一人、インキで陰気に遊ぶ。

最近、オッサンも筆記用具フェチだってことに気付く。安物のボールペンとかミリペンなんかを色々買って試してるんですがどうも満足しない。フェチを喜ばすような何かサムシングが足りない?
主に絵の具に滲まない、乾くと防水になるインクの筆記用具探しの旅?をしてたんですが、とうとうここで真打の登場です。

書き味で選ぶならやっぱり先の割れたペン(ニブ)の万年筆が一番じゃないかと思います。ペン走りがスムーズで意識すれば線の太さも微妙に変化させられ線に表情が出来ます。
それに「つけペン」みたいにいい所でのインク切れが無い。中学に上がったときに買ってもらった万年筆で、よく落書きをしたノスタルジックな思い出もあるし・・・。

そんな訳で文字を書くのも画を描くのもマッタリとした、万年筆が好きです。ペン先の消耗とか変形を考えて万年筆は安物の使い捨てがほとんど。今回の一番のテーマは乾くと水に溶けないインクを探すことなんで、万年筆そのものの話はアッサリと。

f0230940_9345226.jpg

で、見つけましたパーフェクトな組み合わせ。通常は耐水性の無いインクが指定になってます100円均一の万年筆に、乾くと防水になる筆ペン専用カーボンインクを入れると、筆記用具フェチのオッサンを満足させる万年筆になりました。
メーカーを揃えると交換インクのカートリッジが同寸で加工無しでピッタリはまります。

これで防水万年筆は完成したんですが、ちょっと色気が出ましてインクカラーのバリエーションが欲しくなった。セピア色のインクが入った万年筆が欲しくなりまして、そのセピア色のインクを自作することにしました。
空になったインクカートリッジに、好きな色に調合したインクジェットプリンタ用の補充インクを注射器のスポイトで注入。China製の補充インク使用で超リーズナブル。

マゼンタにイエローを加えブラックを少々混ぜてセピア色のインクが完成。少しブラックが強かった気がしますが、真っ黒ではないのでなかなか色気のある線が描けます。これを100円均一の万年筆にセットして完成。

怖いのが万年筆の中でのインクの凝固なんですけど、今のところ問題なく描けてます。使いっぱなしでは駄目でしょうけど。
何万円もする万年筆では絶対にしてはいけない危ない世界。当然自己責任になりますのでご承知おきを。と言うことで、今回は一人、インキで陰気に遊ぶ。
.
[PR]

by troutclub | 2017-02-07 09:39 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/27516934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< River Spey 自作芯研器 キばかり強くて芯が弱い >>