受信機はレシーバー フライはデシーバー

大河でサクラマスを!なんて上の方ばかり見てないで、サンダル履きでビール片手に南の島でフライフィッシング。なんぞと敷居を下げたら?なんか楽な気分に。
サンゴ礁のリーフで、青い魚とか赤い魚とかの大物とリールファイトしてる妄想が、頭の右から左に過ぎる。べつに左から右でもいいですけど。

f0230940_13265314.jpg

そんなチャンスを掴むには、大物向けの大きなフライが必要と妄想はますますエスカレート。そこで昔に?巻きましたシイラ、シーバス用のデシーバーフライに再登場してもらいまして、使えるフライを選別。
全長が10cmのフライばかりを20本ほど選んで、ポイントをタッチアップしていつでも使えるように準備しました。
たんごも百荷ですわ。数が揃えば出来の悪いフライでもそれなりに見えてくる?

f0230940_1328642.jpg

フライと一緒に写ってるリールは、古いメダリストのフライリール。おそらオリンピックあたりが作ったソックリさん?かも。
メダリストの中では一番大きなサイズだと思われます。ソックリさんか何か分かりませんが、ベークライトのブレーキが強力で、昔から遠慮無しで海で使ってました。未だ現役??
[PR]

by troutclub | 2015-04-07 13:37 | フライ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/23874094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ぎりセーフ ユーザー車検 靴屋 vs 毒蛇? >>