粘り勝ち、五月のマス。

f0230940_10505977.jpg
f0230940_1051205.jpgオッサン達の付け焼刃キャスティング練習が効いたのか、缶ビール片手のタイイング研究会?の成果か?それとも地元アングラーからの生情報のおかげか、ヘイヘイ屋の大将がこの連休にピンシャンの結果を出しました。
しつこく粘っての文字どおりの粘り勝ち。

マスの川に4日間張り付いてマスを一本とニゴイを何本か上げまして、現場からその画像をLINEで配信、釣りのお仲間全員を悔しがらせました。

この連休は、海に山に仕事に孫の世話とそれぞれだったお仲間が、明くる日からまだ水位の高いマスの川に集結しまして、ジュウタン爆撃を開始。

竿が増えれば魚が釣れるって訳でも無さそうで、相変わらずニゴイばかりで本命の二本目は無しでした。逆にニゴイに竿を一本折られるトラブルが発生。

オッサンも愛用のスチールヘッドフライリールのドラッグが、釣り開始と同時に壊れて不便な思いを。久しぶりに使うチェストハイのウエーダーも浸水、いいとこ無しでした。

写真のフライはヒットフライじゃありませんので、一言お断りを。水の中での泳ぎが余りにもリアルだったんでちょっと自慢げにパチリ。
[PR]

by troutclub | 2015-05-06 11:06 | フライ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/23977711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 志賀高原 横手山 皐月スキー ソルトも本格的スタート >>