フェラーリ 250GTO #17 ルマン1962年

現物車両は、ボディーの真ん中に一本ストライプが入り、ノーズは白塗り。資料不足でまだ完成途中のイラスト 250GTO #17 ルマン 1962年。
f0230940_12263641.jpg

イラストを描いてる途中で気がついたんですけど、当時のルマン・カーにはレースナンバーを照らすライトケースの出っ張りがありました。面白いことに右側のナンバーだけを照らせばいいようで、資料では左側にそんな出っ張りはありませんでした?
つまりサーキットの管制室側からゼッケンが判別できるようになってれば車検OK?

今はどんな方法で夜間レースのレースナンバー確認をしてるんでしょう。草レース?でも使ってる“トランスポンダー”でレース成績の確認は出来ますから、それほどレースナンバーなんて重要じゃ無い?
観客にも分かるように、字光式のレースナンバーって方法が一番現実的か?
[PR]

by troutclub | 2016-01-27 12:33 | イラストレーション | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/24902573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< シーズン直前 ウエット風トレー... 何処に消えたフライの本 >>