浜からの最終レポート

今朝、浜に出ていたソルトトレインの運ちゃんに、浜のヒラメの状況を電話で聞いてみました。海はベタなぎ、釣り人は多いのに釣れた魚はほとんど無しで、手にした魚は一本も無しのボーズ。
秋はそこそこのサイズのヒラメが出て好調だったんですが、この寒さで魚が深場に落ちた?のか有終の美は飾れずとの今年最後のレポートでした。一年間お疲れ様でした。

f0230940_1664451.jpg

仕事が残って、本日浜に行けなかったヘイヘイ屋の大将とオッサン。最後までヘタレで終わりました。

手慰みにリールをオモチャにしてフルーガー?リールをモディファイ。ハーディーのパチモンフライリールから、自作のホースシューラッチをトレードして、正体不明のフルーガー?に取り付けてみました。

f0230940_148112.jpg

黒いボディーにアルミのラッチって結構似合う。来シーズンはスペイキャスト用のラインを巻いた、このリールを使ってみようかと・・・その気になってます。
ウイークポイントはラッチの強度。いくら硬質のアルミ(サッシ用)でも魚に100mも一気に走られたら磨り減ってスプールが飛び出す?

そんなロケットみたいな魚がいつもの河川に居ればの話ですけど・・・大半は30cmあるかないかのニジマスだったりして??
[PR]

by troutclub | 2015-12-29 14:18 | 工作 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/24813211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 大晦日にアスピリン 年の瀬、いつもの浜 >>