スペイ・スイベルもどき

WEBで面白い物を見つけました、その名も「スペイ・スイベル」名前からして有り難い感じがします。
何に使うかと言いますと、ツーハンドのフライロッドでスペイキャスティングをする時に起きる?ラインの捩れ防止用の特殊なスイベル?だそうです。

凄い発明!最近のスペイの釣りってどんどん進化してます。以前から?このスペイ・スイベルってはあったらしいのですが見落としてました。フライ浦島太郎は流行り物に弱いのであります。

f0230940_1320138.jpg

米国の有名フライラインメーカーまで「Anti Twist Spey Swivel」なんて商品を発売してブーム?らしい。
オッサンは最近になって初めて「スペイ・スイベル」なんて名前を知ったんで、いま話題の商品なのか、終わった商品なのかは分かりませんけど。

安い物なら話のタネに一つ買ってみようか?なんぞと思ったんですが、こんな小学生の工作みたいなモンがえらく高額でして、アホらしくて買うのは止めにする。代りに「スペイ・スイベルもどき」を自作して使い物になるかテストすることに。

スイベルの両端に中空メッシュのコードをループさせて繋ぎ、中空の部分にループの端を入れて瞬間接着剤で固定。ビニールのチューブをコードに被せて、ついでにスイベルにも収縮チューブを被せてスイベルの金属部をカバーしときました。これは金属のスイベルがガイドに当たった時にガイドを壊さないようにの配慮?
ビニールのカバー以外は、市販の商品もだいたい似たようなもんです。

f0230940_1331865.jpg

「スペイ・スイベルもどき」を作ったのはいいけど、これをフライラインの何処に入れたらいいか分からない。再度WEBをチェックしてみるとシューティングヘッドとランニングラインの間にループで繋いでランニングラインの捩れを防ぐ!なんて話が。

ヘッドとランニングの間にあんなゴツゴツした物を入れたら、キャストどころじゃないジャン。と急にこの仕掛けのコンセプトには無理があると思えてくる。
たとえスペイのキャストでも、半日や一日振ったくらいでラインに問題になるような捩れが起きるの?って疑問も。
ラインの繋ぎにおかしな器具?を入れるより、キャスティングの錬度を上げる方が間違いないような気がします。オッサンの愛は器具よりテクニック・・・なんであります。

と言うことで、今回の「スペイ・スイベル」は使う意味が無さそうなんで廃棄。
[PR]

by troutclub | 2015-05-29 13:45 | スペイキャスティング | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/24074829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 渓流フライ & 襲名披露 五月 そろそろ終り? >>