カテゴリ:旅( 82 )

オッサンの青春18きっぷの旅

今回はオッサンの青春18きっぷの旅。GW中は青春18きっぷの利用期間に入らないため正確には「青春18きっぷごっこの旅」普通列車と快速列車を乗り継いで旅をしてきました。以前、大阪・京都を青春18きっぷごっこで周った時に覚えた面白旅の一つ。

初日は松本まで中央線で出まして、次は各駅停車の大糸線で安曇野の豊科まで行ってそのままいつもの宿で一泊。ビールで安着祝いをしてそのまま沈しました。

f0230940_11434544.jpg

あくる日は再度各駅停車の大糸線で白馬までゆっくりと移動。八方尾根方面に向かった自称あたしゃ「山ガール」だがねのドSの肉食系と別れて、オッサンは八方尾根のお絵描き。でも30分程で絵を描き終わったらもうすることが無い、後は仕込んでおいた唐揚げとビールの出番となりました。

山ガールと合流して八方の温泉で汗を流して風呂上りに再度ビール。一時間に一本の大糸線で豊科まで戻り同じホテルに連泊。一つ荷物を捨てると新しいお楽しみが・・・今回は釣り道具の荷物がリスト落ちしました。

f0230940_1143124.jpg

最終日また大糸線で松本駅まで戻り、松本の街に出て釣りのお仲間お勧めの蕎麦屋で昼飯。結構人気の店で30分ほど並んで「大ざる」にありつく。
ここでも蕎麦をたぐりながらビール、腹いっぱいで苦しくて帰りの電車を一時間遅らせ、街中を散歩して消化活動。帰りの電車の中では爆睡でオッサンの棲む田舎町までワープ。夕方無事に到着しオッサンの青春18きっぷの旅が終わりましたとさ。
.
[PR]

by troutclub | 2017-05-07 11:55 | | Trackback | Comments(0)

海の日 タモリカップ&支援艦ひうち

「海の日」に合わせて海のイベントが色々ありまして、オッサンも先週末は日本海の富山湾までドライブしてきました。
お目当ては射水海王丸パークで開催のヨットのイベント「タモリカップ」と、同じく海王丸パークで一般公開されてます海上自衛隊の多用途支援艦「ひうち」の見学。

f0230940_12295047.jpg

タモリカップは、ヨットでのレース?海上パレード?をタモリ(森田一義)がゴールで迎え、声を掛けるってのがメインのイベント。タモリの声は聞こえましたが姿は確認できずでした。
大型練習帆船の海王丸のキャビン辺りに立っていたようなんですが・・・。

一般公開で乗船できるはずの多用途支援艦「ひうち」だったんですけど、乗船希望者が多くて炎天下で並ばされ、何時になったら船に乗れるのか分からない状態。船には乗りたいけど熱中症は怖いしで、ここは勇気ある撤退となりました。

f0230940_1230791.jpg

ちょっとワームのズル引きで海の釣りも試したんですけど、魚の反応はまったく無しで寂しい限り。真夏の釣りは朝晩のじあいを狙わないとダメですね。とにかく暑くて気力負け。

日本海の富山からの帰りは、高山を通って荘川で道草して、郡上から一気に太平洋側まで南下。一部高速道路を使いましたけど、いつもの一般道のちんたらドライブで無事に帰ってきました。
仕上げは今回も「とんちゃんや ふじ」で生ビールに味噌とんちゃん。暑かったけどいい海の日でした。

f0230940_12302191.jpg

.
.

[PR]

by troutclub | 2016-07-19 12:32 | | Trackback | Comments(0)

甲斐で見るより駿河いい・・・。

連休の前半を利用して富士山の周りをぐるっと一回りして来ました。ドライブと言いましてもメインはヤッパリ魚釣り。
初日に狙ってました駿河湾の沼津の海は波が高くて釣りを諦める。次に考えた狩野川のヤマメも、ウエーダーの準備不足で川に入れず、釣りをする前から終わってました。その日は三島の宿でビール飲んでお終い。

f0230940_11431235.jpg

あくる日は山梨側に入って忍野で魚釣り。忍野川はただでさえ人が多いのに連休の観光客で駐車場は一杯、賑わってました。
久しぶりにシングルの#4番フライロッドを取り出し、7Xチペットに半沈みのミッジを付けてマス?ヤマメ?を少々。マラブー系の派手なフライを沈めて引く釣りにも魚は出ますが、やはりミッジの釣りのほうが楽しい。

f0230940_11444174.jpg

3時間ほどで魚釣りはお終い。昼からは富士山を観るならここ!外国人観光客が集まる絶景の穴場ポイント?とかの、新倉富士浅間神社に向かう。
TVで紹介されたような場所は観光客が押し寄せてダメですね。それに色々な場所から富士山を眺めてるオッサンとしては、評判ほどの景観では無いジャンってことで、早々に撤収となりました。

ネットがデカくて魚が情けないことになってますが、海でグレとか黒鯛なんをやっつける第一精工の頑丈なネットなんで、ちょっとネットの方が勝ち過ぎてました。サクラマスなら丁度のサイズなんですが・・・これでは太平洋にゴボウ?ご勘弁のほどを。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-05-02 11:57 | | Trackback | Comments(0)

伏見稲荷に飛田新地、これも信心

早くも七草粥、正月の話もそろそろお終いなんですが・・・。
大阪での宿の向かいが偶然?「動物園前一番街」でして、その一角を占めるのがあの「飛田新地」。大正、昭和の匂いを残す古風な作りの料亭?がズラッと並んでる歓楽街。
料亭と言っても店先でキレイなオネーさんが座ってるだけで、料理を出す店は一つも無いようです。

向学のために覗いてみたかったんですが、弁当持ちで踏み込むような場所ではないし・・・残念。次は一人でヒヤカシに行くことにします?
すぐ隣には超高層ビルの「あべのハルカス」がそびえ立ってまして、ノスタルジックな歓楽街とのギャップが面白かった。

f0230940_10161676.jpg

飛田新地に後ろ髪?を引かれる思いで地下鉄に乗り、梅田に出てコーヒーしたら大阪はもう飽きてしまった。田舎者にこの街はイタイ。
今回最大の目的地?伏見稲荷に初詣するために、梅田から京都までJRの在来線で行き、次は伏見稲荷行きに乗り換え2駅で下車。

伏見稲荷は結構なんですが駅のホームから出た途端に、そこは伏見稲荷参拝の列で大渋滞。大勢の人が立ってるだけで全く流れていかない。
これでは初詣は無理とそのまま電車に乗って京都駅にUターン。モダンな京都駅の屋上で伏見稲荷に持っていった、ビールとおにぎりの弁当で昼飯しながら休憩。

f0230940_9593678.jpg

午後からはジジ臭く京都のお寺参りに切り替え。まず東本願寺に参拝しまして次に菅原道真の生誕の地「菅原院天満宮」を覗く。正月なのに人は少なかったです。

ふらふら歩いているうちに疲れて電池切れ。大阪みたいに昼間からやってる立飲み屋は一軒も見つからないし、足も限界、休む場所もなし。
そのまま宿に入って飯食ってビール飲んでそのまま爆睡。信心の後は気持ちが晴れ晴れ?します。

明くる日は朝から嵐山まで足を伸ばし、渡月橋を渡って天竜寺を参拝して嵯峨野を歩き回ったらもう昼。嵯峨野名物の湯豆腐を食うこともなく京都駅まで戻って、JRの在来線に飛び乗り電車を乗り継いで、オッサンの田舎街まで帰ってきました。
京都駅で買ったビールとおにぎり、さすがに混んだ電車の中では食えんかった。腹を減らしたまま「青春18きっぷ」気分の旅は終わりましたトサ。
[PR]

by troutclub | 2016-01-07 10:35 | | Trackback | Comments(0)

歩け歩けの正月

今年の正月は、実家の方の親戚とか家族がまた増えバタバタの様子だったんで、年賀の挨拶は電話だけでお終い。
その代わりに関西の方までふらっと電車旅。大阪までは在来線の特急でしたが、あとは青春18きっぷ気分の在来線乗り継ぎのノンビリ旅。足代は新幹線利用の約半額、乗車時間は約二倍。どちらが安いか判断の分かれるところですが、数学的?には計算があってます。

f0230940_9433640.jpg

近鉄電車で到着した駅は大阪難波駅。いきなりコテコテの大阪エリアに入ってしまい少々戸惑う。人が多いのはオッサンの田舎町のアーケード街で慣れてるつもりだったんですが、ここはその何倍も広くて人も多い。道路が見えないくらいに人がビッシリと歩いてまた。

お決まりの串揚げを食って、たこ焼き食べて、ビール飲んで、人の流れを見てたら酔いました。これはアルコールのせいだけじゃない。

人の流れに押されて、難波から千日前を通りアニメ・ゲームの専門店?街を抜けて通天閣まで歩いたらもう足がパンパン。日頃の運動不足を悔やむ。歩き疲れてそこでまたたこ焼きにビールで休憩。

天王寺公園近くの動物園前にあります、寄席の「動楽亭」を覗いていこうと尋ねたんですが、ここは定席の寄席ではないようで、残念ながら高座を開いてる様子はなし。ちなみにこの場所は「桂ざこば」師匠の実家?(未確認)のようです。

日本で一番高い高層複合ビル?とかの「あべのハルカス」を目の前にして、歩け歩けの一日はここで終わりましたとさ。
[PR]

by troutclub | 2016-01-05 09:48 | | Trackback | Comments(0)

福井 越前 大野 二重カニに新蕎麦!

今年も福井の九頭竜川の流れを見に行ってきました。川の流れなんかホントはどうでもいいのですが、解禁した福井の越前ガニが気になって、昨年と同じルートで福井までのドライブと相成りました。

越前で越前ガニを仕入れ保冷材と一緒にアイスバッグに入れて福井の宿まで運び、夜の酒の肴にしようって言うコンタンです。
宿に入る前に福井の「ふくい味の祭典」ってのを覗いて旨そうなものはないかと物色。時間が遅かったせいでしょうか、閉会時間前なのにブースの店はとっとと店じまいしててロクな物は無し。駐車場に入るのに30分で会場からは5分で撤収です。祭典じゃなくて“最低”な気分・・・。

f0230940_12215255.jpg

九頭竜川の堤防が見えるいつもの宿に入り、いつもは大浴場?に入って、ついでに欲情して?ビール飲んでカニを食って旨い旨い!でお終いなんですが、今回は越前ガニが悪かった。

ちゃんと越前ガニのタグが付いたモノホンなんですけど、殻の下に新しい殻ができている脱皮前の“二重(ふたよ)カニ”でした。ミソや栄養がたっぷりで濃厚?幻のカニとか言われてるらしいのですが、出来ればいつものカニの方が好きです。幻の・・・なんて業者の言い訳でしょうね、騙された気分。

f0230940_12221833.jpg明くる日は気分を変えて福井のイベント巡り。朝飯をしっかり食ってからあわら市の「剱岳かりんて祭」に行ってきました。
直径2.5mの大鍋に野菜や肉をたっぷり入れた“かりんて鍋”ってのがお目当て。これを来場者には無料で振舞うとかでこれに食ついた訳です。
会場到着までクルマのバカ・カーナビに迷わされましたが無事到着。“かりんて鍋”ってのにもありつけまして満足、味噌仕立てのリトル豚汁風。ご馳走様でした。

その次は大野市まで走って「越前おおの新そばまつり2015」ってのを覗く、こちらはすんなりと現着。
もう腹はよかったんですけど、食べなきゃ気が済まない助手席の住人に付き合って、大野在来種の新そばで打ったとかの“おろし蕎麦”を一杯。
小さな発泡の椀に蕎麦が少し入って450円也。試食にしては少々お値段がと思いましたけど、助手席の住人も気が済んだようでメデタシメデタシ。

後は九頭竜川沿いを油坂峠に向かって走り、九頭竜湖から白鳥の町に入り郡上八幡を抜けて、無事にご帰還となりました。
[PR]

by troutclub | 2015-11-24 12:32 | | Trackback | Comments(0)

信州、飛騨、郡上 紅葉&新蕎麦?ドライブ

9月に長野県大町市美麻にあります蕎麦屋へ“とっからそば”ってのを食いに出掛けたんですが、時間切れで食えなくて残念な思いをしました。
今回は、新蕎麦のシーズンにその大町市で開かれてます?「新行そば祭り」に合わせて再度“とっからそば”に挑戦してきました。

f0230940_11562612.jpg

いつもの遊びながらの道草ドライブで大町の美麻に着いたのが午後の2時。途中にありました旨そうな店の誘惑をすべて振り切ってのご到着で腹はペコペコ。
店は満席でそれから順番待ちでまた20分ほど待たされ、やっと新蕎麦で作ったとっからそば”にありつけました。

f0230940_1212734.jpg相変わらず辛くて旨かったです。調子こいて追加の辛味噌なんか景気良く入れると、辛くて唇がヒリヒリになりますのでご注意。
店の中で料理の写真撮るのが最近恥ずかしくてお写真は無しね。

遅い昼飯が済んだら次は白馬村まで紅葉ドライブ。山はキレイに色づいてまして紅葉見物には丁度いい頃合でした。白馬三山はうっすらと雪が降ったように白かったです。

白馬のいつもの宿にチェックインし、露天風呂に入ってビール飲んだらすっかりいい気持ちで、朝までグッスリでした。
この宿は朝食バイキングが至れり尽くせりで旨いです。オッサンの若い頃にはそこそこ高級だったこのホテル、スキー小僧が泊まるには敷居が高かったです。

明くる日は安曇野から奈川渡ダムを抜け、上高地、安房峠を経て飛騨に入りました。平湯の紅葉が長野側に負けず劣らずで見事でした。
そのままスキー小僧には懐かしい、飛騨ほおのき平スキー場の広い駐車場に入り、紅葉を眺めながら持参のウインナー&ポテトフライにノンアルコールビール、おにぎりで昼飯。

一度行ってみたかった「飛騨エアパーク」にも寄ってきました。全長800mの農道離着陸場だそうでして、本来は野菜とか飛騨牛肉を飛行機で運ぶための飛行場らしいのですが、実際には遊覧飛行とかグライダーの滑走路、防災活動・緊急活動の基地としても使用されるらしいです。
当然ながら飛行機の離発着は見れませんでした。

f0230940_1157266.jpg

けっきょく高山でもう一泊してビール飲んで、明くる日は朝から飛騨の清見で豆腐を大人買い?して、荘川を回って、郡上の艶っぽい若御上のいる店で蕎麦を食べ、機嫌よく帰ってきました。
川が禁漁期間ということで今回は魚釣りの“さ”の字も無し。スポーツは確かにシーズンオフがあるほうが盛り上がる?
[PR]

by troutclub | 2015-10-21 12:19 | | Trackback | Comments(0)

シルバーシート or シルバーウイーク?

大町市美麻にあります蕎麦屋で“とっからそば”ってのを食べる計画で出掛けたんですが、昼までに大町に辿り着けなくて手前の豊科の蕎麦屋に入ったら、そこの蕎麦が旨くて大町まで足を伸ばす気が無くなった。
空いた時間で魚釣りでも・・・と、まあこんなストーリーで?安曇野・犀川で魚釣りをする時間を捻り出す。

f0230940_1044564.jpg

でも秋の七草、女郎花が咲いた川でマス釣りってのは気分が出なかったです。魚は犀川の本流よりも支流の方に入ってると踏んであちこちを見て廻りましたけど、本流も支流も水が高くてポイントを絞りきれずで大敗。川は閑散としてて好きなポイントに入り放題なんですが・・・。
地元のチューボーが、川幅1mほどの町中の水路でニジマスを釣り上げてたのには驚きました。ちょっとウラマヤシイ。

f0230940_10452098.jpg

禁漁前の天竜川、大田切川にも行ってきました。こちらの方もすっかり秋でして釣り人の姿は皆無、魚釣りは完全に終わってました。日にちを間違えてもう禁漁?と心配になるくらいでした。

一方、今年最後の渓流FFで富山の渓に入ってた釣りのお仲間も、これと言った釣果は無かった?みたい。40ヤマメの夢は破れたようですが、来年向けのデータはタップリと集まったようです。

f0230940_10454181.jpg

でもって、渓流FFの人、観光の人、仕事の人、釣りのお仲間それぞれのシルバーウイークの締め括りに、いつもの反省会?で情報交換、渓流シーズンの打ち上げ。。
禁漁になったら、ポールバーかガールズバーでもういっぺん打ち上げだとか? 冥土へのいい土産になりそうです。魚釣りなんかよりこっちの方が嬉しい。
[PR]

by troutclub | 2015-09-24 10:57 | | Trackback | Comments(0)

忍野FF & 河口湖

丸子宿の「丁子屋」でとろろ汁をちょいと食いすぎまして、ゆっくりしたいところだったんですが、次の目的地までまだ距離がありそのまま国道一号線で富士宮経由で河口湖までドライブ。

f0230940_1228096.jpg

途中、釣り人のスケベ心で本栖湖ウオッチング。夏の本栖湖はダメです、ウインドサーフィンにパドルサーフィンにカヌー、泳ぐ連中までいまして魚釣りは無理。湖周辺を埋め尽くすテントも凄かったです。

f0230940_12283931.jpg河口湖から一気に富士スバルラインで富士山五合目まで登り、辺りを散策の予定でいたんですが、富士山は雲に隠れたままだし8月の末まではマイカー規制中でクルマでは登れずのお粗末。

以前にも全く同じパターンで富士山五合目チャレンジを諦めたことを思い出す。肉食系山ガールからも冷たいお小言を少々。
オッサンもだいぶ劣化が進んだようで、全く学習が出来ていません。

富士山のことは忘れて、盆休み直前にキャンセルで拾った河口湖の定宿へチェックイン、あとはひたすらビール。
本来は昨年と同じく白樺湖と車山で涼む予定だったんですが、同じ日に開催の諏訪の花火大会の大渋滞に巻き込まれると、白樺湖まで辿り着けそうも無いので、渡りに船で河口湖の宿に乗り換えた次第です。

明くる日は朝から忍野でフライフィッシング、釣りができる時間は2時間。竿を出してドライにミッジにビーズヘッドと、フライを3~4回交換したらあっという間にタイムリミットとなりまして魚釣りはお終い。
ついでにあっという間にボーズを喰らいました。

忍野は魚が沢山見えててカンタンに釣れそう?なんですが、これが一筋縄ではいかないスレッからしの魚ばかり。なんか釣り人の方が騙されてる感じ、もしかしてこれが本当のフィッシング詐欺・・・?

f0230940_12302348.jpg

釣り歴ウン十年、釣り道具も講釈も立派な釣り人でも、釣りのセンスが無い人には魚もソッポを向くんだと・・・。
[PR]

by troutclub | 2015-08-19 12:44 | | Trackback | Comments(0)

台風通過!後半減速気味の富山の渓。

富山の渓流FFの旅。前半は渓流FF迷人の腕もあって泣き尺のヤマメとイワナでそこそこの釣果。後半は台風の影響が出たのか、雨とか雪どけ水?で水位が上がり川通しに苦戦。
狙いを定めた川の上流部は関東ナンバーに占拠され、下流域での大ヤマメ狙いに作戦変更しましたが、これは外れでした。
初日にラインブレイクでバラシた、幻の超?大物も最後まで幻で終わりましたとさ。

f0230940_1417245.jpg

昨年から目を付けていた渓は工事中で、通行止めのチェーンに阻まれて勝負は出来ず。
渓流FF迷人も頑張りすぎた反動で足痛・・・今回のFFの旅後半は、パラダイスを見つけることは出来ずに終わりました。

一方、同じ日程で富山まで足を伸ばしていたオッサンなんですが、台風の影響で魚釣りは無理と判断して、海岸線を走って海の幸食い倒れツアーに目的を変更。

f0230940_14173154.jpg

氷見のフィッシャーマンズワーフで、海鮮の店がトレトレと称するノドグロの刺身ほかを、酒の肴用に仕入れて宿で飲んだくれる。
明くる日は石川県の七尾まで移動し、今度は七尾のフィッシャーマンズワーフで昼間からノンアルコールビールを少々。肴は匂いに釣られて買ったイカの丸焼き。量が多くて少々食傷気味。

七尾の夜は、北國花火七尾大会をビール片手に観覧?街中をあちこち歩き回って歩き疲れ、朝までグッスリでした。
暴飲暴食で少し太る。人から言わせますと、デブは少々太っても誤差のうち!だそうです。
[PR]

by troutclub | 2015-07-21 14:34 | | Trackback | Comments(0)