南の島フライフィッシングツアー 阿嘉島

サクラだサツキだと“オオカミおっさん”してるのにもチョット飽きた。やっぱりアングラーは狙った釣り場まで行かなきゃ・・・。
時間があったら魚釣りもしますよ!の気軽なノリで、先週の金曜日の夜の飛行機で沖縄まで出掛けてきました。もちろんフライタックル一式とタバコ缶のフライボックスをバッグに詰めて。

f0230940_849202.jpg

仕事を終わってから、セントレア夜7時発の那覇空港行き最終便で沖縄までひとっ飛び。9時半過ぎに那覇の泊港の近くの宿に入り近所の居酒屋で安着祝い、チャンプルーに魚の唐揚げにあと適当に注文して、生ビールを3杯あおったら撃沈。
宿に戻って風呂に入り、今度はホテルのウエルカムでもらったオリオンビールで再度撃沈、お休みとなりました。

明くる日は、朝9時出航の高速フェリーで慶良間諸島の座間味島の隣にある阿嘉島まで、南の島フライフィッシングツアー?に出発。
雨がパラパラ降って風も強い。阿嘉島には夕方まで7時間の滞在、天気次第では時間を持て余しそう?

f0230940_8495387.jpg

島には交通機関らしいものが一切無いので、レンタサイクルを借りて足にすることに。午前中は相方のリクエストで島巡りの観光。
阿嘉島、慶留間島、外地島と三つの島を、少し疲れの出てるおっさんを引き連れて、銀輪部隊は島を駆け巡った?のでありました。
坂はキツイし風は強いしで、すっかりバテてしまいました。楽しみは那覇で買ってきた昼飯とビール!

島を繋ぐ橋の上から港を覗いたら、そこそこいいサイズの魚がグルグル回ってます。午後からの魚釣りのターゲットが決まりました。

昼に缶ビールを2本ばかりやったらいい気分?ロッドを繋いで#9番のラインに1Xのリーダー、そこにサーフキャンディーのジャコサイズを結んで釣り開始。場所は下見しておいた風裏の港。

f0230940_85021100.jpg

グルグル回ってた大きな?黒っぽい魚はもう見つかりませんでした。黒い海底がズルッと動いたと思ったらエイ・・・間違ってこんなのを掛けたらラインごと取られてしまいます。

それにしても釣れないです。よく見ると水位がかなり下がり始めてまして、どうも下げ潮で魚も港か出て行ってしまったみたい。港の外は風ビュービューで波も高い、フライでは勝負になりそうに無い?おとなしく港で遊ぶ。

そんな事をしてるうちにあっという間に7時間が過ぎ、帰りのフェリーの時間に。昼間止んでた雨がまた降り出し南の島フライフィッシングツアー?は終了となりました。
曇っていたせいでしょうか、今回はあの見事なケラマブルーの海の色にはならず。ホエールウオッチングのシーズンも終わったばかりで残念でした。こんな時は早く宿に戻って風呂とビールじゃワイ。
[PR]

by troutclub | 2015-04-14 09:05 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/23898831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 南の島 弾丸ツアー タバコケース改 フライケース >>