しい車に買い替えさせようとしてるとしか思えません。車が古いと重量税も上がります。
オッサンたちが若かった頃に憧れたクルマも、今じゃ道路の脇をトボトボ走る障害物扱い?だもんね。
.
[PR]

by troutclub | 2017-04-03 17:39 | クルマ | Trackback | Comments(0)

DNA 進化無し

最近のクルマってなんでこんなに目がつり上がってるでしょう、怒られてるみたいで親しみが湧かない。久しぶりにうちの男連中、テテ親と二人の倅が揃いましてご婦人のお噂じゃなくて・・・クルマ談義。

上の倅が水平対抗四気筒のターボ付きで、なんでも200馬力とか300馬力の出力とか?燃費が悪そうで維持費が心配、まったくの無駄。
二番目の倅は直列?六気筒のノーマルアスピレーションエンジン。メカ音痴にこのクルマの面倒が見れるのか心配。この手のクルマはサービスインターバルのリセットさえ町中のモータースじゃ怪しいらしい?正規デーラーでは消耗品のパーツ代ですら・・・。

f0230940_8591235.jpg

二人の倅が学生の頃に散々乗り回した、なんの変哲も無いテテ親の古いワーゲン。燃費そこそこ、サードパーティーの修理部品が豊富、サービスインターバルのリセットも自由自在。

家族全員での移動なんてほとんど無い昨今、壊れない背の高い軽自動車あたりが、お年な二人用にはサイズも十分で使い勝手がいいかも?古いだけの実用車なんて壊れたらただの鉄屑だもんね。
高速移動の手段なら倅のクルマを徴用って手もあるし・・・。
.
[PR]

by troutclub | 2017-02-19 09:11 | クルマ | Trackback | Comments(0)

ペインティング・チューン

LATIN FESTA等のレースで歴戦の勇士?レ-スカ-に改造されたプジョ-106を、全塗装でリメイクしたって画像が知り合いのボディーリペア・ショップから届きました。

以前見たときに確かに少々くたびれてたプジョ-106のボディー。オーナーは東京オリンピック風にチェック模様にペインティングと言ってますが、オッサンから見るとまるでアバルト・・・。
派手なペインティング・チューンでクルマが少しでも速くなればラッキー?カーボン製のボンネットはさすがに色を塗れなかったみたいです。エレガントなプジョーを精一杯レーシングに仕立てる見せ場ですもんね。

レーシングタイヤは生物だそうで普段はクルマから外して、サランラップに包んで保管してあるようです。

f0230940_15575713.jpg

[PR]

by troutclub | 2017-01-17 11:04 | クルマ | Trackback | Comments(0)

座敷バイク SR君

すっかり秋でして河も渓も閉まる季節。今さら鱒釣りの話も無いでしょってことで、夏が来る前にチラッとお伝えした渓流迷人の魔改YAMAHA SRのお話。

f0230940_10542712.jpg

車検と修理と登録で3ヶ月ぶりに戻ってきたYAMAHA SR君、座敷犬ならぬ座敷バイクのねこっ可愛がり。
カスタマイズされたその性能は凄いと思いきや、その試乗でいきなりスピードメーターの針がロックして戻らなくなりましたとさ、さすが魔改SR・・・。

次の日はキャブレターからガソリンがオーバーフローでダダ漏れ。原因究明にキャブを全部バラして再組み立て。
ガソリンの漏れは止まったようなんですが、乗る度に問題発生の座敷バイクYAMAHA SR君なんでありました。

家の中に見慣れない茶漉し?が一つ転がってました。これってひょっとしたら茶漉しじゃ無くてSR君の・・・・?
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-09-15 10:58 | クルマ | Trackback | Comments(0)

YAMAHA SR

梅雨の長雨で釣りを諦めたのか、釣りのお仲間がまた新しいオモチャを見つけてきました。何処かの倉庫から?サルベージしてきたバイク。かなり改造が進んでますがこれは間違いなくYAMAHAのSR400 か SR500です。

デザイン上の違いはサイドカバーのエンジン排気量を示す数字と、エンジン始動時に使うデコンプの有無くらいですから分かりにくい。このバイクにはデコンプが付いてないからおそらくSR400だと思います。

何でオッサンがYAMAHAのSRに詳しいかと言いますと、オッサンも二十数年前にこのバイクYAMAHAのSR500に乗ってましたからよく覚える次第、懐かしいイ。
上の倅が生まれた時に実のヨメからバイクをお召し上げとなりまして、泣く泣くアイアンホースバックライディング中途退学と相成りました。

f0230940_1131432.jpg

それにしても汚いバイク。保安部品はほとんどノンオリジナル、フェンダーもシートも同様、スピードメーターに至ってはフロントフォークに括り付けられてます。タンクも塗り替えられている感じでセンスが・・・。

エンジンもクランクケースも黒く塗られてます、冷却効果悪そう。一時期流行った放熱効果を高めるとかのテフロン塗装かも?SNSにアップされた写真だけでは良く分からん、現物を見ないと。

このバイクをどうする気でしょう、書類が無いとレストアしてもナンバーが付きません・・・。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-06-24 11:41 | クルマ | Trackback | Comments(0)

アンチエイジング vs エイジング塗装

世のご婦人方、女性ばかりじゃなくて男性もそうなのかも知れませんが、アンチエイジングってのが流行りだそうです。
少しでも自分を実年齢より若く見せようと、身の程知らずが悪あがきする、見方によっては図々しくも滑稽なアンチエイジング。TVなんかではその手の通販番組がいっぱいで、いい商売になってるようです。

f0230940_106521.jpg

先日、車のクラッシュリペアーサービスをしてます“キムラボディー”さんから送られてきた、スズキ・ワゴンRの写真。ボディー全体に錆が浮いてて車を全塗装でもするのかと思ったらこれが逆でして、キレイなボディーにわざわざ錆びてるようなペインティングをして、使い込んだ車に見せるエイジング塗装の画像でした。

ウエザリング塗装とかエイジング塗装で、おもちゃっぽい模型を本物らしく見せるテクニックは知ってましたが、錆び一つ無い本物の車に錆が浮いてるように見せる塗装なんて・・・。

f0230940_1062594.jpg

これも所ジョージの世田谷ベースあたりの影響でしょうか・・・オッサンにはちょっとクエッション?な流行なんでありんす。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-06-17 10:12 | クルマ | Trackback | Comments(0)

レゲエに窓落ち

昼過ぎからノコノコと近所の公園に出掛けて行って、ライブのコンサートを観ながらコンビニで仕入れた缶ビールを少々?ってのが、ここのところのオッサンの週末のお楽しみ。

先週末にその近所の公園でやっていたイベントは「Direct 2016 Sakae Reggae Fes」とかのレゲエのコンサート。大音響でライブしてまして音漏れがスゴイ。興味が無い人にはいい迷惑、まるで北緯38度線の「宣伝用スピーカー」だね。

f0230940_12255345.jpg

一日券の入場料が6,500円、2日間通し券は10,500円也、アカン・・・握り締めていった小銭はコンビニのビール代で消えた。とてもじゃないけど一日券を二人分なんてよう払えん。それにレゲエ風歌謡?に銭を出す気もないし・・・失礼。
そんな訳でオッサンたちは会場の外で「音漏れライブ」と相成りました、これが安上がりで楽しい。

f0230940_12262348.jpg日曜日は朝からクルマの修理、5月の連休中に窓落ちしたうちのジカヨウシャ。ドアを分解して窓落ちの原因となっているプラスチックパーツを金属製に替える、パズルのような作業で半日が潰れてしまった。
ドアのインナーパネルまでは外れたんですが、パネルと一緒になっているアクチュエーターを固定しているトリプルスクエアのボルトが外れない。

だいたいトリプルスクエアのレンチなんて持ってないし、ホームセンターでも売ってない?アクチュエーターとインナーパネルを分離する、かなり強引な方法でなんとか修理完了。一ヶ月ぶりに窓が開くようになりました。

昼に修理が完了しそのまま冷たい「ころウドン」を食べに "長命うどん"へ。 昼からサツキマスの川までテストドライブを兼ねてリバーウオッチングのつもりだったんですが、「リバーウオッチングより温泉だがね!」の助手席の一言で、渓流迷人に教えてもらった潮っからい温泉に浸かってテストドライブ終了となりました。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-05-23 12:41 | クルマ | Trackback | Comments(0)

寿命が来たら・・・

事前の天気予報では雨マークで、早々に魚釣りはヤメにしました日曜日。けっきょく天気は曇り時々晴れで、残念ながらサツキマスシーズンの貴重な一日をロスト。

そこで前からやろうと思ってました、クルマのDVDナビの読み込みエラーの修理をすることにしました。修理といいましてもDVDドライブのレーザーピックアップをクリーニングするだけ。

f0230940_12103035.jpgクリーニング作業はカンタンなんですがピックアップレンズにアクセスするまでが大変。リアフェンダー後ろの小さなスペースにセットされたカーナビを一旦クルマから下ろし、カーナビを分解?してピックアップレンズが見えたところで、アルコールを染ませた綿棒でクリーニングします。

後は逆の順序で元の位置にカーナビを再セットしてお終い。クリーニングは何度もして慣れた作業なんですが、それでも一時間半ほどの作業時間でした。

バッテリーから外してメモリーが揮発したカーナビの再教育に海までテストドライブした帰りに、とんでもない?トラブルが発生。
履き潰そうとシーズンが終わっても装着してましたスタッドレスタイヤ、行きは問題なかった?んですが帰り道で急に振動が出始め、スピードが上げられない状態まで悪化。

f0230940_12125468.jpg

車を停めて点検すると、右リアタイヤにブリスターが出来てタイヤの変形が始まってました。さすがオート〇ックスの韓〇製タイヤ。以前履いた韓〇製のピ〇リタイヤにもブリスターが出来て廃棄した記憶が・・・。

これ以上の走行は危ないと判断したんですが、某カーショップまでバースト覚悟でゆっくり走りまして、タイヤ四本を全て夏タイヤに交換。
俗に「新車外し」とか呼ばれる新古?タイヤ。低コストだけを考えた、自動車メーカーが新車に組んでくるタイヤみたいです。まあ、予定外の痛い出費ですから贅沢は言わずこの辺りで示談とします。

教訓、スタッドレスタイヤは古くなると劣化が急激。ケチな履き潰しは止めて冬タイヤの寿命が来たら廃棄処分が正解、くれぐれもご用心。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-04-25 12:30 | クルマ | Trackback | Comments(0)

水平対向4気筒DNA

f0230940_9593430.jpgもうひと段落?かと思ってました、オッサンの周りの車の入れ替え。ここに来てとんだ伏兵が・・・。

パドルシフトのレガシーBBに乗ってましたウチの倅が、同じSUBARUの水平対向4気筒・300PS?の車と入れ替え。
まだ十分足として使えたレガシーなのに、大して代わり映えしない車に乗り換えなんて勿体無い。

テテ親のジカヨウシャも遠い先祖は水平対向4気筒。実際にその出力たった34PSの水平対向4気筒にも乗ってましたからこれもDNA?

水平対向4気筒にこだわるならSUBARU BRZあたりにして、茶髪かなんかを助手席に乗せてドライブしたほうがウンと楽しいと思うけど。ワゴンは何をどう飾ろうが、クリーニング屋とか酒屋の配達のイメージ・・・だもんね?
f0230940_1001834.jpg

.
.

[PR]

by troutclub | 2016-04-19 10:14 | クルマ | Trackback | Comments(0)

ゾンビーズ!

ゾンビ復活です。バッテリーの電圧低下が原因でエンジンが掛からなくなったと思い、ロードサービスを呼んでエンジン始動を試みた、けっこうOLDなうちのジカヨウシャ。実際の原因はバッテリーの交換だけで済むような甘い物ではなくて、致命傷ともいえるイモビライザーのエラーでした。エンジンが一瞬掛かってもすぐにエンストでクルマ動きません。

ロードサービスでは手に負えなくて、バッテリー交換を依頼したカーショップでもお手上げ。最終的には知り合いのクルマ屋にお願いして、40km近い距離を積車で引取りに来てもらい修理を依頼。
修理の方法と部品の調達に手間どり随分時間が掛かりましたが、一度は廃車も考えたうちのジカヨウシャ、ゾンビ復活で何とか動くようになりました。

f0230940_17552949.jpg

イモビライザー関係でまずスピードメーターユニットの中古品を手に入れて交換。メインコンピュータとの整合性で問題が出る?ので、この際イモビライザーは殺してしまえって事で意見が一致。

ここいらの工作はどうも裏技のようで、中国からイモビキャンセラー?のような部品を取り寄せてなんかドガチャカしたようです。説明を聞きましたがよく判らなかった。
それにエアーフローセンサーも故障してるとかで交換。この辺りはロードサービスとかカーショップが始動用に使ったバッテリーの電流で壊れたような気も・・・。

パーツの発注先の中国が春節とかで、流通がストップして一ヶ月以上も部品調達に時間が掛かってしまいました。

一つだけいい事がありました?本来なら交換したスピードメーターの走行距離は、メインコンピュータに記憶されてる走行距離に書き換わる?らしいのですが、中華の怪しげなキャンセラーのお陰なのか、走行距離が一桁台のままで、なんかクルマが若返ったみたい。年齢詐称だね。次回の車検で一悶着ありそうです。

他に倅二人の車が二台もあるのに、テテ親にクルマをレンタルしようって奴は一人も居なかった。
車の調子を言い訳に、魚釣りの足は毎回他人のクルマに便乗ってのも申し訳ないです。自分の足があるってのは安心です。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-03-26 18:07 | クルマ | Trackback | Comments(0)