カテゴリ:落し噺( 19 )

柳亭市馬独演会 or 渓流ドライ

なんか急に暑くなってきまして海も山もいい感じです。釣りのお仲間から、先週末のフライでの釣果を画像で送ってもらいました。

f0230940_1441292.jpg渓流ドライで釣った、これ鯉じゃないの?と思わせるような太いイワナ。長さも尺は優に超えて40cm近い?感じの立派なサイズです。セージのシングルハンドのグリップが、ちょっと頼り無く見えます。
もう本番ですね、梅雨が来る前の魚釣りには最高の季節になってきました。

オッサンにそこまでの勤勉さはありませんで、この週末は久しぶりに落語会に出掛けてみました。半年に一度、いつもの学校施設の舞台でひらかれました「柳亭市馬独演会」。
開口一番が柳亭市坊さん、岐阜県の出身らしくてオッサンの棲む田舎街とも近い?場所。ワールドワイドで見れば同郷です。

f0230940_14422089.jpg柳亭市馬師匠はさすがに安心して聴いていられました。可もなく不可もなくなんて失礼な印象しかなかったんですが、久しぶり師匠の噺を聴いたら面白くていい感じ、いいもの聴かせてもらいました。
まだ若いんですけど気力も体力もいいバランスですでに円熟期。

夕方からは落語会あとのお決まりのコース「角屋」の焼き鳥で一杯。体調不良?のはずだったドSの美人?秘書も加わって痛飲。初夏の暑い一日が終わりましたとさ。
.
[PR]

by troutclub | 2017-05-22 14:51 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

落語会 & 栄ミナミ音楽祭

GWのオマケみたいに続いた土曜日曜の休み。さすがに遠出する元気は無くて、魚釣りも潮干狩りも無し。近場でゆっくりしてました。
土曜日は久しぶりに地元高校の催しで年に二回開かれてます落語会、今回は「三遊亭圓龍独演会」に行ってきました。
寄席にはほとんど出ない?噺家らしくて、三遊亭圓龍って名前も全く知らなかったのですが、三遊亭圓庄の直弟子って事でして落語はまあまあ、「紙入れ」と「鰻の幇間」が演目でした。

f0230940_1330211.jpg

夕方からはビールグラス一杯200円で味をしめた、庭園フラリエに行ってきました。「栄ミナミ音楽祭2016」ってイベントを開催中で、アイドル予備軍の女の子たちの歌と踊りでオッサンは鼻に下を伸ばす・・・。
会場は彼女イナイ歴 ウン十年みたいなキモいオッサンばかり、酒も飲まずに大声でオネーちゃん達を応援してます。アイドル予備軍のステージが終わったら、あっと言う間にキモいオッサン達も消えた。

f0230940_13304684.jpg

日曜日は朝から海までドライブ。飛行場の見える海岸に椅子を二つ並べまして、ボイルしたエビとピザを肴にノンアルコールビール。近頃ボケてきたのか、ノンアルコールでもモノホンビールでも区別無く旨いです。
夕方前に街に戻って「栄ミナミ音楽祭2016」のメイン会場に陣取る、こちらではひたすらビール。お楽しみは「夏木マリ」と「スターダストレビュー」のステージでして、最終ステージまで観てしまいました。

会場のテーブルで相席させてもらった、似たような歳のオッサン二人と仲良くなりまして、寄寓にも落語好きとかで落語話で大いに盛り上がりました。いい一日、いや連休最後の二日間でした。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-05-10 13:40 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

新生 大須演芸場

昨日は雨の中を近所のアーケードの商店街まで出掛け、ドSで肉食系美人秘書?とビールで一杯。いつもの焼き鳥の“角屋”は店の前でお客が並んでまして時間が掛かりそう。

この店、最近はお局様の女同士とか一見の客が多くていつも満席。焼き鳥をツマミにウーロン茶で長話なんかされると席がなかなか空きません。待てない我慢できない!肉食系に引っ張られて、次の店に移動ってことになりました。
f0230940_10573486.jpgすぐ近くの“とんちゃんや ふじ”に移動して相席ながら二つの席を確保。一つのテーブルで焼肉の相席?大丈夫です網焼きのコンロはちゃんと二つありますから、他人と肉を取り合うことは無いです。
文字通りのトンチャンの店でして、モツばっかりのメニューでリーズナブル。その代わりに煙モウモウで髪の毛から着てる物までトンチャンの匂いがしみ付いちゃうのでありました。

同じ商店街にあります銭湯でこの匂いを洗い流してサッパリすることに、これは気持ちいいです。タオルは借りられますから手ぶらで行っても大丈夫。
ここで面白い?人と会いました。噺家の“桂文〇師匠”なんでこんな場所にと思ったんですが、そういえばこの9月22日に以前に潰れた“大須演芸場”が新しくオープンするってことを思い出す。こけら落としの前乗りでしょうか。

話を聞こうと思ったんですが、こちらは師匠の事をよく知ってても、向こうはオッサンの事なんか全く知らない関係ですから、黙って師匠の大きな腹と〇ン〇ン見て大人しくしてました・・・。

風呂から出てもまだ雨がパラついてまして、雨宿りのつもりで“王将”でもう一杯?二杯ばかり生ビールを。もう腹いっぱいだったのに、またラーメンと炒飯のセットを注文してシェアしましたとさ。肉食系は炭水化物にも貪欲なのね・・・?

f0230940_1058112.jpg

今度は演芸場運営経験の無い人の経営で大須演芸場を再建するようです、相談役に林家の海老名香葉子さんが。結局経営に関しては全員シロート?また閑古鳥にならない事を願います。
[PR]

by troutclub | 2015-09-18 11:21 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

渓流フライ & 襲名披露

釣りのお仲間、この週末は高山市は荘川で渓流フライ。送られてきた画像を見ますと、チビばっかりと謙遜する割にはそこそこのサイズの岩魚なんかが居たりして、面白い釣りが出来たみたい。
最近は渓流迷人のM師とヘイヘイ屋さんとのコンビで、あちこちの渓に神出鬼没で荒らして?るみたいです。
f0230940_1821940.jpg

さすがに岩魚、ヤマメ、アマゴ、サツキマスしか狙わないようでして、ニジマスでは面白くないみたい。ニジマスの写真を送ってきた事がない。釣れないより釣れた方が面白いんですが、放流見え見えのニジマスではねえ~・・・ってのが本音でしょうか。

f0230940_18212794.jpg

オッサンのこの週末は落語の鑑賞。落語に”鑑賞”なんて言葉は間違ってる気もしますが、今回はめでたい襲名披露公演ということで、祝儀代わりに襟を正してお行儀よく?落語鑑賞となりました。

f0230940_1822383.jpg林家染丸一門の、林家染弥改メ林家菊丸が今回の襲名披露。総勢5人の落語家と下座の三味線弾きのお姉さんまで揃えてなかなか賑やかでした。

残念だったのが一門の金看板、林家染丸師匠が最近脳梗塞を患ったとかで、ほとんど落語が出来ない状態だったのが悔やまれます。
2年ほど前に聴いた時の高座ではまだ元気一杯で落語も絶好調でした。ちょっとご無沙汰してる間に急に病気が進んだみたいです。早く回復して欲しいです。

林家染弥改メ林家菊丸師匠も良かったです。芸達者の林家染丸一門、染丸師匠の名人芸を一門で引き継いでほしい・・・心からの願望。
[PR]

by troutclub | 2015-06-01 18:31 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

これもお楽しみ 落語会

土曜日の晩は釣りのお仲間とちょいとやり過ぎまして、覚悟をしてたのに不思議と次の日の朝に酒が残らなかった。気分次第で安酒でもいい具合に酔える・・・?
日曜日の昼からは、近くの高校が学校行事で開催します、年に二回の木戸銭無しの落語会に行って来ました。タダの落語会なんて探してもなかなか無いです。
f0230940_14321579.jpg落語を楽しみに出掛けたんですが、高校の学校行事と言うことで、落語の前に少しお堅い話がありました。
なんとか言うの女性の大学教授が出てきまして、歌舞伎小屋とか寄席とかの歴史の解説を、トロトロと始めてこれが約一時間。ありがたかったタダもこれで帳消し?

歴史の解説に飽きてきたところで、春風亭小柳枝師匠の独演会開演。
独演会といっても開口一番に前座とか二つ目の落語家さんが、露払いで高座に上がるのがパターンみたい。
今回は春風亭昇太の五番弟子の春風亭昇吾ってのが出て来ました。羽織が無かったんでおそらく前座。大学教授の解説が退屈だったんで前座噺でも大受け?でした。

f0230940_14324331.jpg一番のお楽しみ春風亭小柳枝師匠の噺は、古典の江戸落語専門でそれも人情噺が多い。15秒に一回?は笑わせる爆笑系の落語を期待していると、ガッカリするかも。
この日の演目「八五郎出世」と「文七元結」も、国営のTV局でよくやってる無難でスタンダードな噺です。田舎の落語会なんてこの程度で十分・・・そんな思いが見え隠れしたりして・・・?

落語会の後は、長野の山から帰ってきた肉食系元女子?と合流してお約束の晩飯。焼肉屋でビール飲んで、次に近所のアーケード街に出来たイタメシ屋で、チーズにワインにビール。
実はこの店が開店した時に貰ったドリンクサービス券が2枚ありまして、ワインとビールの2杯分がチャラ。心細くなった懐でもセーフでした。
皆さんに遊んでもらいまして、充実したいい休みになりました、とさ!
[PR]

by troutclub | 2014-11-17 14:45 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

瀧川鯉昇 独演会

此処のところ冷たい秋風に吹かれて人肌の恋しいオッサン。クビレくっきりで美形なスペシャルなお姐さんの人肌がいいのですが、オッサンになりますと嫌がられ賃ばかり取られて、かえって寂しさが倍増しそうなんで、スペシャルなお姐さんの方はパス。

その代わりに?この日曜日は昼から落語会に行って来ました。近所の高校の学校行事で年に2回開催される「橘座」の落語会。今回は「瀧川鯉昇 独演会」 生の声で聴く落語会の雰囲気が人肌恋しいオッサンの心を癒してくれるんであります。
10月の「桂九雀 上方落語とお囃子教室」に続くこの秋二回目の落語会。木戸銭が先回は500円で今回は無料ですから、懐にやさしい落語会ってのも嬉しい。
f0230940_1040191.jpg
先ず二つ目の「瀧川鯉斗」ってのが開口一番の露払いで“強情灸”を一席。羽織を着てるから二つ目と分かりますが落語は前座レベルで上手くない?
この二つ目さんはなかなかの二枚目で? 落語の勉強より熟女の袖を引っ張ってる方が似合ってる感じ・・・・若い娘でもいいんですけど娘は金もって無いし。

お楽しみの「瀧川鯉昇」師匠は“茶の湯”と“二番煎じ”の二席を淡々と熱演?“茶の湯”の方はチョッと眠たくなりましたけど、“二番煎じ”は一気に聴かせてくれました。

けっこう老け顔の瀧川鯉昇師匠なんですが、歳はオッサンと似たようなもんらしい? 快楽亭ブラック師匠も同じくらいの歳、落語家としてはこれからが右肩上がりの円熟期。それに比べてオッサンの垂れ下がった肩の寂しいこと・・・・。

中途半端な時間に落語会が終わったんで、まだ焼き鳥の角屋は開いてません。居酒屋の末広も大尽も日曜日で休みだし、中途半端にコーヒーなんか飲んでられないし・・・。
落語を一緒に聴きに行った相方と町中を散歩してから、4時から開店の「一軒め酒場」に入って安酒を飲んでクダを巻く。
その後ブリティッシュパブでビールをもうチョイやりまして、最後にあまりクビレくっきりじゃない?相方に、「なか卯」で〆のカレーうどんを養ってもらい、いい一日が終わりましたとさ。
[PR]

by troutclub | 2013-11-11 10:46 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

上方落語とお囃子教室

落語会?のチケットを仕入れてきました。お題は「上方落語とお囃子教室」出演は桂九雀ほか桂一門の皆さんと下座のおネーさん? となり町で開かれるローカルな催し。

どうもお題が堅いんで主催者を見てみましたら、となり町の教育委員会のようです。問合せ先は教育委員会生涯学習課。
おそらく落語の前に町のお偉方の挨拶があったりして、すっかり落語を聴く雰囲気じゃ無くなったところで開演になると思う。噺家さんもやりにくいでしょうね。

f0230940_107580.jpgお役所のやっつけ仕事だと思いますが?この会には木戸銭がいります。無料の落語会ってのも何回か行きましたが、この無料ってのが曲者でして、タダなら何でも欲しがる連中が押しかけて、どうも会場の雰囲気が悪いってことが多いです。
100円でも200円でも金を取れば、タダなら何でもの連中は半減します?

何年も前の話なんですけど、ある釣りの会の催しでフライキャスティングの講習会に何回か参加したことがあります。
無料で開催した講習会の時は大勢の人が集まったんですが、冷やかし半分の人も多くて内容的にイマイチだったような記憶が。
小額ながら参加費をお願いした時には、やる気のある熱心な人が集まりまして、銭をボーダーラインにするってのも有りなんだとその時思いました。

今回の落語会は木戸銭500円也、タダなら何でもの連中よけには丁度良いい値段に思えます。
[PR]

by troutclub | 2013-10-02 10:16 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

新年度

f0230940_9523817.jpg4月1日、新年度になりまして、正月よりもこちらの方が本当の意味での新しいスタート。
西洋では?エイプリルフールなんて、日本人のウイットにあまり馴染まない風習もあります。
少なくとも嘘で固めたようなオッサンは、嘘をつかない日にしようかと・・・・。

不定期ながらあまり一般には告知してない落語会が、近所の肝料理?の店の二階で開かれているなんて情報を耳にしまして、落語会の詳細を聞きに徒歩5分のその店まで行ってきました。
先日、銭湯でバッタリのお江戸の落語家の師匠から仕入れた情報、なにせ師匠ご本人が出演の落語会ですから間違いの無い話です。

店の店員に聞きましたら、ちょっとウザイ様子で分かりませんと言われてしまった。もう少し食い下がって質問しましたら、二階で時々やってるみたいですけど一般の人は入れません、なんぞと冷たい返事。ごく内々の落語会だったのね?分かってたら早く言ってくれればいいのに・・・。
店員の愛想しだいでは生ビールの一杯も飲んだんでしょうけど、生の肝料理もチョット怖かったし値段もねーってことで?尻尾を巻いてとっとと帰ってきました。

田舎では気の利いた落語会が開かれないのが残念。開かれても聴きたくなるような落語家は、地方のドサ周りにはめったにやって来ないし・・・木戸銭だけは一流ですけどね。
[PR]

by troutclub | 2013-04-01 10:05 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

新蕎麦 魚釣り 落語会

この週末も低気圧の通過がありまして、いつもの浜の波の予報は2.5m後~2.0mで高め、それでもって日曜日の天気は雨の予報。雨はカッパでしのげるとしても、波の高さが気になるところです。
このくらいの予報なら後先考えずに、取り敢えず海まで様子見に出掛けるオッサン三人組なんですが、今回はちょっと慎重でした。

土曜日の昼に波を理由に魚釣り中止の連絡が入りまして、急にテンションが下がる?
聞くところによりますと、最近キャンピングカーに入れ込んでます三人組のお一人が、キャンピングカーのイベントを観に行き、こちらの方に気が行って魚釣りは上の空になっている模様。これも今回の魚釣り中止の理由の一つらしい?・・・子供でもこんな移り気じゃないです。

f0230940_10133176.jpg日曜日は予報通り朝から生憎の雨。こんなことなら晴れだった土曜日に新蕎麦ドライブにでも行っとけばよかったと、スケベ心で巡り会わせの悪さを恨む?
そこで最後に引いたカードが、近くの学校で日曜日の昼から開かれます落語会。余り馴染みの無い噺家だったのでパスしようと思ってんですが、雨の日曜日に落語も悪くないと出掛けることにしました。

今回は「春雨や雷蔵 独演会」。学校行事の一環で入場料が無料なのが嬉しい、なかなか結構な催しです。
出演者は「春雨や雷蔵」「桧山うめ吉」に前座の「古今亭半輔」
春雨や雷蔵の名にはあまり馴染みがなかったんですが、その声はどこかで聴いた覚えがありました。テレビかラジオかネットかは不明。
TVの「笑点」に出てるような落語家?よりぜんぜん面白いし噺も巧い・・・師匠は「8代目雷門 助六」。

俗曲の桧山うめ吉 姐さんの高座?を観るのはこれで4回目、どうも縁があるようで、何気なくのぞいた落語会でお目にかかります。
あちらはコチラのことなんか全然知らないでしょうけど、オッサンとしましては初会に裏を返して回を重ねて4回目、もう馴染みなんであります、気分は間夫(マブ)だがね・・・・?

午後3時半に落語会は終了、4時から開く焼き鳥屋まで歩きましたらすでに何人か開店待ちで並んでました。オッサンもその列に加わり、焼き鳥とビールでこの週末の反省会・・・・いい週末でしたとさ。



高座ではこんなことはしてくれません。念のため。
[PR]

by troutclub | 2012-10-29 10:22 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)

コミックストーリーライブ?

先週の土曜日、えらく久しぶりに落語の会に行ってまいりました。
おっさんフライマンの、魚釣り以外のささやかな楽しみが”落語” なんであります。英語にしますと”コミックストーリーライブ?” 英語ってのは表現がほんとに貧弱で面白くない。

場所は、町内の学校施設内にあります多目的ホール。落語会を開催するときは ”橘座” の看板が上がります。
嬉しいことに、この落語会は学校行事の一環で無料。人が集まり過ぎて収拾がつかなくなった過去の反省からか、最近は落語会直前になるまで一般への告知をしてなくて、気をつけてないと見逃します。
主に町内の高齢者に案内を出しているだけのようで、会場ではおっさんフライマンなんか若手の方、ケツの青い小僧っこです。
f0230940_14413534.jpg
今回のお題目は「柳家花緑・独演会」
羽織を着てなかったので前座?だと思われる、柳家花緑の弟子がまず露払いで一席。続いて柳家花緑師匠が中込を挟んで一気に三席。
まだ若いから元気がいいです。それほど期待してなかった落語もなかなかいけました。

ご存知のように亡くなった人間国宝の落語家 ”柳家小さん”は柳家花緑の祖父にあたり、落語界では柳家花緑は結構なサラブレッド?、その為か真打になるのがちょっと早すぎたような気も・・・・。

食えない二つ目時代をもう少し経験しとけばいろいろな噺にもっと幅がでてきて、落語のマクラにいちいち祖父「柳家小さん」の自慢話なんか必要なくなると思うんですが。
これは他の二世・三世の落語家にも当てはまるんような気が・・・・。

春風亭一之輔、柳家喬之進、笑福亭たま、みたいな実力派の面白い若手落語家がどんどん出てきてますから、サラブレッドの金看板?だけではこれから大変でしょうね。

タダで落語を聴かせてもらい大笑いしておいて、最後にプチ批評されては、落語家さんも大変。
とは言いながら、楽しく落語を聴かせてもらいました。「柳家花緑」いい落語家になりましたと、エラそーにシローとが語る。

花緑師匠の写真はPortrait rightの関係で、Photoshopで描いたカンプで我慢してください。
[PR]

by troutclub | 2012-06-13 14:48 | 落し噺 | Trackback | Comments(0)