スベる話にスベらない話

サクラも咲いたしもう春本番ジャン。てことで釣りのお仲間が集まって急遽春の飲み会って事になりました。
場所は地下の居酒屋、サクラの樹の下じゃなかったのが少々心残り。お一人が仕事で欠席だったんですが、都合6人の参加で盛り上がりました。

いきなり焼酎のボトルと生ビールでスタート。振り込め詐欺の話にサツキますネット作りの話、もちろんオッサン連中得意のエロ話も。次のヨメは二まわりくらい若いのがイイ?とか、高潔?なフライマンとは思えないヨタ話でメーターを上げる。7時から12時過ぎまで都合二軒の店をハシゴ?してお開きとなりました。
f0230940_173086.jpg

ヨタ話は少々スベってもなんの差し障りもありませんけど、絶対スベらせたくないのがフライのウイングの取り付け。この部分はスレッドにワックスをしっかりと効かせてキチッと仕上げたいところです。いつまで経ってもこれがなかなか難しい。特にウエットフライなんかは、グルグル巻きの大きなヘッドだと興醒めしちゃいます。

と言うことで、一発でウイングが止まる自分好みの粘度の、タイイングワックスの製作にトライ中。
まず蝋燭のパラフィンを溶かして、使いやすいように丸く固めてみました。それほど硬くなくサラッとした感じのワックスになりました。
f0230940_17292289.jpg

続いて蜜蝋(ビーワックス)で作ったワックス、粘度があってネチッとしてます。コブラーワックスより柔らかくてスレッドへの乗りはいい感じ。体温で柔らかくなり少しベタ付きます。ダビングワックスとしても使えそう?です。

蜜蝋よりもう少し硬めのワックスが調子よさそう 。パラフィンと蜜蝋を半々くらいで混ぜれば、いい感じになるんじゃないかと推測、一度テストしてみます。
[PR]

by troutclub | 2015-03-29 17:44 | フライ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/23839006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 若草色のネットがクール! M師のサツキマス用ランディングネット >>