クロモリフレーム

街中のクルージングに使ってますママチャリが随分くたびれてきまして、伸びたチェーンを切り詰め、「このハゲ~っ!」状態の磨り減ったタイヤを交換して延命を図ろうかと、ボンヤリし始めた頭で考えてたんですが、先日、近くの焼き鳥屋に行く途中で写真のMTBと出会う。

自転車専門店の店先で売りに出てたMTB。急いでたんでチラッと値段とジャンク品の表示を見ただけで、ドSの美人秘書との待ち合わせの焼き鳥屋に到着。

f0230940_12153140.jpg

一杯ひっかけてから、その“ドS”と自転車専門店の前を通ると、先ほどの自転車がまだ出てまして、改めて値段を見てみると・・・ちらっと見た時より一桁安いジャン。お恥ずかしい見まちがえてました
“ドS”の目を気にしながら?即決でその台湾製MTBをご購入。急に財布の中身が寂しくなったんで二軒目の店では軽く一杯やっておしまい。

ジャンクでも納車整備をしてくれるって事でしてありがたいです。タイヤはほぼ新品?状態で極端な錆も波損も無し。磨くお楽しみ付きです。
後で知ったもう一つのオマケ。鉄のフレームなんですがこれがクロムモリブデン製らしくて嬉しい。クロモリフレームなんて聞くと思わず反応しちゃいます。bimotaとかモリワキのクロモリフレームなんて芸術品だもんね。

昔に釣りのお仲間からお情けで頂きましたママチャリはこれで御役御免。ありがとうございました。
.
[PR]

by troutclub | 2017-06-28 12:26 | クルマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/27930775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 大人の七夕会 堰堤あり滝あり 修行の渓 >>