カテゴリ:タックル( 42 )

修理 or 廃棄? 自作ロッドの破損

まだオッサンの、手先も眼のしょうも良かった頃に作ったグラスロッド。思い出して機会があったら使ってみようかと、連休明けに竿袋から出してみましたら、こんなことになってました。

バットガイドの辺りでザックリとひび割れ、生半可な修理では使えない状態になってました。どうもロッドが何かの事情で捻られてブランクが割れてしまったようです。
バットキャップ部分をバラして、割れた部分にスリーブを入れないと強度的に再生できない感じです。

f0230940_12135584.jpg

誰が何のためにこんな酷いことを?・・・オッサンが竿の上に荷物を重ねて乗せ無理な荷重をかけた!そんなところでしょう、全てオッサンの責任です。わが子を生んで虐待する鬼のような親。

永く愛用?してた道具の寿命が来ると、そろそろオイラもなんてよろしくない思いが頭をよぎる?
まだ重篤な病が無いだけラッキー!有難いです。 ナンマンダブ、ナンマンダブ。
.
[PR]

by troutclub | 2017-05-11 12:17 | タックル | Trackback | Comments(0)

2017 解禁 まだストーブリーグ中!

頭をひねってフックを研いでいるより、新しいフックに交換したほうが手っ取り早いし、フッキングもいいんじゃねえの?なんて、せっかく河が解禁になったのに、暖房の効いた部屋で迷ってるところ。
以前、大発明くらいに?はしゃいでお知らせしました、フライにルアースナップを使うの話しの続きです。

大型のフライフックにルアースナップを使えば素早いフライの交換が出来るんですが、サイズとか構造を考えると直接フライのアイに引っ掛けるより、チューブフライに使った方がよりスナップの効果が活きてくるんじゃないかと思えてきました。

f0230940_10484817.jpg

フックの交換が素早く出来るし、シングルフックからトリプルフックへの交換も自由自在。その他にもフックが自在に首を振ってフッキング後のバレが少ない?・・・これは保証できませんけど。

川底の石を叩いてフックポイントが甘くなるような重いチューブフライの場合は、フックの素早い交換にルアースナップが便利。フライパターンを頻繁に交換するならフライフックのアイに直接引っ掛けて使う・・・ルアースナップは目的によって使い分けるのが正解かも。

ルアースナップの強度とリーダーの強度を上手くバランスさせれば、根掛けした時にフックだけロストしてチューブフライ本体は回収できる?なんて虫のいいことを考えてたりして・・・これもなんの担保も無い皮算用ですけどね。
.
[PR]

by troutclub | 2017-02-01 10:53 | タックル | Trackback | Comments(0)

100円均一 フックシャープナー

渓流解禁のシーズンになりますと何となくソワソワした気分になってきます・・・てのはまったくの嘘で、この寒い中をよくやるよっ!てのが正直な感想。もう少し暖かくなってくれないと関節痛が疼いて釣りどころじゃないです。

お絵描きグッズを100円均一の店に探しに行きましたらこんなの売ってました、右下に写ってますネイルケア用のグラインダー。爪の形を整えたり磨いたり、指で楽しむご婦人方ご用達の電動グッズです。

これが魚釣りのフックのポイントを研ぐグラインダーに丁度いいです。写真左上は大昔に買った同様のネイルケア用のグラインダー、これも100円均一の店で買いました。その下がバークレーのフック用の専用グラインダー、こいつはそこそこの値段がしました。

f0230940_11281847.jpg

コンパクトな100円均一のグラインダーをベストに入れておいて、フックのポイントが甘いと感じたら出番。一瞬で研げますから長々とフックに当ててますとフックポイントが変形します、何事も程々がいいようです。

最後に100円均一のネイルケア用のグラインダーのチューンナップ方法、ここからは自己責任でお願いします。
グラインダーの回転ヤスリ部分に瞬間接着剤を一滴染ませて塗りこんでおくと、ヤスリの目が細かくなって使いやすくなる気がします。一度試してみる価値はあります、ローソンのブレンドコーヒー、レギュラー税込み108円と同じです。
.
[PR]

by troutclub | 2017-01-29 11:36 | タックル | Trackback | Comments(0)

忘年会その後で ファロー & Scott

先日の釣りのお仲間との忘年会?で話がぶり返しました、アルミニューム素材のブルーイングの話題。
いい味が出てたファローのアンティークリール。これをピカピカに磨いて若返らせてしまい、釣りのお仲間にウェザリングのヘルプ?宿題?が出てたんですが、知識不足に経験不足でそれらしく仕上げる決定打が出てこない。
ブルーイングする金属に合わせたブルーイング剤を使用しないと、上手くいかないのは分かったんですが、それをどう扱えばいいのかよく分からない。

f0230940_13165610.jpg

熱を加えたらとか、研磨しながらブルーイング剤をすり込むとか、色々とアイデアが出た頃には酔ってグズグズになり、いつの間にか話題がエロ話とか人の悪口に変わってしまい、結論が出ないままこの話は自然消滅。

次の日にファローのリールを試行錯誤?でブルーイングした写真がSNSで届きました。アルミ素材は均一にブルーイングするのが難しいようです。お写真のファローにもムラが・・・いやいい味が出てます。
でもFF浦島太郎としては、リールよりScottのイエローグラス?の方が気になります。ファイバータッチじゃ無くて初期のイエローグラスなら?・・・ですけど。

f0230940_1317172.jpg

[PR]

by troutclub | 2015-12-24 13:24 | タックル | Trackback | Comments(0)

沙悟浄散髪 & ハーダニング

日曜日の昼前に、久しぶりに床屋に出掛けまして煩くなってきた髪をカット。いいオッサンが薄い頭をカバーしようと髪の毛をモッサリ伸ばすと、寂しくなってきた後頭部とのバランスで、頭のてっぺんに皿を乗せた沙悟浄?みたいになっていけません。
オッサンの場合は、猪八戒と沙悟浄のハイブリッド種のようで凄みすら感じる・・・?鏡を見るのが恐ろしかった。

最近は予約を入れとかないと散髪も思うように出来ません。飛込みではどれだけ待たされるか分かったもんじゃないです。予約の時間に床屋に入り30分ほどで頭をサッパリさせまして、気分の方もサッパリ。

その足で昼飯を食いに行きました。今回はパスタ・デ・ココのスパゲッティー、例によってあんかけスパの「ミラカン」と「鉄板焼きナポリタン」を注文し、某美人妻?とシェア。パスタ・デ・ココのMサイズは、ヨコイのLサイズ位の量があります。
それを完食しましてオッサンが食った量は、ミラカンMサイズ + ナポリタンM1/2って感じで腹がポンポン。

f0230940_11285885.jpg

髪を切った分の代替行為なんでしょうか、床屋の後は食う飯の量が増える?これはアテになりませんけどね。
腹が出来たら思い出しました、釣りのお仲間の忘年会。とりあえずSNSの回覧板で日にちだけは決定。

そのSNSで見せられた渓流迷人のフライリール。とうとうハーディーのフェザーウエイトまでテレホン・ラッチの魔改仕様にバージョン・アップ?or ダウン?されてました。
前評判ではマヌケな感じがすると散々だった、フェザーウエイトのテレホン・ラッチ仕様。思ったより格好がいいジャン。
渓流迷人、最近はリールのメンテナンスと、シルクラインのハーダニングで忙しいそうです。また新しい言葉が出てきました 「ハーダニング」とは何者じゃ?
[PR]

by troutclub | 2015-12-14 11:34 | タックル | Trackback | Comments(0)

ファローフライリール ウェザリング!

ファローのアンティークリール、1920年代物?の 2-3/4”サイズで日本の渓流にも使える希少モデル。
これを渓流迷人のM師がネットで仕入れてレストアしたんですが、傷んでいたハンドル(象牙?)を交換し、傷のあったボディーを磨いたら、時代を重ねていい味が出てたファローのアンティークリールが、新品のリールみたいにピカピカに若返ってしまった。

f0230940_10394347.jpg

f0230940_1040076.jpg迷人もこれではマズイと気が付いたようで、もう一度アンティークリールに先祖返りさせるにはどうしたら?の宿題が釣りのお仲間に出ました。

ウェザリング大好きのオッサンとしては、手っ取り早く“バーチウッドのブルーイング液”で黒く染める事を提案。モノホンを含めモデルガンとかのガンメタ着色の定番ケミカル。
迷人はすでにブルーイング液での加工を試したけど失敗だったと白状。

バーチウッドのブルーイング液には何種かあって、アルミ製のファローには“アルミニウムブラック”が必要みたいです。失敗の原因はブルーイング液の種類を間違えた・・・?

色々と無責任な案は出ましたけど、最終的には放置プレイの自然劣化で味を出すって事で落ち着いたようです。あと100年ほど経つと、あのいい味わいがまた戻ってくる・・・その時の持ち主は誰になってるんでしょう?
[PR]

by troutclub | 2015-12-01 10:52 | タックル | Trackback | Comments(0)

天国オン・ザ・ビーチ?

f0230940_1536541.jpg

秋風が吹いてきますと禁漁ウンヌンとかじゃなくて、川の魚いじめも熱がさめてきてお終いモードに。
海も川もと節制の無いオッサン達は、秋からの天国オン・ザ・ビーチでソルトにスイッチしますが、キッパリとシーズンオフの鬼の渓流FF迷人は、来年用のフライの道具揃えのストーブリーグに突入?

f0230940_1503873.jpg

日曜日に仕事の合間にソロで浜に出掛けたソルトトレインの運ちゃん。狙いがあたって街の鮮魚店ならヒラメ?浜のお約束ではソゲを一匹ヒット。この先生は不思議とソロ釣行のほうが成績がいいようです。街でヘタレてる釣りのお仲間は足手まとい・・・。
今年は海の水温が高いそうですから青物の回遊も期待できます。ワラサフィーバーはあるのか?楽しみです。

f0230940_151822.jpg渓流迷人からは“コメ兵”の吊るし?を思わせる画像が届きました。シムスにパタゴニアにウインストン他と、ほとんどビョーキで集めたFFベストの写真。ベストだけじゃなくてタックルバックもあります。
ひょっとしたら今シーズン中に仕入れた物ばかり・・・?京の着倒れどすえ~。

それと渓流迷人の来年用のバンプー・ランディングネットの製作も始まった模様。高級銘木?の花梨の瘤を使ったネットのグリップ部分を画像で見せてもらいました。
サツキマス用のスペシャルネットの話もチラホラ聞こえてきまして、完成が気になるところです。ぜひサツキマス用ネットもバンプーフレームと花梨のグリップで・・・?
[PR]

by troutclub | 2015-09-08 15:16 | タックル | Trackback | Comments(0)

サクラマス好物?赤金ルアー

夏だ、サーフだ、ソルトルアーだ・・・いやトラウトルアーでんがな!
先日、釣りのお仲間からお情けでもらいました、ちょっとパチモン臭いミノータイプのルアー。どこで落としてきたのか片方のアイが無くなってます。

f0230940_13272745.jpg

新品同様?のキレイなルアーでして、フックとアイを付け足せば、サクラマス用の金赤ミノーとして使えそう。ここは一つオッサンが眼科医に化けましてルアーのアイを付けることにしました。

f0230940_13293163.jpgストックしてあるルアー・フライ用の3Dアイには、ピッタリ合うサイズが無かったので、銀紙と黒テープをポンチで抜いて自作することに。自作アイにUVレジンを盛ると、それらしい文字通りの3Dアイになります。

やはり海で使うにはサイズも重さもちょっと足りないようで、大物トラウト用?のルアーケースに淡水向けルアーとして収まりました。
[PR]

by troutclub | 2015-07-07 13:40 | タックル | Trackback | Comments(0)

タバコケース改 フライケース

タバコを吸わなくなってずいぶん経ちます。もう何年も前からですが、出入りをさせてもらってますそこそこの会社ですと、ほとんどが完全禁煙になってます。公共の施設なんかはほぼ100%。
いまどき仕事中にタバコが吸える会社なんて余程の零細か、社長が超ヘビースモーカー?いずれにしてもちょっとズレてる会社じゃないかと・・・失礼。

f0230940_1502158.jpg

タバコは吸いませんが、タバコのケースは気になります。金属製の四角い缶になってる洒落たタバコケースを見る度に、フライケースにいいんじゃないかと子供みたいに欲しくなる。

f0230940_1503934.jpg先日、釣りのお仲間と一杯やった時に、ネットのM師からお情けで頂いた?取り上げた?のが“Marlboro”のシルバーのケース。
さっそくフォームを2面貼ってフライケースに改造しました。他にも“Psace”のピーカン改の青いケースと“CAFE CREME”とか言うイタリアのタバコのグリーンの缶もフライケースに化けてます。

これは貧乏とは違うんであります? 節約と趣味を兼ねた立派な大人のホビーなのね。例え空のタバコケースとは言え、未成年が持ってたら巡査から一言あるでしょうね?
[PR]

by troutclub | 2015-04-13 15:11 | タックル | Trackback | Comments(0)

若草色のネットがクール!

f0230940_1224979.jpg
気になっていた、M師のサツキマス用ランディングネットの画像が届きました。期待通りの仕上がりでチョット嬉しい。手編みの若草色のネットが初夏らしくてクール。

f0230940_1231194.jpg写真はバンブーフレームに、バームクーヘン風?にバンブーを重ねたグリップのモデル。
全長は50cmを少し切るサイズのようです。ネット部分のサイズが大きくネットも深いので、ネット全体のサイズの割りにはかなり大きなサツキマスでも獲れそう。
ネットが深いのでサクラマスでもいけそうです。その前にサクラマスを掛けることが出来ればの話ですが。

魚と一緒に写った画像のウッドフレームのネット、サイズの割りにグリップが大きくてネットの有効面積が意外と小さい?
何度も無いワンチャンスをしくじらないように、このサツキマス用ランディングネット、手に入れたいです。でも今シーズン分の製作予定数は終わったそうで、来年まで我慢。
[PR]

by troutclub | 2015-04-01 12:26 | タックル | Trackback | Comments(0)