ヤング・アット・ハート? オオカミ少年

去年の春頃に、煙草のピースが入っていた四角い缶を拾いまして、これでフライケースを作るなんて駄ボラを吹いたんですが、フライを止めるフォームのいいのが無くて、ずっとオオカミ少年のままで一年以上が過ぎてしまいました。
f0230940_9552469.jpg

計画ではホイットレーのウエットフライ用のクリップを付ける予定でしたが、ウエット用のフライケースを一個潰す勇気も余裕も無し。結局プラスチック製のケースに貼り付けてありました、ギザギザ付きのフォームをトレードして貼り付けることで手打ちにしました。

ケースのサイズは9cmx11cm、貼ったフォームは一面だけで数は大して入りません。他のウエット用ケースに間借りしてました、BASS用ワームフック改に巻いたお下劣なラージサイズテンカラウエットの棲家となりました。

「口紅から機関車まで」のレイモンド・ローウィがデザインしたピースのデザイン。ピーカンのこのブルーがカッコいいです。来年の5月くらいからが出番ズラ。
[PR]

by troutclub | 2014-12-03 10:10 | 工作 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/23380557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 大人の照明 師走に突入 >>