トラベルタイイングキット

この春の南の島への格安航空チケットは、残念ながら時間切れで入手出来ず残念。まあ、お道具だけは準備出来たんで写真でご紹介。

島で南の風に吹かれながら、南国の魚の口に合いそうなフライなんぞ巻いちゃおうかしら・・・なんて夢見る乙女?のような気持ちで、トラベルタイイングキットをセットしました。
f0230940_1395498.jpg

バラバラだったツールを12cmx19cmx4cmのビニール製のケースに全て収納してみました。必要なツールは全て入ってます。あと百円均一でヘッドセメント用の小さなマニキュアの瓶を買ってくれば完成です。重さは全部で450gまあまあの重さ。フライベストの背中にも余裕で入ります、そんな必要はまず無いと思いますが。

フックとマテリアルは、出掛ける先々の魚に合わせてチョイスって事になります。そんなこと考えてると足元の怪しくなったオッサンの胸も膨らむのでありました。釣り場に出掛けても2~3時間が釣りしてる限界ですもんね。

f0230940_13102393.jpg

トラベルタイイングキットの中身を少しでも減らそうと、新しいツールを作ってみました。普通タイイングのボビンは色違いごとに一巻き必要ですが、割り切ってスレッドの色を2色に絞り、ミシン用の小型ボビンを二つ連結して、2色巻きでもコンパクトなボビンが出来上がりました。

二つのボビンは6mmのパイプで連結され。間に入れたゴムリングで片方のスレッドを留めて、使用しないボビンが回転してもスレッドが緩んでこないようにしてあります。メーカーが販売してるダブルボビンと同じような仕掛け。

オッサンも浮かれる春、気の合った釣りのお仲間を誘って一杯やりたいところなんですが・・・。
.
.

[PR]

by troutclub | 2016-03-02 13:33 | 工作 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/25008342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 雛祭り&誕生日 シロノワール 激辛、手羽先・子袋・青菜炒め >>