オイルエレメント&プラグ交換

連休前の話になりますが、4月に車検は通したものの、まだ手を入れたい所がいろいろあったオッサンとこのジカヨウシャ。見知らぬ土地で立ち往生しないように、連休を前に気休めのメンテをしておきました。
壊れたら直すの泥縄式でなんとか足になってますけど、古いだけの大衆車なんて動かさなければただの鉄屑なんであります。
f0230940_12521552.jpg

まずはオイル交換の時に出来なかったオイルエレメントの交換。
ハゼットのオイルフィルターレンチで古いエレメントを軽く緩めてから、エレメントに紙袋とビニール袋を二重にすっぽりと被せてそのままエレメントを外すと、あふれ出たオイルが袋にキャチされて辺りを汚しません? そのままビニール袋に入れて廃棄処分。オイルが熱いとつらいですけど。

BOSCHのオイルエレメントをオー〇バ〇クスで買うと3,132円・・・何かの間違い?先回購入のときより大幅?に値上がってまして予算オーバー。同じ部品番号でネットで探すと送料込みで1,460円てのがあったんでこれを注文。
f0230940_12525067.jpg次はプラグの交換、インテークマニホールドが邪魔で、それなりの工具と工夫がないと交換が難しい構造。シロートは触るなってことでしょうね?
町中のモータースで、インテークマニホールドを外さないとプラグ交換は出来ないって言われたことがありました。

邪魔になる周辺のカプラーを外してから、手の入らない隙間に自作のプラグコードプラー?を入れてプラグコードを外し、ユニバーサルジョイントのプラグレンチを滑り込ませてプラグを緩めて抜き取る。
その前にエアダスターでプラグ周りの埃を吹き飛ばしておけば完璧。

新しいプラグのネジ山にオイルを少々塗って、あとは逆の手順で組み付けて完了。デーラーでプラグ交換を頼むと工賃が一本につき500円だそうです、4本だと2,000円、6本だと3,000円に消費税・・・計算はお任せします。

プラグは買い置きしてあった、先回と同じNGKのイリジュウムプラグ。10万kmは持つらしい?のですが、悪い冗談だと思って60,000kmで交換となりました。古いプラグは捨てずに予備。

あとパワーステアリングオイルが減っていたので、手元にあった純正パワ・ステ・オイルを追加。たびたび追加するわけではないので次は一年後くらい?そろそろ賞味期限切れなんで早く使い切らないと。

オマケでクーラントトリートメントってのを入れました。劣化したLLCの防錆効果を復活させ消泡性を高めるウンヌンとかで、古いLLCに効果があるらしい。本当はLLCを一気に交換したいところなんですが、シロートでは一応有害物質のLLCの処理に困ります。
クルマの心配なんかしてるより、人のクルマの助手席が一番利口かも?人のいい知り合いが居ればですが。
[PR]

by troutclub | 2015-05-11 13:02 | クルマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/23996442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Shelby Daytona ... 志賀高原 横手山 皐月スキー >>