フライライン 噛み込み対策

渓流FF迷人からお情けで頂きましたPHOSのフライリール。盆休みの渓流用にと#4番ラインを巻いてオモチャにしてましたら、2度ほどラインがリール本体とスプールの隙間に入り込んでしまい、ちょっとややこしい事になりました。

このリールはマイナスネジのナットを外さないと、スプールが外れない仕組みになってまして、釣りの現場でラインが噛んでしまうと始末が悪そう。

f0230940_9294832.jpg

そこでリールの枠に隙間を埋めるスポンジを、両面テープで貼って対策をすることにしました。
厚さの薄いスポンジを必要なサイズに切り出し、リールの枠にグルッと一回りさせてラインの噛み込み対策の工作は5分で終了。

リール枠とスプールの隙間がほとんど無しの仕上がりになり、砂の進入も防げそうです・・・完璧だ。
リールの枠に沿った黄色い線が、噛み込み予防のスポンジ。ラインと色を合わせたところがオシャレだがね。
[PR]

by troutclub | 2015-08-04 09:35 | 工作 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/24329571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 蓮のウテナ ロータス 土用隠れ、真夏の一日! >>