南の島用 カニフライ

南の島でのフライフィッシング用にいくつか巻きましたカニのフライ。カニフライのイメージが沸くいい見本が無いかとWEBで検索すると、やっぱり出て来ました「美味しいカニフライのレシピ」カニコロッケってのと一緒に。これではフライを巻けません。

カニフライにタイイングのキーワードを付け加えると、今度はカニフライの画像がいろいろ出てきました。皆さんいろいろ工夫してるようで参考になりました。

f0230940_16412568.jpg

オッサンの巻いたカニフライのレシピ。フックはカン付きカイズ針でアイはボールチェーン・アイ。レッグはラバージグヘッドから切り出し、ボディーは何かの化繊マテリアルを少しづつ巻き止めてから刈り込んで仕上げてあります。

うちの倅がまだ幼稚園だった頃、トラックの荷台に描かれたカニの絵を見て「このカニには脚が6本しかないと」言いだしました。後で調べてみるとカニの脚は4対で8本、ハサミまで入れると計10本。
その観察力に天才じゃないかしら?と期待した倅も今では並みのアンチャンに・・・カニの脚の数なんて人生にはどうでもいい事なんであります。今回は6本の脚で手抜き。
[PR]

by troutclub | 2014-10-15 16:47 | フライ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/23123349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< フライ用 スモール・アラバマリグ? 「SPEY」Tシャツ >>