人生、紙一重の差

前にケント紙にテストで描いたロータスエランのそのまた描き直し。図画工作の授業に使うようなケント紙では水の含みが少なく、水彩によるグラデーションのコントロールが難しい。
ちょっとイマイチの感じなんですが何でも見せたがりのオッサンのこと、よせばいいのにアップします。

イラストのバックに空っぽい図柄を入れてみたんですけど、いかにも安直で墓穴を掘ってしまった感じ。失敗も成功もなんでも見てもらわない事には、自分の下手くそ加減に気が付かないんであります。

f0230940_13575796.jpg

反省:とにかくケント紙は水の含みが少なくて水彩絵の具が上手く伸びてくれない。水を含ませようと刷毛で紙をこすると紙の繊維が浮いてくる。色むらが出やすい。言い訳に困らない・・・。

これがロットリングなんかでドローイングしてインクをのせるイラストになると、水彩紙よりペンの走りがスムーズで調子がいいです。
紙の重要性に最近気が付きはじめました。 人生、紙一重の差で大違い。

あくまで擬似的な紙テクスチャーで速乾、紙媒体の吸水性なんか気にしなくてもPCでのお絵描きは出来るのであります。PCの限界が表現の限界・・・? オッサンには限界が高過ぎてついていけないことに気が付く。
.
[PR]

by troutclub | 2017-02-21 09:59 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/27577734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 梅は 咲いたか 桜はまだかいな DNA 進化無し >>