修理 or 廃棄? 自作ロッドの破損

まだオッサンの、手先も眼のしょうも良かった頃に作ったグラスロッド。思い出して機会があったら使ってみようかと、連休明けに竿袋から出してみましたら、こんなことになってました。

バットガイドの辺りでザックリとひび割れ、生半可な修理では使えない状態になってました。どうもロッドが何かの事情で捻られてブランクが割れてしまったようです。
バットキャップ部分をバラして、割れた部分にスリーブを入れないと強度的に再生できない感じです。

f0230940_12135584.jpg

誰が何のためにこんな酷いことを?・・・オッサンが竿の上に荷物を重ねて乗せ無理な荷重をかけた!そんなところでしょう、全てオッサンの責任です。わが子を生んで虐待する鬼のような親。

永く愛用?してた道具の寿命が来ると、そろそろオイラもなんてよろしくない思いが頭をよぎる?
まだ重篤な病が無いだけラッキー!有難いです。 ナンマンダブ、ナンマンダブ。
.
[PR]

by troutclub | 2017-05-11 12:17 | タックル | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/27797622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< マザーズ・デイ & 音楽祭 オッサンの青春18きっぷの旅 >>