エビフライ 鉄板ナポリタン

機会があったら南の島で使おうと、引き篭もりで巻きましたエビフライ。以前ご紹介した試作のフライとレシピが少々変わって、牙?のあるようなトロピカルフィッシュに食いちぎられないように、材料は獣毛中心にしてボディーはナイロンラインで締め上げてあります。

目の玉も透明のグラスビーズをバリエーションで加えてみました。目の玉だけ見てるとちょっと気持ち悪くなったりして・・・。
f0230940_14135686.jpg

f0230940_14141870.jpg話は前後して衆院選挙の日、投票を終えてから余りにも寒いもんでそのまま近所の温泉に立ち寄り。用事で出掛けてました某美人妻?とここで落ち合いまして、ゆっくりと風呂に浸かってから風呂上がりのビールを一杯。ツマミは鉄板ナポリタン、これが旨かったです。

そのまま帰ればよかったものを、外に出たらやっぱり寒くて帰り道の“角屋”で焼き鳥とビール。オッサンは日本酒のぬる燗に替えてカラダを温める。ほろ酔い気分でいい気持ち。
そこでそのまま帰ればいいのに、なんか小腹が空いたネエ!なんて話になりまして、よせばいいのに“たこ焼き居酒屋”にもぐり込む。たこ焼き食ってタイムサービスのチューハイを飲んだらもういけません。酔いが回って?やっとご帰還となりました、とさ。
[PR]

by troutclub | 2014-12-17 14:21 | フライ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/23443971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 師走 渡り鳥の群れにウエーダー... またスペアスプール・・・ >>